ここから本文です
  • 1

    *****

    どこか行きたい・・・・

    旅の予定はありませんか?
    もうすでに 行ってらしたとか・・・・
    ここにこんないい所が・・・とか
    行ってみたいところがあるの!とか


    いろいろ お話できたらいいな
    珍道中あれこれ お待ちしてます。

  • <<
  • 26064 26044
  • >>
  • 26064(最新)

    ララ 12月10日 09:25

    朝からokkoちゃんに触発されて作りたくなったクリスマスリースを作っていました。

    100均で針金と飾りのリンゴ・金の玉・綿の実・家にあった鐘・リボン
    そして梅田で探すつもりだった松かさは木曜日ふと思いついて近くの公園で広い家にあった白のエナメルを塗りました。
    今まで意識しなかったけれど別の公園円でも松の木はいっぱいあります。

    何しろ初めてなので適当にローズマリーの枝を絡めました。
    もっと枝が多かった方がよかったです。反省点はいろいろあります。
    買った松かさなら針金がついているのでしょうが、これをどうやってつけるか・・・松かさの底に細い針金をガムテープでつけました。
    だからはがれやすいです。

    来週友人に会います。
    少し前郷里の高知の特産の文旦をお歳暮だと言って送ってくれました。
    近所のケーキ屋さんでお菓子を買って持って行こうと思っていて、無謀にももしリースがうまくできたらそれも持って行こうと思いましたが。。
    試作品で雑な方だから、人にあげるのならもっと丁寧に作らないと、それに松かさはすぐはがれてしまいそう。
    もう時間がありません。
    来年もっとちゃんと作ってプレゼントできたらいいな。

    どこか行きたい・・・・ 朝からokkoちゃんに触発されて作りたくなったクリスマスリースを作っていました。  100均で針金と

  • >>26061

    志賀直哉旧居は何回も行ったけれど入江泰吉旧居はまだ行っていません。
    調べてみたけれど予想通り私の行く曜日はお休みでした、残念。。

    半年後あるいは1年後ににまた友人と会うときに行けたらいいな。
    実は私のプランでは今まで行ったことのない近鉄奈良駅の北側、奈良女子大近辺・・最近でが「きたまち」というエリアへ行ってみたかったのです。
    入江泰吉旧居もそちら方面ですね。
    奈良に住んでいる友人は奈良は身近すぎてどちらかと言えば京都へ行きたいようです(だから1年後になってしまうかも)。
    私は毎回奈良でいいのだけど。

    吉城園の近くなのでシャガが咲く季節に吉城園~入江泰吉旧居と一人で行ってもいいかなと思いました。
    吉城園のシャガの群生がとても好きです。

  • 昨日は待ちに待った栗蒸し羊羹の受取日!
    お姑さんのところの経理のお仕事で出かける予定のあるこの日に予約してあったのです。
    御堂筋から横に500メートルほど行ったところです。

    御堂筋の心斎橋辺りは超一流ブティックが軒を並べています
    趣向と贅を凝らしたクリスマスのウィンドーの飾りで華やかに賑わう季節!
    そうだ!早く家を出て、最寄りの地下鉄の駅より一つ手前で降りて、御堂筋の見事な銀杏並木を楽しみつつ歩いて、お気に入りのブランドのお店を覗いて、クリスマス気分を楽しもうと思いたちました♪

    御堂筋の黄色い銀杏の並木は、青い空に映えて美しいものでした。
    歩道に散り敷いているのも風情があります。

    まず、お目当のappleのビルに入りました。
    今、持っているapple watchのベルトで、エルメスのベルトが出たらしいので、実物を見たかったのです。
    キャメル色のダブルに巻きつけるベルトがエルメスらしくオシャレで、とっても素敵でホシイ!!!と思ったのですが、残念、私の持っているサイズより一回り小さいサイズのapple watchのサイズのものしかありませんでした。
    女性=小さいサイズと思っているのでしょう。そんなの偏見だよん!(*'へ'*) ぷんぷん
    大きいapple watchには、男性が使うようにシンプルなエルメスオレンジのものがありましたが、オレンジじゃ、使う時がすごく限られるしなぁ・・
    でも、黒づくめの格好で、黒のタートルセータの上からこれをしたら、素敵だなぁ・・との思いがチラッと頭をよぎる。でも、やっぱりキャメル色の二重巻きが欲しいから、そちらに未練タラタラ。
    まぁ、焦ることもない、オレンジはもう少し考えよう。

    次はアルマーニのブティック。
    最近、ここにはまっている。
    あまりに細身なので、以前は入らなかったけれど、入るようになって買って見たら、なんと着心地のいいこと。
    服は着て見ないとわからない。
    皮のライダースでハードなはずなのに、とても女らしいし、布を着ているより軽くて着心地がいい。
    あまりに気に入ったし、みなさんが褒めてくれるし・・で、この秋のお出かけは、"これしか着るものがないのか!?"と言われそうなほど、ほとんどこれを着ていた気がする(笑)(もちろん出先や逢う人は違います(笑))

    でも、欲しいものはなかった。ホッ

    次は、私の御用達ブランドみたいなMax Maraのフラッグ店。
    デパートの店には置いてない高級品がある。ワクワク。
    とっても素敵で目の保養にはなったけれど、買いたいものはなかった。ホッ(笑)
    オーバーコート一枚、ブラウス一枚、パンツ一本とこの冬用に揃えた新品があるので、「もし欲しいものがあったらドウスンノ!?」とコワカッタのです(笑)

    そこから横の道に曲がって、お目当の栗蒸し羊羹を目指して歩いて、ゲット。
    御堂筋の素晴らしいお店を廻って、結局買ったのは栗蒸し羊羹一本のみ(笑) 経済的じゃ!

    また、御堂筋に戻ったら道路の向かい側にエルメスがあったので、入ろうかな・・と迷ったけど、信号が赤だったので、もう右に曲がって地下鉄の通路に入りました。

    銀杏で彩られた都会の道を歩き、クリスマスで賑わう素敵な店々を見て、栗蒸し羊羹も手に入れて、なんだかとてもハッピーな気分になりました。

    お姑さんのところで経理をして、お姑さんの大好きなコロッケを熱々揚げたてを作って出し、迎えにきた夫の車に乗って一緒に帰りました。

    寒い中を帰ってお風呂にゆっくり浸かって、体の中の寒さを溶かして、夕食は大好きな蟹チリ。
    先ほどまでの寒さが嘘のように温まって、湯気越しに夫と心斎橋であった色々の話をしながらいただく蟹ちり鍋の美味しさったらありません。

    夕食の後のデザートはもちろんお番茶と栗蒸し羊羹。
    切る時、羊羹に包丁を当てて「これくらい?」と聞くと「もっと」もう少し厚くして「これくらい?」と聞くと「もっと」(笑)
    夫にも前回の5倍くらいの厚さに切って、二人とも分厚い栗蒸し羊羹を堪能しました

    なんだかスゴク幸せな1日でした。

    どこか行きたい・・・・ 昨日は待ちに待った栗蒸し羊羹の受取日! お姑さんのところの経理のお仕事で出かける予定のあるこの日に予

  • >>26060

    奈良ホテルはとっても趣がありますよね。レトロで・・

    近くの入江泰吉旧居の離れ座敷の景色が素敵らしいですよ。
    スゴク行きたいんだけど、もうこんなに年が迫っていたら、日頃家事をサボっている私には無理ね。

  • 実は今週のイタリア料理に続き、来週は奈良在住の友人とフランス料理を食べに行きます。
    1年前会ったとき奈良ホテルの内部を見たいなと私が言ったので、友人が気を使ってホテルのレストランで食事をしようと言ってくれたのです。
    私はロビーなど見れたらいいなと思って食事をしたいという意味ではなかったのですが、レストランも素敵な内装のようなので楽しんできます。
    レンチメニューは品数が5段階あるので一番少ないものかその一つ上くらいにしたいと思います。
    フランス料理と言ってもランチメニューで本格的な料理ではなく、オードブル・スープ・メイン・コースに寄りその他の料理です。
    メインはヘレ肉の焼いたものとシンプルです。
    予約はしていませんが多分大丈夫でしょう。

  • お料理は
    オードブル2つ、焼いた魚にサフランを入れたトマトソースをかけたもの・マツタケと鱧のパスタ・猪の平打ちパスタ・メインはあらかじめを食べやすいように筋を切った肉のソティーしたもの・デザート(栗のパイつつみ・抹茶のジェラード添え)コーヒー。
    お料理の説明は早口で料理法のカタカナ語は覚えられるはずがない!

    以前ほかの店で勧められるままにワインをボトルで頼んだら恐ろしく高かったのがトラウマになり、グラスワインだけにしました。
    恭しく注いでくれたワイン・・・たったこれだけ!?(うーん、これで●●●●円か・・)
    後はビールにしました。

    お料理はおいしかったですよ~でももうフルコースのイタリア料理やフランス料理は無理だというのが解りました。
    もう高級料理店も卒業だ。

    地下鉄に乗ってから明細を見たら・・・ビールが4杯になっています。
    ワインのあと夫がビールを注文し、二回目に私も注文して1+2=3杯だったのに、2+2=4杯と勘違いしたみたいです。
    今更引き返すのもね、ビール1杯は大したお金ではないしそのままに。
    受付で明細をしげしげ見ないですね、高級店なら猶更。
    だからこそちゃんとしてほしいわ。
    別に腹も立たないけれど、私たちにはもっとあっさりとした料理がよくなってきて、この店にはもう行かないでしょうね。




    返信する

  • メニューを呼んでどれだけ食材を厳選してすごく手間をかけて仕上げた料理かというのはわかりました。
    おいしそうです~

    >でも、一品ごとにどれだけ大変な時間と手間をかけたかを詳しく大声で説明して、「美味しいでしょ、美味しいでしょ・・」の押し付けが、私にはとてもうるさかった
    「出した料理だけで、男は黙って勝負したら?」と内心思ってました
    こんなに想像的で美味な料理を作れるのに、実に勿体無い。本当にもったいない。
    食べる人の心を知ってない

    私も同じで、こういうのはうるさい。
    「おいしかったです!素晴らしい!」と返すのを強制されているみたい・・それがたとえ本当に素晴らしくても。
    素晴らしくおいしいものを食べたらどうやって作ったか聞かなくても感動する。
    食材を手に入れるのに惜しみない努力をしたのだろうな、どれだけ手間をかけたのだろうと想像すると店の主人への尊敬の念も生まれる。
    賞賛を押し付けてしまったら、本当にもったいない。

    私の行ったイタリア料理料理の説明は押し付けがましくはないですが、早口で小さい声なので聴きとれない(こちらの聴力が年のせいで落ちたのだろうけど)
    メニューの紙ももらわないから覚えられるはずがない
    後で覚えている範囲で書きますね。

  • >>26056

    夫の高校時代の同級生が主催しているゴルフの集まりがあり、ここ五年ほどは私たち夫婦も参加しています。

    その夫の友達の奥さんが毎月通ってらっしゃるほどお気に入りと言う、ミシュランの星ももらっている創作和食のお店にランチに行きました。

    そのお店のあるのは、元の私の実家があり、今も兄たちが住む町なのです。
    住み慣れ、見慣れた街の駅に、食事のために降り立つのは不思議な心地でした。

    お昼も予約制で、11時と1時なのですが、11時でももういっぱい。さすがに女性ばかりでした。壮観(笑)

    ご主人を中心にした楕円形のカウンターで11席ほどのお店です。

    献立は季節のものを使って毎月2度変わるのだそうです。
    普通和食というと、お造りや天ぷらは必ずつきものですが、全く出ませんでした。
    本当にご主人が考案した創作料理なのです。

    その日入荷した季節のものを使って作るので、献立もいただきませんでしたので、ウロ覚えです(笑)
    ○セコガニと山芋の酢の物
    内子と外子と蟹の身が、山芋やりんごと合って、爽やかな口あたりの前菜でした。
    "こんな美味しいものをいただくのにお茶では食べ物に失礼でしょ"とか言って、吟醸酒を注文しました(笑) 
    朝11時から女二人が日本酒とはちょっと気が引けましたが、二人で一合ですから可愛いものです。
    ○スッポンの身と皮の味噌挟みの天ぷら
    スッポンとお味噌を揚げたものは、小粋で、食べたことのないスッポン料理でした。
    ○手打ちの鰊そば
    お蕎麦はもちろんですが、この鰊の甘煮は洗練されてとてもとてもいいお味でした。これは想像もできないほどの手間暇がかかっていると感じました。持ち帰りがあるので買いたかったけど、ダイエット(笑)
    ○八寸でしょうか 朱塗りの籠に盛られていました
    黒豆、菊菜の辛子和え、クワイのすりおろしの揚げたもの、イカのカラスミあえ、焼き鯖の卯の花寿司

    クワイのつくねの揚げたものが、とてもふくよかで目から鱗みたいなお味でした。やって見たい!
    焼き鯖の卯の花寿司も素晴らしかったです。お寿司を目の前で炭火で焼いているのです。
    ○ビーフシチュー
    和食でビーフシチューとは一体どういうものなのか想像できずにワクワクと待ちました。
    シチューにお肉とポワロ葱とマッシュルームが入っているシンプルなものです。
    別皿で加賀麩が添えられています。
    この麩をシチューに入れて、汁を吸わせる趣向です
    ソースもとてもデリケートで何度もシノワで濾したのがわかる絹のような口触りでした。
    お肉の旨みや味は全く逃げずに、柔らかいお肉でした。68度の熱を保ってお肉を煮るのがそのコツだそうです。
    ○ご飯にべったら漬け、大根の葉っぱの炒め煮、昆布などがついていました。
    さすが、最高の美味しく炊けたご飯でした。
    べったら漬けも甘みが抑えられて美味しい。
    なめこのお味噌汁が添えられていました。
    ○最後の締めに冬瓜のすり流し汁が出ましたが、これがなんとも言えず優しいお味で、一番心に残りました。
    ○デザートは熟し柿の器にアイスクリームが乗っていました。和風らしく全く生クリームを使わず、最高の牛乳を20%まで煮詰めて作っているのです。

    どれも独創的で美味しく、とてつもないほどの手間をかけていて、よほど料理に愛と情熱を持っている料理人だということがわかりました。
    でも、一品ごとにどれだけ大変な時間と手間をかけたかを詳しく大声で説明して、「美味しいでしょ、美味しいでしょ・・」の押し付けが、私にはとてもうるさかった
    「出した料理だけで、男は黙って勝負したら?」と内心思ってました

    こんなに想像的で美味な料理を作れるのに、実に勿体無い。本当にもったいない。
    食べる人の心を知ってない。

    でも、他の女性達は、賛嘆の眼差しと言葉の渦でした
    わたしの感性が変なのかな?

  • 残念ながら私は写っていなかったですね。

    昨日の和食はいかがでした?
    また話を聞かせてね

    私は今日3月から延び延びになっていたレストランへ夫と行ってきます。
    私の誕生日あたりにと言っていたのに夫のいぼ痔でアルコールは控えてと延期になり、そのうち私が怪我をしてまた延期、秋はいろいろ用事が入り・・とうとう12月に。。
    馬鹿の一つ覚えでイタリア料理店へ♪

  • >>26052

    その8ミリを見ている時間はどんなに感慨深かった事でしょう。
    涙ぐんだ方もいらっしたと思いますよ。
    過ぎ去った青春を目の当たりにするのですものね。
    lalaさんの姿は映っていなかった?
    振り返っていい青春だったと思えるのは、とても幸せなことだと思います。

    疲れていて少しでも早く帰りたいのに、のろのろといっぱい止まるのは嫌ですね。
    志摩からの帰りに、同じ特急でも色々止まる列車は、なるべく避けるようにしています。

  • 二次会のあと東京駅へ向かう7人ほどが丸の内のイルミネーションを見ようかという話になりました。
    しかし点灯は5時半でまだ40分あり座る店もありません、
    40分も立っているのもと解散になり、私は時間をつぶして点灯を見てから東京駅に戻りました、
    ケヤキ並木が白っぽいイルミネーションに点灯して綺麗でしたが、大感激するほどでも。

    私はジパング倶楽部でチケットを買うのでひかりしか乗れません。
    のぞみも乗れますが、その時は乗車券だけの割引になります。
    予定より一本早い18:03発のひかりに乗りました。
    これがまあ、一番多く止まるひかりで!
    名古屋からは各駅停車です。
    新大阪まで3時間15分かかりました、これにはちょっとうんざり。
    もう一つのひかりなら3時間です。
    東京発午後6時台というと大阪へ帰る人が多く乗る時間帯。
    品川から乗った人は立っている人もいました。
    しかし静岡・浜松とどっと降りて、大阪までこのひかりで帰る人は少なかったですね

  • 同窓会で何人かの人が話をするコーナーがありました。
    そのメインは高校時代に先生の発案で図書部の部員たちが学園生活を撮った8ミリフィルムが長年行方不明になっていたのが、フィルム自体は行方不明のままですが誰かがBHSに移したのが50年振りに見つかり!、それをDVDに直してそれを撮った人がナレーションをつけてスクリーンに映して見せてくれたことです。


    8ミリの映像独特の動き、もちろん白黒でセピア感満載。
    通学路の様子、今はなくなってしまった校舎の様子、学生食堂、1年下の学年の入学試験や合格発表の様子、クラブ活動、校外活動の登山、文化祭の準備など。
    同窓会に出席している人の何人かの若かりし姿が映っています。
    懐かしくて涙が出そうです。
    私はクラブも入らず学校と家を往復していただけですが、振り返れば一番いい時代でいい高校だったねと何人かの人と言い合いました、

  • >>26050

    おかえり〜〜
    楽しかったご様子、良かったです♫

    私は今から、夫の高校時代の友達の奥さんに連れてもらって、ミシュランの星をもらっているという美味しいと評判の和食のお店に行きます。
    なんと以前私の実家があり、私も長年住んでいて、今は長兄が住んでいる、とても馴染みの町です。
    自分の家や兄のところに行くのでなく、その駅に降りるのは不思議な心地です。
    行ってきま〜す。

  • >>26049

    ただいま~

    楽しかったです~

    午後10時に帰ってきました。

    話はまた明日ね。

  • lalaさん、今日は同窓会ですね。
    今はワクワクしながら新幹線内かしら?

    お気に入りのワンピースにビーズのアクセサリーの装いで、思いっきり弾んで、楽しんできてください。

  • >>26047

    ワイヤーはしっかりめものが要りますよ。
    ローズマリーがたわんで跳ね返す力が強いからね、

    松ぼっくりは白い雪をかぶったようなものの方が、緑に映えます。
    私は椿の実の入っていた殻が爆ぜた後の、バラみたいになったのを重宝して使います。
    これぞ他所では見たことのないオリジナル(笑)

  • 不思議ね~
    体が慣れてくるのかしら?
    ダイエット効果もかなり上がったことでしょう。

    リースの骨組みはいらないのね。
    デパートで買うと高くつくから100均である程度揃わないかなと思いついて覗いてきました。
    籐を組んだリースもあったけれどこれはいらないね。
    リンゴはあったけれどほかのものは気に入ったものはなかったです。松ぼっくりはなかった。

    20年も前にアルバイト仲間と集まって作った布の棒を3本編んだリースがありました。
    もともと上等ではなくトイレに飾っていたのだけど飽きてきてそれを捨ててしまいました。
    鐘が二つあってくすんでいてそれも捨てましたが、待てよローズマリーのリースを作るなら使えそう。
    これは月1回に出すゴミなのでまだ家にあります・・・復活!
    金属磨きで磨けばもとの輝きに。

  • >>26045

    ローズマリーの枝はしっかりしているから、リースの骨組みは要りませんよ。
    一本大きい丸で土台を作って、あとは隙間に重ねて巻きつけて、好みの大きさにしていきます。
    温かみも素敵だし、開けるたびに漂う香りも心地いいのです。

    私は外出時にガードルは必ずつけています。それでも体型は保ててない(笑)

    昨日一日三食を酵素のドリンクと、昆布茶だけで無事やり抜けました。
    どんなに辛いだろうと悲壮な決意だったのですが、夜中も全くに空腹を覚えるわけじゃなく、拍子抜けするほどなんともありませんでした。
    前回した時は、空腹感がいっぱいで、夜のお腹と背中がくっつくほどのひもじさで苦しかったのに、なんでだろう??  フシギ
    昆布茶で"満たされている"感が出るのかな?
    今朝も酵素ドリンクと昆布茶だけで、どうってことありません。

    夜は夫が食事するので、普通食に戻ります。

  • 昨日ワンピースを着てみました。
    お腹が出たりはせず一応OKです。
    しかしこのワンピースはニットで体形がもろに出るのでかなり意識的に体形を保っていないと着れません。
    普段はつけないのですが、保温を兼ねてガードルを着用することにします。

    ローズマリーのクリスマスリース・・温かみがあって素敵。
    うちもローズマリーがあるのだから一度作ってみようと思うのですが、まずはリースの骨組みとオーナメントを用意しなければ。
    今年は新しいクリスマスの飾りをできたら買いたいと思っているから梅田に出ることがあれば探してみます。

  • >>26043

    私なんか、一食で500g以上一気に増えますよ(笑)
    でも、減る方は頑張っても、ほんの少し。

    私の場合、ダイエットもありますが、体内に残っているお薬を流したいという思いが強いです。

    そうか、東京に同窓会に行くのですね。
    随分押し迫った時に同窓会なのですね。

    今日は、頑張って庭のローズマリーでクリスマスリースを5つ作り、北海道の友達に送りました。
    もうヘトヘト。
    三日が誕生日だから、北海道は二日かかるから、今日中に送り出さないと間に合わないの。
    そうでないと、もっとグズグズしていたと思うわ。
    彼女はお母さんと暮らしていたのだけど、先月お母さんを亡くしたばかり。
    喪中におかしいかもしれないけれど、お母さんも毎年喜んでらしたリースなので、ただでさえ雪で閉ざされて寒い北海道の彼女に、せめて気分の明るくなるものを届けたかったの。

    我が家のドアにも、開け閉めするたびにローズマリーの香りの漂うリースを飾りました。
    やっぱりいいものね。

    どこか行きたい・・・・ 私なんか、一食で500g以上一気に増えますよ(笑) でも、減る方は頑張っても、ほんの少し。  私の場

  • <<
  • 26064 26044
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順