ここから本文です
  • <<
  • 57 32
  • >>

  • これほどまでに熱狂するとは・・・





              これほどまでに熱烈に支持するとは・・・





    今日、韓国と北朝鮮は、太平洋戦争の被害者と称して、日本に対して謝罪と賠償を求めている。しかし、当時の朝鮮人は、太平洋戦争を熱烈に支持し、侵略戦争の被害者というよりもむしろ加害者としての役割を果たしていた。

    韓国の歴史教科書は、朝鮮人(以下、韓国人を含めた朝鮮民族という意味でこの言葉を使う)が日中戦争や太平洋戦争に従軍したにもかかわらず、それを、もっぱら被害者の視点から描いている。


    しかしながら、当時の朝鮮人たちは、必ずしも、強制されて受動的に従軍したわけではなかった。1938年に陸軍特別志願兵制ができて以来、朝鮮人は日本軍に志願兵として参加することができたのだが、その応募者は、日中戦争の進展とともに、採用数以上に伸び、倍率は、太平洋戦争が始まった年には、45倍に達した。


    1942年に日本政府が朝鮮での徴兵制の実施を閣議決定した時、『朝日新聞』5月10日朝刊は、「昨年の大東亜戦争開始以後の朝鮮人の戦争完遂に関する熱意は、献金に、あるいはその他各種の銃後援護に強く表明され、内鮮一体の機運はますます強固なるものがあるので、政府は朝鮮同胞のこの報国の赤誠に応え、朝鮮に徴兵制を施行し」たと報道した。

    こうした新聞報道は、必ずしも誇張や捏造によるものではない。1923年生まれの崔基鎬(チェ・ケイホ)が当時を回顧して述べているように、朝鮮人の大部分は、日本の侵略戦争を熱狂的に喜んでいた。

    「戦前から東京にいた私は、年に1~2回はソウルとか当時の平壌に行きました。その当時の韓国人は日本人以上の日本人です。劇場に行くと映画の前にニュースがありましたが、例えばニューギニアで日本が戦闘で勝利をおさめたという映像が流れると、拍手とか万歳が一斉に出ます。

    私は劇場が好きで、日本でも浅草などに行って見ていましたが、韓国で見るような姿はごくわずかです。韓国ではほとんど全員が気・違いのように喜びます。それは当時としてごく普通の姿ですから、特別に親日ということではありません。
    [崔基鎬:武士道の覚醒と強い日本を願う,漁火新聞]

    下は、栄光に満ちた朝鮮人志願兵のために寄せ書きをするけなげな朝鮮の若い女性たちです ↓

    民主党時代に破棄された外交文書3万件  これほどまでに熱狂するとは・・・                これほどまでに熱烈に支持するとは・

  • >>55

    朝鮮日々新聞という朝日新聞は、購読者が随分減少しているよね、このまま追い詰めましょう。

  • 日本の諸悪の根本原因は・・・





    こんな「経済学者」と「政治屋」しかいないって事?





    同志社大学の紫ババアでお馴染みの
    浜矩子氏のように
    「成長戦略は新興国に任せ
     成熟した日本は優雅に衰退すれば良い」
    などと無責任な事を言って仕事になるような
    経済学者がマスゴミに重宝される。

    安冨歩
    日本の経済学者。
    東京大学東洋文化研究所教授。
    京都大学経済学部卒業。

    【内閣暴走・アベマゲドン選挙】
     このまま内閣の暴走を許して
     経済的破綻はおろか、
     核戦争まで引き起こしかねないアベマゲドンを
     容認するのか、しないのか。
     これが選挙の争点だ。

    東大名物、女装専門のキチ・ガイ教授安冨歩
    こんなキチ・ガイの講義を受ける奴の気がしれんよ ↓

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 日本の諸悪の根本原因は・・・       こんな「経済学者」と「政治屋」しかいないって事?

  • 奪還できます!!





              皆さんのささやかな力で。





             竹島を、広大な日本人の戸籍の海に沈めましょう!!





    先月、市役所にいきました。
    ついに、本籍地を移しました!!

    島根県の竹島に移しました。
    れっきとした日本固有の領土ですから、
    法的に一切問題はありません。

    住民票を移すのは大変ですが、
    本籍地を移すのは、割と簡単にできます。

    皆さん、本籍地をどんどん、竹島に移しましょう!!!

    尖閣に移すのもありますが。

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 奪還できます!!                 皆さんのささやかな力で。             

  • 表題に外交文書破棄とあるが、破棄ならまでましだ。
    よど号事件犯人の支援者の「カン」、シナに心を売った「ハトヤマ」の事だから、外交機密文書を破棄と言ってはいるが、横流ししている可能性は大である。
    売国奴・非国民・シナの奴隷・反日集団の民主党。

  • 韓国人にハングルを教え、韓国語を守ったのは日本





    韓国では世宋時代の1443年にハングルの28文字が創出されました。
    これは日本の平仮名などを参考としています。


    何故、韓国が独自の文字の創出に時間がかかったかといえば、
    中国の属国であったため、嫌疑を避けるためと思われます。
    1504年、学府の成均館ではハングルの教授が禁止され、
    燕山君の時代になると正音書籍を燃やし、ハングルは厳禁となりました。


    日本人によるハングル研究は、
    1872年対馬厳原に朝鮮語学所を設置したことに始まります。
    近代朝鮮語を科学的に体系化したのは、
    金沢庄三郎氏と小倉進平氏です。
    漢字交じりのハングルは、福澤諭吉氏の提案です。


    ハングルが韓国国民に教えられ始めたのは、日韓併合後です。
    識字率が低かった韓国人にハングルを教えるため、
    1911年8月、朝鮮教育会が発足し、「朝鮮語及び漢字」
    「諺文より始めて漢字交じり文及び平易な漢字」
    を教育することが決まりました。


    現在の韓国人は、日本がハングルを奪ったと主張しますが、
    朝鮮総督府の教育政策は、ハングルを禁止するどころか、
    日常の手紙すらハングルで書けない韓国人知識者のためにも、
    ハングルを教えたのです。


    1938年、玄永燮は、南次郎総督と会見し、朝鮮語全廃を提案、
    しかし南総督は、「日本語使用は良いが、朝鮮語排斥は好ましくない」
    とし、朝鮮語を守ったのです。

    下は、戦前の朝鮮での教科書。 ↓

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 韓国人にハングルを教え、韓国語を守ったのは日本         韓国では世宋時代の1443年にハング

  • なんでも悪いのは・・・





    以下の論文は、立命館大学の言語文化研究で
    韓国人が発表したものだ。

    「妓生は売春ではない」
    「韓国に公娼制度をもたらした日本」
    「女子挺身隊=慰安婦」
    等のツッコミどころだらけだが・・・

    韓国人の心の闇をよく突いている部分がある・・・

    ★日本軍「慰安婦」と
     米軍基地村の「洋公主」

     
    この論文では、
    李朝時代の妓生制度は、
    歌や踊りや楽器などで接待をするのが目的で
    セクシャリティな部分が有っても公娼ではない

    王室や両班に雇われた、せいぜい愛人が妾
    になる程度の制度だったと論じているが・・・

     
    下の絵に描かれているように、
    いわば、北朝鮮の「喜び組」と同様で
    最終目的は、接待客への性サービスをする女性。

    中国の妓女制度が伝わったものともいわれる。
    朝鮮王朝は政府内に「妓生庁」を設け

    彼女達を管理していた。

    彼女達は、身分的には賎民、官卑であったので
    両班・官僚の命令とあれば、性の提供を
    拒むことはできなかった。

    日本で、「慰安婦」という言葉が騒がれ始めた
    1980年代より以前から、朝鮮半島では
    軍を慰安する目的で妓生が利用されていた。

    李朝時代にも妓生は、国境守備将兵の慰安婦として
    活用され、国境の六ヶ所の「鎮」や、女真族の出没する
    白頭山付近の四ヶ所の邑に派遣され、将兵の裁縫や
    酒食の相手や夜伽をし、士気を鼓舞したという。

    日韓併合時、幼い少女まで妓生としていた
    朝鮮の習慣を禁止し、日本の公娼制度に
    組み入れた。

    韓国や日本の学者の中には
    朝鮮には娼婦は存在しておらず
    あたかも、この公娼制度に組み入れた事で
    人身売買が発生したなど嘯くが
    ご都合主義の事実隠しにしか過ぎない!

    併合前の1908年に大韓帝国が官妓制度を
    廃止しても、妓生の女性達が普通の職業に
    就ける訳もなく、食うためには私娼になるしかない。

    同じく、
    奴隷制度を廃止したとて奴隷身分の肩書が
    消えただけで、最貧困層に変わりはないのだ。

    立命館大学の論文で、
    リ・ナヨン氏がに指摘しているように
    日本軍慰安婦も、米軍国連軍「洋公主」も
    どちらも、「朝鮮人男性の協力」なしでは
    制度は維持できなかった。

    貧困で、学校にも通っていない少女が
    日本語や総督府の政策を理解できるわけもなく

    彼女達を
    「日本の工場に行けば金が儲かる」
    と騙せたのも、

    慰安所まで連れて行く際に
    「言う事を聞かないと酷い目に遭わせるぞ」
    と脅したりできるのも、朝鮮人同士だからだ。

    学校単位で軍需工場に奉仕活動する「女子挺身隊」を
    慰安婦と混同させたのも、日本の政策を
    漢字で読むことのできない貧困層の女性達を
    騙すテクニックは、自国男性にしか不可能なのだ。


    下は「妓生絵」 ↓

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 なんでも悪いのは・・・        以下の論文は、立命館大学の言語文化研究で 韓国人が発表したもの

  • 20年の封印を解かれた闇資料





    「東アジア黙示録」より  





    河野洋平が愛した洋公主…慰安婦役者の最初のウソ

    そこには生年月日も出身地も記されていなかった…河野談話発表の“決め手”となった聞き取り調査の中身が判明。20年の封印を解かれた闇資料が慰安婦捏造派を更に追い詰める。

    「ちょっとお聞きしたいんですけれども、ヒヤリングを出さないと決めていらっしゃるわけですね。どうして出さないんですか?名前だけでも出せないんですか?」

    平成9年3月、自民党若手議員の勉強会に参加した西岡力教授は、政府関係者を追及、資料の公開を求めた。答えたのは河野談話の発表に深く関わった内閣外政審議室の東良信審議官だ。

    「非常に少ない人数なものですから、内容が出ますと必ず特定できるという状況になっておりますものですから、そこは…」(展転社刊『歴史教科書への疑問』170頁)

    はっきり言います。これは全くの詭弁です!
    なぜならば、この自称元慰安婦たちのほとんどが日本で訴訟を起こし、名前は完全にばればれになっているんです。(裁判は公開ですので。はい!)
    何をいまさら、“個人情報保護“ですか???
    ちなみに裁判は、自称元慰安婦側の全面敗北で全員あえなく撃沈されましたが。


    政府側が公開を拒んだのは、河野談話で一方的に謝罪する“決め手”となった自称慰安婦の証言記録。これまで政府側は、個人情報の保護などを理由に20年間にわたり門外不出としてきた。

    その重要資料を産経新聞が入手、10月16日付の1面を飾った。スクープである。先日の朝日新聞の意味不明な“慰安婦関連スクープ”とは質も格も違う。河野洋平らの大罪を暴く決定的な資料だ。


    産経新聞がゲットした証言記録は計13ページで、自称慰安婦16人が話した就業の経緯や体験談がメモされている。対象が僅か16人であることは以前から判明しているが、その内容は想像以上に杜撰だった。

    大阪や台湾など戦地でなく、慰安所がなかった地域で働いていたという証言が6人にのぼる。この6人は慰安婦を自称した時点でウソを吐いている。軍の関与も何ら関係ない一般的な売春婦に過ぎない。


    そして、半数の自称慰安婦は生年月日を詳しく明かさず、大半が出生地を明示していない。更に、氏姓すら曖昧な証言者も含まれる他、同一人物が複数の名前を使い分けていた疑いまで浮上した。

    【出身地も生年月日も忘れたが…】

    「20年ぶりに日の目を見たこの報告メモに目を通し、理由が分かったような気がする」

    慰安婦の実証研究で知られる現代史家の秦郁彦氏も、呆れ果てる。河野談話で「軍の強制性」を示す唯一の証拠となった証言記録。それは、歴史資料として逆立ちしても扱えないシロモノだった。

    「身の上、氏名、年齢さえあやふやな慰安婦が多く、公文書と呼ぶには恥ずかしいほどお祖末なものだったからである」(10月16日付産経新聞)


    ▼現代史の権威・秦郁彦氏(産経)

    秦氏が卒倒するのも当然だ。証言メモで出身地が明かされているのは、16人のうち僅か3人。しかも、ソウル・平壌と答えたのが2人で、全羅南道唐津郡と詳しく語っているのは唯一人だった。

    我が国の保護下の朝鮮半島では戸籍制度が整っていた。例えば、沖縄に移り住んだ元慰安婦を追った『赤瓦の家』の著者は、半島本籍地の役場や近隣を訪問し、一族の消息を調べ上げている。


    ▼本籍地を追跡した『赤瓦の家』

    出身の村を正確に伝えれば、第三者が現地調査し、村人から客観的な証言を引き出すことも容易い。本籍地の隠蔽は、追加調査で嘘が暴かれるのを防ぐ為だ。

    これとは対照的に、ビルマ・ミートキーナで米軍が慰安婦を拘束した際の尋問では20人全員が出身地を明かしていた。生年月日も出生地も不備だらけの証言メモが、河野談話の核になっていたのである。

    下は、身元を調べた米軍戦時情報局資料

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 20年の封印を解かれた闇資料       「東アジア黙示録」より         河野洋平が愛した洋

  • 「朝日新聞 天声人語」 1963年9月28日




        在日特権はすでに構築されつつあった・・・




    “李ライン海域で日本漁船がまた捕獲された。韓国警備艇の武装した隊員が乗り移り三十四人の日本人船員を連行している。同じ二十七日の朝、別の漁船も追われ十人の船員は海に飛びこんで逃げ、船長は一時重体だったという。冷たい海中をいのちがけの避難だ。

    李ラインでの無法がまたはげしくなった。この海域はいま、アジ、サバの盛漁期で、五、六百隻の日本漁船が出漁している。そこをねらって韓国警備艇は不意打ちをかける。ライトを消し、島陰づたいに近寄り、銃撃をあびせたりする。

     日本側も巡視船を増やし、厳戒警報を出しているが、捕獲は防ぎきれず、今年になってすでに十六隻。昨年一年中に捕獲された数よりも多い。李ラインを越したという理由だけで、これまでに多数の船員が釜山の刑務所に入れられ、船はとりあげられている。優秀船だとそれが韓国警備艇に早変わりして、日本漁船を追ってくる。海の狼のような韓国警備艇の仕業だ。

     そもそも李ラインというのは昭和二十七年(1952)一月に韓国大統領の李承晩氏が、国防上の要請によるとして、設定を宣言したものだが、それは公海上に一方的に設定したもので、国際法上不当なものだ。

    日本政府はこのラインを認めていないが、過去十年間に韓国は勝手に実力を行使して、約三百隻の日本漁船を抑留、数多くの乗組員や家族を泣かせている。

    九月(1963年)にはいって、韓国側がさかんに捕獲を開始したのは、大統領選挙と関係があるらしい。韓国の漁業界、漁民の票を得るために、朴政権は海洋警察隊に日本漁船捕獲を命じたとも見られる。

    選挙の術策として隣国の漁船捕獲をはげしくするというやり方が、国際常識からも許されるかどうか。韓国漁民の間に、日本漁業の技術に対する恐れと警戒の気持ちがあるのかもしれぬが、資源の保護や漁業協力について日韓交渉で、双方とも誠意をつくして話し合えばよい。

     漁民票をねらった強引な捕獲はこれまでの交渉での双方の努力を無にしはせぬか。韓国は李ラインを"平和ライン"と呼ぶが、現状は不法ラインである。公海上で日本漁船員を捕まえるこの理不尽は黙って見過ごせるものではない。“(朝日新聞 天声人語より)
    http://www.kjclub.com/jp/exchange/theme/read.php?uid=24211&fid=24211&thread=1000000&idx=1&page=3&tname=exc_board_58&number=20249



    日本の漁民を人質にして在日特権(永住権)を獲得した韓国

    ・1952年、当時の大統領李承晩は国際法のルールを無視し、
     「李承晩ライン」を勝手に引き、そして李承晩ライン内にある竹島を韓国領土だと主張してこれを占領。

    ・竹島周辺で操業をしていた漁船328隻が拿捕され、3929人もの漁師が抑留。
     その期間は、1965年の李承晩ライン廃止まで13年間。拿捕時に銃撃や追突を受け、44人の死傷者を出す。

    ・拿捕した漁師を人質に取り、「日韓基本条約」と「日韓法的地位協定」の交渉を有利に進める。

    ・13年後、1965年、日本と韓国は在日の扱いをどうするかの「日韓基本条約」と「日韓法的地位協定」が結ばれ、
     その結果、在日韓国人に無条件で子々孫々永住が出来る資格が与えられる。

     つまり、在日コリアンが日本にいられる正当な理由はない。

     ましてや、反日に凝り固まって恩を仇で返し続けながら居座り続ける在日に、日本に居住できる資格も根拠もない。


    配慮しても配慮しても、どれ程意を尽くしても、満たされるほど不満を抱く在日韓国人。
    感謝してしかるべきなのに、罵詈雑言の雨あられ。
    在日はもう、日本から排除されるべきである。

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 「朝日新聞 天声人語」 1963年9月28日           在日特権はすでに構築されつつあった

  • 韓国人にハングルを教え、韓国語を守ったのは日本





    韓国では世宋時代の1443年にハングルの28文字が創出されました。
    これは日本の平仮名などを参考としています。


    何故、韓国が独自の文字の創出に時間がかかったかといえば、
    中国の属国であったため、嫌疑を避けるためと思われます。
    1504年、学府の成均館ではハングルの教授が禁止され、
    燕山君の時代になると正音書籍を燃やし、ハングルは厳禁となりました。


    日本人によるハングル研究は、
    1872年対馬厳原に朝鮮語学所を設置したことに始まります。
    近代朝鮮語を科学的に体系化したのは、
    金沢庄三郎氏と小倉進平氏です。
    漢字交じりのハングルは、福澤諭吉氏の提案です。


    ハングルが韓国国民に教えられ始めたのは、日韓併合後です。
    識字率が低かった韓国人にハングルを教えるため、
    1911年8月、朝鮮教育会が発足し、「朝鮮語及び漢字」
    「諺文より始めて漢字交じり文及び平易な漢字」
    を教育することが決まりました。


    現在の韓国人は、日本がハングルを奪ったと主張しますが、
    朝鮮総督府の教育政策は、ハングルを禁止するどころか、
    日常の手紙すらハングルで書けない韓国人知識者のためにも、
    ハングルを教えたのです。


    1938年、玄永燮は、南次郎総督と会見し、朝鮮語全廃を提案、
    しかし南総督は、「日本語使用は良いが、朝鮮語排斥は好ましくない」
    とし、朝鮮語を守ったのです。

    下は、戦前の朝鮮での教科書。 ↓

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 韓国人にハングルを教え、韓国語を守ったのは日本        韓国では世宋時代の1443年にハングル

  • 【★高木健一弁護士からの訴状 …】
    ★高木健一弁護士からの訴状

     池田信夫blog 2014年10月09日21:05
     http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51914904.html

    きょう高木健一弁護士から
    名誉毀損の訴状が来た。
    その根拠は、私の
    「慰安婦を食い物にする高木健一弁護士」
    http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51910245.html
    という記事だ。

    ここで私が書いたことは、
    彼が韓国からインドネシアまで行って
    原告を募集したという周知の事実である。

    1996年の「朝まで生テレビ」で、
    藤岡信勝氏に面と向かって証拠を突きつけられ、
    高木は反論できなかった
    (奇妙な字幕があとからついた)。

    「朝まで生テレビ」で
    >奇妙な字幕があとからついた
    その字幕が↓
    ”この論争の中で
     藤岡氏の発言の一部に事実を歪曲
     したものがあり名誉を傷つけられた
     との抗議が高木氏からありました。”

    汚いやり方ですねぇ・・・
    朝までたっぷり時間が有るのに
    反論も出来ずにいた高木弁護士が
    後から歪曲だと抗議して名誉棄損???

    くわしいことは書けないが、
    プロの訴訟とは思えないほどお粗末だ。

    そもそもこれはブログ記事なのだから、
    彼が「誤りがあるので訂正しろ」といえば
    訂正できる。

    あの上杉隆でさえ、そういう内容証明を出してから
    訴訟を起こした。
    それが今度は、反論も訂正要求もしないで、
    いきなり本訴だ。

    高木は苦しまぎれに、
    西岡力氏などあちこちに訴訟を乱発して
    いるようだ.

    上杉や高木のように
    自分の気に入らない意見を圧殺するために
    行なう訴訟を、SLAPP訴訟と呼ぶ。

    この記事の本当の主人公は、
    福島みずほである。

    彼女が高木と一緒に
    慰安婦訴訟の原告を募集し、
    NHKなどの報道機関に売り込み、
    日本政府と韓国政府が和解したあとも
    国会で質問させたりして騒ぎを大きくしたことは、
    石原信雄氏が証言している。

    彼女は最重要証人なので出廷を申請し、
    国会の代わりに
    私が法廷で事実関係を問いただしたい。

    以上(異常)でーーす。
    皆さんはどう思われますか???

    こいつがかの有名な異常弁護士、高木健一↓
    在日韓国居留民団のお抱え弁護士。

    民主党時代に破棄された外交文書3万件  ★高木健一弁護士からの訴状   池田信夫blog 2014年10月09日21:05  http:/

  • 特殊任務有功者会、




        日本の真中で糾弾大会




           国会・外務省・皇宮などで奇襲ゲリラデモ




     亜洲経済(韓国語)  2014/08/17(日)
     http://www.ajunews.com/view/20140817002859926 
     http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1408280359/-100
    h20140817003019944941.jpg
    亜洲経済・チェ・ジュホ記者

    特殊任務有功者会慶北道(キョンブクト)支部は
    第69周年光復節を むかえ日本現地で
    独島(ドクト、日本名:竹島)侵奪野心を糾弾する
    奇襲デモを行ったと17日、明 らかにした。

    この団体会員8人は今月13日出国し、4日間、
    東京に留まり
    日本政府が行う歴史歪曲と軍国主義復活などを
    批判する多様な活動を展開した。

    彼らは最初の日の13日、東京に到着して移動経路および
    交通の便などデモ場所に対する事前踏査を実施した。

    引き続き14日、国会議事堂と外務省、皇宮などの地で
    私たちの土地、独島に対する日本の侵略行為と
    靖国神社参拝を反対するパフォーマンスを行った。

    会員たちは光復節の15日には靖国神社参拝が不適切だ
    ということを批判する内容を韓国語と日本語のピケに
    書いて神社前で持って1人沈黙デモに出た。

    また、2人1組で4組が編成されたデモ組は
    日本の軍国主義を批判する扮装をして
    東京市内のあちこちでゲリラ糾弾デモも行った。

    会員たちはこのような活動により
    安倍政府の侵略歴史歪曲と靖国神社参拝中断、
    日本軍慰安婦と朝鮮人強制動員犯罪謝罪などを
    日本政府に促した。

    シン・ジュンミン慶北道支部長は
    「歴史問題に対する日本の右傾化と妄言妄動を
     これ以上見守ることはできない」とし、
    「日本現地で
     軍国主義とばかげた歴史意識を
     糾弾する声を大きく出して
     日本政府の歴史歪曲について断固として
     対処していくだろう」と話した。

    チェ・ジュホ記者


    これが別名韓国火病者の会の特殊任務有功者会 ↓

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 特殊任務有功者会、          日本の真中で糾弾大会             国会・外務省・皇

  • 『無力化』する




         『弱体化』にさせる




             教師や生徒を洗脳・・・




     日本人の精神がゆがんだ元凶はGHQの占領プログラムである 
      吉田松陰が「偉人」から削除され、ミンシュシュギが自虐的に強調された

    山村明義『GHQの日本洗脳』(光文社)

     副題に「70年続いた支配システムの呪縛から日本を解放せよ!」とある。
     戦後の大混乱の元凶は指摘する必要もないがGHQである。こんにちも継続されている大混乱はすべて占領憲法と、その付随的なプログラムによる。

     70年前に仕掛けられた日本人弱体化装置はまだ効果的に作用しているのだ。
     GHQの一部門は出版を取り締まり、戦前からの伝統的良書7000冊を焚書処分とした。洗脳プログラムの「民主主義」なるものが日本男児を怯懦にした。

    武道は禁止され、臆病者と卑怯者が輩出されるシステムが確立されたことによって日本の矜持、品格が喪失された。GHQの手先となって突っ走ったのは教育現場の左翼教師と新聞である。それらに媚びようとした曲学阿世の文化人どもである。

     教育プログラムは日本人の精神を脆弱にして、武士道がふたたび復活しないことを目的とした。

     山村氏はこういう。
     「GHQにとって、第二次世界大戦で米国と戦った日本人を教育によって『無力化』することは至上命令であった。今後も半永久的に日本人を従順にさせ、また『弱体化』にさせるためには、最初に日本人の教師や生徒を洗脳し、幼いことからの教育によって、『心理的側面』、つまり過去の思想を変える方法が一番効果的であると、GHQは考えた」のだ。

     かくして教科書の書き直しが命じられ、実行された。
     「学校教科書では『終戦に伴う教科書図書取り扱い方に関する件』に基づき、『GHQの下部機関』と化した文部省からの指導で、GHQにとって『不都合な真実』は、異なるものに書き換えられるか、または『黒塗り』されるようになった。

    例えば、教科書で教える偉人とされる人物は、戦前までの『楠木正成』『吉田松陰』『東郷平八郎』の三人が『豊田佐吉』『ガリレオ』『野口英世』に書き換えられた」のである。
     歌舞伎はかろうじて生き延びたが「忠臣蔵」は外された。映画も同様であった。大東亜戦争が正しいという正統な映画は製作が禁じられた。

     しかし歌舞伎は昭和22年から再開を許可されていたが、東宝、松竹などの自主規制により、「忠臣蔵」の上演再開は昭和26年、つまり「晴れて日本全国で上演できるようになったのは、占領末期の昭和26年のことだった」

     このほかにも農業、医療、宗教がゆがみ、マスコミは「調教された」。だから自虐的になるのも当然である。

     自立心が失われてしまった日本が、ようやくにして自虐史観から脱却しようとしているときに米国は首相の靖国神社参拝に『失望』したと表明した。それを金科玉条のごとく嬉々として伝えた新聞が、朝日新聞だった。

     筆者山村氏、畢生の労作となった。

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 『無力化』する          『弱体化』にさせる              教師や生徒を洗脳・・

  • 税金と参政権は無関係???





         強制的に連れてこられたのだから参政権を認めるべき??





             将来的には併合を目指している??





    ■外国人参政権がなぜいけないのか?

    ◇外国人参政権がなぜいけないか?
    まず、外国人に参政権を与える意味を考えて見ましょう。
    「参政権」とは、国内の政治に影響力を行使するための権利です。

    一国の政治に別の国が干渉することを「内政干渉」
    と言います。現在の国際社会では許されない行為です。靖国問題も「内政干渉」です。
    仮に実際に他国からそのような要求があったとしても内政干渉については一切応じる必要はないのです。

    外国人に参政権を認めるということは、
    「内政干渉」を合法的に行えることに直結するのです。
    国政はもちろん、地方自治体の政治も内政の一部であることは言うまでもありません。
    したがって、参政権は「国民固有の権利」であり、
    外国人に与えることはできないのです。

    ◇地方参政権と国政参政権は、同じものです。
    憲法にも明示されており、地方参政権を外国人に与えることは、
    憲法違反です。擁護派はよく「平成7年の最高裁判決で認められている」と言いますが、これは嘘なので騙されないように注意して下さい。(※)

    最高裁判所は、「外国人に地方参政権が与えられないのは憲法違反ではないでしょうか?」という提訴に対して
    「いいえ、外国人に地方参政権が与えられないのは違憲ではありません」と判決を出しただけです。

    ここで最高裁が「地方参政権」に限定して答えているのは「地方参政権と国政参政権が別だから」ではなく、
    「地方参政権について質問されたから」だということに注意してください。
    「地方参政権と国政参政権は別だ」という根拠には成り得ません。

    しかも、判決の中で「憲法には地方選挙に投票できる人を
    「住民」と書いてありますが、これは「国民」のことと明示しています。
    この判決は「地方と言えども外国人に参政権を与えることは違憲です」と言っているのです。

    ではなぜ擁護派がこの判決を根拠にしたがるかと言うと、この判決の傍論に裁判官がこう書いているからです。
    「しかし、法律を作って外国人に地方参政権を与えることは別にかまいません」と。

    これは明らかに本文である判決内容と矛盾しますが、
    傍論はあくまでも裁判官個人の感想であり、判決内容には影響しないのです。つまり、法的効力を持たないのです。

    したがって、「外国人に地方参政権を認めるのは最高裁も認めている」という主張は根拠の無いウソです。
    (※)最高裁・平成7年2月28日第3小法廷判決 外国人の地方参政権(地方議会議員選挙の投票権)


    ◇税金と参政権は無関係です。
    税金は道路、医療、消防、警察などの公共サービスの対価であり、参政権とは関係ありません。もし、税金によって参政権が与えられるなら、逆に言えば学生や主婦、老人など、税金を払っていない人からは参政権が剥奪されることになります。

    したがって、「税金を払っているのだから参政権を与えるべきだ。」という主張は根拠になりません。
    日本国憲法の三大原則の1つの「国民主権」の通り、参政権は「日本国民」にのみ与えられるのです。


    ◇在日韓国人・朝鮮人は自分の意思で日本に来ました
    日本にいる在日は100%自分の意思で日本に居住している人々です。
    強制連行は韓国・北朝鮮の捏造であり、全くの嘘です。

    また、日本国は彼らに対して帰国を制限していません。
    したがって「在日韓国人・朝鮮人は強制的に連れてこられたのだから参政権を認めるべきだ。」という主張は、全くのウソなので根拠になりません。


    ◇外国人参政権を「相互的」に認めている国はあります
    韓国では2005年7月に在韓永住外国人の地方選挙権が認められました。
    しかし、日本に永住する在日韓国人は60万人(H16年度)なのに対し、
    韓国でその対象になる在韓日本人はわずか10数人(H16年度)のため、
    相互主義が成立する条件にありません。
    したがって、これは根拠になりません。

    ※韓国の永住資格を持つ在韓日本人は59人(H16年度)ですが、
    その中で実際に韓国の地方選挙権を付与される人数はさらに少なく、わずか10数人程度です。

     ■在日同胞の統計 在日本大韓民国民団公式サイト
     http://mindan.org/toukei.php


    また、外国人参政権を「相互的」に認めている国々は、
    経済的・文化的に近く、将来的にはEUという国家統合を目指している国々です。
    これを根拠にする人は「日韓併合」を目指しているのですか?

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 税金と参政権は無関係???           強制的に連れてこられたのだから参政権を認めるべき??

  • アベノミクス何のその





              いまや、巨大バブルに発展か??






                これだから、被害者ビジネスはやめられない!!






     ウソの歴史で利権を得る輩は後を絶ちませんね!!





    戦後、朝鮮人、台湾人はGHQにより三国人と位置づけされ、それぞれ内地から朝鮮半島、台湾へ戻す政策がとられましたが、内地に居残った朝鮮人がいました。彼らの中から「朝鮮進駐軍」と称して横暴の限りを尽くす集団が現れました。

    「直江津駅リンチ殺人事件」が代表的なもので、闇米のブローカーの朝鮮人2,3人が窓を叩き割って列車に乗り込もうとしたところ、日本人乗客に阻止され、やむを得ずデッキにぶらさがって次の駅に到着したのち、進入を防いだ先ほどの日本人を鉄パイプやスコップで滅多打ちにして撲殺した事件があります。

     警察の記録によるとこの当時在日朝鮮人によって起された事件は、昭和20年に182件、昭和21年に5,336件、昭和22年に5,681件となっています。

     昭和26年(1951年)に人類学者の泉靖一氏が東京都民を対象に行った「異民族」に対する態度調査によると、朝鮮人はもっとも好感度の低い集団とされ、「不潔」「文化が低い」「ずるい」「経済的にためにならぬ」「日本をばかにする」「日本のためにならぬ」「日本をうらんでいる」「みにくい」「腹黒い」「無礼」といった否定のオンパレードでした。

    朝鮮人といえば無法者集団という印象を日本人が持っていたわけです。ところが現在はその朝鮮人が「被害者」のイメージになっています。私が子供のころも「差別があった」「”朝鮮人”と言ってはならない」と教えられました。なぜこのようなことになっているのでしょう。

     首都大学東京教授の鄭大均(てい たいきん/チョン・ テギュン)氏は以下のように推察しています。

    「60年代に半ばに刊行された一冊の本に触れるだけにしたい。朴慶植著『朝鮮人強制連行の記録』(未来社、1965年)がそれである。

     <中略>
     この本は刊行されるや、あるタイプの日本人たちには啓示を与える書となったようである。日本国の加害者性侵略者性というアイデンティティを重視するタイプの日本人がそれで、以後自分の生活地である故郷に朝鮮人強制連行の痕跡をたどろうとする活動が全国的に展開され、多くの刊行物が出版されている」

     氏はそれでもこの頃は関心を寄せる人間は少人数だったといい、状況が変わったのは80年代だと述べています。

    「80年代は、日韓の間に教科書問題という外交問題が生じた時期であるとともに、在日コリアンにたいする指紋押捺制度がマスメディアに取り上げられた時期であり、またソウルオリンピックの開催を機に、韓国ブームが引き起こされた時期である。

    80年代は、戦後の日本において、韓国や在日のテーマが大手のテレビや新聞・雑誌で話題になったはじめての機会であり、その解説者の役割を担ったのはコリア学の専門家たちであるが、その多くは被害者論的在日論を自明のものとする人々であった。

    在日一世の大部分は、自発的に当時の内地である日本に渡航してきた人々であり、また日本に居残ることを選択した人々である。だから、戦時期の朝鮮人に対する労務動員を『強制連行』と表現し、それを在日コリアンに結びつけて語るような議論はおかしいのだが、そのことを指摘する在日もいなかった。

    日本国の加害性と在日の被害性をワンセットで考える思考は、80年代の韓国ブームの置き土産として人々の心や身体に残されたのである」

     どうやらメディアに乗って知識人らが金脈をつかんだようです。被害者ビジネスとでもいいましょうか。在日一世の中には戸惑った人もいたかもしれませんね。

    鄭氏は在日のネガティブなイメージは改善されたが、在日であるという身分を自分の人生に流用しようとするコリアンが出てくる危険性もあると指摘しています。かわいそうな被害者として特権を持てば自立できなくなるでしょう。

     ウソの歴史で利権を得る輩は後を絶ちませんね。

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 アベノミクス何のその                いまや、巨大バブルに発展か??         

  • 不法に占有しているんです





          「差別、弾圧だ」





               当然の権利としてここにいるんです





    ■不法占拠!在日団体「高槻むくげの会」を高槻市が提訴


    市立第一中学校の一室を1年以上、不法占拠している
    として、大阪府高槻市は5日に同市の
    在日韓国・朝鮮人団体「高槻むくげの会」に対し、
    明け渡しを求めて大阪地裁に提訴する方針を明らかにした。9月定例市議会に関連議案を提出する。

    市教委によると、昭和60年度に「在日韓国・朝鮮人教育事業」をスタート。
    市教委は同会と日本語の識字学級や地域子供会などを共同で行い、「便宜供与」として
    同中学校青少年課分室の一部、約30平方メートルの使用を認めてきた。

    しかし、市教委はこの事業を平成13年度から「多文化共生・国際理解教育事業」に変更。
    在日韓国・朝鮮人だけでなく、ブラジル人やフィリピン人などにも部屋を開放することになったが、「高槻むくげの会」が占有した状態が続いた。

    このため昨年1月、同年3月末までに部屋を明け渡すよう求めたが、
    「差別、弾圧だ」などと拒否したという。
    同会は4月以降も明け渡しに応じず、
    部屋を無断で使用して日本語講座などを有料で開催。
    光熱費は中学校が負担しているという。

    市教委青少年課は「他の市民に説明がつかない。
    どうして韓国・朝鮮の人だけが、
    水道代も電気代も払わず、中学校を使えるんですか。

    校内にあるむくげの会の事務所の前には、
    会の関係者以外立ち入り禁止の看板が出されていました。
    フィリピン人やブラジル人にも開放しなければならないのに、
    むくげの会が不法に占有しているんです」とコメント。

    同会の李敬宰(イ・キョンジャ)会長は「提訴は非常に遺憾。断固戦う。
    不法占拠と市が主張する根拠はここ(中学校)に事務所があるからですか。
    我々の活動を市がキチンと引き継いでくれるなら、いつでも出て行きますよ。
    市がやらないから、当然の権利としてここにいるんです。

    以前議会で、我々がここに事務所を置くのはおかしいと追及したことがあった。
    市教委が、行政の一環だから問題ないと答弁し、事務所問題には決着がついている。
    今さら市が明け渡しをいうのは、朝鮮人つぶしとしか考えられないですね」 と反論している。

    産経関西:2006年09月06日記事 及び
    週刊新潮:2006年9月21日号 134ページ記事 より


    こいつが「高槻むくげの会]の李敬宰(イ・キョンジャ)会長 ↓

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 不法に占有しているんです            「差別、弾圧だ」                  

  • 少なくとも自らの意思に反して





    無理に連れて来られたという人は、





    皆無であった!!





    辻本武氏という、在日問題や近代の日韓(朝)関係を検証されている方がいる。
    極めて実証的で、非常に参考になる。
    ただ、辻本氏は私と違って、政治的立場は右ではない。
    が、その辻本氏をしても、「強制連行」は否定されるのである。

    以下は、彼のHPからの引用である。



    在日朝鮮人がかつての植民地時代に日本によって強制連行された人々、およびその子孫であるという主張は、在日朝鮮人問題の本のなかに必ずといっていい程出てくる。また何か朝鮮問題に関する集会のなかでも枕言葉のようによく出てくるものである。

    92年の従軍慰安婦問題の集会を見に行った時も、講師の在日朝鮮人女性が「私の父母は強制連行されてきました」と語っていた。

    私は在日朝鮮人一世の20人以上から直接に話を聞いてきた。当然なぜ日本に来たのかということも聞かせてもらってきたのだが、すべて強制連行ではなかった。直接ではなく又聞きの場合も多くあったが、これらもすべて強制連行ではなかった。

    強制連行の歴史を訴える在日二世の活動家の親御さんにもお会いして話を聞かせてもらったが、やはり強制連行ではなかった。

    彼らは、男性の場合はこんな田舎では働き口がなくて生活できない、どうせ出て行くのなら日本に行って一旗あげよう、というような動機であり、女性の場合も同様であるか日本で生活基盤を築いた同胞男性のもとに結婚生活をいとなみに来た人であった。

    私の聞く限りその動機は、貧しい農山村から東京や大阪といった都会に流れてきたかつての日本人たちと大きくは違わない。日本の植民地支配が苛酷で生活が苦しくてやむなく日本に渡って来たのは「強制」あるいは「半強制連行」だと主張する人もいたが、これは全くの屁理屈でしかない。

    少なくとも日本の官憲によって自らの意思に反して無理に連れて来られたという人は、私の知る一世では又聞きも含めて皆無であった。

    以上が辻本氏の結論である。

    私も、在日や被差別部落民の多い地域で育ったが、「強制連行された」という在日など一人もいなかった。
    辻本氏の結論に激しく同意する。


    この人が辻本氏 ↓
    言っときますけど、この人有名な左翼の人ですよ!

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 少なくとも自らの意思に反して      無理に連れて来られたという人は、       皆無であった!

  • 【秘密保護法案違反の民主党政権時代】
    >本来マス塵が報道すべきは、民主党が破棄した外交文書を優先すべきだと思うんだけど。

     その通り!!

  • お前が言うな!!





    まったくわかっていないアホがマスゴミをリードしているんです!!





     韓国の右派系新聞社である「中央日報日本語版」が大変面白い記事を書いています。ただ韓国や中国の「日本語版」というのは必ずしも韓国や中国でも同じ内容が流されているかというと、これはそう思わない方がよいですよ。

     
     北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が騎虎の勢いという局面だ。日本の安倍政権と対北朝鮮制裁解除と拉致日本人問題を対等交換するビッグディールに合意したのだ。

    金正恩は勢いに乗って富士山を越えようとしているようだ。父・金正日(キム・ジョンイル)総書記が12年前、小泉元首相に会って解決できなかった宿題を解く心づもりであるように見える。 (中略)

     ところで金正恩の立場では悩みになる大きな課題がある。北朝鮮の政権基盤である「抗日」の旗を どのように降ろすべきかという問題だ。祖父の金日成(キム・イルソン)が朝鮮民主主義人民共和国を 樹立(1948年9月9日)し、前面に出したイデオロギーと日朝修交という現実の調和だろう。

    <中略>

     生母・高英姫(コ・ヨンヒ)にまつわる「親日行跡」論議は金正恩政権のアキレス腱になりえる。1952年に大阪で生まれた高英姫は10年後に北送船に乗って元山(ウォンサン)港に到着する。北朝鮮で「チェポ」(在日同胞を卑下した表現)と呼ばれる北に送られた在日韓国人になったことだろう。

    金正日は万寿台芸術団の女優出身の高英姫との間に2男1女を産む。このような内部事情を看破した一部党幹部と住民の間では「元帥様(金正恩を指す)は白頭血統でなく富士山筋」と皮肉る言葉がうわさが立っているという。

    最近では高英姫の父、高京沢(コ・ギョンテク)が日本軍需工場幹部として働いた事実が明らかになった。 対北朝鮮情報関係者は「朝鮮総連等を通して高英姫関連の日本行跡消すのに出たが軍需工場が秘密に送ってきた資料が最近公開されたもの」と耳打ちした。

    脱北者1号博士である世界北朝鮮研究センターの安燦一(アン・チャンイル)所長は「抗日の革命伝統を親日の外交政策に変えるには金正恩の悩みが大きいだろう」とコメントした。富士山の負担を払い落とすにはいっそ高英姫を「漢拏山(ハルラサン)出身」として紹介する方が良いだろうという診断だ。

     北朝鮮もいつまでも反日・反米の教義に閉じ込められて生きることはできないだろう。「1世紀に 2つの帝国主義、日・米に打ち勝った」という金日成神話を捨てる時になったということだ。

    金正恩の「富士山探険」がどんなルートを辿ることに なるのか見守るべきところだ。(中央日報日本語版)http://japanese.joins.com/article/069/186069.html


     案の定、この記事を紹介しているネット掲示板には、「韓国、お前が言うな!」のコメントが続出!そりゃそうですね。韓国が「北朝鮮もいつまでも反日・反米の教義に閉じ込められて生きることはできないだろう」と、韓国人がこう考えているとするなら「反日の教義に閉じ込められている韓国の反日は何なの?」と日本人なら思うでしょう。

    「反日と歴史捏造に閉じ込められている」。これが韓国の「インテリのレベル」です。まったく韓国のことがわかっていないアホが韓国のマスゴミをリードしているんです。


     ただこの記事はある面「日本にいる在日朝鮮人ヘのメッセージ」でもありますよね。過去何度か、「金正恩の母親は在日朝鮮人である、高山あゆみ、こと高英姫(コ・ヨンヒ)」であり、金正日が高英姫のことを、内輪では「あゆみ」と呼んでいたと。

    その次男が金正恩ですよね。このことを知っている日本人は多いとは思いますが、在日朝鮮人には知られていないかもしれません。というより、知っていても口にしてはいけない話題なんでしょうね。だからあえて、韓国の「中央日報日本語版」は記事にしたのでしょう。まあ、韓国人の「朝鮮人への嫌がらせ」とも読めますが・・・


     韓国だって歴史捏造では北朝鮮には負けていませんよね!だいたい、最近の韓国では、「日本軍の中に軍属を含めて朝鮮出身者が24万人にもいたことを隠し、「韓国光復軍が日本軍を追い出した」という捏造が拡散されています。


     金正恩と母親の高英姫

    民主党時代に破棄された外交文書3万件 お前が言うな!!      まったくわかっていないアホがマスゴミをリードしているんです!!

  • <<
  • 57 32
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア