ここから本文です
  • 1

    ヘタレで三買級(三階級)制覇などと揶揄される興毅
    技術がないと陰口叩かれる大毅
    最終兵器が聞いて呆れるほどのチキンな戦い方の和毅
    DQN全開の亀田家の面々ですが、大毅は世間で言われるようなヘタレじゃないし、興毅も二流だが言われるほど弱くない。和毅は・・・分からんが(苦笑)

    世の亀田叩きがウザイんで、俺は俺の主観ではあるが公正に亀田の実力を評価して行こうってことでココ始めますんで。
    異論反論あればどうぞ。
    喧嘩上等。亀田トピが荒れても特に驚きません。
    ただ、最低限のモラルは守って欲しいですね。
    拳闘技術についてヒートするのはいいですが、亀田に対しても俺に対しても単なる誹謗中傷や個人批判などは議論や論争の類ではないという当然の理屈は存在しますんで。宜しくです。

  • <<
  • 339 318
  • >>
  • 【「こんなん出ましたけど」イベンダー・ホリフィールド】
    地域猫 耳カット
    筋肉少女隊 日本印度化計画
    浪速乃青島犬 vs 孫正五

    そして父になる/
    権力者の飼い犬は、去勢済。だから子孫繁栄のためには、妻は浮気
    できる器量が必要。鋸々セールスマンが団地に来て、看護婦の奥方に
    ChinChin 檸檬Hole。Robert Plant よろしく搾精される。

    福山雅治「だから近藤無我?」

  • 【「世紀人 Joe」青木宣危篤】
    中田翔「辰吉子とタツノコプロ」
    市毛良枝「一芸二死 孤児の身投げ2」
    有銘兼久「岩隈 O-Zone」
    城島健司「A 二名B-eat。天使の二人三脚失脚」
    渡辺真理「天使の前髪でしょ?」
    つるの女「佐々木close to the edge希」
    木下優樹菜「何の話?」
    Gene Kelly「二男坊 singing in the ring」
    ももいろクローバーZ「有働由美子子子、、、
    田中直樹「徳井」
    徳井義実「ボストン絞殺魔99、、、クリス・エバート・ロイド」
    クリス松村「嬲られる史郎」

  • 【動けない村田】
    先ずはKO勝利おめでとう。

    さて、本日の村田を見て本当に成長が見えただろうか?
    個人的には評価するポイントが見当たらない。
    パワーで押し切るボクシングは想定内で、それ以上特筆すべき進化は見られなかった。
    力任せに「グチャ」っと相手を潰してしまうボクシング。
    下のレベルでなら通用するだろうが、それでも村田より小柄な相手に攻め込まれる場面も少なくなかった。
    サイドへの動きも少なく、離れればワン・ツー、近づけばボディーと単調。確かにジャブは切れていた。
    いかんせん動きが遅い。
    今日の相手は村田よりもフレームで劣りパワーで劣り特段タフネスでもなければスピードもそこそこ。
    そういう相手が逃げずに打ち合いに応じるならば、村田がパワーで押し切るのは必然であろう。
    例えば、村田程度にパワーがあり骨太のタフネスや、村田以上のフレームとスピードを有する選手ならどうだろう?
    前者であれば、パワーで押し切ることも出来ず村田もダメージを負うだろうし、後者であれば村田のパワーが空回りして終わるのではないだろうか?

    上体だけでなく足をつかって左右の動き、例えばアウトサイドトリプルで得意の左ボディーから崩すとかそういうポジショニングにもっと重点をおいてみる。ボディーが得意であれば、ボディーで倒せる角度と体捌きを身につける。アマチュアのガチャガチャのインファイトと、今の中間距離からジャブで試合を作るスタイルとでは正直全く違うからね。
    今の村田は、距離を持て余しているように映るんだよ。

    早い話、村田ほどのフレームとパワーがあればもっと切れのあるパンチで倒せるということだ。
    力任せに「グチャ」っと潰すボクシングではなく、「ズドン」と打ち抜く射抜くボクシングに進化させてもらいたい。
    内山のボクシングを参考にしてもらいたいですな。

  • 【パワーだけだね】
    村田、TV観戦中ですが・・・・・ダメじゃない?

    確かにパワーで相手を圧倒してはいるが、ジャブの差し合いもネリオに分がある。
    ぶっちゃけ、動けていない。
    村田は試合重ねるごとに悪くなる印象だね。

  • 【仲村正男という選手】
    豪腕。

    短所はしいて言えば単調気味になる素直なボクシング。

    レコードは18戦17勝1負(17KO)

    現在IBF世界Sフェザー級5位

    KO負けした試合は本当に驚いた

    その後のレコードも圧倒的なKO勝利とパーフェクト

    所属が帝拳か大橋もしくはワタナベ辺りならとっくに世界戦組んでもらえている選手

    年齢的にも来年が勝負の年となるか

    移籍してでも世界に挑戦してもらいたいところだね

  • >>333

    【Re: 岩佐待望論】
    昨年末の岩佐VS椎野戦を見返してみているが
    サウスポーを活かしたアウトサイドトリプルなどのコンビも的確で
    距離感も優れかつブロックも堅い
    左ストレートは貫通力もある
    その上カウンターパンチャーで当て勘も鋭い
    アウトボクサーのようなステップワークの速さはないが
    静から動への動き出しのスピードは抜群に良い

    山中は頭への攻撃にはスリッピングアウェーで対応するのでダメージを残し難い
    腹叩いて膝殺してから上を叩くようにすれば岩佐の左も効くとおもう

    現段階では技術もさることながらメンタルで山中が随分優位にあるだろうな
    岩佐は先ず和毅辺りからタイトル奪取して、山中と同じ目線になる必要があるね

  • >>332

    【Re: 岩佐待望論】
    山中は、左ストレートにたよりすぎているが
    やはり、魅力はある
    左が、不発の場合まけるだろう

  • >>331

    【Re: 岩佐待望論】
    岩佐は山中と比べてビジュアルがお茶の間向けではないんだわ。

    ボクサーって知らなければアウトローにしか見えんからね。

    その点で岩佐は山中に勝てないのだよね。

  • 【井岡、顎割られた?】
    顎、割れてないか?

    相手もガス欠。

    おもろいね。^^

  • 【唯一の望み】
    相手のガス欠。

    それは34歳の王者陣営も誰でも分かること。

    計量失敗もブラフと読むのが自然だろう。

    わ ざ と 計量失敗してみせたとみると全てが納得いく。^^

  • 【何がしたいのか分らない】
    フライに階級上げて、井岡のパンチのアドバンテージは消滅。
    スピードで上回ってこそ活路が見出せるのだが、
    当の井岡はガードに隠れて全く動けずにいる。

    非力な井岡が、ガードを固めてサンドバックになっているのであれば、
    相手は楽で仕方ないだろう。

    井岡の作戦、何がしたいのかサッパリ分らんね。笑い。

  • 【井岡がプレッシャーかけてる???】
    井岡は攻め手が無くガード固めて前進しているだけだぞ。

    むしろ誘い込まれているのが井岡だが??

    解説陣苦しいねぇw

  • 【井岡、ビビリ過ぎ】
    階級上がって、相手のパンチが重くなったことで全く動けず。

    ダサダサ

  • 【岩佐待望論】
    山中のこれまでの対戦相手は
    若く経験の浅い岩佐亮介
    Sフライのライジングブル、ビック・ダルチニアン
    同じくSフライのテクニシャン、トマス・ロハス
    全盛期の過ぎたマルコム・ツニャカオ

    ん?
    山中ってバンタムのビッグネームとは・・・・・やってないってことだよな。
    若手ホープに一階級下の豪腕ブルファイター、一階級下のテクニシャンと、干され続けた老兵か。
    それでもロハス戦以外は正直僅差の内容だよね。
    全盛期のダルチやツニャカオだったらどうなの?とか
    経験を積んだ岩佐でも同じ結果だったか?とかね。

    もちろん今の山中は強いし世界でも真の意味でトップクラスであろうよ。
    サンタクルス辺りには本当に勝てそうな気もする。
    だがドネア、リゴンドークラスでは正直難しいといったところだろう。
    ダルチ戦やツニャカオ戦を見る限りそのように判断せざるを得ないよね。

    山中は現在31歳。今の強さを保てるのは数年だ。
    そこで岩佐ですよ。
    岩佐は未だ24歳と若い。今後の伸びしろもあるだろうし。
    今現在のスタイルでも、和毅とやって軽くカウンター獲って勝つんじゃないかと思ってる。
    椎野戦観たけど強さの次元が違う感じだったね。
    椎野も国内レベルではハードパンチャーで頭一つ抜けていると思われるのだが
    その椎野を全く問題にせずカウンター獲りまくる岩佐のセンスにはホント脱帽するほど。

    個人的には、先ず岩佐にはWBOの和毅とやってもらってタイトル奪取。
    統一戦で山中VS岩佐。
    勝者が世界に打って出るってストーリーが美しいところ。

    山中はタイトル持った岩佐なら喜んで対戦するだろうが、問題は和毅だよな。
    岩佐の挑戦を受けるリスク、亀田の親父が許可するはずないからね。
    和毅の男が見せてもらいたいところだよな。

  • 【ザ・リアル】
    思い返せば、このワードは長谷川が亀田に込めた最高の皮肉だったね。
    リアルな長谷川に対してファンタジーの亀田。
    リアルな帝拳に対してコメディーな亀田ファミリー。

    亀田ファミリーは、日本国内でのボクサーとしての活動の場を失った現在
    世界のリングでリアルになって凱旋ができるのかどうか。
    和毅、大毅が今後どこまで成長できるかは個人的に興味あるね。
    いっそのこと帝拳にでも移籍すればいいと思うのだが。笑い。

  • 【右のガード???】
    TV解説陣が長谷川の右のガードについて執拗に言及しているが・・・・・・
    別に昔からスタイルは変わらんよね。
    昔はガード置いておかなくても反応できたものが、今は反応できていないだけでさ。
    辰吉もそうだったのだが、己の視界と攻撃に重点を置いた結果のスタイルだから。

    長谷川がピークを過ぎただけ。
    残念だけどね。
    長谷川選手、お疲れ様でした。

  • 【和毅・・・WBOね・・・】
    いいんじゃないかな。
    ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000027-spnannex-fight
    WBAは兄ちゃんの興毅だし、WBCは山中だからな。
    もちろん「いいんじゃないかな」とは嫌味だけどな。苦笑。

    山中避けてWBOのタイトル狙うのは、ビジネスとして正しい判断だろう。
    和毅の実力では山中からタイトル奪取できる可能性は極めて少ない。

  • 【井岡気の毒だよな^^;】
    さて、先日の井岡の防衛戦であるが
    酷評がネット各所で散見される。
    井岡への期待の裏返しとみることもできるし
    アンチがここぞとばかりに誹謗しているようにもみえるね。

    調子の良いときもあれば悪いときもある。

    その程度で終わる話なんだよな。
    実際判定に流れたとしても井岡の判定勝ちは動かなかったであろうし
    結果的にはKOで試合を終えている。
    終盤のKOというのも陣営のプランだった可能性も高い。
    聞けば相手はスタミナに難のある選手だったというではないか。
    井岡陣営も当然その程度のデータは入手していたはずだ。

    ボクは、この試合あまりに興味がなくて
    相手選手についてのデータの一つも確認していなかったし
    試合も録画で流した程度だが、
    単純に「井岡の動きが悪いな」「相手のスピードがあるな」「パンチも重そうだ」
    と思ったが、それでも試合をコントロールしたのは井岡だったし
    調子が悪いなりによく試合を作っているという印象だった。

    一つ例をあげよう。
    直近で内山が序盤負傷判定した試合があっただろう?
    あの試合も内山は必要以上に叩かれたのだ。
    ちなみにボクの過去のレビューにも書いた事だが
    あの試合、内山は変則的な相手にアジャストするのに少々戸惑い
    序盤はお世辞にも圧倒しているという内容ではなかった。
    その理由の一つに、相手選手の故意としか見えないラフファイトに
    悩まされたというポイントもあるのだが
    結果的に行き過ぎたラフファイトが序盤での負傷判定となり
    相手選手の思惑が外れた格好となったのだ。
    だが内山の動きそのものは、相手選手の変則やラフファイトに対応してきており
    もし仮に、あのまま試合が進んでいけば、高い確率でKOできたと思っている。

    余談であるが、その相手選手は内山戦が評価されたか
    暫定王者決定戦でガンボアと対戦し判定負けしたものの
    そこに立つチャンスは与えられる格好となった。

    で、それだけ当時批判を受けた当の内山はといえば
    その後の無敗挑戦者の連続KO葬を見ても分るように
    評価はうなぎ上りである。

    上の喩えの様に、井岡も今後の試合で力を見せていけば
    全く問題が無いのであって
    井岡本来の階級であるLフライにおいて生命線のスピードとキレが
    本来の調子を取り戻せば、KOの量産は難しいとしても
    十分にトップ選手と渡り合えると確信しているけどね。
    もともと井岡は非力だったからね。KOにこだわる必要も無いのだよね。

    何処かの亀兄は「「多くの人の目に判定負けに映る試合」」をやっても
    「予定調和」「毎度のこと」「立っていれば勝ち」
    などと苦笑いされて終わるだけの道化に成り下がったが
    井岡は「明らかな判定勝ち」「KO勝利」を飾ってもなおかつ
    それ以上を要求される選手になったと言う事で
    井岡本人にはポジティブに捉えて今後も頑張ってもらいたいものです。

  • <<
  • 339 318
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア