ここから本文です

【●慶応・関東学院ラグビー部が平林から受けた仕打ち●】
どれだけ偉そうな事を言っても、本番の大一番で「事件笛」をしでかしすぎる。平林泰三は引退させるべきだ。大学ラグビーで早稲田・慶應・明治・筑波・東海・帝京に関わる試合の笛は吹かせてはならない。この男を守ろうとする日本ラグビー狂会のクズたちも退任させるべきだ。こいつは絶対に「食わせ者」だ。絶対におかしい。ありえない「事件笛」の大量生産マシーンだ。

●慶応大学ラグビー部が平林から受けた仕打ち その1●
2010/12/26 帝京大学 38-7 慶應義塾大学
極めて異常な判定。開始わずか2分で認定トライ、試合の大勢を決めてしまう。

●慶応大学ラグビー部が平林から受けた仕打ち その2●
http://www.kurfc.com/gamerugby_list/GameResult_Ditail/761
この年の帝京慶応は後半「ロスタイム4分」と場内で放送発表された試合を
平林泰三がロスタイム2分で打ち切ってしまった。「幻の4分間」とスポーツ紙に報道された。
打ち切ったときボールは帝京大ゴールの1メートル前だったwwwww 累積されるよねぇ! 
奇遇にもよぉ! おかしいよなぁ! 平林泰三の帝京寄り笛は!

●関東学院大学ラグビー部が平林から受けた仕打ち ●
2009/12/20 帝京大学 17-17 関東学院大学
ラストワンプレー副審の目の前でタッチに出たと判定されたプレイを無理矢理トライに覆し実質逆転勝利にさせる。