ここから本文です
旅行?‼

旅行?‼

  • 409
  • 25
  • 2016/12/03 10:48
  • rss
  • <<
  • 401 1
  • >>
  • >>395

    >家の主人はひとりで、ご飯を食べられるのかしら、意外と外食で豪遊しているかも知れませんね。。。

    お家の主人ってカビゴンか⁉️
    笑う♪

  • 二重人格で醜い顔のyukoよ〜!
    お前のような妖怪ババァは一人でオ⚪️ニでもしてヨガっていろ!
    笑う♪

    yuko!病院で‥‥‥まさか?!♪⬇︎
    みなさん、ご心配をおかけして、申し訳ありません(。・_・。)
    今朝の3D画像による診断で、部分剥離骨折で、手術はせずに、リハビリ中心で直していくことになりましたm(__)m とはいえ、しばらくは入院生活が続きます(ノ_・、) それにしても、お家の主人はひとりで、ご飯を食べられるのかしら、意外と外食で豪遊しているかも知れませんね。。。

  • kpfygfqことさーふぃん♪
    ⇒副主査付 係長待遇⇒IDカードが証拠⇒そしてポッポですか!?
    ハゲ散らかし53才のオチャン、いい加減にしてくれませんかねぇ!
    何で呼び名をコロコロ変えるの!?負け犬の遠吠え~~~!?

  • 【こどもテキストリーム相談室】

    シャロトちゃん「さーふぃんは53才にもなってなぜまだ係長なの?」

    まちこ先生「それは単純に能力がないから。おそらく上司の課長は一回りは年下よ。年下の上司にこき使われていることも、さーふぃんをそう思う自分押しに走らせた一因かもしれないわ。掲示板でストレス解消なんて、何て情けない人間なのでしょうwww」

    シャロトちゃん「じゃあ今から課長になればよいのに。」

    まちこ先生「それは100%ないわ。40前半が出世のラストチャンス。警察官のように殉職制度もないから、さーふぃんがたとえ会社のために灰になったとしてもなれないのよ。ただし、N○Tには生涯、課長にさえなれない盆蔵社員が30%程度いることも、さーふぃんの名誉のために、付け加えておきます。」

    シャロトちゃん「チョー気持ちワリィ~~~

  • ラッキーこと♪さーふぃんよ!

    ヤフー 宮坂 学の裁定を待て!

    (笑)

  • うましかの、さーふぃんトホホの人生~!

    元ヤフー社員なのにNT○社員と履歴詐欺!

    自分が元勤めた会社をひた隠しする負け人生!

    ( ゚Д゚)ヴォケ!!

  • surfinさんもハワイ好きらしいですね。でもオアフ島だけでは勿体無いですね。次はマウイ島に行かれては如何ですか。昔日本から移民が行った時は多くの人がマウイに上陸しました。そしてハワイ王国のホノルルの前の都の置かれた所です。

     この島日本と縁が深く、かってプロ野球の巨人で活躍したヨナミネ、ミヤモトもこの島の出身でした。観光客はラハイナ、ハナ、カフルイに滞在するようです。私はこの島に行くと古都であり太平洋最大の捕鯨基地であったラハイナに滞在します。

     古都とは言っても今はその風情はありませんが、捕鯨基地としての風情は残っております。この島の中心はカフルイ。飛行場もカフルイにあります。カフルイから車で40分程度でラハイナに着きます。今の時期だとクジラの親子が泳いでいるのが見えます。

     但しカフルイはホテルが少ない。その中に部屋に居ながらにしてクジラが見えるホテルがあります。
    昔は移民たちが住んでた小屋がありましたが、今はどうか。私は一世の方も知っておりますが「移民とは言っても奴隷と同じ生活だった」と言います。それが実感になったのはこの小屋を見た時でした。

  • 中国は史跡が多くて、ある程度歴史について知識があると地名や川の名前、山の前を聞いただけで懐かしくなります。しかし今の中国には行く気がしませんね。少年の一時期、中国で育ち、その後何回か中国に行きましたが、今の中国人ガイド、日本語は出来ますが歴史については余り知識が無いようです。

     西安では西安事件についてガイドを相手に語り、蘇州では朱氏について語りました。とは言っても歴史の専門家では無い者の話など、専門家から見たら噴飯物でしょうが。しかし語ったのはガイドと言う所がミソです。彼らの言う事を日本人観光客がそのまま信じ、帰って家族に話す。その結果話がどう伝わるか。

     先の話題、ヨーロッパのツアーの出来事でしたね。勘違いしました。私はイギリスは不味かったですが、その他はほぼ美味しく戴きました。しかし期待外れという事もあります。皆さん美味しいと言いますから期待してウィーンの喫茶店に入りました。現地では有名な店でしたが、日本の喫茶店の方が美味かったですね。アメリカよりは美味かったですがね。

     アメリカに行く時に飛行機で一緒になったアメリカ人、「日本は物は高いが、美味い。ステーキを食べても、コーヒーを飲んでも美味い。アメリカでコーヒーの一番美味いのはダンキンドーナツだ」と言います。よりによってダンキンドーナツとは、試しようがありません。日本では飲んだことありますが、そんなに印象に残る味では無いと思いましたが・・・。

  • ツアーに入って不味いと言ってもしょうがないですね。元々ハワイはそんなに食べ物が美味い所ではありません。日本の方が余程美味い物があります。そう言っては何ですが、日本食にしても移民した人たちがそんなに日本で美味い物が食べられるんでしたら移民はしなかったでしょう。

     ハワイ島のコナに「てしま」と言うレストランがあります。英語で言うとレストランですが、日本的に言うなら「大衆食堂」。経営者は一昨年106歳で亡くなりましたが、100歳を過ぎてもお元気で店に出ておられました。その店で出しているメニューは日本で食べている大衆的な物でした。

     ハワイでも美味い所はあります。私はこの所ハレクラニのレストランに行ってますが、ここはお勧めです。でもハワイの美味さでは無いですね。ステーキのロイスにもよく行きますが、ここはバラツキがあります。

     お金を出して美味い物を食べたいならハワイでは無くベルギーに行かれた方がいいです。ベルギーでブルージュに泊まった時。中世の市長宅を改造してホテルにした所でした。そこのレストランはミシュランの星を持っておりました。それはいいんですが、食べ始めて終わるまでタップリ3時間は掛かりました。

     世の中は広いですけど、何から何まで個人の好みに適するようには出来ておりません。ハワイは風景としては絶好ですが、食べる方としては不味い所です。でも今は良くなりました。昔はもっと酷かったですよ。それはハワイの人が美味さを知らなかったのです。それにしてもそのご夫妻は行く所を間違えましたね。

  • 私はツアーには参加した事が無いので何とも言えません。しかし日本人は原則的にハワイが好きなんじゃ無いですか。でもハワイの歴史を知ろうとしたら二度や三度ハワイに行っただけでは分かりません。それは何処の国でも同じですが、・・・

     ハワイは昔は人種的には日系の人が一番多かったんですが、今はヒリッピン系の人が一番多いのではないでしょうか。その中で特に重視しなければならないのは二世の方が少なくなったことです。

     彼らは一時ハワイの政治から産業面までのリーダーでした。連邦上院議員のダン・イノウエ氏。ハワイ州知事のジョージ・アリヨシ氏を始め、多くの日系人が日本人に対する語り部役でした。今その方々が少なくなりました。

     昔は彼らが日本人を見る目には懐かしさがあった。今は故国を忘れて、アメリカ人であることに誇りを持って働いております。既に日本語は話せません。産業構造も変わり日本から必要とした移民も行かなくなりました。宗教離れも進み、かっては信者が集まって居た寺も、無住の寺、廃寺が増えて来ました。

     でもその方たちのお蔭で、今ハワイは日本語が何とか通用します。今の時期雨季なので避けたいですが、日本人の好みミルク・ブルーの海。晴れ渡った空。乱れ咲く花々。そんなのを見るためにはハワイの島々が一番手っ取り早いのでは無いでしょうか。

  • バイロンのサイン、私も興味ありますね。ガイドが何もしないと言うのはヨーロッパではよく見られますね。でも何にもしない割には何処か威張った感じです。全部下請けにして、ライセンスだけで食ってるんですね。

     日本人のガイドと話したことがありますが、国のライセンスが取れないのと、ライセンスを持ってないと仕事が出来ないのでライセンスを持つ人を頼らざるを得ないようです。

     旅は自由なのがいいですね。朝寝坊で宵っ張りの私には朝の早いツアーは合いません。それに好きな所には好きなだけ居たいですよね。この頃のツアーは内容が盛り沢山で朝が早くて一日一杯右往左往、いよいよ私には合わなくなりました。

  • 私はヨーロッパには20回ほど行ってますが、ギリシア、トルコ、スイスにはまだ行って居りません。スイスは何か山に登るイメージがあるのと、スイス人はケチで有名。ギリシアは観光擦れして、古代の人たちの作ったものに依存した生活をしていると聞きました。トルコは単に行く機会が無かったのだと思います。

     上に上げた理由はともかく、行ったら好きになるとは思いますが、どうも積極的な意欲が湧きません。特にギリシアは経済的に破綻した後現状はどうなっているのでしょうね。

  •  今年は暫く振りに北海道を訪ねようかと思っております。暖かくなってからですがね。もう行くだけのポイントも溜まっております。でも新幹線で4時間以上かけて行くよりは、空から行った方が乗り換えが無くていいですね。

     函館は前から降っているようですが、東京も今日本格的に降りました。積雪6センチと言います。それでも人は転倒したり、電車が止まったり。吹雪をついて走る北海道の列車とは大違いです。

  • 私恵山には一度行ったことがありますが、川汲はまだ行った事がありません。函館周辺にはこのような小さな温泉が沢山ありますね。鹿部や濁川それに駒ヶ岳などが小さいけど有名ですね。今は函館も大きくなり、椴法華や恵山まで函館だとか。

     合併で行政区域は大きくなりましたが、昭和30年頃に比較すると人口は減っているようですね。今年は新幹線も走ると言いますが函館は通り過ぎ、「観光函館」は今後どうなるのでしょう。

  • 今私の寝室には巨大なモナコのの写真が張ってあります。元々は森の喫茶店で貰った物です。何年か前に行った時、時間があったのでフラリと喫茶店に入りました。座って直ぐに壁の写真に気が付きました。何か見覚えがあると思い見ていると「アッ、モナコだ」と気がつきました。丹念に見ると何時も泊まるホテルまで写っておりました。

     マスターが「気に入ったのなら同じ物がもう一枚あるので上げます」と言われ、戴きました。皺にならないように飛行機の中でも気を使いました。それが今ベッドの近くに貼ってあります。

     パリも度々行きましたが、コートダジュールの方が好きで、パリからニースに飛んで、海岸線をウロウロしてます。ことにモナコは住んでる人が皆さんお洒落ですね。犬の散歩でもキチンと身なりを整える。アメリカなどとは大違いです。

  • 七飯の峠下の道は何度か通りました。今は道も新しくなって、旧街道の方は余り走らないのでしょうね。高龍寺は前は通りましたが中には入った事がありません。隣の称名寺でしたか、今名前は定かではありませんが、中に都市対抗で有名な久慈さんのお墓がありました。ボールの形をした珍しいお墓だったことを覚えております。

     明治期の函舘はこの辺が賑やかで、お寺や女郎屋まであったとは、昔の人は足が達者だったんですね。函館は面白い町ですね。繁華街が常に西から東に動いている。この辺から動いて次が十字街。次が駅前。今は五稜郭ですが、新幹線が走るようになり「新函館北斗」の駅も出来たのでまた将来移動するのでは・・・・

     鷲の木、実際は下の海岸に降りたのは遥かに昔です。その頃はこんなのは立っておりませんでした。

     五稜郭公園、今は奉行所が建ったそうですね。私は史跡にそんな物建てるのは反対です。「つわもの共の夢の跡」でいいでは無いですかね。一番下らないと思ったのは松前城。昔と今と両方見てますが、どうせ昔のような城は作れないにしても、鉄筋コンクリートの城は何の風情もありません。五稜郭の奉行所は見ておりませんが、城と同じでなければいいですね。

  • surfinさん奥さん中々お詳しいようですね。五稜郭ではお祭りになると色々の催しがありますが、まだその中にマラソンがありませんね。森の新選組上陸地の鷲の木、今は過疎の漁村らしいですがここから函館と言うのは距離が合いませかね。

    ハワイはもう今年で55回行きました。ハワイ島も何回も行ってます。今年はコナに行きコーヒー園を回りました。今家の冷蔵庫はコーヒー豆で一杯です。日本で売ってるインチキなコナでは無く正真正銘のコナです。

    是非行って見て下さい。時期が合ったらご案内しますよ。以後宜しくお願いします。来年は私も北海道に行こうかと思っております。写真ありましたらまた見せて下さい。

  •  surfinさん、懐かしい函館周辺の写真見せて戴きました。随分丹念に回られましたね。私も一昨年までは年に二度は北海道に行って居りました。函館は行っても函館山の裾から中腹、西高から外人墓地に掛けて回る程度。写真の中にもまだ見て無い所が幾つかあります。

     川汲温泉などは行っておりません。谷地頭は一度行きました。両方とも発音を聞いただけで知ってるかどうか分かりますね。五稜郭公園と土方歳三が結び付けられていることが多いです。私が昔聞いたのでは函館駅に近い若松町の電停付近と聞いておりましたが、どちらが本当なのでしょうね。写真の中にも「最後の地」の掲示板がありますが、説明が無いので何処か分かりません。新選組には興味が無いのでどちらでもいいですが。

     函館山は私が登った二つの山の一つです。もう一つはハワイのマウナケア、でも自分の足で登ったのは函館山だけです。マウナケアは下から頂上まで車で行きました。函館山に登ったのは大昔ですね。道は舗装されておりませんでした。

     ご存知でしょうがここは津軽要塞が置かれ、戦争中は撮影は勿論、スケッチも禁じられておりました。勿論人が登るなんて事は論外でした。今は世界一の夜景として紹介されております。平和は有難いですね。

並べ替え:
古い順
新しい順