ここから本文です
  • 1

    【ビジョン:理想・夢念・大志】は<最愛の我が子・我が分身>&<人生の旗印>!!


    皆さん、こんにちは!ようこそ!掲示板訪問を心より歓迎します!

    私にとって【青春:幼な心&青年の精神】で思い描く【ビジョン:理想・夢念・大志】は<いつも一緒!>の<最愛の我が子・我が分身>です!


    ●国家興隆するときには、理想を以て生活とし、国家衰退するときには、生活を以て理想とす(徳富蘇峰)

    そして、私の中で活きている【ビジョン:理想・夢念・大志】は、私自身が現実生活で直面する精神的・肉体的・経済的・社会的な<大試練・患難辛苦>に打ちのめされて、<人生のどん底>にあろうとも、常に励まし慰め勇気と希望を与え続けてくれ、何度ノック・ダウンしてもノック・アウトせずに、再起・復活に導く<人生の旗印>となってくれます!

    ●幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。その志を貫くためには、
     玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志をまげて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする(西郷隆盛)
     ★<玉>=価値あるもの[正義・名誉]⇔<瓦>=がらくた[生き甲斐の無いもの]
    ●人生の価値は、その長さとは関係がない。人生の価値とは、どのようにその時間を利用したかで決まるものなのだ。あなたが十分に生きたかどうかは、あなたが生きた年数ではなく、あなたがどのような意志をもって生きたのかで決まる(モンテーニュ)

    まさに、私たちの【青春:幼な心&青年の精神】に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】とは、【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】であり、<我が道:人生目的・存在意義>である【ミッション:使命・天職】に通じているのだと体感できます!

    ●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神が善しとされるところだからである。何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい(ピリピ書2−13〜14)
    ●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、したがって、またその人の使命とも一致することが多い。つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである(ヒルティ)
    ●少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。そして少年の頃の理想主義は何ものにも変えることが出来ない人間の財産である(シュバイツァー)
    ●素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが壮年になってから実現されることである(A.d.ヴィニー)
    ●青春の夢に忠実であれ(シラー)
    ●この世にあるやすらぎはただ一つ大いなる目標への確信だけです(タウラー)
    ●この動揺する時代に自分までぐらつくのは、ただ災いを増すばかり、おのれの志を守ってゆずらぬ者だけが世の中をつくりあげて行くのだ(ゲーテ) 

    皆さんの<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢念・大志】を大切に守り育ることで、【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な【神の愛=主イエス】に出遭って、【ミッション:使命・天職】を体得して、この混迷波乱の大変革の時代に、世界を舞台に活躍されることを心より応援しています!

    ●君が何かを全身全霊で欲した時、君はその『大いなる魂』と最も近い場所にいる。それはいつも、前向きな力として働くのだ(パウロ・コエーリョ)
    ●神様は誰にでも行く道を用意していて下さるものだ。神様がおまえのために残してくれた前兆を、読んでゆくだけでいいのだ(パウロ・コエーリョ)

    皆さんと【ビジョン:理想・夢念・大志】や【ミッション:使命・天職】や【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な【神の愛=主イエス】について、語り合える事を楽しみにしています!

    ●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
    ●神の御心にかなうことを求め行なう以上に快い気分を覚えさせ喜びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)
    ●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

    ★ブログにもお立ち寄り下さい! http://blogs.yahoo.co.jp/cforum2000/

  • <<
  • 314 276
  • >>
  • 314(最新)

    cforum2000 12月5日 17:49

    ★<自由の尊厳>(内村鑑三)
     自由は、気まま勝手をおこなうの意にあらず。
     自由は自ら、おのれを治むるの意なり。
     自由は、おのれを神にゆだぬ。
     されども強いられてゆだぬるにあらず。
     自ら求めてゆだぬるなり。
     自由は、自ら選んで人のしもべたるも、
     しかも終わりまで自主たるを失わず。
     神学も教会も、政府も国家も、しかり、神自身も、
     自由の尊厳を犯して、
     吾人の上に何事をもなすあたわざるなり

    ★★★

    ●<真の自由>(内村鑑三)
      ◆真の自由は発意である    ⇔ Unconditional(無境遇)
      ◆真の自由は正しき選択である ⇔ 霊性本来の標準に従う~霊的生命達成の道
      ◆真の自由は善き意志を行う能力である 
    ●真の自由は消極的状態でなく積極的状態である
      何事をも為しうる状態又能力でなく,ある事を為さずしてある他のことを為す能力
      ⇔善悪を判別して悪を避けて善を行う能力 (内村鑑三) 
    ●自由とは理想にあらず、境遇にあらず、能力である(内村鑑三)
    ●Ican do that which is right.(我は正しき事を為し能う)(内村鑑三)

    Good luck & God bless you!
    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    田中 聡(さとし)

  • ★【ビジョン:理想・夢念・大志】に<神の言辞(ことば)>あり!

    ●<神の言辞(ことば)>(内村鑑三)
     神は人の言辞(ことば)をもって語りたまわず、
     事実をもって語りたもう。
     あるいは災難をもって、
     あるいは病をもって、
     あるいは悪人に遭遇せしめて、
     その聖意(みこころ)をわれらに伝えたもう。
     事実は隠語なり。その解釈は決して易からず。
     苦悶転倒、数月にわたりて、
     なおその解答を得ざることあり。
     されども聖霊の暗示によりて
     ついにその解明に達するや、
     万物ことごとく明らかにして
     青空一点の疑雲を浮かべず。
     その時、川と丘とは「しかり」と答え、
     人もわれも「しかり」と応ず。
     沈黙にまさる雄弁あるなし。
     事実をもって語りたもう神の言辞は
     その意味深遠にして量るべからず。

    ★★★

    ●私の思いは、あなた方の思いと異なり
      私の道は、あなた方の道と異なる
     主の御告げ
     「天が地よりも高いように
      私の道は、あなた方の道よりも高い
      私の思いは、あなた方の思いよりも高い」(イザヤ書55-8~9)
    ●天の下では、何事にも定まった時期あり、すべての営みには時がある。
     生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
     植えるのに時があり、植えたものを抜くのに時がある。
     殺すのに時があり、癒すのに時がある。
     崩すのに時があり、建てるのに時がある。
     泣くのに時があり、微笑むのに時がある。
     嘆くのに時があり、躍るのに時がある。(伝道の書3-1~5)
    ●神のなされることは全てその時にかなって美しい(伝道の書3-11)
    ●我(主)が為すことを汝今は知らず、後に悟るべし(ヨハネ伝13-7)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!


  • ■■急がず休まず静かに天命を待て!(ゲーテ)

    ●<毎日少しずつ(人生のABC)>(内村鑑三)
     少しずつ、しかり、少しずつ、毎日少しずつ。少しずつは大なる勢力である。
     一日に一寸ずつ穿(ほ)れば、一年間には厚さ六間の堅い大理石または、
     みかげ石の岩を穿り通すことができる。双方より一日に一尺ずつ掘れば、
     長さ数マイルの難工事のトンネルも、数年を出でずして貫通することができる。
     一日に一ページずつ書けば、十年間には三千六百ページの浩瀚(こうかん)の
     著述をなすことができる。人生短しといえども、もし一つの事を続いて
     毎日少しずつなすならば、死ぬまでには一大事業を成就することができる。
     驚くべきは、毎日少しずつなす仕事の結果である。
     そして凡人が事業をなさんと欲せば、この途(みち)を取るよりほかに
     方法がないのである。

    ●惰(おこた)らず行かば千里の外も見ん 牛の歩みのよし遅くとも(徳川家康)
    ●One Step at a time(あせらずゆっくり一歩ずつ)

    皆さんの心に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】に【神の愛=主イエス】から託された
    素晴らしい恵みである【ミッション:大義・使命・天職】を再発見して、
    <超歓喜!超感動!超感謝!の大讃美!大絶賛!大称賛!>の心意気で
    【神の愛=主イエス】に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】しながら、
    日々前進されることを心より応援しています!

    ●主を待ち望め。さらば彼、なんじを救わん(箴言 20-22)
    ●主は人の一歩一歩を定め、主は御旨にかなう道を備え、その行く道を喜ばれる。
     人は倒れても、まっさかさまに倒されはしない。全く打ち捨てられることもない。
     主がその手を助け支えられるからである。
     若いときにも老いた今も、わたしは見ていない。
     主に従う人が捨てられ、あるいはその子孫が食物を請い歩くのを見たことがない
     (詩篇37-23~25)


    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ★★崇高遠大な【ビジョン】を登ろう!

    ■<最後の登高>(ヒルティ)
     最後の嵐が吹きすさんでも
     絶頂めざしていさんで登ろう。
     これから道は永久に真直ぐだ、
     天の梯子もはるか上まで見える。
     
     ついに明けそめた朝のそよ風が、
     えもいえぬ思いで胸をみたす。
     しかしその時どきの恩寵(めぐみ)の豊かさに、
     わたしの心もたましいも夢みごこち。

     高き栄光よ、ついに近づいた、
     年ごろ想ったのとなんという違いか。
     けれどもなお長い巡礼の不安な旅路を思い、
     いま一度、十分に支度をととのえよう。

     現実の危険はついに知らなかった、
     わたしに触れたのはただ恐怖の影のみ。
     ここまで親しく導き給うた主よ、
     あなたの大みわざをなしとげて下さるでしょうか。

    ★★★

    ●<吉田松陰が亡くなる一年前に弟子に送った漢詩>
     「志を立てるためには人と異なることを畏れてはならない
      世俗の意見に惑わされてもいけない
      死んだ後の業苦を思いわずらうな
      また目前の安楽は一時しのぎと知れ
      百年の時は一瞬にすぎない
      君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように」
      (NHK「その時歴史が動いた」より)
    ●進まんのみ、進まんのみ。
     褒(ホ)めらるるも褒められざるがごとくに進まんのみ。
     謗(ソシ)らるるも謗られざるがごとく進まんのみ。
     ただ一筋に神を目的(メアテ)に進まんのみ。
     人は無き者と思うて進まんのみ(内村鑑三)
    ●汝の車を星につなげ!(エマーソン)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!

  • ■<天職発見の道>(内村鑑三)

    おのが天職を知らんと欲する者多し。
    言う、われにしてもしわが天職を知らんか、
    われはわが全力を注ぎてこれに当たらんと。
    人よ、なんじはなんじの天職を知るを得るなり。
    なんじは容易にこれを発見するを得べし。
    なんじの全力を注ぎて、なんじが今日従事しつつある仕事に当たるべし。
    さらば遠からずしてなんじはなんじの天職に到達するを得べし。
    なんじの天職は、天よりの声ありてなんじに示されず。
    なんじはまた思考を凝らしてこれを発見するあたわず。
    なんじの天職はなんじが今日従事しつつある職業によってなんじに示さるるなり。
    なんじは今やなんじの天職に達せんとしてその途中にあるなり。
    なんぞ勇気を鼓舞して進まざる。
    なんぞ惰想にふけりて天職発見の時期を遅滞せしむるや。
    知者あり、いわく、
    「すべて、なんじの手に堪うることは、力を尽くしてこれをなすべし(伝道の書9-10)」と。
    このほか、べつに天職の道あるなし。
    平々坦々たる道なりといえども、その終点は希望の町なり。感謝と歓喜の都なり。

    ●【天職】を発見するの法は今日目前の義務を忠実に守ることであります。
     さすれば、神は段々と我等各自を神の定め給いし【天職】に導き給います。
     要するに【天職】はこれに従事するまでは発見することのできるものではありません。(内村鑑三)
    ●自分の仕事を知り、それを為せ。
     我々の大事な務めは遠くのほうにおぼろげにあるものを眺めている事ではなくて
     手元にあってはっきりしている事を行なうことである(カーライル)
    ●力に応じたことをしなさい。そうすれば神はあなたの善い意図を
     援(タス)けられるであろう(トマス・ア・ケンピス)
    ●少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。
     そして少年の頃の理想主義は何ものにも変えることが出来ない人間の財産である
     (シュバイツァー)
    ●あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、
     それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう(ガンジー)
    ●青春の夢に忠実であれ(シラー)
    ●素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが壮年になってから実現されることである
    (A.d.ヴィニー)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!

  • 百年後に【ビジョン】を届けよう!

    ●百年後(タゴール)

    いまから百年後に
    わたしの詩の葉を 心をこめて読んでくれる人
     君はだれかー 
     
     いまから百年後に?
    早春の今朝の喜びの 仄かな香りを、
    今日のあの花々を、鳥たちのあの唄を、
    今日のあの深紅の輝きを、わたしは
    心の愛をみなぎらせ 君のもとに
    届けることができるだろうかー

     いまから百年後に。
    それでも、ひととき 君は南の扉を開いて
    窓辺に座り、 
    遙か地平の彼方を見つめ、物思いにふけりながら
    心に思いうかべようとするー

     百年前の とある日に    
    ときめく歓喜のひろがりが、天のいずこよりか漂い来て
    世界の心臓(こころ)にふれた日のことをー
    いっさいの束縛から解き放たれた 奔放で うきうきした
    若やいだ早春(ファルグン)の日のことをー 

    羽ばたく翼に 花粉の香りをいっぱいのせた
    南の風が
    にわかに 吹き寄せ 青春の色調で
    大地を紅く染めたのをー

     昔の時代(とき)から百年前に。
    その日、生命たぎらせ、心に歌をみなぎらせて
     なんと詩人は目覚めていたことか、
    どんなにか愛をこめ どんなにか多くの言葉を
    花のように咲かせたがっていたことか!

    百年前の とある日に 

     いまから百年後に
    君の家(うち)で、歌って聞かせる新しい詩人は誰か?
    今日の春の歓喜(よろこび)の挨拶を、わたしは その人に送る。
    わたしの春の歌が、しばし君の春の日に こだましますように。

    君の心臓(こころ)の鼓動のなかに、若い蜂たちのうなりのなかに、
    そして、木の葉のざわめきのなかにも、こだましますように。
     いまから百年後に。

    身近で目先の成果だけを求めるのではなく、百年後の実現を目指すような遠大で崇高な【ビジョン:理想・夢念・大志】を抱いて活躍されることを心より応援しています!

    ●<吉田松陰が亡くなる一年前に弟子に送った漢詩>
      志を立てるためには人と異なることを畏れてはならない
      世俗の意見に惑わされてもいけない
      死んだ後の業苦を思いわずらうな
      また目前の安楽は一時しのぎと知れ
      百年の時は一瞬にすぎない
      君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように     
                     (NHK「その時歴史が動いた」より)


    Good luck & God bless you!

  • ■<ひまわりの花>(ウイリアム・ブレイク)

     おヽ、ひまわりの花よ! 君にはあきれるほどに感心するよ。
     だって君は、いつでも、太陽だけを追いかけているんだから。

     君にとって、太陽とは、
     この世の生涯すべてを捧げてでも、
     追い求める価値のある
     愛おしく光輝く<理想郷>なんだね。

     君が追い求めて見つけた<理想郷:太陽>は、
     青年なら誰でもが望みこがれたけれど、
     誰もが君のようにはできなかった。

     君が見つけて追いかけている<理想郷:太陽>は
     この世の生涯を終えて、
     静かに眠る純潔な聖女でさえも、
     眠りから目覚めてしまほど憧れるものだね。

     そして、君が信じ望み愛し続けている<理想郷:太陽>は
     僕自身の心にもいる<ひまわりの花>も
     追い求めているものなんだ。

     Ah! Sun-flower William Blake

     Ah Sun-flower! weary of time,
     Who countest the steps of the Sun:
     Seeking after that sweet golden clime
     Where the traveller's journey is done;

     Where the Youth pined away with desire,
     And the pale Virgin shrouded in snow
     Arise from their graves and aspire
     Where my Sun-flower wishes to go.

    ★★★

    ●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち
     神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、
     これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
    ●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三)
    ●人は何のために生きているかをいつも考えねばなりません。
     この問題が解決されるとき、その人は死についてあまり考えなくなります。
     人生の意義はあなたが人生から逃れることでなく、何を与えるかなのです。
     これがわかれば人生は豊かになります(キング牧師)

    ☆☆☆

    Good luck & God bless you!

  • 不眠不休で見守ってくれる【神の愛】!

    ■ゴスペル「明日を守られるイェス様」(I Know Who Holds Tomorrow)
    https://www.youtube.com/watch?v=JzHQGWH3Yxk

    明日は どんな日か 私は知らない
    晴れか あらしか 曇りになるか
    私は あしたを 心配しない
    イエスが 私を 守られるから
    明日は 私には わからないけど
    明日を 守られる イエスが おられる

    日々の歩は 日々に 明るく
    肩の重荷は しだいに軽い
    輝く太陽 涙かわかし
    仰ぐ空には 虹のかけはし
    明日は 私には わからないけど
    明日を 守られる イエスが おられる

    明日は どんな日か 私は知らない
    どんな道筋が 先に あるかも
    だけど 私は 心配しない
    イエスがおられる 私のそばに
    明日は 私には わからないけど
    明日を 守られる イエスが おられる

    ★★★

    ●主御自身が家を建てるのでなければ、建てる者の労苦はむなしい。
     主御自身が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。
     あなた方が朝早く起きるのも、夜おそく休むのも、
     辛苦の糧を食べるのも、それは、むなしい。
     主は主を愛する者には眠りを与えてくださり、
     眠っている間に、なくてならぬものを与えられる
    (詩篇127-1~2)
    ●希望!どんな不幸におちいっても、
     われわれは希望の太陽を心からすててはならない。
     つねに楽天的であること。
     つまり天命を楽しむこと、これこそがわれわれを幸福に導く信仰である。
     今日を立派に生きることが、明日の希望を見いだすことであり、
     明日の希望があってこそわれわれは明るく生きることができる。
     現在を嘆き悲しむものはやがて不運を招くことになる(ヘレン・ケラー)
    ●元気を出しなさい。
     今日の失敗ではなく、明日の成功について考えるのです。
     あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、
     あきらめずにやり続ければ、必ずうまく行くのです。
     そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう。
     何かすばらしいことを達成するための努力というものは、
     決して無駄にならないことを覚えていなさい(ヘレン・ケラー) 
    ●今日の困難は、明日の栄光に、遠く及ばない(ロマ書8-18)


    ☆☆☆
    Good luck & God bless you!

  • 高き【ビジョン】に導く【神の愛】!

    ☆☆☆

    ■<すべての山をのぼれ;Climb Ev'ry Mountain>
     [映画『サウンド・オブ・ミュージック』より]
    <私訳>
    https://www.youtube.com/watch?v=EoCPuhhE6dw
    https://www.youtube.com/watch?v=UtCRBs5p4EQ

    生涯のいつかどこかで必ず出遭う
    どんな高き険しき<山:【ビジョン:理想・夢念・大志】>でも
    頂上<ゴール>を目指して突き進もう
    (世間的に見て危険で頼りない)
    小道であろうと、脇道であろとも
    <我が道:使命・天職>に従って登って行こう
    どんな高き険しき<山:【ビジョン:理想・夢念・大志】>でも
    頂上<ゴール>を目指して登り続けよう
    現実に直面する<流れ:困難>は激しく絶えずとも、
    <現実の困難>に流されずに、乗り越えて突き進もう
    【ビジョン:理想・夢念・大志】が実現するまでは、
    <虹:見果てぬ夢>に無限の希望を抱いて前進し続けよう

    【ビジョン:理想・夢念・大志】は、
    全身・全霊を捧げるほどの<最愛の対象>であり、
    生きる証し<存在意義・人生目的>であり、
    全生涯を捧げるほどの価値があるだろう

    だからこそ、
    どんな高き険しき<山:【ビジョン:理想・夢念・大志】>でも
    頂上<ゴール>を目指して登り続けよう!
    現実に直面する<流れ:困難>は激しく絶えずとも、
    <現実の困難>に流されずに、乗り越えて突き進もう!
    【ビジョン:理想・夢念・大志】が実現するまでは、
    <虹:見果てぬ夢>に無限の希望を抱いて前進し続けよう!

    https://www.youtube.com/watch?v=EoCPuhhE6dw
    https://www.youtube.com/watch?v=UtCRBs5p4EQ

    Good luck & God bless you!

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ■【礼拝】は<生活の証し>!

    ●<信者の祈祷>(内村鑑三)
    わが祈祷が聞かるるのではない。
    神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。
    信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。
    神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。
    信者の祈祷は必ず聞かるというはこの事である。
    神がなさんと欲したもう事を、あらかじめ、
    われをして彼に求めしめたもう、その事が祈祷である。
    ゆえに言う、
    「われらは祈るべきところを知らず、されども聖霊みずから言いがたきの嘆き(熱心)をもて、
    われらのために祈る(ロマ書 8-26)」と。

    ●真の祈りはただの祈りではない、一種の預言である、
     すなわち必ず成就すべきことを前もって語に表現することである(内村鑑三)
    ●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、
     それを聞かれるとすぐ、あなたに答えて下さる(イザヤ書30‐19)

    ★★★

    ●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
     苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
     あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう
    (詩篇50-15)<ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
    ●我らは信仰の行為によってのみ聖霊の獲得を確実にすることができる。
    (聖書)研究によって霊欲を起こし、祈祷によってこれを呼び求め、
     実行によってこれを獲得するのである。
     実行はまことに最も有力なる祈祷である(内村鑑三)
    ●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
    ●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう(マルコ伝11‐24)
    ●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦)
    ●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三)
    ●絶えず祈るべし、祈祷をもって生命となすべし(内村鑑三)
    ●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)

    Good luck & God bless you!

  • 【先駆開拓精神:★挑戦魂★前向き/プラス思考★オープン・マインド】で生きよう!

    ●<道徳と精神との区別>(内村鑑三)
     道徳は規則にして、精神は生命なり。
     前者は外より制し、後者は内より発す。
     道徳の目的は主として抑欲、謹慎にあり。
     されども精神は善をもって生命となすものなれば、
     外部の拘束を排して善行の実を結ばんと欲す。
     「おのれの欲せざるところを、人に施すなかれ」とは道徳なり。
     「汝がなされんと欲するがごとく、汝も汝の隣人になすべし」とは精神なり。
     日本に道徳あり。されども、いまだ精神ありと言うを得ず。
    ●全て人に為(セ)られんと欲することは、汝等神が汝等に為し給う如くに
     汝等また人にもその如くせよ(黄金律:マタイ伝7‐12)
    ●自分を愛するように、あなたの隣人を愛しなさい
     (マタイ伝22‐39、マルコ伝12‐31、ルカ伝10‐27)

    【神の愛=主イエス】に信愛するならば、<一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】と無限の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】によって、内側より<パワー・アップ&アップ・グレード>されて、【精神】は【先駆開拓精神:★挑戦魂★前向き/プラス思考★オープン・マインド】に満たされます!

    皆さんが【先駆開拓精神:★挑戦魂★前向き/プラス思考★オープン・マインド】で活躍されることを心より応援しています!

    ★★★★

    今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    Good luck & God bless you!

  • 謹賀新年!2016年が飛躍の善き年になるよう祈念致します!

    【内村鑑三】
    ■信者の生涯は、
     始めは悪く終りは善くある。
     終りに近づく程、ますます善くある。
     生命(いのち)の夕暮になればなる程、
     彼は何ものか、彼の心の奥深き所に結実しつつあるを感ずる。
     人あり、彼に、その生涯の中に最も愉快なりし時はいつか?と聞くならば、
     彼は常に今なりと答うるのである。
     そうして彼の最後(ラースト)が最善(ベスト)である。
     あたかも年末のクリスマスが、彼にとり最も喜ばしき期(とき)であるように、
     彼の生涯の終わりが、彼にとり最も感謝多き時である。
     そうして彼が特別に感謝してやまざる事は、
     彼の生涯の計画がこと如く失敗であって、
     彼の計画に反せし神の御計画が彼の身において成った事である。
     「これゆえに、われ、弱きと凌辱(はずかしめ)と空乏と迫害と患難(なやみ)に会う事を
      楽しみとせり」(コリント後書12-10)
     信者にはこんな感謝があるのである。
    ●<凋落の希望>
     葉落ちて枝空し。しかれども知る。芽ならずして葉落ちざる事を
     凋落は復活の兆しなり。世の日に日に朽ち行くは革新の準備すでに成りたるによる。
    ●<腐敗と希望>
     社会は日々に腐敗しつつあると聞く、福音は日々に進歩しつつあるを識る。
     旧きは日々に失せつつあるなり、新しきは日々に起こりつつあるなり。
     落葉の秋に青春の兆しあり、腐敗は万物復興の徴(しるし)に他ならざるなり。
    ●<成功の期待>
     成功を期して進めよ、失敗を期するなかれ。
     万事をその最善において解せよ、最悪において解するなかれ。
     神の治め給うこの世にありて神を信じて事を成す、
     永久の失敗あるべき理なし。失敗は一時の現象なり、
     永久の事実にあらざるなり。
     「誠に善を行うに弛(う)む事なかれ、そはもし倦(う)む事なくば
     我ら時にいたりて穫り取るべければなり(ガラテヤ書6-9)」
    ●<希望と前進>
     人は希望的動物なり。
     彼にありては前を望むは自然にして、後を顧るは不自然なり。
     希望は健全にして、回顧は不健全なり。
     「後にあるものを忘れ、前にあるものを望み(ピリピ書3-13)」と
     罪を忘れ、病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
     神と、生命と、成功と、愛とに向かって進まんのみ。

  • かもめのジョナサンに導く【神の愛】
    ★★★Merry Xmas & A Happy New Year !<善き年>をお迎え下さい!

    戦後体制が崩壊しつつある乱世・大変革の時代には、個人でも国家でも、未解決問題が山積なので、遠大な【ビジョン:理想・夢念・大志】を追い求める余裕も無くなり、生活第一の「迷える子羊」になりやすいと思います。日本民族国家混迷の時代は、世間的非常識や異端児・愚か者と思われようと、未来に向け遠大崇高な【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げ挑戦し続ける「かもめのジョナサン」が求められます!

    ●よき時代は天から降ってくるものではなくて、私たちが自分でつくり出すものです。それは私たちの心の中にあるものなのですよ(ドストエフスキー)

    1970年代に大ヒットした「かもめのジョナサン」は40年後の現代に生きる私たちに向けての予言と実感できます。「かもめのジョナサン」が誕生した当時のアメリカは、ベトナム戦争の泥沼化の敗北感で全国民が精神的に疲弊していた混迷の時代であり、まさに現代の日本の状況に通じると思います。

    新年2016年が皆さんにとって「かもめのジョナサン」のように素晴らしい飛躍の一年となりますように心より応援しています!

    ●夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、
     計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。
     故に、夢なき者に成功なし(吉田松陰)
    ●人は志の大きさに比例した人物になる(ジェームズ・アレン)
    ●夢は人を熱中させ、人生から退屈を消し去ってくれる。まさに夢が人生そのものになる。
     人生はあなたの夢の大きさで測れるだろう(コンクリン)

    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    Good luck & God bless you!

  • 弱き私でも【ビジョン:理想・夢念・大志】を目指せる!

    ●ツキディディス(BC461~400)~優れた政治家が持つべき要件
     ◆公平の心
     ◆みんなにわかりやすく説明できる事
     ◆自分を曲げずに行う勇気
     ◆金や物に惑わされない免疫力
     ◆あらゆるものを活かして愛する心
    ●リーダーの条件としての「4つのE」(ジャック・ウエルチ)】
    ■Energy  :元気    
    ■Energize:元気づける 
    ■Edge    :切れがよい
    ■Execute :やりぬく
    Energyとは元々ギリシャ語の「仕事」という意味から由来しており、やがて19世紀頃の英国で「活力」の代わりとして「仕事を成し遂げる能力」としての意味で使われるようになった(小学館・英和辞典より抜粋)

    ここに挙げるリーダー・シップの条件や資質は、私たちにとっては、自分の心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】を目指す時にこそ不可欠な条件・資質であると思います。

    そして、日々直面する大小様々な患難辛苦に<弱気:恐れ・不安・心配>で一杯の弱き小さき私自身では意気地がなく、絶対にあり得ないようなことでも、【神の愛=主イエス】に信愛すれば、補強・補充して実現できるからこそ【神の愛=主イエス】は何と素晴らしい!ではありませんか!

    ●主が言われた『私の恵みはあなたに対して十分である。私の力は弱いところに完全にあらわれる』それだから、キリストの力が私に宿るように、むしろ喜んで私の弱さを誇ろう(コリント後書12~9)

    皆さんの活躍を心より応援しています!

    ☆☆☆

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!

  • ★★★「私が願うのは」⇔【ビジョン:理想・夢念・大志】!

    ●私が願うのは

    私が願うのは
    危険から護られることではなく
    危険のさなかで
    恐れないことです

    哀しみのどん底
    心のはげしい痛みの中で
    慰めてもらうことではなく
    哀しみを克服し
    勝利をうたうことなのです

    逃げ場がなくなった時も
    勇気を失わさせないでください
    世間的にも大失敗し
    挫折の連続に遭っている時も
    その害が取り返しのつかないものだと
    考えない恵みをいただきたいのです

    あなたが来て私を救ってくださる・・・
    これを私は願っていません
    私が願うのは
    のりこえてゆく力です

    あなたは私の荷を軽くしたり
    慰めてくださらないで結構です
    たた 私が重荷を担う
    その力をお与え下さい

    喜びの日に謙虚に頭(コウベ)を垂れ
    私はあなたを思い
    あなたの存在を認めます

    暗い悲しい夜
    失意以外、何もない夜にも
    ああ 決してあなたを
    疑うことがありませんように

    (タゴール Gitanjali No.4)
    渡辺和子著「愛を込めて生きる」(PHP文庫)より

    私たちもタゴールのように雄々しく勇ましく自分の心に抱く
    <人生の旗印>【ビジョン:理想・夢念・大志】に
    <生き様・死に様>【ミッション:大義・使命・天職】を体得して、
    前進し続けましょう! 皆さんの活躍を心より応援しています!

    ●何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、
    あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。そうすれば、人知ではとうてい
    測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、
    キリスト・イエスにあって守るであろう(ピリピ書4-6)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!

  • ■■■【神の愛=主イエス】は進行あるのみ!

    ●<神の進行>(内村鑑三)
    余は弱くある。されども余の仕事(しじ)する父なる神は強くある。
    余の言は聞かれない。されども神の聖意はおこなわれざるを得ない。
    人が余の言を聞いて神に従うに至るのではない。
    彼らは神に従うべく余儀なくせられて、ついに余の言に耳を傾くるに至るのである。
    神は余をもって進みたまわない。余の前(さき)に進みたもう。
    彼はおのれにそむく者をもって彼の聖意をおこないたまいつつある。
    彼を憎む閥族と彼をしりぞくる政党とは、
    知らず知らずの間に彼の栄光をあらわしつつある。
    エホバはヨブに問うて言いたもうた、

    ●なんじ、釣り針をもて、わにを釣り出すことを得んや。
     その舌を引きかくることを得んや(ヨブ記41-1〔40-25〕)
    と。
    神はまことに釣り針もて政治家わにを釣り出し、
    その舌に糸を引きかけて、彼の聖意を地上におこないたまいつつあるのである。
    われらは人が神の存在を認めざればとて、あえて落胆するに及ばない。
    彼は不信者をもってして、この世を化してキリストの国となしたまいつつある。
    政変擾乱これまたエホバの進行の曲である。
    われらはこれを耳にして、ますます勇気を鼓して、
    はばからずしてキリストの福音を唱うべきである

    【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】は、この日本にあっても、世界中の悲惨な状況にあろうとも、間違いなく【最善の道】を前進し続けていることは、薄汚い闇深い《私自身》の中で起こっている【神の愛=主イエス】の働きによって確信できます!

    ●God is marching on.(神は常に前へ前へと進み給いつつあり)
    ●キリスト教の神は是(しかり)<yea/yes>である、
     否(いな)<nay/no>ではない (コリント後書1‐19)
     神は建つる者であって、壊す者ではない、奨励する者であって、批難するものではない(内村鑑三)

    【神の愛=主イエス】と共に【ビジョン:理想・夢・志】を抱き前進しましょう!皆さんの活躍を心より応援しています!

    今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ☆☆☆自由への道⇔【ビジョン:理想・夢念・大志】を目指す!

    ●自由への道の諸段階(ボンヘッファー)
     訓練
     おまえがもし自由を求めて旅立とうとするなら、
     欲望と肉体がおまえをあちらこちらへ引きまわさないように、
     まず感覚と魂とを訓練せよ。
     精神と身体をきよらかに保ち、完全に自分に従わせ、
     従順に与えられた目標を追い求めよ。
     自由の秘密を知った者はいない。
     そのためには訓練があるだけである。
     行為
     心のままに行動せず、毅然として正義を行い、
     可能性の中で動揺せず、現実的なものを大胆に捕らえよ。
     自由は、思考への逃避の中にはなく、
     ただ行動の中にあるだけである。
     ただ神の戒めとおまえの信仰のみに支えられ、
     不安に満ちたためらいを捨て、出来事の嵐の中に出て行け。
     そうすれば自由は、おまえの魂を歓喜しつつ迎えるであろう。
     苦難
     驚くべき転換がもたらされた。
     強い生きた手が、おまえに結びつけられた。
     おまえは無力さと孤独の中で自分の行為に終焉を迎えるが、
     おまえはほっとして、静かにまた悠然と、おまえの義を、
     強い手に託し、満ちたりる。
     一瞬であろうと、自由に触れて祝福を得、その自由を、
     神の手にゆだねるなら、
     神がその自由を完成させてくれるであろう。
     死
     さあ来い、永遠の自由への途上で催される最高の宴、死よ。
     この世で見えないものを終りの日に見るために、
     われわれの過ぎゆく肉体と惑わされた魂の、
     重苦しい鎖と、壁をとり払え。
     自由よ、われわれはおまえを、訓練と、行為と、
     苦難を通して尋ね求めてきた。
     そして今、死に臨みつつ、おまえを神の顔の中に見いだす。
    http://www.hikoboshi.com/eba/inori.htmより抜粋)

    私たちにとって≪自由≫への道は、
    心に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>にして
    【神の愛=主イエス】と共に歩む時に見出せます!

    私たちも訓練、行為、苦難、死を乗り越えて、
    過去の先人の≪遺志≫を受け継ぎ、
    未来へと【ビジョン:理想・夢念・大志】を継承しましょう!
    皆さんの活躍を心より応援しています!

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!

  • ◇◆◇【ビジョン:理想・夢念・大志】は<神愛の利殖>!

    ●<愛の利殖>(内村鑑三)
    われもし人に愛せられんと欲せば、
    われは人を愛するに若(し)かず。
    そは、わが与えし愛より以上の愛を
    われは人より受くることあたわざればなり。
    かくてわれは人より
    われ自身の愛を受くるにすぎず。
    しかもわれより出でし愛の
    一たび人を通過してわれに帰り来たるや、
    われはその、
    われより出でし元の愛にあるを知るなり。
    愛は貨幣のごとし。
    人の手に渡りて利殖す。
    愛に乏しき者は、
    これを与えざる者なり。
    人よりこれを要求するにとどまりて、
    これを人に分与せざる者は、
    ついに愛の守銭奴となりて、
    愛の欠乏をもって滅びん。

    私たちには≪神愛の利殖≫として心に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】があります。

    どんなに現実の私自身がスクルージのような守銭奴であっても、私の抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】の中は【神の愛=隣人愛】に満ち溢れているからです!

    皆さんが【ビジョン:理想・夢念・大志】による≪神愛の利殖≫で活躍されることを心より応援しています!

    ●汝のパンを水の上に投げよ、多くの日ののちに、汝再びこれを得ん
    (伝道の書11‐1)
    ●汝の真理を社会の中に投ぜよ、年を経て汝はその偉大な結果を
     見るを得ん(内村鑑三)
    ●真理は大木のごときもので、それを養えば養うほど、多くの実を結ぶ(ガンジー)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!

  • ■■<成功>の確信に導く【神の愛=主イエス】!■■

    ■<成功の期待>(内村鑑三)
     成功を期して進めよ、
     失敗を期するなかれ。
     万事をその最善において解せよ、
     最悪において解するなかれ。
     神の治め給うこの世にありて神を信じて事を成す、
     永久の失敗あるべき理なし。
     失敗は一時の現象なり、
     永久の事実にあらざるなり。
     「誠に善を行うに弛(う)むことなかれ、
      そはもじ倦(う)むことなくば
      われら時にいたりて穫り取るべければなり(ガラテヤ書6-9)」

    ★★★
    皆さんが心に抱く<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢・志】を目指す時に直面する
    様々な<失敗体験>にも、【神の愛=主イエス】が<成功:勝利の栄冠>に導く【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】で<最高!最善!最美!>の<試練:愛の特訓・オーディション&リハーサル>を体感して、
    <不屈の楽天・楽観力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊能活気力】で
    前進し続けることを心より応援しています!

    ●すべてのことは、あなたがたの益であって、
     恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、
     感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。
     だから、私たちは落胆しない。
     たとい私たちの外なる人は滅びても、
     内なる人は日々新たにされていく。
     なぜなら、このしばらくの軽い患難は私たちの内に働いて、
     永遠の重い栄光を、あふれるばかりに私たちに得させるからである(コリント後書4-15~17)
    ●神は神を愛される者と共に働いて万事を益となるようにして下さる(ロマ書8-28)
    ●私が来たのは、いのちを、あふれるほど豊かに与えるためです(ヨハネ伝10-10)
    ●キリストをあなたがもっていれば、あなたはもう裕かであり、不足を覚えることがないのだ。
     彼はみずからあなたのために慮(ハカ)り、人に望みをかける必要のないよう、万事につけての
     忠実な世話役となるであろう。まことに人間は直ぐに変ってゆき、たちまち、(あなたを)
     見捨てるものだが、キリストは永遠に(あなたの)傍を去らず、終りにいたるまで確固として
     守護されるのである(トマス・ア・ケンピス)


    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!

  • <<
  • 314 276
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順