ここから本文です
  • 【在日特権】大阪朝鮮学園が社会保険料2億円超滞納 日本私立学校振興・共済事業団、強制徴収せず



    大阪朝鮮学園、社会保険料2億円超滞納 私学事業団は強制徴収せず

    大阪府内の朝鮮学校10校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪市)が
    平成24年度以降、日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)へ納付が
    義務づけられている社会保険料の掛け金を滞納していることが9日、関係者への
    取材で分かった。

    教職員給与・賞与からの天引き分と法人負担分を合わせた 未納額は2億円超に上るという。事業団は強制徴収などに踏み切らないまま、 教員らに健康保険や年金の給付を続けており、批判の声が高まりそうだ。

    大阪朝鮮学園の社会保険料の掛け金は、私立学校教職員共済法に基づき、 教職員の給与・賞与の約22%を教職員と折半で負担。学園が給与・賞与を 支払った翌月末までに、事業団に一括して支払う義務を負うことになっている。

    一方、複数の関係者によると、大阪朝鮮学園では数年前から掛け金をたびたび 滞納。24年度以降は滞納額が急激に膨らみ、現在は2億円を超えているという。

    事業団によると、加入する全国の学校法人からの保険料の徴収率は99・9%以上で、
    1年を超える長期滞納は極めてまれ。事業団は「個別の納付状況は答えられない」と
    した上で、滞納を理由にした教員らへの給付差し止めは「教職員個人に不利益を被ら
    せることはできない」として、一切していないと説明している。

    事業団が長期滞納した法人に対し、資産の差し押さえなどで強制徴収できるとの 規定はあるが、「政治案件で手を出せない」(関係者)とみられる。滞納理由や今後の 納付計画について、産経新聞は大阪朝鮮学園に質問状を出したが、期限までに回答はなかった

  • <<
  • 14 1
  • >>
  • 【寛大に扱った …】

    寛大に扱った




                 罰則なし




                          大量流入




    在日コリアの来歴

    1. 強制連行説の嘘
    参考)「教科書が教えない歴史(4)」 藤岡信勝 平成9年 扶桑社
    年代 法令 日本・台湾 朝鮮

     1938 年 国家総動員法(国民徴用令は1939 年)が成立
     15~45 歳までの男子、16~25 歳までの女子が徴用
     徴用の代わりに、内地の企業による求人活動が許可される
     1942 年 人手不足により、「官斡旋」による募集が始まる
     既に徴用済み日本企業への就職が斡旋される。しかし、雇用先を辞めても罰則なし。

    1944 年 朝鮮に初めて徴用令発布(実質、六ヶ月間で終了)
     既に徴用済み本人の意志を優先した為、達成率は79%に留まる。
    注釈)強制連行は徴用の歪曲であり、その徴用も朝鮮人には中々課されなかった。
     なお、徴用で来日し、残留した朝鮮人はわずか245 人。出典)朝日新聞1959 年7 月13日付

    2. 土地収奪による移民説の嘘(本当の来歴) 

     戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
     大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワークを頼って1970 年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。

     在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。
     今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率を占めている。
     日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で、密入国者に関しても寛大に扱った。

        米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授 ↓

    大阪朝鮮学園が社会保険料2億円超滞納  寛大に扱った                  罰則なし                     

  • >>11

    1ウリンドルの今日のレートは1050万円
    1ウリンドル=10万米ドルと固定です。
    ツチノコウォンとは交換できません。

  • >>11

    横須賀の橋の下で、原始人みたいな生活してる奴がウダウダうるせえんだよ。
    さっさと食い逃げか、残飯漁りに行けよ。

  • >>8

    ウリン自治区はその日本とやらの中の前橋の河川敷にあるのです。
    ウリン自治区で2億円は20000000000000000000000000000ウリンドル

    ツチノコ共和国では紙くずです。ゴミも回収してくれません。

  • >>7

    2億ツチノコウォンではないのですよ
    2億円=2000京ツチノコウォンくらいです。
    100兆ツチノコウォン札が200万枚必要です。
    ウリンドルなら20ウリンドル札1枚で済みます。

  • >>7

    >たったの?<
    じゃあ早く払え!
    祖国の未納には偉く寛大なんだな。
    ここは日本だ。
    税金もまともに払わない奴らが偉そうにしてるなよ。
    払えないなら即刻日本を出ていけ。
    君も・・・な。

  • >>7

    ウリン自治区で2億円は20ウリンドル 子供のお小遣い程度ですが
    日本とやらでは大金だと聞いています。
    ツチノコ共和国では国家予算1000年分です。

  • チベット大虐殺を「解放」と呼んだ


          「死に神」朝日新聞の犯罪


    朝日のイデオロギーを知っている者にとって、朝日がチベット&ダライ・ラマを罵倒することは
    至極当然と受け止める。

    左翼思想による「平和」とは、民族・伝統・文化・慣習・宗教・国家など全て破壊して、
    世界を「一つ」にすることだからだ。

    朝日は、パレスチナ・ガザ地区におけるるイスラエルの入植問題の報道には熱心ですが、殊中国が不利なことは一切報道しないという姿勢を貫いています。

     性的暴力のひどさを尼僧でインドに亡命したケンサン・ペモさんは以下のように話しています。

    「つかまった尼僧たちがひとつの部屋に集められ、服を調べられました。顔を伏せたままでいると、服を一枚一枚脱がされ裸にされました。その部屋は窓が多く、外には大勢の一般囚が見ていました。そして、大勢の見るなか、警官の一人が頭を、もう一人がお尻を棒で殴り続けました。

    やがて、あまりの痛さに恥ずかしさも忘れ、私は床に転げまわりました。そしてついに気絶したのです。気付くと水をかけられてびしょ濡れになっていました。再び拷問が始まりました。電気棒を口や肛門、女性器に押し込んできました。私はあまりの痛みとひどさに再度気を失いました」

     電気棒は家畜に用いる電気ショック棒です。80年代から使われたようです。民族浄化作戦で女性が子供を産めないようにする目的でも使われたようです。

    日本のメディアはケンサン・ペモさんの証言を報道したことがありますが、性的暴力のところは隠蔽して報道しませんでした。朝日新聞と岩波書店の月刊誌「世界」がそうです。このチベットの事実を女性の人権問題として声を上げようとすると妨害をうけるといいます。

    朝日新聞いわく!
    慰安婦問題の本質は女性の人権問題であると。
    チベットでほとんどの尼僧が毎日のように陰部に拷問用の電気棒を差し込まれ、この世の地獄を味あわされたにもかかわらず、朝日新聞はそれを女性の人権問題とは考えなかったらしい。

    中国におべっか使って「平和」を謳う偽リベラルのインチキは、もうウンザリ。
    思想洗脳された「良心的知識人」ののたまう『平和』とやらが、如何に胡散臭いか・・・
    朝日新聞などがやって来た事を見ればお分かりいただけるだろう!

    大阪朝鮮学園が社会保険料2億円超滞納 チベット大虐殺を「解放」と呼んだ         「死に神」朝日新聞の犯罪   朝日のイデオロギーを

  • 香港で「辛ラーメン」と韓国ロッテの「コアラのマーチ」が輸入禁止!100均のお菓子も注意して!



    やっぱりですか!韓国産製品が香港で輸入禁止措置に!

      危険な韓国産・中国産は、私たちが不買すれば輸入量を減らせます!


    最近、地元のスーパーで「わかめ」を買おうと思いましたところ、1袋120円と240円のものが並んでいました。120円の袋を手に取り、裏のラベルを見ましたら韓国製。 


    香港からのニュースです。記事は「日刊サイゾー」です。

       
     これまで何度も中国製食品の安全性に関するニュースが伝えられて来た香港で、今後は外国からの輸入食品にも注意をしなくてはならなそうだ。香港の国家品質検査局が3月15日、今年1月に不合格となった輸入食品と、過去1年間で輸出元へ送り返した輸入食品、廃棄された輸入食品のリストを公開した。



     さて、今回公表されたリストには、日本でもおなじみ、韓国ロッテの「コアラのマーチ」も含まれている。こちらも包装方法の問題により、不合格食品となってしまったという。日本人にとって“国民的菓子”である「コアラのマーチ」だが、08年に中国製の同製品からメラニンが検出されたり、14年にトランス脂肪酸や発がん性物質が含まれているというニュースも流れた。

     香港は日本よりも食品の原材料の表示義務が厳しいというが、日本に入ってきている韓国製のお菓子やインスタント食品は問題ないのか――。気になるところだ。(日刊サイゾー )
       

           日本産成りすましの韓国産

     都会ではおなじみの「100円均一ショップ」でお菓子を買う方も多いのではないでしょうか? 100均のお菓子の中にはもちろん日本製も多いですが、韓国製も混じっていますから注意が必要です。韓国製は買うのは絶対に止めましょう。

    韓国の業者の製品を買うことは間接的に韓国にお金をもたらし、そのお金が「反日宣伝」に使われるかもしれません。最近はマレーシア産などのチョコ菓子も出てきていますから、買うなら親日国の東南アジア産のお菓子がお奨めです。   


    日本企業は、早急に中国や韓国から撤退すべきです。中国が巨大市場というのは妄想でしかありません。中国人の購買層は2億人しかいませんからね。私たちは東南アジアやインドに目を向けていきましょう。 中国と韓国は無視! これが最善の政策です。

    大阪朝鮮学園が社会保険料2億円超滞納 香港で「辛ラーメン」と韓国ロッテの「コアラのマーチ」が輸入禁止!100均のお菓子も注意して!

並べ替え:
古い順
新しい順
法務省 人権擁護キャンペーンPR
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア
法務省 人権擁護キャンペーンPR