ここから本文です
  • 1

    「ピンポイント低周波療法」
      病院の物療室や整骨院に置かれている「低周波治療器」や市販の「家庭用小型パルス治療器」は電気刺激を伝えるための導子(スポンジ)が大きい。
    その理由は導子が小さいと電気刺激が良く伝わらないことや気持ち良くないことであるが、その分治療効果としては限定的で物療の補助的役割しか果たしていなかった。
    私は以前から「低周波刺激をツボ(経穴)だけに当てる」方法があれば相当な治療効果が期待できるのではないかと考えておりました。
    しかしツボ(経穴)だけに当てられるような「超小型導子を備えた低周波治療器」は生産されていませんでした。
    ところが最近偶然治療用ではないが「超小型低周波発生装置」が見つかり早速ツボへの刺激を試みました。
    メーカーさんへは無断で手を加えて恐縮だとは思ったのですが、その効果は想像をはるかに越える衝撃的なもので漢方における「鍼灸刺激を同時に施したような複合効果」が如実にみられました。
    製品の電力仕様は僅か「DC3V,AC最大100V/20mA」 導子の大きさ 長さ1cm幅3mmの超小型です

  • <<
  • 91 69
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア