ここから本文です
現在位置:

気楽に株談義

  • 33,538
  • 9
  • 2017/02/24 08:32
  • rss
  • <<
  • 33538 33519
  • >>
  • 33538(最新)

    鳳凰 2月24日 08:32

    >>33537

    Ads by Yahoo!JAPAN


    外資系証券の寄り付き前の注文は差し引き130万株の買い越し

    8時25分配信 トレーダーズ・ウェブ


    市場筋の推計によれば外資系5社の寄り付き前注文動向は、売り1090万株、買い1220万株、差し引き130万株の買い越し。7営業日連続の買い越し。

    売り (-): 1090万株 118億円
    買い (+): 1220万株 126億円
    -------------------------------------
    差し引き: +130万株 +8億円


    米国系証券は買い越し、欧州系証券は売り越し

    <セクター別>

    売り:銀行・自動車・化学・卸売り・小売り・金属など

    買い:陸運・電機・情報通信・建設など

    交錯:機械・サービスなど



    最終更新:8時25分    トレーダーズ・ウェブ

  • >>33476

    2/24 8:04 トレーダーズ・ウェブ

    外資系証券の注文動向-130万株の買い越し


    市場筋の推計によれば外資系5社の寄り付き前注文動向は、売り1090万株、買い1220万株、差し引き130万株の買い越

    し。金額ベースは8億円の買い越し。


    (ご注意)外資系動向については、業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。


    2/24 8:04 トレーダーズ・ウェブ

  • >>33474

    海外 2/24 7:16 トレーダーズ・ウェブ

    S&Pセクター動向-公益、通信が上昇 資本財、一般消費財が下落

    1公益+1.05%

    2通信 +0.96%

    3ヘルスケア+0.74%

    4不動産 0.64%

    5エネルギー +0.51%

    6生活必需品 +0.25%

    7金融 +0.09%

    8テクノロジー -0.11%

    9素材 -0.57%

    10一般消費財 -0.70%

    11資本財 -0.77%

    2/24 7:16 トレーダーズ・ウェブ

  • Ads by Yahoo!JAPAN

    今日の為替市場ポイント:3月利上げ観測後退でリスク選好的なドル買い抑制

    8時10分配信 フィスコ

    23日のドル・円相場は、東京市場では113円46銭から113円08銭で推移。欧米市場でドルは112円55銭まで下落し、

    112円61銭で取引を終えた。

    本日24日のドル・円は、主に112円台で推移か。

    米財務長官はドル高進行に対して懸念を示したことや3月利上げ観測は後退したことから、リスク選好的なドル買いは

    抑制されるとみられる。

    23日の欧米市場では主要通貨に対するドル売りが優勢となった。

    ムニューチン米財務長官はドル高について、トランプ政策(アジェンダ)への信頼があることが関係していることを示

    唆した。

    しかしながら、ムニューチン財務長官はドル高には問題があると指摘し、金利見通しについては「おそらく、長期にわ

    たり低金利が続くだろう」との見方を示した。

    トランプ大統領は28日に行う議会演説で、貿易、税、雇用に焦点を当てることになるもようだ。

    税制改革によって輸出促進や雇用拡大が期待されているが、市場関係者の間では「トランプ政権は税制改革が大幅なド

    ル高や長期金利の上昇につながることを懸念しているのではないか?」との見方が浮上している。

    また、ムニューチン財務長官は「オフショアにある数兆ドルが本国に戻る」、「税制策は米企業の競争力を非常に強く

    する」と述べており、これらは株高やドル高の要因となりうるが、インフレ急進を招くものではないとみられている。

    市場関係者の間では「米利上げペースが速まる可能性はやや低下した」との声が聞かれている。

    《SK》
    株式会社フィスコ
    【関連ニュース】
    トランプ米大統領 「何等かの形の国境税を支持」
    トランプ米大統領「我々はメキシコに公平に扱われる必要がある」
    ロックハート米アトランタ連銀総裁「利上げの終着点は過去より低くなる可能性が高い」
    NYの視点:トランプ政権のドル政策を警戒(2/24)
    最終更新:8時14分フィスコ

  • 2017/02/24 (FRI) 08:22 モーニングスター株式会社

    株式ニュース

    2017年02月24日(金)

    今日のニュースヘッドライン

    時間

    08:07外国証券の寄り付き前の注文動向=130万株の買い越し

    08:02<きょうの個別材料>GNI、エイジス、DWTI、ワンダーCo

    08:01新興市場トップピック=ヘリオスがニコンと提携

    08:0024日の東京株式市場見通し=積極的な売買を手掛けづらく、さえない展開か

    07:4723日のPTSランキング、レノバ、モバファク、DWTIが売買代金上位

    07:4523日の欧州株式市場、FTSE100が反落、DAXは4日ぶり下落

    07:3923日の米国株式市場、NYダウが10日連続で史上最高値、ナスダックは続落

    07:3823日のADR動向=円換算値で軟調、コマツ、シャープ、アドバンテストなどが安い

    07:37<きょうの主な経済指標・スケジュール>米1月新築住宅販売、「プレミアムフライデー」実施など

    07:36豊田通商、シンガポールでトラック隊列走行の実証実験プロジェクトを受託

    07:35内田洋行が増額、17年7月期の連結営業利益は減益幅縮小へ

    07:34エイジス、3月31日を基準日に1株を2株に分割

    07:33コンコルディア、1300万株の自己株式を消却へ

    07:32三井物産とソニー・ピクチャーズ、アニメ事業共同運営会社の設立へ

    07:31洋エンジ、インドネシアで天然ガス圧縮設備を受注

    07:30SCSK、イスラエルのインフィニダット製品の国内販売で協業

    2017/02/24 (FRI) 08:22 モーニングスター株式会社

  • Ads by Yahoo!JAPAN

    24日の東京株式市場見通し=積極的な売買を手掛けづらく、さえない展開か

    8時00分配信 モーニングスター

    予想レンジ:1万9200円-1万9400円(23日終値1万9371円46銭)

    24日の東京株式は、週末要因から積極的な売買を手掛けづらいこともあり、さえない展開か。

    NYダウが10日連続で史上最高値を更新したものの、為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の半ば(23日終値113円24-25銭)、ユーロ・円が1ユーロ=119円台の前半(同119円49-53銭)と円高に振れている。

    輸出関連の主力株はポジション調整の売りも重なり、軟調な展開を強いられることになりそう。

    ただ、「押し目を拾いたいが、買いたい水準まで下げない状況にある」(中堅証券)との声も聞かれ、売り一巡後に下げ渋る動きを見せることも想定される。

    23日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でコマツ <6301> 、シャープ <6753> 、アドバンテスト <6857> などが、23日の東京終値に比べ安い。

    シカゴ市場日経平均先物の円建て清算値は、23日の大阪取引所終値比75円安の1万9285円だった。

    (高橋克己)

    24日の主な経済指標・スケジュール

    【国内】

    ・「プレミアムフライデー」初の実施
    ・気象庁3カ月予報

    【海外】(時間は日本時間)

    ・24:00 米1月新築住宅販売、2月ミシガン大学消費者信頼感指数
    ・インド市場休場
    ・決算発表=フット・ロッカー、JCペニー


    ◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。


    提供:モーニングスター社

    【関連ニュース】

    バリューDは成長余地大きい有力直近IPO株

    23日の欧州株式市場、FTSE100が反落、DAXは4日ぶり下落

    23日の米国株式市場、NYダウが10日連続で史上最高値、ナスダックは続落

    日経平均は8円安と小幅続落、騰落銘柄数は値上がりが多く「思いのほか底堅い」との声も=23日

    マザーズ指数4日続伸、CYBERDYNEが堅調展開=新興市場・23日

    最終更新:8時00分モーニングスター

  • Ads by Yahoo!JAPAN

    東京為替見通し=ドル円続落、米税制改革の遅れと低金利長期化

    8時00分配信 トレーダーズ・ウェブ

    NY為替市場のドル円は、113円前半から112.55円まで下落した。

    ムニューチン米財務長官が「長期にわたり低金利を続ける可能性」と述べたことでドル売りが優勢となった。

    豪ドル/ドルは年初来高値を更新し0.7741ドルまで上昇、ユーロドルは1.0595ドルまで上昇、ポンドドルは1.2561ドルまで上昇した。

    本日の東京市場のドル円は、トランプ米政権の「驚異的な」税制改革案の発表が遅れるのではないかとの警戒感から失望売りによる軟調推移を予想する。

    トランプ米大統領が2月28日の上下両院での演説をめどに公表するとしていた「驚異的な」税制改革案が遅れる可能性が出てきている。

    トランプ米大統領は税制改革案に先立ち、3月上旬をめどに医療保険制度案を公表し、中旬をめどに議会に2018会計年度の予算教書を提出すると述べている。

    ムニューチン米財務長官は税制改革案が8月の議会休会に向けて審議される可能性を示唆している。

    ドル円のドル買いオーダーは112.50円、112.00円に控えているものの、ムニューチン米財務長官が、長期にわたり低金利が続く可能性を示唆し、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で3月の追加利上げに慎重なスタンスが示されたことで、ドル円は下値を探る展開か。

     ユーロドルはフランスの政治的リスクは後退しているものの、ギリシャ債務問題への警戒感から伸び悩む展開か。

    山下

    【関連ニュース】

    23日香港株=利益確定売りで売り先行も、中国本土資金が支えか

    東京為替見通し=ドル円下げ渋り、米政権の驚異的な税制改革期待

    東京為替見通し=ドル円下げ渋り、3月利上げ観測と税制改革期待

    東京為替見通し=ドル円下げ渋り、米政権の驚異的な税制案期待

    株式明日の戦略-来週は方向感に乏しい展開か

    最終更新:8時00分トレーダーズ・ウェブ

  • Ads by Yahoo!JAPAN

    2/24/強弱材料

    8時04分配信 フィスコ

    ■強気材料

    ・NYダウは10営業日続伸(20810.32、+34.72)
    ・NY原油は反発(54.45、+0.86)
    ・欧州企業、2ケタの増益へ
    ・2月仏製造業景況感指数、2011年以来の高水準
    ・12月米住宅価格指数、前月比0.4%増

    ■弱気材料

    ・シカゴ日経225先物(19355、-75)
    ・円相場、1ドル112円60-70銭
    ・日経平均は下落(19371.46、-8.41)
    ・2月月例報告、個人消費を下方修正
    ・欧州の政治情勢への懸念

    ■留意事項

    ・米3月利上げへの思惑
    ・FRBがブラックアウト期間延長
    ・自動運転の国際的なルールづくりについてのシンポジウム
    ・「プレミアムフライデー」を初実施(経産省、経団連)
    ・ブFIPE消費者物価指数(週次)(2月23日まで1カ月間)
    ・ブ全国失業率(1月)
    ・ブ基礎的財政収支(1月)
    ・加消費者物価指数(1月)
    ・米新築住宅販売件数(1月)
    ・米ミシガン大学消費者マインド指数確定値(2月)
    ・印インフラ産業8業種(1月、28日までに)
    ・印株式市場は祝日のため休場

    《SK》

    株式会社フィスコ

    【関連ニュース】

    “注目株”はリターン・リバーサルで狙え!(2/24号)【東証1部】
    “注目株”はリターン・リバーサルで狙え!(2/24号)【東証2部】
    前日に動いた銘柄 part1:ヤマトHLDG、国際帝石、サイバーエージェントなど(2/24)
    前日に動いた銘柄 part2:ニトリHLDG、ANA、東芝など(2/24)

    最終更新:8時05分フィスコ

  • 日本経済新聞社
    主要ジャンル速報
    経済一覧
    1:08 銀行検査、稼ぐ力に重点 金融庁がマニ
    1:00 「情報銀行」、漏洩懸念の克服カギ
    1:00 政府、「情報銀行」創設へ年内実験 個
    23日 日本貿易保険、インフラ輸出損失を全額
    23日 三重銀と第三銀の統合、18年4月統合
    企業一覧
    7:01 豊田通商 トヨタの先兵、未開の地をゆ
    7:00 統合半年、ユニーの総合スーパー改革始
    6:30 デンソー、18年度の採用6%増 技能
    6:00 プレス部品世界大手、三重・松阪に工場
    2:01 知事容認、専門委後ろ盾に 川内原発2号
    国際一覧
    6:31 米新規失業保険申請件数6000件増加
    6:30 12月の全米住宅価格指数 0.4%上昇
    6:30 [FT]バフェット氏には新しい投資レシ
    6:29 1月のシカゴ連銀全米活動指数、0.23
    6:06 米メキシコ閣僚、対話継続で一致 中米か
    政治一覧
    0:46 「共謀罪」、与党からも異論 閣議決定
    0:30 23日の安倍首相の動静
    23日 森友学園の国有地取得問題、会計検査を実
    23日 建物内禁煙「法的措置を」 がん対策推進
    23日 民進・野田幹事長、原発ゼロ目標「今国会

    株・金融一覧
    7:23 シカゴ日本株先物概況・23日
    7:15 NY円、続伸 1ドル=112円55~6
    6:23 米国株、ダウ続伸し34ドル高 30年ぶ
    6:16 米国株、ダウ続伸 10日連続で最高値更
    6:01 NY商品、原油が反発 在庫統計受け7週

    スポーツ一覧
    6:57 岡崎のレスター、ラニエリ監督を解任
    23日 日ハム・レアードとメンドーサ、WBC参
    23日 白井が跳馬1位で決勝へ 体操の種目別W杯
    23日 高木美、金3個目 札幌冬季アジア大会
    23日 マフィ先発、レベルズ黒星 スーパーラグ

    社会一覧
    1:58 嘉手納「静かな夜」遠く 飛行差し止め
    1:57 後絶たぬ企業の秘密漏洩 先端技術集ま
    1:57 逮捕の愛知製鋼元専務 センサー開発の
    1:56 福岡銀、払い込み手数料を過大請求 市の
    1:51 大麻所持の疑い、医師ら2人逮捕 福岡

    日本経済新聞社

  • 日本経済新聞社
    アクセスランキング 一覧
    1. 森永製菓・乳業統合へ
    2. ANA、ピーチを子会社化
    3. 三菱UFJ、米でネット銀
    4. 米メキシコ国境の壁、既に1000キロ 現地ルポ
    5. 北朝鮮、「金日成」直系に執着 正統性の根拠
    6. ゴーン氏、グループけん引
    7. (ビジネスTODAY)人手不足、ヤマト瀬戸際
    8. (迫真)東芝 4度目の危機(4) 手じまいできぬ原発
    9. (春秋)極彩色の映像をちりばめた「ピストルオペラ」のなかで、鈴木清順監督
    10. 「情報銀行」創設へ実験

    2/24 7:00 更新 日本経済新聞社

  • 「情報銀行」創設の指針案 政府の作業チーム4時22分NHK
    中国首相が鳥インフル対策強化を指示 ヒトへの感染急増で5時38分NHK
    去年の福島沖地震で予想より高い津波 予測データ見直し 気象庁4時13分NHK
    ダウ平均株価 10日営業日連続で最高値更新6時29分NHK
    米大統領 中国とメキシコ名指しで貿易不均衡の是正を強調5時55分NHK
    米とメキシコ外相ら会談 懸念を継続協議へ6時52分NHK
    時間外労働の上限 経団連と連合のトップが会談へ4時18分NHK
    東海道新幹線の全線で脱線防止対策を実施へ4時07分NHK
    1号機でも格納容器内調査へ “ワカサギ釣り”ロボットを投入4時16分NHK
    シリアの和平協議が国連の仲介で始まる5時48分NHK
    シリア北部のIS拠点バーブをほぼ制圧5時52分NHK
    定期検査で停止の川内原発2号機が運転再開 あす臨界に2月23日 23時02分NHK
    去年の国内広告費 リオ五輪などで5年連続増加0時05分NHK
    村上春樹さん4年ぶり長編小説が発売 午前0時から書店にファン2時45分NHK
    きょうプレミアムフライデー 消費増や働き方改革につながるか0時24分NHK
    海上保安庁 尖閣沖警備で中止の観閲式を5年ぶり開催へ4時08分NHK
    衆院予算委の集中審議 国有地売却問題などで論戦へ4時19分NHK
    キム氏殺害捜査で北朝鮮がマレーシア非難 両国関係に影響5時37分NHK

  • NHK

    中国首相が鳥インフル対策強化を指示 ヒトへの感染急増で

    2月24日 5時38分

    中国の李克強首相は、国内でH7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染する人が急増していることを受けて、鳥の飼育場の検疫や医療体制の強化とともに、正確な情報公開を徹底するよう関係機関に指示しました。

    中国では先月、南部や東部を中心に192人が、H7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染し、79人が死亡したほか、今月に入ってからも感染が増え、少なくともさらに8人が死亡しています。

    国営の新華社通信は23日夜、感染者の急増を受けて李克強首相が全国の衛生当局や自治体などに、対策を徹底するよう指示したと伝えました。

    具体的には、養鶏場など、鳥の飼育場の検疫や消毒を強化し、感染が確認された地域では、生きた鳥を扱う市場を速やかに閉鎖することや、感染者には十分な薬を供与するなど医療体制の強化を求めたとしています。

    また、正確な情報の国民への迅速な公開も指示していて、2003年に北京などで、新型肺炎「SARS」の感染が拡大した際、情報不足から不安をあおるようなデマが広がったことを教訓に、社会の混乱を防ぐ狙いもあると見られます。

    NHK

  • NHK

    ダウ平均株価 10日営業日連続で最高値更新

    2月24日 6時29分

    23日のニューヨーク株式市場は、トランプ大統領が掲げる税制改革や規制緩和などによって企業の業績がよくなると

    の楽観的な見方が広がって買い注文が出て、ダウ平均株価は、10営業日連続で最高値を更新しました。

    23日のニューヨーク株式市場は、トランプ政権のムニューシン財務長官が、アメリカのテレビのインタビューで税制

    改革の実行に意欲を示したことなどから、取り引き開始直後から買い注文が増える展開となりました。

    このためダウ平均株価は、2万840ドルをつけ、取り引き時間中の最高値を更新しました。その後、高値の更新が続

    く警戒感から売り注文も出ましたが、ダウ平均株価は、前日より34ドル72セント高い、2万810ドル32セント

    で取り引きを終え、終値でも、10営業日連続で最高値を更新しました。

    これは、トランプ大統領が掲げる、税制改革や規制緩和などによって企業の業績がよくなるとの楽観的な見方が広がっ

    ているためで、10営業日連続で最高値を更新するのは1987年以来、30年ぶりとなります。

    市場関係者は、「トランプ大統領の就任前から、アメリカ経済は緩やかな拡大が続いているうえ、このところの経済指

    標の好調さもあって高値の更新が続いている。ただ、インフラ投資が先送りされるという見方から、売られる銘柄もあ

    るなど、トランプ政権の具体的な政策を見極めたいという投資家も多い」と話しています。

    NHK

  • NHK

    きょうプレミアムフライデー 消費増や働き方改革につながるか

    2月24日 0時24分

    停滞する消費を盛り上げようと、月末の金曜日に早めの退社を促すキャンペーン、「プレミアムフライデー」が24日から始まります。政府と経済界によるキャンペーンが消費の底上げや働き方改革につながるかどうか注目されます。

    政府と経済界は24日から「プレミアムフライデー」を始めます。企業に対して月末の金曜日に従業員が午後3時をめどに退社できるよう呼びかけ、買い物や食事、旅行などを楽しんでもらい、停滞する消費を盛り上げようという全国的なキャンペーンです。

    業界団体や企業、それに地域の商店街は、早めの退社を見込んで限定の商品やイベントなどの準備を進めています。官民でつくる協議会によりますと、共通ロゴマークの使用を申請した企業や団体の数は、23日の時点でおよそ4000件だということです。

    企業や官公庁の中には、24日以降、月末の金曜日は午後に有給休暇の取得を勧めるなど、積極的な参加を社員や職員に呼びかけるところがある一方で、顧客への対応を優先することや、すでに休暇の取得を推進してきたことを理由に、参加に慎重な企業も多く、対応は分かれています。

    「プレミアムフライデー」は、早めの退社が前提となるだけに、どの程度、消費の底上げや働き方改革につながるか注目されます。
    NHK

  • Ads by Yahoo!JAPAN

    今日の注目スケジュール:プレミアムフライデー、米新築住宅販売件数など

    7時19分配信 フィスコ

    <国内>

    10:00  自動運転の国際的なルールづくりについてのシンポジウム

    「プレミアムフライデー」を初実施(経産省、経団連)

    <海外>

    17:00  ブ・FIPE消費者物価指数(週次)(2月23日まで1カ月間)
    21:00  ブ・全国失業率(1月)    12.0%
    22:30  ブ・基礎的財政収支(1月)    -707億レアル
    22:30  加・消費者物価指数(1月)  1.6%  1.5%
    24:00  米・新築住宅販売件数(1月)  57.5万戸  53.6万戸
    24:00  米・ミシガン大学消費者マインド指数確定値(2月)  96.0  95.7

    印・インフラ産業8業種(1月、28日までに)    5.6%

    印・株式市場は祝日のため休場

    注:数値は市場コンセンサス、前回数値

    《TM》

    株式会社フィスコ

    最終更新:7時19分フィスコ

  • Ads by Yahoo!JAPAN

    NY概況-まちまち ダウ平均は30年ぶりの10連騰 ナスダックは続落

    7時17分配信 トレーダーズ・ウェブ

    米株は高安まちまち。ダウ平均が10日連続で史上最高値を更新し、S&P500もわずかに反発した一方、ナスダック総合が続落。ダウ平均はジョンソン・エンド・ジョンソン、ユナイテッドヘルス、ボーイングがけん引し、30年ぶりの10連騰となった。

    ※各種データは取得時の値です。

    DOW 20810.32 +34.72 (+0.17%)

    NASDAQ 5835.51 -25.12 (-0.43%)

    S&P500 2363.81 +0.99 (+0.04%)

    SOX 973.87 -16.20 (-1.64%)

    CME225(ドル建て) 19295 -65

    CME225(円建て) 19285-75

    WTI 54.45 +0.86 (+1.60%)

    ドル円 112.69

    ユーロ円 119.22

    米10年債利回り(%) 2.37

    米2年債利回り(%) 1.18

    羽土

    【関連ニュース】

    海外マーケットトピック-米株-上昇 連休前の調整は買いが優勢

    海外マーケットトピック-米株-ダウ9日連続で最高値更新 S&P500とナスダック総合は小反落

    米決算発表予定(2/22-2/24)-今晩はHP、Lブランズ、トランス・オーシャンなど

    NY概況-ダウ9日連続で最高値更新 S&P500とナスダック総合は小反落

    大日本印刷-3日ぶり反落 ナノインプリント用テンプレートの量産複製装置導入

    最終更新:7時17分トレーダーズ・ウェブ

  • Ads by Yahoo!JAPAN

    NY為替:ドル弱含み、米財務長官はドル高進行を懸念

    7時09分配信 フィスコ

    23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円93銭から112円55銭まで下落し、112円61銭で引けた。

    この日発表された新規失業保険申請件数が予想をやや上回ったことや、ムニューチン米財務長官の「ドル高にはいくら

    か問題がある」との発言が材料視された。

    市場関係者の間で新政権はドル高是正に動くとの警戒感が広がったようだ。

    また、長官が「新政権による景気刺激策の効果がでるのは2018年に入ってから」との考えを示したため、成長への期

    待も後退しドル売りに拍車がかかった。

    ユーロ・ドルは、1.0562ドルから1.0595ドルまで上昇し、1.0582ドルで引けた。ユーロ・円は、119円43銭から

    119円04銭まで下落。

    ドル安・円高に連れる展開となった。ポンド・ドルは、1.2482ドルから1.2561ドルへ上昇した。

    ドル・スイスは、1.0094フランから1.0054フランまで下落した。

    《MK》

    株式会社フィスコ

    最終更新:7時09分 フィスコ

  • >>33520

    Ads by Yahoo!JAPAN

    欧州市場サマリー(23日)

    5時15分配信 ロイター

    [23日 ロイター] - <為替> ドルが対円で<JPY=>0.5%安の112.66円と、6日ぶり安値を付けた。

    前日公表の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が予想よりハト派的だったことがドルの重しとなっているほか、欧米の政治リスクが意識されていることで安全資産としての円に買いが入る展開となっている。

    ユーロ/ドル<EUR=>は0.3%高の1.0587ドル。

    <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。決算が嫌気された金融大手バークレイズ<BARC.L>が売られたほか、鉱業株も落ち込んだ。配当落ち銘柄も相場の重しとなった。 バークレイズは2.6%安。

    アナリストらはモーゲージ担保証券(MBS)の販売をめぐる訴訟費用を懸念している。 FT350種鉱業株指数<.FTNMX1770>は1.66%下落した。

    配当落ちとなった英豪系資源大手リオ・ティント<RIO.L>や欧州格安航空大手のイージージェット<EZJ.L>も値下がりした。配当落ち銘柄はFT100種を14ポイント押し下げた。

    <欧州株式市場> 小幅安で取引を終えた。銀行や鉱業株が売られ全体水準を押し下げた。この日は一連の決算発表が主な取引材料となった。


  • 英金融大手バークレイズ<BARC.L>は2.6%安。資本準備金は予想外に増えたものの、投資家の評価にはつながらなかった。

    一部アナリストは英国における年金会計の扱いについて懸念があるとしている。

    週初めに期待外れの決算を発表した英金融大手HSBC<HSBA.L>はこの日も売り込まれた。

    バークレイズとHSBCが重しとなりSTOXX600種銀行株指数<.SX7P>は1.03%下落した。

    STOXX600種鉱業株指数<.SXPP>も1.48%の下落。中国の住宅都市農村建設相が不動産市場の安定化に向けて動いているとしたことで、中国の銅需要減退への懸念が再燃した。

    英豪系資源大手リオ・ティント<RIO.L>が配当落ちとなり売られたことも重しとなった。 

    <ユーロ圏債券> 仏独国債の利回り格差が数年ぶりの水準から縮小した。

    フランス大統領選で、極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首が当選するとの懸念が和らいだことが背景にある。

    仏大統領選をめぐっては、中道のフランソワ・バイル元教育相が22日、大統領選への不出馬を表明し、中道・無党派候補のエマニュエル・マクロン前経済相に協力する考えを示した。接戦の様相を呈する中、バイル氏の支持で、マクロン氏の勝算が高まる可能性がある。

    22日公表の世論調査では、決選投票でルペン氏とマクロン氏の一騎打ちとなった場合、マクロン氏が60%を得票し、40%のルペン氏を破ると見込まれている。

    仏10年債<FR10YT=RR>利回りは前日に続き低下。一時は9ベーシスポイント(bp)低下の0.95%と、1カ月ぶりの水準をつけた。

    仏独10年債の利回り格差は約70bpと、今週に入りつけた2012年終盤以来の水準となる84bpから縮小。

    【関連ニュース】

    コラム:ユーロドル「4年連続下落」の現実味=植野大作氏

    焦点:支離滅裂なトランプ政策でドル乱高下か

    焦点:トランプ政権がEU戦略大転換、ドイツにも「口撃」開始

    アングル:債券市場に忍び寄るインフレ、警戒欠かせず

    アングル:ユーロ/ドル等価が視野、最後の重要な支持線割る

    最終更新:5時15分ロイター

  • >>33518

    おはようございます。

    やっ法は、制限が厳しくなり~~~~仮説と思惑 情報 まあ~~かなり難しい 管理だとおもいますが。。。。

    偽情報だけは、ごめんです、、、、、が~~~それを、調べて発信するのは、、かなり難しいですが。。。。

    現在は ご利用停止だけは勘弁を。。。。。。。。ツイッター情報はバラエティーで、、、、、注意が必要ですが・・・

  • <<
  • 33538 33519
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順