ここから本文です
  • 今日の記事で、今年4月に行われた太平洋戦争のA級、B級、C級戦犯で処刑
    された元軍人の追悼慰霊祭(私的)に際し、安倍首相が自民党総裁の名において
    哀悼の意を表す書簡を送っていたことが報じられていた。
    これを見ていると、安倍晋三という人はやっぱり言葉とは裏腹に、前の戦争に対
    する反省の気持ちなどまったく無いことが明らかである。
    確かに、処刑された戦犯の中には軍部の方針や上官の命令でやむなく行った行為
    が戦犯とみなされた人たちも多く含まれていたことも事実であろう。
    しかし、東条英機を代表とするいわゆる戦争指導者と言われる人たちは間違いな
    く犯罪者である。どう見ても勝ち目の無い戦争に国民を誘導し武器も食料も補給
    できない状況下にあっても戦闘を強要し続け、何百万人という国民の尊い命を犠
    牲にした彼らの罪の大きさは計り知れない。つまり靖国神社に祀られている多く
    の一般の元軍人からすれば彼らは加害者であり自分たちは被害者にほかならない。
    安倍晋三はこの先日本をどうしたいのか。亡霊が宿っていなければよいが。

  • <<
  • 20 1
  • >>
  • いくら厚顔無知無恥阿呆馬鹿卑怯者御都合主義嘘つき左翼でも
    少しは近代化、進歩、進化するべきだ。
    昔の様な教育、情報が行きわたっていない時代ではもはやないのに、
    その時代と同じ様な表現を使っていたら、
    嘲笑されるだけだ。
    まさか、「反省」をまだ「自己批判」何て表現しているのかな?

  • 死んだ人に哀悼の意をささげるのは悪いことでもない。

    ところで左翼って恩知らずだな。

    祖国ソ連を救ったのは東條ですよ。

    独ソで挟み撃ちにすればソ連は負けたかもしれない。

    その功績者を悪く言うなんてどういうことなんでしょう。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>13

    独は東西独の併合をなしたが、周辺の国家にいかほどの賠償を払いましたか?取れる資格の或る国家は12ヶ国はあるでしょう。その独と伊は戦後日本から賠償金を取ってゆきました。対外援助金などは日本は長期に亘り賠償金のつもりで無償借款で
    提供しました。日本の戦後処理は歴史的に見ても最大の額であります。

  • このせりふ、どこかで聞いたことありませんか??


    “過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”


              ヴァイツゼッカードイツ大統領の名演説に出てきます!!


                    “ドイツの戦後を見習え!!”
            

                        韓国マスコミ界の大合唱!!


           よーし!!    日本はドイツの戦後を見習おう!!


    リヒャルト・カール・フォン・ヴァイツゼッカー男爵(Richard Karl Freiherr von Weizsäcker、 1920年4月15日 - )は、ドイツの政治家、貴族。キリスト教民主同盟(CDU)所属。西ベルリン市長(在任:1981年‐1984年)、第6代連邦大統領(在任:1984年-1994年)を歴任。

    1984年5月23日の選挙で第8代大統領に選出され、7月1日に就任した。ヴァイツゼッカーは、その格調高い演説によってドイツ内外に感銘を与えた。

    1985年5月8日の連邦議会における演説の中の一節“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”で知られる。「過去についての構え」である罪と「未来についての構え」である責任とを区別し、個人によって罪が異なるとしても共同で責任を果たしていくことを呼びかけた。

    リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー大統領はA級戦犯として有罪になった父親エルンスト・フォン・ヴァイツゼッカーの罪状を回想録で全面否定し、墓地への参拝も行っている。
    ニュールンベルグ戦犯裁判でA級戦犯として有罪判決を受けた父親の罪状について、ヴァイツゼッカーは「侵略戦争を指導した」とする平和に対する罪(いわゆるA級戦犯)を回想録で「まったく馬鹿げた非難だった。真実をちょうど裏返しにした奇妙な話である」と全面的に否定し、裁判の不当性を強く非難している。

    ドイツは戦争直後より謝罪し、個人に対する賠償もしている。
    現実にはドイツの行った戦争被害への賠償は原則的にドイツ国民に対するものである。「ナチスの不法行為」に対するドイツ国民や外国の個人に対する補償として1956年制定の連邦補償法などがある。ただし「戦争被害」についてはドイツ国民以外の請求権は一切認めておらず、ドイツ政府を相手取った訴訟は全て「個人が戦争で受けた被害について自国以外に請求を行う事は出来ない」として請求が却下されている。

    また、ナチス・ドイツに武力で併合され戦争に大動員させられたオーストリアに対しては、個人も含め一切補償は行われていない。それどころか、オーストリアは戦後ヨーロッパ諸国に対し謝罪した。

    戦犯として終身刑になったエーリヒ・レーダー元帥の葬儀はドイツ海軍の主催で行われ、代表して弔辞を述べたのは同じく戦犯であったカール・デーニッツであった。更に禁固18年の判決を受けた独ソ戦の闘士マンシュタイン元帥は釈放後にドイツ軍の常任顧問に迎えられるなど、ドイツでは戦犯の罪状を否定したり英雄と評価することは珍しくない

    またドイツ社会民主党のブラント首相はワルシャワのゲトーの前で跪きユダヤ人迫害については謝罪したが、同様にポーランドが戦後行ったドイツ人追放を「いかなる理由があろうと正当化されることはない不正行為」と非難しており、ポーランドに対しては罪の相殺を計っている。

    ブラントはあくまでもホロコースト(ユダヤ人虐殺)について謝罪の意を示したのであって、戦争やポーランドへの侵略について謝罪したわけではなく、帰国後にはポーランドが戦後行った旧東部ドイツ領からのドイツ人追放を「戦後のドイツ人の旧東部ドイツ領からの追放という不正はいかなる理由があろうと正当化されることはありません(白水社「過去の克服 ヒトラー後のドイツ」より引用)」」と非難している。

    また跪いて献花するブラントの姿は共産党政権下のポーランド国内で公表されなかったため、ポーランドの一般人には殆ど知られていなかった(中公新書「〈戦争責任〉とは何かより」。「一般には知られていないが、ひざまずきの写真はポーランド国内では公表されなかった」。日本ではしばしば「ブラントの跪きがポーランドの対独世論を変えた」という趣旨で論じられる事があるが、そのような事実はない。

    <注>ニュールンベルグ裁判で父親の弁護に立つヴァイツゼッカー

    安倍首相は東条英機の亡霊か このせりふ、どこかで聞いたことありませんか??   “過去に眼を閉ざす者は、未来に対して

  • 【安倍改造内閣は素敵ですね、天皇を元首に戻し忠君愛国の日本復活だそうです。】
    アメリカのメデイアの速報です

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000043-rcdc-cn

  • >>3

    【 安倍は東条英機の亡霊にもなれない、、この日本の恥さらしを拝む脳タリン。】
    山田風太郎曰く:
    「卑怯といわれようが、奸臣といわれようが国を誤まったといわれようが、文字通り自分を乱臣賊子として国家と国民を救う意志であったならそれでよい。それならしかしなぜ自殺しようとしたのか。死に損なったのち、なぜ敵将に自分の刀など贈ったのか。『生きて虜囚の辱しめを受けることなかれ』と戦陣訓を出したのは誰であったか。今、彼らはただ黙して死ねばいいのだ」、「なぜ東条大将は、阿南陸相のごとくいさぎよくあの夜に死ななかったのか。なぜ東条大将は阿南陸相のごとく日本刀を用いなかったのか。逮捕状が出ることは明々白々なのに、今までみれんげに生きていて、外国人のようにピストルを使って、そして死に損っている。日本人は苦い笑いを浮かべずにはいられない」

    東條の作った戦陣訓で勇猛に戦い意識を失って捕まり捕虜になった日本の軍人まで多数自決したのだ、このいんちきで臆病で卑怯な男は命が惜しくて死ぬのが嫌で戦犯容疑で逮捕されるまで行きさらばえ、その時でもピストルで腹を撃ちアメリカ憲兵に助けてもらい、米軍の病院で手当てを受けて助かり、日本武士の魂の日本刀をこの憲兵にお礼に送ったひょうろく玉だ、この日本軍人で捕虜になって、戦陣訓通りに自決した勇士の御霊に千鳥が淵で参拝しろ、

  • >>7

    >>じゃあ、国内法で裁かなければならないね

    戦争回避すべきという意見はあっただろうけども、
    当時の帝国憲法では、有罪にはならないと思いますよ。

    当時の世界情勢からすれば、
    やむおえない選択だったと思います。

  • 東條英機は犯罪人ではありません。ましてや 加害者でもありません。ただ戦争に負けた責任は取らなくてはなりません。今のへいへいぼぼと暮らしている私たちに当時の彼らの苦悩と決断が理解できるのでしょうか? 戦う前に無条件降伏するか その時国民の生活は? この国はどうなってしまうのか? 日本は存続できるのか?
    出来るなら「戦争はしたくなかった」それが彼の心だと思います。天皇陛下も同じ。

  • 【Re:1 じゃあ、国内法で裁かなければならないね】
    >東条英機を代表とするいわゆる戦争指導者と言われる人たちは間違いな
    く犯罪者である。どう見ても勝ち目の無い戦争に国民を誘導し武器も食料も補給
    できない状況下にあっても戦闘を強要し続け、何百万人という国民の尊い命を犠
    牲にした彼らの罪の大きさは計り知れない。つまり靖国神社に祀られている多く
    の一般の元軍人からすれば彼らは加害者であり自分たちは被害者にほかならない。

  • >>1

    太平洋戦争のA級、B級、C級戦犯者は、
    連合国からの視点であって、
    日本の立場では、戦争犯罪者ではありません。
    また、
    太平洋戦争は、日本及びアジアの防衛が目的。
    戦争が良いとは、言わないが、
    自国を守る為に戦った人は犯罪者では無いと思います。

  • 【戦後70年!未だに戦後処理がなされない日本!?】
    日本は、東京裁判を受け入れ、ワシントン講和条約に調印し、無条件降伏した。
    連合国(アメリカ)から、戦争犯罪(A.B.C級)を断罪されても仕方がない。
    しかし、今に至るまで、日本人自らが戦争の総括をやっていないではないか。
    戦後70年、日本人は、皆、あの戦争の悲惨さや、多くの罪のない国民が途端の苦しみを味わい犠牲になったことを忘れたように黙りこくっているではないか。
    今こそ、連合国から押し付けられた戦争犯罪の処理ではなく、日本人自らが、戦争を総括すべきではないのか。有識者の発信力に期待する。

  • 確かにそうだがABCは連合国側が決めたもので日本国は彼等の咎を明らかにしてない。福島も裁かれようとしてます。戦犯については何れ時期が来れば明らかにするべきでしょう。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア