ここから本文です
  • 国民皆さんが、大切にしている預貯金を国が取り上げると言う話です。
    昭和21年に現実に起こっています。
    国民の預貯金1,400兆とも1.600兆とも言われていますが、その内の1,100兆を食いつぶされた形に成っています、後残高は300~500兆円しか残っていません、と計算すると10~15年で日本は破産と言う事になるのでしょうか?。
    一説にはGDPの二倍の負債で破産と言う人もいます、となれば明日にも日本は破産するのでしょうか?。
    ちなみに、昭和21年には国民の預貯金を最高徴収税率90%で取られています、10%は可哀想だから残してあげますです。
    どう対処したら良いでしょうね、金でも買って知らないところへでも埋めましょうかね。
    貧乏人の俺には関係無い事か!。

  • <<
  • 15 1
  • >>
  • 水に落ちた犬は棒でたたけ!!




           水に落ちた犬には、何をしても正義になる!!




                  かくして、“正義の歴史認識“は作られる!!




          
    第二次世界大戦後、日本漁業の経済水域はマッカーサー・ラインによって大きく制限されたものでありましが、来るべきサンフランシスコ講和条約の締結による日本主権の回復後、この制限の撤廃が予定されていたのです。

    1949年1月7日、韓国・李承晩は対馬領有を宣言し、連合軍占領下で主権が制限されている日本に、こともあろうか、恥知らずにも、対馬と竹島の割譲を要求してきたのです。さらに韓国はサンフランシスコ講和条約に戦勝国として参加することを希望していましたが、連合国が大韓民国臨時政府を承認した事実がなく、また当時大韓帝国は日本に併合されており、交戦していたこともなかったためイギリスやアメリカによって拒否されました。

    1951年7月19日、韓国政府はサンフランシスコ講和条約草案を起草中の米国政府に対し要望書を提出。この要望書では日本の在朝鮮半島資産の韓国政府および米軍政庁への移管、竹島、波浪島を韓国領とすること、並びにマッカーサー・ラインの継続を要求していました。これに対し、アメリカは1951年8月10日に「ラスク書簡」にて回答、在朝鮮半島の日本資産の移管についてのみ認め、後は韓国政府の要求を拒否しました。

    「ラスク書簡」では、明確に、竹島は歴史上一度も朝鮮領になったことがないと、断言しています。 「ラスク書簡」の約1ヶ月後の1951年9月8日にサンフランシスコ講和条約は調印されました。

    1952年1月18日、朝鮮戦争下の韓国政府・李承晩は、サンフランシスコ平和条約の発効3ヶ月前に、突如としてマッカーサー・ラインに代わる李承晩ラインの宣言を行ったのです。 これに対し日米両政府は非難の声を挙げたのですが、その解決には長い道のりを要することとなったのであります。

    日本政府ががもっとも手を焼いた李承晩の政策はなんと言っても、不法入国・密入国した朝鮮人の強制送還を一切受け入れず、さらにその上、不法に拿捕した日本漁民の釈放と引き換えに、犯罪をおこして日本の刑務所に服役している在日朝鮮人・韓国人のすべてを、釈放・放免させたことであります。

    日本は近々破産するのでしょうか? 水に落ちた犬は棒でたたけ!!             水に落ちた犬には、何をしても正義になる!!

  • >>10

    鎌倉幕府は倒産していますし、その後も同じ様な事をしていますが全部失敗しています。
    紙幣を印刷すれば良いだけなら、世界に貧乏国は無いでしょう。

  • >>1

    過去の「徳政令」に学べば倒産しない
    国の借金は帳消しにして
    債権者には日銀がお札を刷って
    渡せばいいだけの話です

  • >>8

    理屈はジョジョさんの言う通りです。
    しかし、理屈でも屁理屈に変えて法律にしてしまうのが政治なのです。
    ですから、個人の物でも政府の物に、国民の意志なんて無視して不自然と思われる事を平気でやる事は、今までの時の宰相のやり方を見ても分かるとおりです。

    そんな中で生きている我々は、悲しいかな、その範疇で最大限の自己防衛する方法を考えるしか無いようです。

  • 日本破綻をどう考えるのか?
    によって答えは変わります。

    日本破綻を官僚機構の機能停止というなら
    日本は破綻しません。
    国民の生活を犠牲にして官僚機構は生き残ります。

    日本破綻を国民生活の破綻というなら
    日本は破綻します。

    北朝鮮と同じです。
    軍部の崩壊を北朝鮮の破綻と言うなら
    北朝鮮は破綻していないし
    国民生活の破綻を北朝鮮の破綻と言うなら
    北朝鮮は破綻しています。

  • >>4

    >>ただお金を勝手に使われた子供たち(国民)の生活は
    苦しくなります。

    経験済みの私にとっての思いは、苦しいの表現なんてものでは有りませんでした。

    生死をけか、いま生きるのがやっとと言う感じでした。
    草木を食べる、他人の畑の者を盗む、心中する家族が続出する状態でした。

  • >>3

    そうですか?、出来ればそう願いたいですね。
    ところで、よく分からないのですが、対外債権ってどのぐらい有るのか、分かっていたら教えてくれませんか。

    何せ昭和21年の預金封鎖を知っている者にとっては、あれの再来ばかりが気にかかりましてね、あの時は、お金の価値は0に成りましてね、物々交換で食料を得た時代でした、戦後の混乱とも相まって悲惨とか凄惨とかの言葉では表せない、たった今食べる物が無いのです、威張ったのが農家とか見たいな一次産業で自分で生産している人でした。
    私自身は今でも狂乱事件ばかりが発生し、勤労もしないで他人のお金を盗む時代、そうなった時に騒乱ところか、隣同士の殺戮見たいのが起きないか、それのみを心配しています。
    いずれにしましても、判断するのは個々人ですから、備え有れば・・・・、で心構えだけはして置きたいな・・・なんて。

  • >>3

    子供たちのお年玉を預かっていた親(政府)が
    子供たち(国民)のお年玉を使っても破産しない。
    ただお金を勝手に使われた子供たち(国民)の生活は
    苦しくなります。

    海外に資産を持っているのは大企業で
    大企業の大株主は外資です。

    日本はお金が無いから困っている
    お金持ちの大企業さん税金を
    いっぱい払って下さいとお願いしても
    大企業の大株主の外資さんは
    自分の利益にならなければ協力してくれません。
    あらゆる手段を用いて課税回避を図り
    増税に抵抗するでしょう。

    大企業の大株主の外資さんは
    利益にならない事は一切行いません。
    日本に助ける価値がなければ
    大企業の資産を持ち逃げして
    日本を去るだけです。

    大企業の大株主が外資さんなので
    大企業の資産を当てにして無駄遣いをする事は

    お金持ちの知り合いがいるから
    無駄遣いをしても大丈夫だ
    あいつはいつでも金を貸してくれる
    と思っていたら借金を断られれた!
    もうどうにもならない!
    という事になります。

    外資はこち亀の中川君じゃないので
    気軽にお金を出してくれません。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア