ここから本文です
  • JR東日本様、超危険な宮城野原駅の改修改善お願いいたします。
    以前から感じていましたが、試合終了後の宮城野原駅ホームは乗客が溢れ超危険な状態です。
    昨日も試合終了後、少し時間を置いて駅に行きましたが、エレベーターで降りると人が溢れていて、一緒に乗っていた数人共々エレベーターから降りられません。
    数分後、やっと上り電車が来て少し余裕が出ましたが、それでもまたどんどん乗客が来てホームはすぐ満杯になり、大勢の人がホームの黄色い線からはみ出ている状態。
    アルバイトの警備員がハンドマイクで叫び続けますが効果なし。
    あれだけ満杯状態だと、酔った人、子供、それと何かの拍子で人と接触した人がいつホームに落下しても不思議ではありません。
    特に試合時間が長引いて、電車本数が少なくなる10時頃に乗客が集中すると超危険です。
    昨日の観衆は2万ちょい。しかし、来月から席数が2万5千強、さらには2万8千と増加します。
    そして当然イーグルス初優勝に向けて観衆も増えるでしょう。
    しかし、今の宮城野原駅のキャパではその大観衆を処理できるか疑問です。
    長期的にはホームの拡幅、上り下りホームの分離、あるいはホームドアの設置が必要ですが、
    とりあえず、臨機応変な臨時電車の大増発、ホームへの入場規制などの対応をお願いいたします。
    10年ほど前の駅完成当時は今の駅規模で十分だったのでしょうが、イーグルス来仙で大きく事情が変わりました。JR東日本様も楽天イーグルスの公式スポンサーであるし、イーグルス効果で乗降客も収入も増加したと思います。その恩恵を安全な駅への投資として活用願います。
    勿論お分かりでしょうが、事故が発生してからでは遅いのです。

  • <<
  • 69 49
  • >>
  • <<
  • 69 49
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
法務省 人権擁護キャンペーンPR
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア
法務省 人権擁護キャンペーンPR