ここから本文です
  • 1

    *****

    皆さん、初めまして!

    映画を観るのが生きがいという方、映画を観ないと生きて行けないという方、映画が人生のすべてという方・・・!!
    いろいろお話しませんか?
    お気に入りの俳優さん、映画の情報交換ナドナド、いろんなこと、何でもどうぞ!!

  • <<
  • 12329 12310
  • >>
  • 12329(最新)

    きょろ 2016年12月7日 14:13

    >>12328

    クッキーさん

    Amazonプライムビデオの無料視聴期間の情報、ありがとうございます♪
    詳しく教えて下さったので、やってみようかなー、お試し。
    1か月でシーズン7まで観るのは、無理かもですが^^;
    でも、メリットがあり、クッキーさんが正式加入してもよいと思われているとのことですので、いざとなったら私も正式加入するかも。。。

    パソコンがデスクトップなのが、ネックですが。
    最近、やむを得ず仔ネコを保護してしまって、その子のためにリビングから離れられない状態なのですが、パソコンは別の場所にあるのよねー。

    もし、加入したら「MR.ROBOT」わたしも観てみたいです。


    まだ2-1観てますので、来年の話ですわね(笑)

  • >>12327

    きょろさん

    NHKでもシーズン4までしか放映なかったんですよね。
    続きが観たかったら、パソコンで、Amazonプライムビデオの無料視聴期間の1ヶ月を使って観るしかないかもですね。
    1ヶ月で、シーズン7まだ観るのはしんどいかもですが、もしお時間ありましたら…
    アカウントのところで、そのまま継続移行にならないように、1ヶ月のお知らせ設定しておいて、最後に継続しないとチェック入れれば、お金はかかりません。
    今、どの辺を観ているのかわかりませんが、DVD借りるより安くつくかもです。
    私はこのセコイ手をhuluでもNetflixでも使って、テレビで観られない作品を観ました。Amazonは、この中では、年間費用3900円と安いし、音楽も聞き放題だし、買い物してもAmazonプライムに加入していたら早く届けてくれるし、メリットはあります。
    「MR.ROBOT」のシーズン3の配信があれば、その時に正式加入しようかなと思っています。

  • >>12326

    くっきーさん

    「グッド・ワイフ」 どんどん、面白くなってきました。
    ダイアンもカリンダも、ホント、回を追うごとによくなってきますね!
    そして、ケイリーの笑っているような口元。うんうん、私も好きだわー。
    DVDは、シーズン4までしか置いていませんでした。
    さて、どうしましょう。最後まで観たいな~~

    「ER]観たことがないので、これ観終わったら観てみようかな。

  • >>12325

    きょろさん♪
    「グッドワイフ」観てくれているのですね。うれしいです!
    主要人物を演じている俳優さんがみんな良くて、大好きなシリーズです。
    シーズン7まで集中的に毎日何時間も観ましたので、ちょっと疲れました。
    主役のアリシアは「ER」で最初から出ていた看護師役のジュリアナ・マルグリーズで、
    彼女の上司のダイアン・ロックハートを演じるクリスティン・バランスキも、
    調査員のアーチ―・パンジャビも回を追うごとにすっごくよくなってきますよ!
    男性陣もいいんですよー。
    シーズン1ではまだ検事だったかしら。。と思うんだけれど、ケイリー・アゴスの
    いつも笑っているような口元も大好きだし、全然外見はタイプじゃないけど
    ウィル役ジョッシュ・チャールズもこの役は最高です。
    ピーターの参謀のイーライ・ゴールド役のアラン・カミングも最終話までずっと出てくれていました。
    長いシリーズですが、ぼちぼち観てくださいね。
    でもDVDは最後まで出ているのかしら・・・?

  • くっきーさんのブログを読んで、私も「グッド・ワイフ」を観始めました。

    「スーツ」を全部観てしまいまして、何か面白いドラマないかなと思っていたところに、「スーツ」より面白いとの情報。
    これは、観なければ!と早速借りてきて観てます。
    1-4まで観ました。面白いです!
    リーガルドラマ大好きなんです。

    「ザ・プラクティス」も全部観ました。当分は、「グッド・ワイフ」で楽しめるので、ルンルンです(古いですね)

    「シャーロック」も、くっきーさんのブログで知りまして、観ました。はまってしまいまして、すごい早さで全部観ました。映画も観ましたよ~

    また、面白いドラマ、教えて下さいね。

  • >>12323

    きょろさんこんばんは。
    お元気ですか?
    部長この頃来られてませんね。
    何かお忙しいのでしょう。
    私はあと少しで、「グツドワイフ ジーズン7終わります。このシーズンで終わったリーガルドラマです。
    続けてみるのはしんどかったです。

  • >>12322

    お気に入りを整理しようかと思い、もう無くなってるよね、と少し淋しい気持ちでココを開いたら、なんと、部長さん!!
    ビックリしました。
    少しだけ、さかのぼって読んでみましたら、岡山のきょろさんと。
    覚えてくださっていて、ありがとう。
    くっきーさんにも、ご無沙汰しています。ブログの方、時々拝見しておりますが、コメントもせず、ごめんなさい。

  • >>12321

    「ゼロ・グラビティ」は、劇場で観ました。ああいう作品を作る技術は大変なものなんだろうなと思いますが、私はヘンコなので、基本的にありえないようなシチュエーションで生き残るのは、事実に基づいた話にしか感銘を受けません。
    それと、SFは、やっぱり苦手なジャンルかな〜〜…
    私もあんな状況になったら、生き残る意思がどれほど続くかわかりません。それでなくても、へなちょこなので、すぐ死ぬと思います。

    「ターザン:REBORN」を観ました。
    王道の娯楽作品でした。
    お尻を出すのが大好きなステラン・スカルスガルドの息子のアレクサンダーが主役で、たいへん眼福の肉体づくりをしてくれていましたので、それを見るだけで、ほぼ、映画鑑賞の目的を果たしたわけですが、ストーリーも作品としても、安心の一作で、楽しめました。
    また好きな俳優が一人増えました。
    スウェーデン人で身長高くて、細マッチョで、とても素晴らしい肉体でした。
    実物大のポスター欲しい‼︎

  • 『ゼロ・グラビティ』
    こないだテレビ放送があったのを録画して観ました。
    前評判は好評でしたが、グルグルの無重力での映像は酔って気持ち悪かったです。。。

    『オデッセイ』の時にも思ったんですが、どっちの主人公も地球に絶対に帰るモチベーション(愛する家族等が待っていない)がなく、そこまでして何故『生』にこだわるのか自分には分かりかねます。。。ネガティブ思考なんで、自分がそういう状況になったら『生』を選ばないと思います。。。(笑

    まあ映画なんでそんなネガティブな奴が主人公になる訳もなく、オデッセイなら植物学者の意地と知識で生き残るのがモチベーションで、ゼロなら「地球に無事帰れ」っと言い残したジョージ・クルーニーの想い、船員たちの想いを胸に、自分の亡くなった娘の分までサンドラは逞しく生き抜いたんでしょうね。

    ドラマティック☆映画ちっく人生!! 『ゼロ・グラビティ』 こないだテレビ放送があったのを録画して観ました。 前評判は好評でしたが、グルグ

  • >>12319

    >トム・ジョーンズを聴きに行く予定だったのですか?

    そうなんです。
    今年ラスベガスまでショーを観に行こうと思ってたんですが、そこへ20年ぶりの来日と知って楽しみにしてたんです。。。
    T.J.は最近っつってもちょい前ですが「セックス・アンド・ザ・シティ」の曲で日本ではちょっとは知名度が復活したんですが、どうも日本人にはクドすぎて人気がないみたいです。。。
    ちなみにT.J.は作品内で後半から登場人物として活躍しております。

    『ヒート』はデ・ニーロとアルパチの会話シーンが別撮りって『嘘の逸話』を言う方がたまにいますね。(笑
    しかしヴァル・キルマー、彼のバットマン好きやったんですが1作で降板やし、最近見ませんね〜。。。

    ドラマティック☆映画ちっく人生!! >トム・ジョーンズを聴きに行く予定だったのですか?  そうなんです。 今年ラスベガスまでショーを観に

  • >>12318

    トム・ジョーンズを聴きに行く予定だったのですか?
    私覚えてますよ。
    とても脂ギッシュな、ある種のフェロモン出しまくりの方ですよね。
    マーズ・アタックのエンディングで歌っていたのは忘れてました…というか、この作品見終われたのかも不明…途中でテレビ観るのをやめたかもしれません。
    今度映画チャンネルで再放送されたら観てみよう。

    今夜はヒートを途中からまた見てました…
    マイケル・マン監督は、ほんま、女性を添え物にするけしからん監督ですけど、好きです。
    アルパチーノをメチャメチャかっこよく撮る人です。
    今見たら、たくさん突っ込みどころはありましたけど、公開当時は銃撃戦がかっこよくてしびれましたわ。ベン・アフレックのザ・タウンの銃撃戦は、このシーンへのオマージュだと勝手に思ってます。
    ヴァル・キルマーもかっこいいし。
    やってたら、何回でも見てしまう映画の1本です。

  • 来週20年ぶりの来日予定やったイギリスの大物歌手サー・トム・ジョーンズが『一応』ご家族の重篤なご病気を理由に中止になり、ショックのあまりこの作品を鑑賞しました。。。

    『マーズ・アタック!』1996年・米・106分
    監督・製作;ティム・バートン
    出演:ジャック・ニコルソン、グレン・クローズ、アネット・ベニング、ピアース・ブロスナン、ダニー・デヴィート、ナタリー・ポートマン

    劇場公開で観ましたが、当時自分はそんなに音楽に詳しくなかったので「トム・ジョーンズ(T.J.)って誰?」って感じやって、後にT.J.の濃くクドい歌声に魅了されました。

    以下ネタバレ〜

    当時「宇宙人が地球を侵略」する大メジャー作品がヒットしており、まあ大抵こういう作品って『武力』でもって宇宙人を倒してスッキリするんですが、この作品は武力では解決しません。
    『愛の歌』で火星人は倒され、文字通り『愛は地球を救う』んです。
    そのあまりにも唐突すぎる火星人の弱点。
    しかもダサいヨーデルの歌(ヨーデル好きの方すいません)という流れから褒め言葉でのバカ映画というレッテルが貼られていますが、武力征圧に対するアンチテーゼとして素晴らしいとワタクシは思っています。

    地球に平和が戻り、T.J.は歌いだすのさ。
    最高にダサいエンディング。。。(笑
    「It's Not Unusual(よくあることさ)」
    https://youtu.be/kWvbJsB0OBc

    ドラマティック☆映画ちっく人生!! 来週20年ぶりの来日予定やったイギリスの大物歌手サー・トム・ジョーンズが『一応』ご家族の重篤なご病気

  • 近所のシネコンに行きたいものの、学生の春休みで若干混み合ってるのが嫌なので、来週あたりになんか観に行きたいと思っております。

    趣味のメインが今は音楽なので、こないだ知って観たくなった映画のDVDをamazonで注文し鑑賞。

    『僕は天使ぢゃないよ』1974年(1991年公開)・86分
    製作・脚本・監督・主演・音楽:あがた森魚

    70年代、漫画雑誌ガロに連載されていた『赤色エレジー(林静一)』にあがたさんが触発され、それを映像と音楽で表現した作品。

    音楽は松本隆、西岡恭蔵、ティン・パン・アレー(細野晴臣、鈴木茂、林立夫)に蜂蜜ぱい(鈴木慶一さん等)…etc.
    出演者には、横尾忠則、大瀧詠一、桃井かおり、山本コウタロー、泉谷しげる、緑魔子、三上寛、井上尭之、岡本喜八…etc.
    っと自分が名前を知っているレベルでこれだけの方が出演しております。

    内容的には当時の若者の恋愛を描いたものですが、前衛的な演出も多いので一般受けはしないです。(笑
    ただ冒頭のアニメのオープニングや、大滝さんの「びんぼう」という曲が流れ、その音に合わせて踊るシーンがある15分くらいまでの演出は素晴らしいの一言です。

    こういう作品を70年代に撮っていた。けどあまりにもセンス良すぎて知る人ぞ知る作品になってしまったんでしょうね。。。

    ドラマティック☆映画ちっく人生!! 近所のシネコンに行きたいものの、学生の春休みで若干混み合ってるのが嫌なので、来週あたりになんか観に行

  • 「グレイズ・アナトミー」
    監督 スティーヴン・ソダーバーグ・1996年・英=米・79分
     
    「この映画を作らないと絶対後悔すると思ったんだ」S.ソダーバーグ

    ソダーバーグが不遇の時代に撮ったと言われている作品で(もう1本が「スキゾポリス」)、これを観れば以降の彼の作品(特に「トラフィック」)に繋がる映像であるコトが分かる、内容的にも非常に興味深い作品。

    外を見れば天気が分かる。
    見ればそれが何か分かる。
    見れるという事は『目』のおかげである。
    目の健康には気をつけましょう……ってな感じで始まり、次いで目にまつわるエピソードを話す市井の人々のインタビュー。
    目薬と瞬間接着剤を間違えてさした人。
    仕事中に目の中に異物が入ってしまった人。
    目を開けて眠るので起きると目がバリバリに乾燥してしまう人。
    襲われ殴られて片目が少し飛び出し自分で押し戻した人…っとその体験談を聞いてるだけで痛々しい話の数々。

    色んな意味で観ていて不安にかられ出した時、唐突に登場したのが"マスター・オブ・モノローグ"と称され、この映画の脚本も手掛けた奇人コメディアンの【スポルディング・グレイ】である。
    そしてグレイはひとり語り出す。
    自分の身に降りかかった左目の病気にまつわる様々なエピソードを…。

    目の疾病に罹り、色々な治療法を試みるグレイ。
    生野菜のみの食事療法、催眠療法、先住民族のサウナ療法や宗教、挙げ句の果てにはフィリピンで"サイキック手術"まで試みるのだが、最終的に彼が選んだ治療法とは?

    右目を塞げば視界の悪い左目から『絶望』が見え、左目を塞げば健康な右目から『快感』が見える。
    左右の目を交互に塞いでみる。絶望、快感、絶望、快感。。。
    そこでグレイが見出した答えとは?
    彼は世界に何を見る???
    あなたの目はこの映画をどう観る・・・!?

    ドラマティック☆映画ちっく人生!! 「グレイズ・アナトミー」 監督 スティーヴン・ソダーバーグ・1996年・英=米・79分   「この映

  • 『スキゾポリス』1996年・米・93分
    監督:脚本:撮影:主演:スティーヴン・ソダーバーグ

    ソダーバーグがスランプ時代に撮ったのが『グレイズ・アナトミー』というのとこの作品。
    『グレイズ〜』の感想は後ほどアップします。

    基本はブラックコメディーで、『グレイズ〜』と似た感じですが、ハッキリ言って今作は後のソダーバーグ作品につながるような映画的価値を自分は見出せず、意味不明のまま終わりました。。。

    ちょっとS.キューブリックの『時計じかけのオレンジ』っぽい路線も狙っていたのか?
    ご本人は「ルイス・ブニュエルとリチャード・レスターとモンティ・パイソンの影響を反映させた」そうです。
    ソダーバーグ好きなら機会があれば是非ご覧になって下さい。
    そうでない方は記憶の彼方にこの作品名は消しても大丈夫やと思います。
    まあなかなか観る機会は少ないかとは思いますが。。。

    ドラマティック☆映画ちっく人生!! 『スキゾポリス』1996年・米・93分 監督:脚本:撮影:主演:スティーヴン・ソダーバーグ  ソダー

  • 『ルパン三世』2014年・日・133分

    昔は掲示板って一定期間書き込みないと消えてたはずやけど、今は大丈夫っぽいのでのんびり行きます。

    最近はもうひとつの趣味の音楽に忙しく、この映画は1月にテレビで放送したのをHDDに録画しててんけど、こん時は横浜までライヴを観に行って、観終わって居酒屋で映像だけ流れてたなぁ〜。

    んで帰阪してから鑑賞。
    ルパンといえばファーストルパンでは山下毅雄先生が曲を担当し、セカンドルパンでは大野雄二さん、どちらも素晴らしい音楽でしたが、この実写版ルパンは制作が日テレではなくTBSなのでお馴染みの曲は使えず、メインテーマは布袋さんが担当しているものの。。。

    役者陣は個人的に違和感なかったんですが、脚本がひどすぎて。。。
    10年くらい前ならルパンはジム・キャリー、不二子ちゃんはキャメロン・ディアズ、次元はスティーヴ・ブシェミ、五右衛門はキムタク、銭形のとっつぁんにニック・ノルティなんかを妄想しておりましたが、なんか『鉄腕アトム』の実写をハリウッドが作るらしく、ルパンも『コードネーム U.N.C.L.E』で復活したガイ・リッチー監督あたりで作ってくんないかなぁ〜。。。

    ドラマティック☆映画ちっく人生!! 『ルパン三世』2014年・日・133分  昔は掲示板って一定期間書き込みないと消えてたはずやけど、今

  • >>12312

    自分が覚えているのが、神戸のくらぶさん、大阪のとろさん、岡山のきょろさん、奈良のようこさん……くっきーさんは謎(大阪に行くって表現やったんで)で和歌山や徳島辺りと思っておりましたが、何故かくらぶさんってひらがなで皆さん表記してましたね。
    その影響なのか、未だにワタクシ、ロマンティックはロマンちっくで表記しております。(笑

    んな訳で時の流れとは恐ろしいもんで、我が田舎町にも4DXもあるシネコンが昨年秋に出来てしまい、気軽に映画を観に行ける環境になりました。

    6回観て次タダなんで『オデッセイ』を観たかったんですが、ミュージシャンの安藤裕子さんも観て絶賛してたし、辛口なクッキーさんも涙腺崩壊なんですね!
    最近オレ涙もろいから大丈夫かな。。。?

    > マット・デイモンは、役にぴったりだったけど、今回はレオにオスカーをやってくれぇ、、、!

    ディカプリオはもうオスカーもらってええのに何故なんでしょうね?協会員に嫌われてるんでしょうか。。。
    けど出来ればスコセッシ作品で獲って欲しいんですが(笑)、今年は映画館の予告で見た『レヴェナント』ってのでノミネートですかね。
    日本の配給会社は映画に箔がつくので是非ともレオ様に獲って欲しいでしょうね!

  • クラブさんや部長に出会ったのはもう、13年くらい前のことですね。
    いろいろやり取りを思い出していました。
    懐かしいなー。

    オデッセイ観てきました。
    悲愴になりそうな状況を、
    ユーモアを交えてポジティブに乗り切って行こうという試みをしていました。
    でもオリバー・スコットの弟トニのことを思い出して、エンドロールの
    I will Survive.が流れた時には、
    涙腺決壊しそうでしたよ。
    トニはこの世でもsurviveできなかったね。
    マット・デイモンは、役にぴったりだったけど、今回はレオにオスカーをやってくれぇ、、、!

  • >>12310

    忠犬ハチ公を覚悟してたんですが、意外と早くて拍子抜けです。(笑
    ご無沙汰しておりました。
    気づいて頂き嬉しく、ありがたいです。

    >今、人生二番目の絶不調に陥っていて

    一番目を乗り切ったんやから、まあ焦らず療養して下さい。
    なんかこういうやりとり懐かしいです。

    ひとりでも今は書き込めなくなるまで投稿する心算なんで、焦らず自分のペースでやって下さい。

    ほな、取り急ぎ失礼いたします。

  • 久しぶりに覗いてみたら、部長が…
    ご無沙汰です。

    今、人生二番目の絶不調に陥っていて
    自分のブログに文章をうまくまとめられないくらい気力が萎えています。
    でも、いい作品を観たら、観たよっ!ていうことだけでも残したいし…

    トト・ザ・ヒーロー のジャコ・ヴァン・ドルマル監督の 八日目 を観ました。
    ダニエル・オトゥユが、主演で、ダウン症のジョルジュと知り合うことで、なくしていた身近な幸せを再び見出していくというのをファンタジックに描いています。
    ファンタジーは、嫌いなんだけど、この監督の空想世界(頭の中)で起こることを、そういう手法で表現するのには、違和感持ちません。

    観ている間中、ずっと顎関節症の次女の肩を揉んでました。
    彼女とは映画での感動のツボが一緒です。

  • <<
  • 12329 12310
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア