ここから本文です
  • <<
  • 43 18
  • >>

  • フィリピンは470年間もスペインそしてアメリカによる植民地でした。スペインの殖民地時代から運営は中国人華僑が行う共同運営の植民地でした。スペイン時代に農地は全て中国人の所有物として取り上げられ、フィリピン人はただの奴隷と扱われました。

    管理者の中国人華僑はフィリピン人を残虐に殺しては住民を押さえ込む残酷な殺しが全土で行われました。470年もの間に推定2000万人以上が殺されています。このように中国人に対する憎しみは歴史的に半端でありません。

    アメリカの植民になっても中国人華僑との共同運営でした。
    アメリカは徐々に一部のフィリピン人に行政をやらせるようにしました。しかし、農地や商売は全て中国人華僑が所有し、中国人がフィリピンを奴隷として扱い、残虐な殺しと迫害は続きました。

    これに対してフィリピン人による大暴動がしばし全土で起きていました。「反華」、「排華」、「反中国」の根強い恨みとなっています。つまりチベットと同じことが中国人華僑により470年も行われていました。

    日本軍が来て一番最初に喜んだのは現地フィリピン人でした。米国を追い出し、470年も植民地経営していたいた中国人華僑を追い出し、農地も土地も取り戻してくれ解放してくれました。フィリピン国民を奴隷から解放してくれたのが日本でした。

    戦後は再びアメリカの統治となり、中国人華僑が支配すると、中国人による残虐な殺害と迫害の暗黒が始まりました。本当に独立出来たのは、アメリカからフィリピン人に行政や司法が全て移り、中国人華僑を追い出せるようになってからです。本当に長い中国人華僑による弾圧と虐殺の歴史でした。

    フィリピンで反日運動しているのは、植民地経営をしていた中国人華僑が反日運動を、中国政府と一緒にやっているだけです。中国人華僑は反日ですが、フィリピン国民は日本に対しては親日です。

     日本軍を称えるフィリピン共和国独立記念日の飾り ↓

     「EAST ASIA CO-PROSPERITY」= 意味は「大東亜共栄圏」
      "日の丸"下でアジア大共栄圏の夢が懐かしいという飾り
    日本では、大東亜共栄圏という言葉は、“侵略の美化”“戦争の美化”という殺し文句で良識派と称する人たちから徹底的に糾弾されます。底的に糾弾されますが・・・

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー  フィリピンは470年間もスペインそしてアメリカによる植民地でした。スペインの殖民地時代から運営は中

  • 振り込め詐欺なんてみみっちいすぎるよ!!






           お年寄りの個人を対象にするなんて






                   詐欺師の風上にも置けない!!






                      一つの国を相手にするぐらいでないとダメよ!!







    日本から補償金」3万人だます 韓国の団体幹部ら摘発

     【ソウル=黒田勝弘】ソウル市警察当局はこのほど、日本統治時代の戦時動員被害者に対し、日本政府などから補償金を受け取ってやるといって弁護士費用などの名目で会費15億ウォン(約1億2千万円)をだまし取っていた団体幹部など39人を、詐欺の疑いで摘発したと発表した。被害者は3万人に上る。

     摘発されたのは「太平洋戦争犠牲者遺族会」「民間請求権訴訟団」など対日要求や反日集会・デモを展開してきた団体。古くからの活動家で日本でも知られる梁順任・遺族会会長(67)にも容疑が向けられており、対日補償要求運動にブレーキがかかりそうだ。

     発表によると、梁会長らは遺族会や訴訟団など各種団体を組織して会員を募集。その際「動員犠牲者でなくても当時を生きた者なら誰でも補償を受け取れる」などと嘘を言った例もあり、会員を集めると手当を支払っていたという。

    警察発表では、梁会長らはソウルでの日韓親善サッカーの試合のスタンドに約500人の会員を動員し、日本政府に謝罪と補償を要求する横断幕を掲げる“偽装活動”をしてきたとしている。
    2011.5.9 09:43 産経新聞


    反日詐欺で摘発されたのは、日本軍従軍慰安婦を捏造した「朝日新聞の植村隆」記者の義母で、太平洋戦争犠牲者遺族会の会長だった「梁順任」でした。


    こいつが朝日新聞の植村隆記者の義母、梁順任 ↓

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー 振り込め詐欺なんてみみっちいすぎるよ!!               お年寄りの個人を対象にするなん

  • 慰安婦の半分の真実……埋もれた半分を照らし出す



    ◇帝国の慰安婦/パク・ユハ著



    一言で言えば、慰安婦に対する韓国人の誤った認識と接近方式が今日の日本の右傾化を招いたという主張だ。思わずかっとなった。「何だと?被害者である慰安婦のおばあさんを売春婦だと罵倒する加害者日本の声に耳を傾けようというのか。」

    著者は、そのような浅薄な日本右翼の声に同調するのでは決してない。ただ、その人権侵害犯罪の責任が日本帝国主義にだけあるのではなく、植民支配と貧困、家父長制、国家主義の複合的産物であることを強調する。

    この問題を無条件に日本の国家犯罪と賠償に連結させて慰安婦ハルモニたちを永遠の人質として捉えておくことを止めなければなければならない、と主張する。

     韓国人であれば、「いや、なぜ私たちが傲慢な加害者を徹底的に断罪することを抑えなければならないのか?」と反問するだろう。だが、それが本来私たち自身に不都合な内容は無視して日本に不利な内容だけを拡大・再生産する記憶の歪曲としてなされたのならば?そのために、理解と和解でなく怒りと敵対の悪循環だけを招いているのならば?

    『反日民族主義を越えて』と『和解のために―教科書・慰安婦・靖国・独島』という本を書いた著者は、韓国で生まれて日本の慶応大学と早稲田大学大学院で日本文学を専攻した世宗大学日文科教授だ。つまり、韓国と日本に対する理解が深い。

    そういう著者の問題意識は、1990年の初めに韓日関係のアキレス腱として浮かび上がった慰安婦問題が、なぜ20年が過ぎても解決することができずに逆に悪化の一途をたどるのか、というところから出発する。

    韓国人はこれを日本の右傾化のせいにする。 だが、著者は、反対に、韓国人たちが十分に解決することができた問題を大きくし、そのことによって日本右翼だけでなくこの問題に罪の意識を感じていた一般の日本人にまで嫌気を起こさせたと主張する。

    問題は、韓国の挺身隊問題対策協議会(挺対協)が日本のこのような内部事情を分からないまま「国会立法による国家賠償」だけ要求して状況が大きく絡まってしまったと著者は指摘する。

    つまり、慰安婦問題を過去の日本帝国の謝罪と反省に終わらせず、現在の右翼に対する攻撃手段とする日本の進歩陣営の「冷戦的思考」がより増す中で、
    そのことによって一般の日本人にまで嫌気を起こさせたと主張する。

     この本の最も敏感で大きなテーマは、慰安婦の数多くの証言の中に含まれている「日本軍の残虐性に亀裂を加える」証言だ。彼女らを騙して戦場に連れて行って虐待と搾取を日常的に行った主体は、ほとんどが同胞である朝鮮人の民間業者だった。

     私たちの記憶の中の慰安婦は、「日本軍の軍靴に踏みにじられるか弱い十五歳の少女」、あるいは「老身を押して闘争する闘士」だ。 日帝が14~25才の女性労働力の動員のために女子学生を中心に募集した挺身隊と混同した結果だ、と著者は主張する。

    そして問うのだ。 このような錯綜したイメージが日本に対する憎悪を強化させ、まさに同族を売り飛ばした私たちの罪に目を閉じさせているのではないか、と。

     著者のこのような挑発的な主張にうなずくことは、明らかに容易ではない。だが、慰安婦問題に対して日本だけ鋭く睨んで来た我々自身の姿も一度くらい鏡に映して見る時なのかも知れない。

    2013-08-10 東亜日報
    http://m.donga.com/Main/3/all/20130810/56940279/1
    クォン・ジェヒョン記者

    この人が最も冷静で知性ある人、パク・ユハ教授 ↓

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー 慰安婦の半分の真実……埋もれた半分を照らし出す    ◇帝国の慰安婦/パ

  • ◆特別永住者 (在日)

    特別永住者と認定されるには、次のいずれかの要件を満たすことが必要である。

    1.平和条約国籍離脱者または平和条約国籍離脱者の子孫で1991年11月1日(入管法特例法施行日)現在で次の各号のいずれかに該当していること

    (1)次のいずれかに該当すること

    ア 旧昭和27年法律第126号第2条第6項の規定により在留する者(平和条約国籍離脱者として当分の間在留資格を有さなくても日本に在留することができるものとされた者)

    イ 日本国に居住する大韓民国国民の法的地位及び待遇に関する日本国と大韓民国との間の協定の実施に伴う出入国管理特別法(旧日韓特別法。廃止)の規定により永住の許可(いわゆる協定永住)を受けている者

    ウ 入管特別法改正前の入管法(以下「旧入管法」という)の規定に基づき永住者の在留資格を有して在留する者
    (2)旧入管法に基づき平和条約関連国籍離脱者の子の在留資格をもって在留する者

    2.平和条約国籍離脱者の子孫で出生その他の事由[14]により上陸の手続を経ることなく日本に在留する者で、60日以内に市区町村長を通じて法務大臣に特別永住許可申請をして許可を受けた者

    3.平和条約国籍離脱者または平和条約国籍離脱者の子孫で「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」または「定住者」の在留資格を有する者で、地方入国管理局で法務大臣に特別永住許可申請をして許可を受けた者

    「平和条約国籍離脱者」及び「平和条約国籍離脱者の子孫」

    特別永住者であるためには「平和条約国籍離脱者」又は「平和条約国籍離脱者の子孫」であることが前提要件とされ、具体的には1952年4月28日発効のサンフランシスコ講和条約により日本国籍を離脱したものとされた在日韓国・朝鮮人及び在日台湾人(朝鮮戸籍令及び台湾戸籍令の適用を受けていた者で1945年9月2日以前から日本の内地に継続して在留している者)が対象となる。

    日本国外に出国し在留の資格を喪失した者(一般には韓国・朝鮮民主主義人民共和国に帰国した者を指す)はここでいう「平和条約国籍離脱者」には該当しない。

    「平和条約国籍離脱者の子孫」とは平和条約国籍離脱者の直系卑属で日本で出生しその後引き続き日本に在留する者であることが基本的要件[15]となる。したがって、平和条約国籍離脱者の子孫であっても日本国外で出生した場合などは特別永住許可を得ることはできない。

    ◆外患罪

    刑法第3章 外患に関する罪
     第81条(外患誘致)
      外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。

     第82条(外患援助)
       日本国に対して外国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えた者は、死刑又は無期若しくは2年以上の懲役に処する。

     第87条(未遂罪)
       第81条及び第82条の罪の未遂は、罰する。

     第88条(予備及び陰謀)
       第81条及び第82条の罪の予備又は陰謀をした者は、1年以上10年以下の懲役に処する。

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー ◆特別永住者 (在日)  特別永住者と認定されるには、次のいずれかの要件を満たすことが必要である。

  • 寛大に扱った



                 罰則なし



                          大量流入




    在日コリアの来歴

    1. 強制連行説の嘘
    参考)「教科書が教えない歴史(4)」 藤岡信勝 平成9年 扶桑社
    年代 法令 日本・台湾 朝鮮

     1938 年 国家総動員法(国民徴用令は1939 年)が成立
     15~45 歳までの男子、16~25 歳までの女子が徴用
     徴用の代わりに、内地の企業による求人活動が許可される
     1942 年 人手不足により、「官斡旋」による募集が始まる
     既に徴用済み日本企業への就職が斡旋される。しかし、雇用先を辞めても罰則なし。

    1944 年 朝鮮に初めて徴用令発布(実質、六ヶ月間で終了)
     既に徴用済み本人の意志を優先した為、達成率は79%に留まる。
    注釈)強制連行は徴用の歪曲であり、その徴用も朝鮮人には中々課されなかった。
     なお、徴用で来日し、残留した朝鮮人はわずか245 人。出典)朝日新聞1959 年7 月13日付

    2. 土地収奪による移民説の嘘(本当の来歴) 

     戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
     大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワークを頼って1970 年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。

     在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。
     今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率を占めている。
     日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で、密入国者に関しても寛大に扱った。

        米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授 ↓

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー 寛大に扱った                 罰則なし                       

  • ご存知ですか??





         当時の若者の憧れの的とは??





      当時の朝鮮の若者が大いに憧れたのは・・・





    「朝鮮人日本兵」だったのです!!




    現在の韓国人の脳裏からは完全消去されたようだが、当時の朝鮮の若者が大いに憧れた「朝鮮人日本兵」という存在があった。

    「朝鮮人日本兵」とは、大日本帝国陸海軍に所属し軍務に服した朝鮮人の軍人、及び捕虜監視員など軍人に近い任務を行った軍属などを総じてこう呼ぶ。

    朝鮮半島で、1938年に陸軍特別志願兵制度導入、続いて1943年に海軍特別志願兵制度が導入される。1944年以降徴兵制度が導入されるまで特別志願兵制度は続く。

    朝鮮人志願兵選抜条件は、(1)思想堅固ニシテ体躯強健、精神に異常ナキ者。(2)前科者殊に民族主義者、共産主義運動等に関係せし者は之を採用せず。(3)家族にして主義運動等に関与しある家庭の者は之を採用せず。となっている。

    陸海軍特別志願制度が始まった頃、朝鮮人による日本軍入隊のための血書提出がブームとなっていた。1935年には45名、1940年には168名が血書を提出した。後に韓国大統領となる朴正煕が満州国軍軍官学校の受験年齢制限特別免除を求める血書を提出しその記事が満洲新聞に掲載されている。

    特別志願兵制度の施行以前は、朝鮮人が一般の兵卒として陸海軍に入隊することは不可能。朝鮮人の日本軍人は洪思翊のように陸軍士官学校を卒業し士官に任官した者、李秉武のように旧大韓帝国軍から朝鮮軍人として日本陸軍に転籍した者に限られていた。

    日本軍への入隊は当時の朝鮮人の若者の憧れの的だったのだ。

    志願者数は以下である。
               

    1939年志願者 (12348人)  入所者数 (613人) 選抜率 (4.9%)  志願倍率 (20.2倍)

    1940年志願者 (84443人)  入所者数 (3060人) 選抜率 (3.6%) 志願倍率 (27.6倍)

    1941年志願者 (144743人) 入所者数 (3208人) 選抜率 (2.2%) 志願倍率 (45.1倍)

    1942年志願者 (254273人) 入所者数 (4077人) 選抜率 (1.6%) 志願倍率 (62.4倍)

    1943年志願者 (303394人) 入所者数 (6000人) 選抜率 (1.9%) 志願倍率 (50.6倍)

    中共メディアの写真の説明書きには「日本朝鮮軍歩兵第19師団」と書かれている。
    支・那人の言う高麗棒子の師団である。 ↓

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー ご存知ですか??           当時の若者の憧れの的とは??        当時の朝鮮の若者が

  • 【=ガタピシ自動車!!】
    昔はデザインもよく乗ったが、オイルもれ!
    今はロクな車・・・ないね!
     知り合いがデイーラーやってるけど可愛そうだな。

  • 善良なる者を排斥し、狡猾なるものを用いて維新の大業を中断した!!






            宗臣としてこれを座視できない!!






       邪悪な輩を追い出し、維新の大技をなして500年の宗社を護ろう!!







    19世紀末、日清戦争で日本が勝利した後、三国干渉があり、日本が屈服すると朝鮮の親日派は動揺し、閔妃一派がロシアに接近し、再び力を持つようになります。

    この当時、王宮を護衛していたのは米国人指揮下の侍衛隊でしたが、ロシアは親日派一掃のため、日本人教官に訓練された「訓練隊」を廃止して武器を押収しようとしました。訓練隊は激昂します。閔妃一派では朝鮮の西太后といわれる閔妃(ミンビ、びんぴ)が実権を持っており、訓練隊は在韓日本有志と反閔妃で連合します。

    明治28年10月7日、朝鮮政府が訓練隊解散と武装解除を通告してくると、8日早朝、訓練隊と日韓有志は国王の父、大院君を擁して王宮に入ろうとし、侍衛隊と衝突します。この騒乱の中、閔妃が殺害されます。こうして再び革命政府が樹立されることになります。

    大院君の檄文
    「近年、閔妃を中心とする一派が善良なる者を排斥し、狡猾なるものを用いて維新の大業を中断した。ゆえに500年の宗社(国家のこと)一刻も猶予なき危機に直面している。余は宗臣としてこれを座視できない。したがって、このたび入闕(にゅうけつ)して大君主をお守りし、邪悪な輩を追い出し、維新の大技をなして500年の宗社を護ろうとするものである」

    歴史の流れとしては日清戦争の日本の勝利によって維新の流れになったものの、ロシアと通じて閔妃一派が改革を元にもどしはじめその不満が乙未事変となり、再び改革路線へ向かいました。

    このところ、NHKやテレ朝がこの閔妃殺害を日本人、三浦公使らの犯行として大々的に宣伝しており、NHKなどは「坂之上の雲」のドラマ中に原作には書かれていないのにわざわざ唐突に捏造シナリオを挿入するという悪質なことまで行いました。

    プロジェクトJAPANでも捏造偏向報道をやったそうです。テレ朝などは「このこと反日感情の根底」などという大嘘を番組で述べています。歴史的に誰が手を下したか、日本の有志?訓練隊?というのはあまり意味がないのですが、日本人と決め付けてプロパガンダを撒き散らしています。

    とにかく日本人に贖罪意識を植え込ませる並々ならぬ意欲が感じられます。実際には殺害は訓練隊の禹範善(ウ・ボムソン)によるものと思われ(自白している)、日本人が外国人要人を直接手にかけたとは考えにくいです。三国干渉の直後で国際問題としてこじれると困ったことになります。

    もちろん戦闘に慣れた三浦公使(陸軍中将)が作戦指揮したことは十分考えられます。しかし、日本軍人が関与しなくてもなんらか形を変えて同様の事件がおきたでしょう。

    この事件では朝鮮側の処断は厳しいものでした。訓練隊は解散させられ、同隊長・李斗(王黄)、禹範善は休職を命じられ、閔妃殺害は嫌疑者33名を逮捕して裁判を行った結果、李周会ら3名を処刑しました。

    李周会は三浦公使が日本で下獄(監獄にぶち込まれること)されたことを聞くと「日本のわが国に尽くすこと国を挙げて至らざるなし。この事変に会し、多数志士の拘送を見るに至る。義としてこれを看過すべきにあらず」といって、縛につき、刑場の露と消えました。日韓同志は固い絆で結ばれていたのです。

    閔妃は死後、大院君の提言で 身分を剥奪され平民に格下げされました。しかし、その後、特命全権公使の井上馨の尽力によって「明成皇后」という謚号がつけられ贈り皇族に戻しています。これらのことをマスコミは、意図的に隠しているでしょう。

    閔妃排斥に全力を挙げた国父大院君 ↓

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー 善良なる者を排斥し、狡猾なるものを用いて維新の大業を中断した!!                宗臣

  • いじめを苦にして自殺??




                組織を守るため、調査を妨害しろ!!




          大事なのは、政治活動だ!! その為には、組織を守ることだ!!



        子供の一人や二人の命よりも、組織のほうが大事なんだアーー!!




    ○北海道滝川市でのいじめ調査に対する妨害
    2005年、滝川市立江部乙小学校にて、小学6年生の女子児童がいじめを苦にして自殺した。(滝川市立江部乙小学校いじめ自殺事件)

    この事件について、北海道教育委員会が2006年12月にいじめの実態の調査を実施しようとしたが、北海道教職員組合の執行部は、同組合の21ヶ所の支部に対して調査に協力しないよう指示していたことが報道され、いじめの隠蔽であると批判された。校長は減給、教頭と当時の担任教諭は訓告となった。

    法務省札幌法務局も事件について調査した結果、この事件を人権侵害事件であると認定した。

    ○北海道教職員組合の政治資金規正法違反事件
    2010年2月15日、北海道教職員組合(北教組)が民主党の小林千代美衆議院議員に対し第45回衆議院議員総選挙の選挙対策費用として1600万円を渡したことに関し札幌地検は政治資金規正法違反容疑で札幌地検が札幌市中央区の北教組本部や小林千代美の選挙対策委員長を務めた北海道教職員組合委員長代理の自宅マンションなど数ヶ所を家宅捜索し、翌3月1日に北海道教職員組合の委員長代理、同書記長、及び会計委員の3人と小林陣営の会計責任者を同法違反の疑いで逮捕した。

    なお、同事件に対し北教組は札幌地検に対し「不当な組織弾圧」とした資料を配付しただけで事件への説明は無く、「外部からの問い合わせには一切答えないように」と道内支部に対しかん口令を敷いた。

    日教組のドン、置き石東 ↓

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー いじめを苦にして自殺??                 組織を守るため、調査を妨害しろ!!

  • ”forcibly drafted”=強制的に徴兵された???


        いいから、挺身隊はみんな従軍慰安婦ということにしておけ!!


           いいから、英訳するときは、徴兵されたということにしておけ!!


    韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は日本軍の慰安婦問題を解決するために結成された韓国の団体。元日本軍慰安婦の調査、日韓両政府への意見表明、世界各国で日本軍慰安婦は強制動員された「従軍慰安婦」であるとして日本政府に謝罪を要求する運動を行っている。本部は、ソウル市内、西大門に近いところにある。

    •1990年11月16日 - 韓国教会女性連合会、韓国女性団体連合会等16団体が参加して結成。初代代表は尹貞玉。

    •2005年4月18日 - 「被害者と被害者たちを支援する団体の名誉まで毀損した」などとして韓国陸軍大佐の評論家池萬元を名誉毀損でソウル中央地検に告訴した。

    •2009年3月5日 - 日本の民主党に法制定などを通じた旧日本軍慰安婦問題の早期解決を促す要請書を伝達と発表。

    •200名近い元日本軍の慰安婦たちの聴き取り調査を行ったとしている。その調査の詳細を出版の形で公表した人数はこれまでのところ34人(第1回19人、第2回15人)であり、百数十名以上について、被害事実や名前、仮名を公開できておらず、「大多数のハルモニたちは、アジア女性基金を拒否している」と主張する挺対協が慰安婦の意見の総代表として振る舞おうとしていることへの批判が絶えない。

    •日韓政府に対して、日本政府の公式の謝罪、責任者の処罰、国家賠償を求めて活動している。また韓国での元慰安婦の意見を代表する組織として、声明をだしている。

    •女性のためのアジア平和国民基金にはそれが国家賠償ではなく、日本政府の責任を曖昧にするとして批判している。アジア女性基金が元慰安婦各個人に「償い金」を受けとるよう活動した際には、上記の理由から反対し、受け取れば「自ら進んで行った売春婦」であると認めることになるとして非難した。

    •挺身隊対策協議会はアジア女性基金への対抗策として募金を募ったが、あまり集まらなかった。

    •韓国の日本軍の元慰安婦7人が1997年にアジア女性基金から一時金を受け取ったことに対し韓国内の支援団体やマスコミが猛反発。7人は厳しい批判にさらされ、挺身隊対策協議会は、7人を募金対象者から外した。

    •韓国人補償裁判を進めてきた日本のNGO1名を、アジア女性基金への考え方が違うとの理由から、韓国政府に働き掛けて1997年に入国拒否指定させている。

    •安秉直ソウル大学名誉教授は、この韓国挺身隊問題対策協議会と3年間、日本軍慰安婦について共同調査をおこなったが、慰安婦を強制動員した証拠はなく、元慰安婦とされる人たちの証言についての客観的な資料もなかったと述べるとともに、韓国挺身隊問題対策協議会の人たちについては、慰安婦の本質を把握し、現在の悲惨な慰安婦の状態を防止するためではなく、日本とケンカするためだったと述べている。

    •2011年12月14日には、韓国の日本大使館前の公道に無許可で元慰安婦の少女時代を題材にしたというブロンズ像を建てた。公道に無許可で設置することは違法になり、日本の在韓大使も韓国政府に抗議したが、韓国側は日本政府が解決に向けて努力すべきだとし、黙認するに至っている。

    •この団体の英語の名称は"The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan"となっており、日本語に訳せば「日本によって軍の性奴隷に徴兵された女性のための韓国協議会」と「徴兵された(Drafted)」という語を使っている。このため「日本が慰安婦を徴兵した」との誤解を生んでおり、例えばAFP通信社の発信するニュース[Japan distances itself from 'comfort women' comment, May 14, 2013などでも,「徴兵された(drafted)」と全世界に報道されている。

    •李栄薫ソウル大学教授の「従軍慰安婦は売春業」「朝鮮総督府が強制的に慰安婦を動員したと、どの学者が主張しているのか」などの挺身隊関連の発言に対し、常任代表の申蕙秀は李教授の教授職辞任を要求した。(朝鮮日報 2004/09/03)

    •団体名が慰安婦ではなく挺身隊という誤った名前である理由は千田夏光、女子挺身隊、からきている。

    •池萬元から日本大使館前で毎週水曜に行われている抗議集会に参加する元挺身隊の女性たちは偽者であるなどの批判をされている。

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー ”forcibly drafted”=強制的に徴兵された???       

  • 日韓併合は間違いだった!!




                搾取された日本の嘆き!!




               内地の発展・インフラ整備が20年遅れた!!




    日本内地へ多くの朝鮮人が流入したことによって、内地の失業率上昇や治安が悪化したため、日本政府は朝鮮人を内地へ向かわせないよう、満洲や朝鮮半島の開発に力を入れるとともに、内地への移住、旅行を制限するようになりました。

    また、朝鮮半島内でのインフラ整備に重点をおいたため、東北地方のインフラ整備に遅れが生じました。さらに、朝鮮半島から廉価な米が流入したために米価の低下を招き、その影響で東北地方などの生産性の低い地域では農家が困窮することとなったのであります。このため崔基鎬は、韓国併合によって搾取されたのはむしろ日本であると言っております。

    李氏朝鮮の苛歛誅求によって生活が困難になった農民が、管理の手薄な山間部に分け入り、焼畑を行ったのが火田民の起源であります。

    朝鮮では、古来より山野は「無主公山」と呼ばれ、地元住民による一種の入会権が認められていたため、「無断開墾」という行為に罪悪感がなく、「愛林思想」という概念が欠如していました。

    19世紀末期までに、朝鮮半島南部にあった森林はオンドルの薪供給源として過剰伐採され、大半が禿山と化していたのです。そのため火田民は、それほど森林破壊が進行していなかった朝鮮半島北部の山林を中心に活動していました。

    朝鮮総督府では治山事業の一環として火田民対策も行うことになったのです。各道庁に担当の部署を設け、火田民500戸を単位とする「山農指導区」を組織し、一般の農業や酪農の技術指導に当たりました。また、平野部から進出する高利貸しが、火田民の刹那的生活を促進していたため、それらの締め出しも併せて実施したのです。

    1912-1913年の在日アメリカ大使 Larz Anderson の妻で作家の Isabel Anderson が、日本へ赴任の際に韓国に立ち寄った時の手記によると、「寺内総督統治の下、韓国に多くの発展があった。これは、地元の人と征服者の間に摩擦無く成し遂げられるとは限らないが、その結果は確かに驚くべきものだと認めなければなるまい。政府は再編成され、裁判所が確立され、法が見直され、景気が良くなり、交易が増えた。農業試験場が開設されて農業が奨励され、内陸から海岸まで鉄道が敷かれ、港が浚渫されて灯台が建立された。韓国への日本の支出は毎年1,200万ドルに上っている。」

  • たった一回だけ発令された非常事態宣言!!







    戦後の日本において唯一、一回だけ!!






    東日本大震災時、非常事態は宣言されませんでしたが・・・






    1947年(昭和22年)10月、連合国軍最高司令官総司令部総司令官ダグラス・マッカーサーは、日本政府に対して、「在日朝鮮人を日本の教育基本法、学校教育法に従わせるよう」に指令した。それは民主主義的な教育により、民主主義の精神を涵養するためである。

    1948年1月24日、文部省学校局長は各都道府県知事に対して、「朝鮮人設立学校の取扱いについて」という通達を出し、朝鮮人学校の閉鎖と生徒の日本人学校への編入を指示した(朝鮮学校閉鎖令)。朝鮮人を区別・差別することなく、日本人子弟と同列に扱うためである。

    同年1月27日、朝連は第13回中央委員会を開催し、朝鮮学校閉鎖令に対し反対を表明した。さらに、「三・一独立運動闘争記念日」に合わせて、彼らの主観における「民族教育を守る闘争」を全国で展開するように訴えた。

    1948年4月23日9時、大阪府大阪城前の大手前公園で、朝鮮人学校弾圧反対人民大会が開催された。集会には在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余が集結した。16人の代表が選出され、大阪府庁舎で大阪府府知事との交渉を行うことになった。

    12時30分、大阪府庁知事室において、副知事(知事は当日不在だった)と朝鮮人代表者16人との交渉が始まったが、合意には至らなかった。代表者はしばしば威圧的、脅迫的な言動を行った。

    15時、在日朝鮮人7000人余の中から、シュプレヒコールが起こった。50人余の青年が行動隊を編成し、スクラムを組んで大阪府庁前の阻止線を組織的な暴力を駆使して突破した。

    15時30分、行動隊に続いて、在日朝鮮人7000人余も大阪府庁に暴力で突入し、3階までの廊下を暴力で占拠した。副知事は警察官の誘導により、戦時中に作られていた地下道を通って脱出した。

    17時ごろ、群衆は知事室になだれ込み、ドアや調度品を破壊するといったテロ活動をした。

    日本共産党大阪地方委員会に派遣されていた増山太助は、川上貫一衆議院議員とともに知事室に駆けつけたが、どうにもできなかった。

    朝連は、川上貫一を代表として交渉の場を作ろうとしたが、アメリカ軍や武装警官が到着した。その後、在日朝鮮人らは、武装警官隊と乱闘となり、在日朝鮮人のうち1人が死亡、20人が負傷した。警官側の負傷者は、それを上回る31人だった。179人が騒擾罪で検挙された。

    午後、朝鮮人代表者と大阪府知事との間で再度交渉が行われた。

    15時40分、別室に待機していた大阪軍政部のクレーグ大佐が、交渉の中止と、大手前公園に集結していた在日朝鮮人2万人の解散を指示した。

    在日朝鮮人1600人のデモ隊が再び大阪府庁に向かい、武装警官隊の阻止線で投石を開始する暴力行為を行った。武装警官隊は消防車に放水をさせ、デモ隊に突入し拳銃で発砲した。在日朝鮮人金太一が死亡した。



    1948年4月10日、兵庫県県知事・岸田幸雄は、朝鮮人学校に対して、封鎖命令を出した。

    4月14日、朝連は兵庫県庁を訪れ、岸田との交渉を要求した。言動はしばしば威圧的、脅迫的になった。

    4月23日、警官隊とMPは、朝鮮人学校灘校と東神戸校を封鎖した。

    4月24日、朝鮮人学校灘校と東神戸校の封鎖に抗議する在日朝鮮人が、兵庫県県庁前に集結した。

    9時30分、兵庫県庁知事室で、岸田、神戸市市長・小寺謙吉、検事正ら15人は、朝鮮人学校閉鎖仮処分執行問題と、在日朝鮮人の抗議集会対策を協議した。朝連は兵庫県知事室での密談の情報を入手し、約100人の在日朝鮮人が兵庫県庁内に突入し、知事応接室を占拠して備品などを破壊するテロ行為をした後、壁を打ち破って知事室になだれ込み、岸田幸雄やMPを拉致監禁した。

    在日朝鮮人約100人は、電話線を切断するテロ行為を行って外部との連絡を絶ち、「学校閉鎖令の撤回」「朝鮮人学校閉鎖仮処分の取り消し」「朝鮮人学校存続の承認」「逮捕された朝鮮人の釈放」などを、自由を奪った状態の岸田幸雄に強要した。

    17時、岸田は、暴力的な威圧の下で「学校閉鎖令の撤回」「朝鮮人学校閉鎖仮処分の取り消し」「朝鮮人学校存続の承認」「逮捕された朝鮮人の釈放」を誓約させられた。

    下の写真は神戸長田区役所を襲撃する在日朝鮮人暴徒

    三菱自動車は、反省もない、懲りないメーカー たった一回だけ発令された非常事態宣言!!        戦後の日本において唯一、一回だけ!!

  • 【系譜的には日本の財閥企業じゃないな】
    ゼロ戦も故障の多いものをつくってたし
    最近ではミサイルの情報を漏洩させてる。
    そういうところのつくる自動車ということ。
    ユダヤとかいうのはあれだけど戦後にちゃっかり兵器の代金を回収しているところが密約があったようなかんじ。国民は財産がなくなったのに三菱だけが補償された。

  • どっちが歴史の改ざん者なんだああーー??





                どっちが虐殺者なんだああーー??





          そんなことは、日本の左翼とマスコミに判断してもらえ!!





    先月14日、中国中央テレビは日本での現地取材を内容とする報道番組を放送した。いわゆる「歴史認識問題」がテーマである。中央テレビ局といえば、中国における反日教育と反日宣伝の中心的な存在である。この報道番組も当然、宣伝目的で作られたものだ。日本取材の中、中国人記者は街を歩く中学生たちをつかまえて、「日中戦争中に多くの中国人が死んだことを知っていますか」「南京大虐殺を知っていますか」などの質問を投げかけた。

     とっさのことで中学生たちが「知らない」と答えると、番組の解説者はすかさず「なるほど、日本の歴史教科書は歴史を改竄(かいざん)して子供たちに侵略の歴史を教えていないから、こうなったのですね」と、日本の歴史教育への批判を繰り広げた。

     中国では昔から、この手の反日報道が日常的に行われ、それなりの効果を上げている。今回も同じ繰り返しかと思えば、多くの視聴者から上がってきたのは意外な反応だった。人民日報社が開設するミニブログ「微博」専用ページには次のようなコメントがずらりと並んでいる。

     「中国人民は皆知っている。よく嘘をつくメディアは人民日報、よく捏造(ねつぞう)する教科書は中国の教科書だ。お前らこそ、毎日のように中国人民をだましているのではないか」

     「文革以来、一体誰が多くの中国人民を惨殺してきたのか。日本人ではないぞ」

     「自国の歴史さえ正視できないこの国が他国に正しい歴史認識を求めることができるのか。嘘ばかりをつくこの政府は、他人に真実を語れと要求できるのか」

     などなどと現在もこのような辛辣(しんらつ)なコメントが書き込まれ続けている。

     こうしてみると、政府の行う反日宣伝は完全に裏目に出ていることが分かる。「日本の教科書が真実を教えない」と批判すれば、「中国の教科書こそ嘘ばかりではないのか」との反論が返ってくるし、「南京大虐殺が忘れられた」と騒げば、「お前らこそ多くの中国人民を殺したのではないか」と突っ込まれる。反日宣伝をやった分、それはすべて、政府自身に返ってくるのである。

  • ウトロ地区は、京都府宇治市伊勢田町51番地に所在する地区。在日コリアンの集住地域のひとつで、自衛隊大久保駐屯地の北隣に展開している。



    “強制連行だ!!”

          
             だから、我々には無条件で居住権がある!!




                                 強制連行は、本当だったのか!!!




    日産関連会社の工場労働者とその家族が暮らした飯場をその由来とする。住民側が数十年にわたって日本政府と日産グループに対して居住権の保証を要求する闘争を展開し、在日コリアン問題の象徴的事例とされてきた。2008年現在、65世帯203人の韓国系住民が、最高裁判決を以て不法占有と認定された状態で違法に占拠し居住し続けている。

    「ウトロ地区」とはあくまで通称であり、正式な地名(地番)ではない。本来の正しい地名は宇土口(うとぐち)であるが、誤記や誤読によって「ウトロ」へと変化したと考えられている。故に北海道のウトロとの関係性は全くない。

    かつて当地区住民側は居住権を主張する根拠として「ウトロ住民は1944年9月から1945年3月までの間、朝鮮半島にも適用(女性は対象外)された日本政府の国民徴用令により、強制的に来日させられた徴用労務者とその子孫であり、日本が強制連行したウトロ住民の居住権は日本政府、もしくは原因企業の日産車体、ひいては母体の日産グループが保証すべきである」とし、地主企業の西日本殖産との法廷闘争と並行して、日本政府、および日産グループを相手方として闘争を展開してきた。

    しかし現在、ウトロ地区住民の作る「ウトロ国際対策会議」などによると日本国際航空工業の1300人の朝鮮人労働者達は、ほとんどが国民徴用令や国家総動員法による強制徴用で来日した訳ではなく、経済的理由や兵役免れなどで移住してきた者であるとしている。

    また、韓国の国務総理傘下の「日帝強占下での強制動員被害者の真相究明委員会」も、2006年末の報告書で、ウトロ地区住民について、「強制徴用者ではなく、元から日本に居住していた朝鮮人がほとんど」と明らかにしている。

  • 心配するな!!

     

                  登録証は、簡単に手に入る!!



                        対馬に行けば、製造工場がある!!



            あとは、何かあったら、“強制連行だ”と、叫んでおれ!!



    元秀一は、外国人登録証を所持して日本に合法的に居住できる朝鮮人と密航船に乗って不法入国した朝鮮人で在日朝鮮人が形成されており、後者は主に済州島出身であり、これは済州島出自の在日朝鮮人が大阪市生野区を中心に9万人にのぼることと無関係ではなく、また、大阪市生野区を中心に偏在する在日朝鮮人の縁故を頼っての密入国も多く、大規模な密航は、日本統治時代、戦後の済州島四・三事件、ベトナム戦争時の徴兵逃れの三度にわたり、ほか離散家族の再会・同居、思想的に拘束を受けない日本の大学への留学、病気治療なども移住の理由にあるとしている。

    1984年には朝日新聞が「法務省の推定では、数万人の密航者が、息をひそめるように生活しているといわれる」と報じた。
    佐藤勝巳は外国人登録証を所持している在日コリアンといえども不正な手段で入手した密入国者が存在し、ある時期、対馬に登録証の製造工場があったといわれ、敗戦直後日本から帰国した在日コリアンが再度日本に手続きなしで入国する場合は、それらの人に登録証が売買され、そのため、ゆうれい登録証が大量に存在することを指摘している。

    また、朝鮮総連系雑誌において弁護士洪正秀は、「本名、本籍や本当の生年月日が外国人登録と異なることが在日同胞の場合、多々あります」「実は私も朝鮮学校に通っていた時代には「尹(ユン)」という氏を使用していました。戦後、父が密航で日本にやってきて、他人の外国人登録を買ったためでした。そのため、親族と会うときは「洪(ホン)」の氏を使用し、学校では「尹」の氏を使用しました」と記している。


    <吉田首相の占領軍への朝鮮人送還嘆願書>

    1949年に吉田茂首相は連合国最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥に送還費用は日本政府が負担するとした上で「在日朝鮮人の全員送還を望む」と題する朝鮮人送還を求める嘆願書を提出している。嘆願書では台湾人はあまり問題を起こしていないとして朝鮮人のみの送還を要望し、また朝鮮人の半数が不法入国者であることを明らかにした上で、以下の問題点を指摘した。
    1. 日本の食糧事情がひっ迫しており朝鮮人の分まで輸入するのは将来の世代への負債となり公正ではないこと。
    2. 朝鮮人の大多数は日本経済の再建に貢献していないこと。
    3. 朝鮮人は犯罪を犯す割合が高く、日本国の経済法規を破る常習犯であること。かなりの数が共産主義者とその同調者であること。投獄者が常に7,000人を越えること。

  • “その場にのまれたっちゃあ・・・”



                      “まぁ、うかつでした・・・”




               牧師ごときが、政治家になると・・・



                  言い訳がましいことを平気で口にする!!



           言い訳したことを、神に許しを請うべきでしょう!!



    土肥 隆一(どい りゅういち、1939年2月11日 - )は、日本の牧師、元政治家(衆議院議員・7期)。

    世界宣教東京大会顧問。民主党では国のかたち研究会(通称:菅グループ)代表を務め、党倫理委員長などを歴任した。

    1939年(昭和14年)、日本統治時代の朝鮮京城府(現大韓民国ソウル)に出生。日本社会党出身。福岡県立修猷館高等学校卒業、東京神学大学大学院修士課程修了。大学院修了後、日本基督教団所属の牧師として宗教活動を行う。

    日本社会党所属の衆議院議員・河上民雄(河上丈太郎の子)の秘書をつとめた縁で、河上の引退後に地盤を引き継ぐ。所属政党は現在までに日本社会党(1990年-1995年)民主改革連合(1995年-1998年)、民主党(1998年-2011年)。

    2004年、年金未納問題の際に1年7ヶ月間の未納期間があったことが発覚した。

    現在も日本基督教団の現役の牧師として、理事長を務める社会福祉法人傘下の授産施設「恵生園」(兵庫県朝来市)に併設された「和田山地の塩伝道所」で説教を行っている。

    2011年3月、竹島領有権放棄問題により民主党を離党表明し、離党届が受理された。2009年の政権交代で民主党政権が誕生して以降、民主党所属国会議員が民主党を離党したのは4人目。
    2012年10月に民主党・無所属クラブの要請により、民主党に復帰。

    2011年(平成23年)2月27日、日韓キリスト教議員連盟の日本側会長として、竹島領有権の放棄を日本側に求める下記の「日韓共同宣言」に署名し、韓国の国会で韓国の議員らと記者会見を行った。

    「竹島領有権主張問題 共同宣言文の骨子」

    一、日本は恥ずかしい過去に対し、歴史の真相を糾明し、日本軍慰安婦、サハリン強制徴用被害者など、歴史の被害者に対する妥当な賠償措置を履行しなければならない。両国の善隣関係は、真実の謝罪と賠償が出発点となる。
    一、日本は、平和憲法改正と軍国主義復活の試みを直ちに中断しなければならない。
    一、日本政府は歴史教科書歪曲と独島(注、竹島の韓国名)の領有権主張により、後世に誤った歴史を教え、平和を損なおうとする試みを直ちに中断しなければならない。

    3月9日になってこの事実は明らかになり、問題化した。土肥は第一報を報じた産経新聞の取材に対し「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と語った。波紋はまたたく間に広がり、9日夜の首相ぶらさがり会見で、菅首相は土肥の行動に対し、「大変遺憾」と語った。

    土肥はマスコミ各社のインタビューを受けたが「個人的には竹島は日本の領土とは一概には言えないと思っている。日韓両国が互いに自国の領土と主張すれば、問題はいつまでも解決しない(朝日新聞)、「(竹島は)政治的には日本の領土だが、話し合いはすべきだ(時事通信)、「竹島は日本の領土との認識に変わりはないが、日韓双方の主張があり、韓国側の主張にも納得できる部分もある(読売新聞)」、「(竹島に関してはどのように?)それはもう、日本の領土ですよ。あの文章はやっぱりね、今読み直してみても、相当一方的だなということは感じるけれども。その場にのまれたっちゃあ、のまれたし。こんなにマスコミに取り上げられるとは思ってもみなかったからね。まぁ、うかつでした(FNN)」等ニュアンスがバラバラの発言を行っている。

  • 日韓併合は間違いだった!!




                搾取された日本の嘆き!!




               内地の発展・インフラ整備が20年遅れた!!




    日本内地へ多くの朝鮮人が流入したことによって、内地の失業率上昇や治安が悪化したため、日本政府は朝鮮人を内地へ向かわせないよう、満洲や朝鮮半島の開発に力を入れるとともに、内地への移住、旅行を制限するようになりました。

    また、朝鮮半島内でのインフラ整備に重点をおいたため、東北地方のインフラ整備に遅れが生じました。さらに、朝鮮半島から廉価な米が流入したために米価の低下を招き、その影響で東北地方などの生産性の低い地域では農家が困窮することとなったのであります。このため崔基鎬は、韓国併合によって搾取されたのはむしろ日本であると言っております。

    李氏朝鮮の苛歛誅求によって生活が困難になった農民が、管理の手薄な山間部に分け入り、焼畑を行ったのが火田民の起源であります。

    朝鮮では、古来より山野は「無主公山」と呼ばれ、地元住民による一種の入会権が認められていたため、「無断開墾」という行為に罪悪感がなく、「愛林思想」という概念が欠如していました。

    19世紀末期までに、朝鮮半島南部にあった森林はオンドルの薪供給源として過剰伐採され、大半が禿山と化していたのです。そのため火田民は、それほど森林破壊が進行していなかった朝鮮半島北部の山林を中心に活動していました。

    朝鮮総督府では治山事業の一環として火田民対策も行うことになったのです。各道庁に担当の部署を設け、火田民500戸を単位とする「山農指導区」を組織し、一般の農業や酪農の技術指導に当たりました。また、平野部から進出する高利貸しが、火田民の刹那的生活を促進していたため、それらの締め出しも併せて実施したのです。

    1912-1913年の在日アメリカ大使 Larz Anderson の妻で作家の Isabel Anderson が、日本へ赴任の際に韓国に立ち寄った時の手記によると、「寺内総督統治の下、韓国に多くの発展があった。これは、地元の人と征服者の間に摩擦無く成し遂げられるとは限らないが、その結果は確かに驚くべきものだと認めなければなるまい。政府は再編成され、裁判所が確立され、法が見直され、景気が良くなり、交易が増えた。農業試験場が開設されて農業が奨励され、内陸から海岸まで鉄道が敷かれ、港が浚渫されて灯台が建立された。韓国への日本の支出は毎年1,200万ドルに上っている。」

  • 正直に払うやつが、バカを見る!!




                    何でもごね得、もらい得!!





             最後は、“強制連行だ”と、叫んでおけばすべてが解決!!!





    日本では、国民年金法の国籍条項(20歳以上60歳未満の日本国民)の規定により、在日外国人の国民年金への加入を認めていなかったが、日本が難民条約へ加入した際に国籍条項は撤廃(1982年)され、在日外国人にも国民年金への加入が認められることになった。さらに、国民年金を受給するには60歳までに最低25年間の加入期間が必要であったが、1986年の制度改正により平和条約国籍離脱者は20歳以上60歳未満のうち1961年4月から1981年12月まで在日していた期間も遡って老齢基礎年金の加入期間(通称「カラ期間」)として追加されることになった。

    桜井誠は、難民条約は難民への社会保障の拡充を図るために国連で取りまとめられた条約であり、難民以外の外国人について締結国に義務を負わせる条文はなく、移民でも難民でもない在日韓国・朝鮮人は無関係であるとして、この政策を批判している。

    在日無年金訴訟については、「外国人の社会保障の責任は第一義的にその外国人の国籍国が負うべきである」(平成21年2月3日、最高裁で在日側の全面敗訴確定)の原審判決となった京都地裁判決文の一文)を示した上で、日本の年金制度は外国人の加入を想定して制度設計されたものではなく、韓国の国民年金制度においても外国人の任意加入は認めていないと述べている。

    また、日本に年金制度が導入された1960年(昭和35年)の時点では、在日韓国・朝鮮人側は加入できないことについて異議申し立てをおこなわず、制度自体への否定的な態度も取っていたと述べ、後になってから訴訟が提起されたことに疑問を呈している。

  •   あなたは、果たして、本当に向き合えますか!!



                     この歴史の闇に葬られた虐殺=ジェノサイド!!



                  レイプ、強姦、おぞましい鬼畜の嵐



                        その結果、生まれた子供たちは、今・・・


      
                あなたの父親が、一体何をしたか・・・



                          朴クネ韓国大統領!!



    この歴史に、真摯に向き合えますか・・・



    ライダイハン(越:Lai Đại Hàn、𤳆大韓)とは、大韓民国(以下、韓国)がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士による現地ベトナム人女性に対する強姦などの性的交渉によりもうけられた子供のこと。パリ協定による韓国軍の撤退と、その後の南ベトナム政府の崩壊により取り残され、「敵軍の子」として迫害された。ライ「𤳆(チュノム表記)」はベトナム語で動物を含む「混血雑種」を意味する蔑称で、ダイハンは「大韓」のベトナム語読みである。

    ライダイハンの正確な数は、諸説ありはっきりしない。1500人(朝日新聞・1995年5月2日)、2千人(野村進)、最小5千人(釜山日報)、7千人、1万人以上(名越二荒之助]など)、最大3万人(釜山日報)としているものもある。、集団として注目できる、まとまった数の混血児が発生したのは事実である。
    原因については韓国軍兵士による強姦、兵士や民間人が「『妻』と子供を捨てて無責任にも韓国に帰国したこと」とする現地婚、「ベトナム人には美人が多いので、女は皆、慰安婦にさせられた。」とする慰安婦(非管理売春)などと複数のことが言われている。

    ただし、南ベトナム解放民族戦線が放送によって、韓国軍による拷問や虐殺事件、あるいは婦女子への暴行事件を連日報じていたことは事実であり、各地の韓国軍による虐殺、暴行事件の生存者の証言に共通する点としても婦女に対する強姦が挙げられている。

    韓国軍は30万人を超すベトナム人を虐殺したとも言われ、ベトナムでは村ごとに『「ダイハン」の残虐行為を忘れまい』と碑を建てて残虐行為を忘れまいと誓い合っているという。

    韓国の歴史教科書には、ベトナム戦争についてほとんど記述はされていない。中学生向けの国定教科書に記されているのは「そして、共産侵略を受けているベトナムを支援するために国軍を派兵した」の約1行のみだ。(佐藤和「被害者史観韓国を揺るがすベトナム民間人虐殺の加害責任」

  • <<
  • 43 18
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア