ここから本文です
現在位置:

新 40代の休憩所

  • 3,474
  • 6
  • 2016/10/01 08:21
  • rss
  • 1

    *****

    がむしゃらな時代を少し過ぎて、でも、まだ色々大変だけど、少し息抜きしてリフレッシュしませんか?

    大人になるとなかなか新しい友達を作るのはむつかしいけど…
    そんな出逢いもあるかも。

  • <<
  • 3474 3455
  • >>
  • 3474(最新)

    kem***** 10月1日 08:21

    おはよ~ぅ\(^^)(^^♪

    先ほどまで降ってた雨が止んだ~~。
    もう4週間ほど雨。。
    ほとんど1日中晴れだったって記憶がない。

    昨日の朝は、寒いくらいでしたよ~。
    窓を開けて、午前中の気温が19℃までだった。
    でも、仕事へ行ったら、暑かった~。

    非常識なお隣さん3国。
    いつまでも戦争責任を言い。
    あの従軍慰安婦問題だって
    20万人もの人がそうだった。と
    言い張る。

    日本を貶めるために
    世界中に慰安婦像を設置しようとしている。
    そして、未来永劫そのことを残そうとしている。
    お金も搾だけ取ろうと。

    日本はそのことについて誰も発言しない。
    マスコミも言わない。
    真実の追求をすることさえ避けている。

    〝たけし”と〝ケント・ギルバート氏”は敢えて発言したが。

    かの国がミサイルで原爆を落としたら。
    日本は犠牲者が出ない限り手を出さない。

    世界中が、かの国は脅威だと思ってはいるのにね。

  • >>3472


    今日10月1日は「都民の日」だから大半の施設が無料開放される。
    なので、朝から出かけようと思っていたのに・・。

    早朝から小雨模様で午後まで続きそう・・。
    カメラは用意しているけど諦めるしかないかな~?

    それにしても気温が低い。
    今日は20℃前後で推移しそう・・。
    2~3日前は熱帯夜のような暑さだったのに・・。

    気温の変化には上手に対応しないといけないね?

  • >>3471


    >よく解らない、世界の矛盾。


    そう・・沢山の犠牲者を出して、世界大戦は終わったはずなのに・・。
    僕らの近所にも好戦的な国々が存在する。

    戦争は二度としてはならないけど、
    武力による威嚇・挑発に対しては、十分な備えをしなければならない。

    「逃げるが勝ち」って言葉もあるけど、逃げる者を追わないのは
    「僕らの常識」に過ぎず、隣近所の国々は民族性が異なるから
    「逃げる者を殺す」傾向があるように思われる。

    そういう無慈悲な民族を相手にする場合は、
    「戦う姿勢」を示す以外に自分を守る方法が無いように思う。

    ロシアはロシア人が多く住んでいるというだけの理由で、
    クリミア半島を(実質的に)占領したし(多数のオランダ人等が死亡した旅客機撃墜の責任もある)、
    中国は隣接諸国等の他民族に対する攻撃・殺戮を続けている。

    北朝鮮に至っては、人命に対する尊重心が乏しく、
    ミサイル発射と核実験を続けている。
    ミサイルが落ちて来て、街が火の海になってから反撃しても遅いと思う。

    戦争をしてはいけないけど、このような国々が隣近所にある以上、
    これらの国々からの攻撃に対する反撃の準備だけは
    怠ってはならないと思う。

    残念なことだけど・・・。

  • おはよ~ぅ\(^^)(^^♪

    戦争の歴史は悲惨で
    もう二度とあってはならないことね。
    今まで、幾度となく戦争を繰り返し
    そして、ようやくそれが解った日本。

    どんなに国民を戦争で死なせ
    財産を失っても
    それを学習できない国や人々も居る。
    ときどき、戦争を続ける彼らは
    いったいなんのために?
    どんな目的のために?と
    思うこともある。
    命を呈してまでも戦わなければならないことが。

    人質になった人を救うために
    莫大な金を支払う。
    だが、戦争となると
    まるでアリと同等に扱われる。

    よく解らない、世界の矛盾。

  • >>3469


    そう・・ケメちゃんが言う様に
    「彼らは家族や国が生き延びるために命を呈してくれた」
    んだね?

    このことを山岡荘八は
    「当時の海軍首脳部は最後の一兵まで戦い死ぬことによって、民族の『いのちの大樹~』はまた新しい芽を吹くと考えたのだ。それが神風特攻隊をうむ動機で、よいかげんに葉をむしられ、樹皮をはがれ、幹を傷つけられたままでは、この大樹はしだいに弱って枯れてゆく。だが、思い切って勇敢に、みずから枝を断ってしまえば、そこから全く新しい、歴史に耐えうる生命の芽がはえるであろうと信じて勇敢に敵の中へ突入していったのだ。」(昭和42年12月26日発行号より)
    ・・と(少し引用が長くなったけど)解説している。

    例のO教授は、ここでいう
    「歴史に耐えうる生命の芽が・・」
    本当に生えたかどうか?

    あるいは、大樹から落下した種子が根付いたかどうか?
    「それは戦死したT雄の姉や弟・妹の子孫等の現状を見れば判る。」
    彼は、そう考えて僕のところへやって来たらしい。

    ま・・当分の間は色々と情報を提供してやらねば・・と思う。
    しかし・・もうこんな時間・・??

    朝はマシントレの約束をしているのに
    起きれるかな~!?

  • おはよ~ぅ\(^^)(^^♪

    太陽さん
    貴重な体験をお話しなさったのですね。

    >文豪山岡荘八の「小説徳川家康」の中の一文「いのちの大樹(日本人の死生観)」に注目し、
    「特攻隊員の体当たりは決して自殺ではない。みずからを殺して他の枝葉を茂らせようとするもので、実はよりひろい生命の尊重に通じてゆく。」
    という主張(山岡荘八)を実証的に研究しようとしているらしい。


    特攻隊員
    そうね。映画やTVの中の話でしか知らないけれど
    彼らは家族や国が生き延びるために
    命を呈してくれたのだと
    思っています。

    今の暮らしは
    戦争に行った兵隊さん
    そして戦争に行かなくても
    国を守った国民。
    それらの人々の犠牲の中に
    わたしたちの平和な暮らしが成り立っているのですね。
    日常生活の中では、それをすっかり忘れている。

    太陽さんの家族や家庭でだけでなく
    当時は一部の家庭を除いては
    どこの家庭も貧しい暮らしだった。と
    想像できます。

    ヤマトイモのスナック菓子
    美味しそうですね~♪。

  • >>3467

    【昨日やって来たO教授は、 文…】

    昨日やって来たO教授は、
    文豪山岡荘八の「小説徳川家康」の中の一文「いのちの大樹(日本人の死生観)」に注目し、
    「特攻隊員の体当たりは決して自殺ではない。みずからを殺して他の枝葉を茂らせようとするもので、実はよりひろい生命の尊重に通じてゆく。」
    という主張(山岡荘八)を実証的に研究しようとしているらしい。

    山岡荘八は言う、
    「(我々日本人は)立体的には『いのちの大樹』の同じ根のうえに茂った葉であり、枝であり、幹であり、こずえであるに過ぎない。・・私自身が枯死しても、私の命が死滅したことにはならない。少しさかのぼって祖父母を基点としてみると、両親、叔伯父母、兄弟と続いて、さらに子や孫の中に生き継いでいる。」

    O教授は、これらのことを前提に
    実証的な研究論文を纏めようとしているらしい。
    それで、イオンの2Fの喫茶コーナーをお借りして、
    二人で、しばらく話しをした。


    母方の祖母は、終戦の一年前に木馬(キンマ)事故で夫を亡くし、
    その直後、惣領息子を「神風特攻隊」に取られた。

    戦争による物資不足の中で、
    13歳から4歳児(大阪の叔父)までの4人の幼い子供たちを抱え、
    「母子家庭」となった母方の祖母らの生活は困窮を極めたようだった。

    僕の母は終戦直後に妊娠し、翌年、僕の兄が生まれた。
    その2年後には僕も生まれたから、
    4児を抱えた母は、実家を応援する余裕などなかったらしい。

    母のすぐ下の妹も既に嫁いでいて、湾奥の嫁ぎ先から
    実家へ向かうことは容易ではなかった。
    畢竟、祖母らは爪に火を灯すような生活を強いられたようだった。

    僕が小さい頃、祖母宅へ預けられていたときも、
    ご馳走を食べれたのは、村のお祭りの日か、何かの行事の日だけで、
    普段の日は沢庵とお茶漬けだけか、
    時たまメザシが付く程度の些末な食生活だった。


    社会学の博士号を持ち、上品で50歳前らしき彼の調査研究論文が
    今の日本社会の閉塞感を打破し、
    活力ある社会へ回帰する契機になれば・・・と期待したい。

    そのために、祖母や母の弟・妹らの生き様が何かの一助となれば、
    米艦へ突撃して果てた叔父T雄の魂も浮ばれるものと思う。


    写真は叔父T雄の雄姿(昭和19年頃=僕よりも兄に似ている)。

    新 40代の休憩所  昨日やって来たO教授は、 文豪山岡荘八の「小説徳川家康」の中の一文「いのちの大樹(日本人の死生観)

  • >>3466

    遠くからわざわざ訪ねてきた研究者(国立大学の教授)は、
    とても感じのいい人だった。

    写真はお土産に貰った「大和うまいも」というスナック菓子。
    教え子の学生らが考案し、業者に委託・製造して販売しているらしい。

    カッパエビセンに似たスナック菓子で、とても美味しい!
    ビールやウィスキーの摘みにも持って来いの味だった。
    手前のギフトケースの中には、大学からの「謝礼」も入っていた。

    全国の百貨店共通のようだから、次回の旅行時にでも
    食事かお土産等の支払いに使わせてもらおうかな?

    新 40代の休憩所 遠くからわざわざ訪ねてきた研究者(国立大学の教授)は、 とても感じのいい人だった。  写真はお土産に

  • >>3465

    今朝は奈良県から戦後の歴史の研究者が訪ねて来て・・。

    間もなく待ち合わせ時間だから、また明日カキコするね~!?

  • おはよ~ぅ\(^^)(^^♪

    10日間降り続いた雨が
    昨日はようやく止んだわ~~。

    今朝は薄雲はあるが晴れ~。

    太陽さんの実家は難なく、良かったですね。

    お姉様の近所は大洪水だったのね。
    でも、被害がなくてよかったですね。

    ほんとうに日本は
    太陽さんがおっしゃるように
    災害列島ね。
    洪水被害は毎年、どこかで起きるし
    地震も起きている。
    いつどんな災害に襲われるか
    恐怖の日本ね。

    こちらは昨日は最高気温が24℃ほどで
    肌寒かった。
    町ゆく人はみな長袖になってたよ。
    きょうは28℃の予報。

    穏やかな秋が続いてほしいですね。

  • >>3463

    東京は未明からず~っと雨だよ~!
    雨音がうるさくなってきて、よく眠れなかった。
    てか、全国的に雨模様みたいだね?

    初夏の頃までは「今年は台風が来ない」って言っていたのに
    急に幾つもの台風の猛襲を受けて・・。
    日本は「災害大国」でもあるけど、それをものともせず、
    復興に精を出してきた先人達は「偉い!」と思う

    我が家も、カミさんや孫たちが住んでいるところは
    街の中で、しかも少し高くなっているから被害は無かった。

    でも、姉たちが隣接して住んでいる実家の回りは大洪水だったらしい。
    ま・・被害は無かったらしいけど・・不幸中の幸いだね?
    ケメちゃん、ありがとうね~!

    今日の東京はお昼を過ぎても、まだ雨が続いている。
    最高気温も19~20℃止まりみたいで肌寒いから、
    「熱いコーヒーでも沸かそうかな?」
    って気分だよ~!?

  • おはよ~う。

    昨日からこちらも肌寒いのよ。
    今朝なんか室温が19℃だは。。

    台風は午前中に雨風が強かったくらいで
    大きな被害もなく過ぎてくれました。
    あでも。。。今朝も雨。

    太陽さんは実家は大丈夫だったかしら?。

    >最高血圧も「214」(平均?)って記録されているけど、

    これって大丈夫なの!?。
    運動直後の血圧はこんなになるなんて
    知らなかったは。

    心拍数
    太陽さんはもともと多い方だったけど
    それが常ならそう問題はないように思うけど。
    マシントレでそこまで管理してもらえるなんて
    すごいわよね。

    それも100円でなんて!。

    これからも通わなくちゃね!?。

  • >>3461

    【台風が近づいたセイかな~? …】

    台風が近づいたセイかな~?
    東京は、すごく肌寒いよ~!?


    ところで、年に一度の体力測定は
    とてもハードで厳しいけど・・。

    それをクリアして、マシントレに参加するたびに
    「毎回、行政に100円払って、健康管理をしてもらっている。」
    そう考えれば、安いものだと思う。

    去年の検査では心拍数が「133」になっても
    心肺機能に異常が現れなかったらしい。

    最高血圧も「214」(平均?)って記録されているけど、
    心臓が一分間に「133」回収縮するわけだから、それを平均化すると
    その内の半分は血圧が「214」以上だったことになる。

    だから、「220」以上は何回あったのか?
    「230」を超えた回数があったかどうか?
    あったとすれば何回あったのか?
    そのときの心電図の状態は・・?

    そんな詳しいことも知りたいのだが、
    スポーツ専門医は「異常なし」として
    A4一枚で「概要」を報告してくれるだけ・・。


    今年も保健室へ呼ばれて、
    「上半身・・裸になってください。」
    って言われて胸や背中の他、
    両手・両足にも電極をペタペタと貼られるのだろう。

    その後は、女ばかり5~6人に囲まれてテストが始まる。
    まるで・・「拷問」だね!?

    去年よりも体力が落ちていると、
    負荷強度やW数が少なくなって早く終わるらしい。

    でも、やっぱり・・去年か、それ以上の
    「体力」であってほしいと願う。。。

  • おはよ~ぅ\(^^)(^^♪

    血圧の大きな変動
    トレーニングへ行ってすぐだったからなのね。
    あまりの高低差に驚いていたのよ!。
    それならちょっと安心!。

    >医師らが、僕の最高血圧が200を超え、心拍数も130前後になるまで、
    テストを続ける(汗だくになって死にそうになる)。

    そりゃぁそうだは。
    プチキレ寸前のところまで行くんだもの。

    それにしても
    マシントレへ行くことによって
    健康管理が行われて
    自分の状態がよくわかって
    すごくいいわね!。

    これからも続けてね!。

  • >>3459


    >太陽さんの血圧も大きく変動があるのね。


    そう・・結構、変動が大きいんだよね~?
    あの日は、9時34分の測定値で最高血圧が「158」だった。
    最高血圧が150を超えると、トレーニング会場へ入れてもらえない。

    それで、更衣室へ行って2~3分横になって、もう一度計りなおすと
    最高血圧が「109」まで下がっていた(9時39分)。

    自転車で行って、2Fのトレーニング会場へ上がり、すぐに計ったから、
    最高血圧が「158」まで上がっていたようだ。
    でも、安静にしていると数分で元の状態に戻る(いや、戻らないときもある!)。


    毎年、医師らが実施する体力測定でも
    ① 最高血圧=202、最低血圧=84、心拍数=129。(最大負荷強度=3.26KP、仕事率=160W。平成26年12月2日)。
    ② 最高血圧=214、最低血圧=80、心拍数=133。(最大負荷強度=3.26KP、仕事率=160W。平成27年10月24日)。

    って記録されている。
    で、僕のマシントレーニングは安全圏の
    「仕事率=100Wを基準に行う」と決められている。

    今年も12月に先輩のOさんらと一緒に体力測定を受けるが、
    そのOさんらは「仕事率=40W以下」と決められている。

    80歳前後のお婆ちゃんらは、更に低く
    「仕事率=10~20W以下で運動(トレーニング)しなければならない。」
    と決められている人達も多いらしい。


    僕は元気そうに見えるのか?
    医師らが、僕の最高血圧が200を超え、心拍数も130前後になるまで、
    テストを続ける(汗だくになって死にそうになる)。

    ① 平成26年12月2日はテスト終了5分後に、最高血圧=118、最低血圧=66、心拍数=71、まで下がった。
    ② 平成27年10月24日はテスト終了5分後に、最高血圧=128、最低血圧=74、心拍数=93、まで下がった。

    去年はテスト開始時の数値が
    最高血圧=121、最低血圧=70、心拍数=80、
    というふうに一昨年よりも高かったことが原因で
    全体的に高い数値が記録されたらしい。


    今年も医師らに、
    「他の皆さんと同じ基準でいいですから、テストを早めに終わらせてください!」
    って、言ってみよう・・。

    でも、僕の言い分は聞いてもらえないよ。
    きっと・・・!?

  • おはよ~ぅ\(^^)(^^♪

    太陽さん
    お米の特Aは県立農業高校が取得したのよ。
    それ以来、鳥取県では「きぬむすめ」という品種が
    多く栽培されています。
    こしひかりは倒伏しやすく
    畜産農家には牛の餌となる藁の収量も少ないので。

    米とダイエット
    糖質が多いからと言って
    食べないと。
    日本人の身体は米でできているようなもの。
    昔から米の栽培で生きてきたのですものね。

    マシントレ仲間のYさん
    心配な症状よね。
    一時的なものだったらいいのにね。

    太陽さんの血圧も大きく変動があるのね。
    これも心配。
    血圧の薬は飲んでいないの?。

    色々と病気が出てくる年齢ね。
    お互いに気を付けなくちゃ。

  • >>3457

    >特Aを獲得する米が出来た。


    そう・・オットトさんも、すごく努力されたんだね?

    米作りは「田んぼ造り」から始まる。
    僕も小さい頃、母や祖母の後を追いかけ、
    よく「田んぼ」へ入って行った。

    裸足に小石が当たると、それを取り出して道へ放り、
    稲苗が傾くと、土の中へ根元を押し込み、その成長を願った。

    でも今は放棄された田圃が多い。
    しかし、「田んぼ造り」は100年単位の仕事だから、
    それを荒れるままに放置することは惜しい!

    もし、田んぼを潰したら・・?
    今の若い人たちでは、
    100年かかっても元通りにはできないだろう。

    「田んぼ造り」は「伝統工芸」同様に
    大切にせねばならないと思う。


    >糖質(炭水化物)を摂るから太るというが
    >昔の人たちはそう太ってはいなかった。


    そう・・専門家面した人達が言うことは必ずしも
    正しいとは言えない。

    その点については、
    「落とし穴 流行の糖質制限(ロカボ)で体重減っても「死ぬ確率」3割増」
    と題して
    佐藤 秀美(さとう・ひでみ)学術博士(食物学)、栄養士、日本獣医生命科学大学客員教授が
    MSN(平成28年9月11日=プレジデントオンライン)に寄稿している。

    そして、
    『「一汁三菜の和食」が健康に役立つことは、日本人の寿命の変化を見れば、一目瞭然です。』
    と、佐藤 秀美教授は言う(2016.4.23 PRESIDENT Online)。
    (両方とも記事を読めないときは、概要を掲載するから言ってね~!)

    要するに、
    日本の「和食」は今や世界的「和食」になったし、
    今までの日本式食生活が一番いいってことだよね?


    写真は、新潟県から長野県側へ入った千曲川沿いの栄村(野沢温泉村の隣)平滝付近の集落とその前の田圃。
    山と川に挟まれた猫の額ほどの田圃での米作りは並大抵の努力では出来ない!

    新 40代の休憩所 >特Aを獲得する米が出来た。   そう・・オットトさんも、すごく努力されたんだね?  米作りは「田ん

  • >>3456

    今日は仕事を終えてからマシントレへ行ったのだが・・。

    同世代のY氏が、
    マシントレを途中で中止して帰って行った。


    開始して1時間も経たないのに彼がソファに座っている。
    看護婦のS子さんも慌しく動いていた。

    だから、
    「どうしたん? 具合が悪いん?」
    そう聞きながら近くに居たS子さんが持っていた記録表を覗き込むと
    脈拍数が「158」って記録されていた。

    彼は、
    「急に動悸がするようになった。普段は(脈拍数が)50以下になることもあるのに・・。」
    そう呟きながら、不安そうに座っていた。


    Y氏は、春に皇居へ桜を見に行ったときも「すごい健脚」で、
    その足で、靖国神社や駿河台の大学食堂へも歩いて一緒に行った間柄だ。
    だけど最近はときどき体調が悪くなるらしい。

    S子さんらが医師と相談した結果、
    結局「今日のマシントレは中止」ということになって、
    一人帰って行った。

    病院へ行ったのだろうか?
    僕らはそんな年代に差し掛かっているらしい・・・!?


    写真は、普段のマシントレーニング中の僕の血圧等の計測値(下の端の数字が脈拍数)。

    新 40代の休憩所 今日は仕事を終えてからマシントレへ行ったのだが・・。  同世代のY氏が、 マシントレを途中で中止して

  • >>3455

    なんとか起きれた!

    さてと・・間もなく出勤時間だが、
    空から雲が垂れ下がってきている。
    天気予報は「小雨」だが、
    会社まで、自転車は・・大丈夫だろうか?

    今日はたくさんの業者が会社へやって来そうだし、
    午前中は取引銀行へ行かねばならないし・・。
    明日のお昼頃までスケジュールが詰まっている。

    久しぶりに
    「仕事をしている!」
    そんな気分になれるかな?


    写真は十日町駅前商店街で、この先で国道と交差する。
    その国道も左右に長く商店街が続くから、地方にしては「相当の商店街」という感じがする。

    しかし、かっての繁栄も今は無い(人影がまばら・・)!
    だが、この十日町で発見された5000年前の縄文式「火炎型土器」(国宝)が今度の東京オリンピックの聖火台の「原型」になるという噂がある。

    ぜひ、そうあって欲しい!

    新 40代の休憩所 なんとか起きれた!  さてと・・間もなく出勤時間だが、 空から雲が垂れ下がってきている。 天気予報は

  • >>3454


    昨日は一日中、雨が降ったり止んだり・・。

    降り止みを利用して自転車で買い物に出かけたが、
    食品売り場から上がってきて、外へ出てみると
    また、雨になっていた。

    秋の長雨・・。
    「いつまで続くのだろう・・?」
    そんなことを考えながら、一日中、テレビ(パソコン)を点けて
    食ったり、寝たり、呑んだり・・。

    そしたら、いつものごとく真夜中過ぎに
    目が醒めてしまった。
    今度は・・眠れない・・。

    とほほ・・!?

  • <<
  • 3474 3455
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア