ここから本文です
  • ISISの蛮行が昨今の話題の中心だが、
    私自身宗教に詳しいわけではないので
    いろんな考えが聞きたい。

    現在ISISを筆頭に世界各地にイスラム原理主義
    イスラム過激派が存在する。アルカイダ、ボコハラム、
    タリバン、アルシャバブ 他にも多数存在するのだろう。
    一般の穏健なイスラム教徒には申し訳ないが、
    正直穏健なのは恵まれた環境にいるからで
    オイルマネーで潤ってる地域では紛争は起きず
    UAEなどはわが世の春を謳歌してるように思う。

    イスラム国と称されるISISなどはイスラム教じゃない
    教義にも反してるとイスラム教の方はいうが、構成員は
    世界各地のイスラム信者(傭兵的なひともいるだろうが)が
    現況に満足できずまた不満を持ちリクルートしてるとみる。
    要はイスラム教信者時自体が予備軍になってるように感じる。
    状況環境が変わればいつその過激活動に傾倒し構成員になるか
    分からないのでは?

    ISISと一般教徒の方を同一視はしないが
    世界各地で暴力殺戮虐殺略取を続けるイスラム過激派は
    血を血で荒い、報復の応酬を繰り返し、同胞や同じ宗教宗派ですら
    抹殺しようとしたり、さらには無差別なテロ行為。
    いかに虐げられてきたかと語りだせば十字軍まで持ち出す。
    そのくせ実はオイルマネーの利権や恩恵をめぐる真っ黒さ。
    このまま行けば回りを巻き込む世界大戦もありえるのでは?

  • <<
  • 16 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア