ここから本文です
  • 1

    *****

    ・畿内説?九州説どっちが有力?
    ・女王卑弥呼とは日本歴史上の人物で誰にあたる?
    ・魏志倭人伝と古事記・日本書紀のつながりはあるのか?
    ・魏志倭人伝では邪馬壹國、後漢書倭伝では邪馬臺国とあり違いはあるのか?
    ・卑弥呼の鬼道とは?
    ・三角縁神獣鏡は卑弥呼が魏皇帝から賜った鏡か?

    みなさんで楽しく議論しましょう。

  • <<
  • 6644 6625
  • >>
  • いやいや、かれこれ4年前に、私が糞銀河に、宝島に家が7万戸も建つ土地がないだろさと、笑ってやったよ!

    その時の説明では、宝島から、鹿児島に引っ越して、卑弥呼の邪馬台国は鹿児島だと吠えていたぞ^_^

    わっはっは^_^

  • >>6640

    このころからginga123123はトカラ列島の宝島に7万戸も住めるはずはないということの矛盾に気づけていなかったのですよねえ。

  • >>6638

    間違っている二枚舌古田狂糞馬鹿患者ザラコクも、おたんこ nas と大差ないな!(嗤)

  • >>6637

    旁21国はどこか。

    他の所で書いておいたのですが投稿が多くなり埋もれてしまった。
    ここを借りて再掲載します。
    なお若干の訂正あり。

    ①斯馬国 シマ   筑前国朝倉郡志波しわ (朝倉市志波)
    ②已百支国イヒャキ 筑前国朝倉郡杷木はき (朝倉市杷木)
    ③伊邪国 イヤ   筑後国生葉郡 いくは (うきは市)
    ④郡支国 グンキ  筑後国上妻郡黒木くろぎ(八女市黒木町)  
    ⑤弥奴国 ミナ   筑後国三池郡 みけ  (大牟田市三池)
    ⑥好古都国ココツ  肥後国菊池郡 くくち (菊池市)
    ⑦不呼国 フコ   肥前国高来郡船越ふなこし(諫早市船越町)
    ⑧姐奴国 ソナ   肥前国彼杵郡 そのぎ (東彼杵町)
    ⑨対蘇国 タイソ  肥前国杵島郡多駄ただ?(武雄市)
    ⑩蘇奴国 ソナ   肥前国佐賀郡 さが  (佐賀市)
    ⑪呼邑国 コユ   肥前国小城郡 をき  (小城市)
    ⑫華奴蘇奴カナサナ 肥前国神崎郡かむさき (神崎市、吉野ヶ里町)
    ⑬鬼国  キ    肥前国基肄郡 きい  (三養基郡基山町)
    ⑭為吾国 イゴ   筑前国遠賀郡 をんが (遠賀郡遠賀町)
    ⑮鬼奴国 キヌ   豊前国企救郡 きく  (小倉南区企救丘)
    ⑯邪馬国 ヤマ   豊後国三毛郡山やま  (中津市山国町)
    ⑰躬臣国キュウジン 豊後国玖珠郡 くす  (玖珠郡)
    ⑱巴利国 ハリ   豊後国速見郡 はやみ (速見郡)
    ⑲支惟国 キイ   豊後国国埼杵築きつき (杵築市)
    ⑳烏奴国 ウナ   豊後国大野郡 おおの (豊後大野市)
    ㉑奴国  ナ    豊後国直入郡 なおいり(竹田市直入)

    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835208/42b79224f22bb6853d5936834e1d8bc2/1/120

  • >>6639

    三国志(中国)の記載。
    日本(古代)では、「55m/倭人里」を使用。
    邪馬臺(やまと)国(の前身)は、
    投馬国(とまや)・トカラ列島の宝島(君が代の鍾乳洞在り)。

  • >>6637

    また世間の皆様への説明です。

    >(nas)南水行10日陸行1月 これでは郡から邪馬台国まで辿り着けない。<

     三国志の記載では、大体「歩行1日200里」「車駕1日300里」「水行1日450里」(平均300~350里)だから、
     きちんと筑紫に辿り着ける。

    >せいぜいクヤ韓国。<

     七千余里だし、前述の平均300~350里から、
     クヤ韓国までで、20日~25日位で合っている。

    >そもそも郡から見てクヤ韓国、邪馬台国は東南にある。<

     東南もほぼ合っている。

     それで、nasは、筑紫説であった筈なのに、
     何故、こんな明らかにウソダマしがバレバレの投稿を書く必要や理由があったんでしょうかねえ?。
     
     そして、nasは、(南→東以外の)、
     「タリシホコ→推古」や「別種→同じ国」や「竹島尖閣→日本領」や「自衛隊や戦争法案→合憲」などの史料事実への曲解捏造の嘘吐きダマしのキョクウの大和説には、
     賛成していた。

     という事は、nasも実は、国家国粋のキョクウの戦争・・・・であったようであり、
     nasの「九州説」は、街頭サギシやオレオレサギシやハイエナやsagami noらがよくやる、
     「一旦善人ぶって九州説を唱えて、悪人ではないように見せて信用させておいて、その後でキョクウの大和説にこっそり転向する」というサギシであった、
     という可能性が非常に高い。

  • >>6637

    正しい行程

       七〇〇〇里 帯方郡治~狗邪韓国
       一〇〇〇里 狗邪韓国~対海国《対馬》
       一〇〇〇里 対海国~一大国【壱岐・魏の直接支配地】
       一〇〇〇里 一大国~末盧国《唐津湾界隈》
        五〇〇里 末盧国《唐津湾》(東南陸行)~★伊都国(いづら)《佐賀県小城市牛津町・港でもある・魏使常駐》
    《不彌国、奴国、投馬(国)、卑弥呼の都などは、伊都国(牛津)からの★放射状説を採る》
       一五〇〇里 伊都国(牛津)~水行十日《有明海を倭人が小舟で南下・「接女王国(女王国の国境)」の現八代市まで
    《計・万二千余里》……【八代市以北(「奴国・なら」の南・玉名市か熊本市以南)は、……
    …… …… …… ……通行不可の、不仲の卑弥弓呼の狗奴国(旧奴国→百済)ゆえの「水行十日」】
       「余(国内)」……「接女王国(国境)」の八代市から球磨川沿いを遡り、山越えして南下、
            卑弥呼の直接統治国「壹国(薩摩)」の都、隼人町姫城までが「余=陸行一ヶ月」=倭人の歩み。
    なお、伊都国・牛津から、水行二十日の投馬(国)・トカラ列島の宝島へは外洋船。

  • >>6633

    南水行10日陸行1月

    これでは郡から邪馬台国まで辿り着けない。
    せいぜいクヤ韓国。

    そもそも郡から見てクヤ韓国、邪馬台国は東南にある。

  • >>6629

    (倭)邪馬壹(やまい)国は、難升米の国。
    【邪馬臺(やまと)国】⇒【君臨者(蘇我氏)小野妹子(蘇 因高)の俀国へと】
    タリシホコ(卑弥弓呼・大海人皇子)の国は、狗奴国(旧奴国)即ち百済である。

  • >>6633

    「水行10日&陸行1月」とは、(港)伊都国(いづら・佐賀県小城市牛津町)から、
    有明海を水行10日現八代市着~球磨川沿いを遡り、南下して都(女王国・薩摩の隼人町)へが、
    陸行1月である。

  • >>6633

    また世間の皆様への説明です。

    >>(誰だったのか?知らんが)ところで邪馬◎国への道程。<

    >(nas)水行10日陸行1月、この読み方ですが、どうみても水行したあとで陸行ですね。<

     違う。
     nasは、
     「歴韓國、乍南乍東」という明らかな陸行記載を、「水行だ」と曲解捏造している・・・・サギシであるし、
     對海國と一大國の国内陸行での見聞記録も書かれている、という事も隠している。

    >合計だとする中国人は吾輩は知らない。<

     陸上にあったとしか考えられない郡からの出発時点でも、「陸行ではなく水行だ」、という妄想をするような、・・・・人間は、私は知らない。

    > 日本人でそう読む人は1人のアホとその追随者ぐらい。<

      日本人の中で、「水行したあとで陸行だった」しかない、と読む人は、
     大和説の・・・・アホ学者とその追随者ぐらいしかいない。

    >漢文の専門家でもいませんね。<

     漢文の専門家を自称する大和説学者らは、
     「南→東」や「タリシホコ→推古」や「別種→同じ国」などの、
     史料事実を曲解捏造する嘘付きダマしの・・・・だからね。

  • >>6629

    >ところで邪馬◎国への道程。

    水行10日陸行1月、この読み方ですが、どうみても水行したあとで陸行ですね。
    合計だとする中国人は吾輩は知らない。
    日本人でそう読む人は1人のアホとその追随者ぐらい。
    漢文の専門家でもいませんね。

  • >>6631

    cafea605さんへの横レスです。

    >卑弥呼が人物の名ではなく職の名、ローマ法王であるとかダライラマであるとか、そんな可能性はありませんか?<

     姫氏の松野連家系図には、呉王夫差からの断続的系図が書かれており、
     その中に、
     「鷲」と「刀良」という個人名の名前の間付近に、右注説明として、「卑弥呼姫氏也」と書かれています。
     という事は、個人名ではなく、称号であったようにも思えます。
     
     また、「漢委奴国王」の説明の左注がある熊鹿文と言う名前の人、の右注には「姓姫氏 称卑弥子 熊津彦」とも書かれており、
     他にも、「刀良」の次の代の人物として、「卑弥鹿文」という人が人名としても書かれていますから、
     「卑弥」は称号文字から人名文字に変化があった可能性もあります。

  • 卑弥呼が人物の名ではなく職の名、ローマ法王であるとかダライラマであるとか、そんな可能性はありませんか?

  • >>6629

    >(nas)三国志、宋書、後漢書、等々が「倭」なのに隋書だけが「俀」を使ってる。倭國が消えてしまった。そんな筈はないでしょう。<

     当然、「消えた筈」も「そんな筈」もない。
     隋書も北史も、「此後遂絶の後」での帝紀の記載では、きちんと「倭」や「倭國」という文言を使っている。
     
     旧唐書などに書かれたように、「倭國自悪其名不雅」だから、「倭國」という呼称を嫌がっていたのであり、
     だから、倭國全体は「日本國」とも称し、
     タリシホコの頃にはタリシホコの直接的支配国を「俀國」と称し、
     その他に竹斯國や秦王國などもあり、
     
     大和は、扶桑國と呼ばれていたらしいが、小野妹子が隋文帝に「日本国」と名乗って叱られたらしい。

    >ところで邪馬◎国への道程。どうみても、郡からの総合距離とは読めません。<

     郡→女王国は、途中の国間距離に、方四百余里の對海國と方三百里の一大國の、海岸沿いの陸行距離を加算すれば、「自郡至女王國萬二千餘里」にほぼピッタリ一致する。

     「消えた筈」であったり「読めなかったり」するのは、全て、nasのアタマがおかしいか?、思想宗教にクルって「結論先にありき」になっているか?、なんでしょう。

  • >>6627

    三国志、宋書、後漢書、等々が「倭」なのに隋書だけが「俀」を使ってる。

    倭國が消えてしまった。

    そんな筈はないでしょう。

    ところで邪馬◎国への道程。

    どうみても、郡からの総合距離とは読めません。

  • >>6627

    また世間の皆様への説明です。

    >(nas)「北史」と「隋書」は中身がそっくりですね。そこに出て来る倭國と俀國、どう折り合いをつけて説明付けるんでしょう。これはもう吾輩の頭では理解不能。俀が倭の間違いだとすれば分かり易い。<

     北史南史の筆者の李延壽は、隋書の編集における「魏徴らの中に参加」していた筈であり、
     だから、北史も、隋書と全く同じく、「(帝紀の)倭國と、(俀國伝の)俀國の書き分け」をしていたのです。
     
     しかし、気を付けなければならないのは、
     天誅が記載したらしい「漢籍の書棚」では、
     隋書と北史の「俀」を、全て「倭」に書き変えられており、「俀」の文字であった事が一見判らなくなるように仕組まれており、
     僅かにこっそり、隋書と北史の後の欄外の注に「倭、原作 tai[イ妥]」と書いて、言い訳をしているんですよ。

  • >>6625

    「北史」と「隋書」は中身がそっくりですね。

    そこに出て来る倭國と俀國、どう折り合いをつけて説明付けるんでしょう。

    これはもう吾輩の頭では理解不能。

    俀が倭の間違いだとすれば分かり易い。

  • >>6625

    また世間の皆様への説明です。

    >(nas)「隋書」にでて来る俀國とやらは倭國の後裔なんですかね。<

     史料事実では、違う。
     列島倭人の全体を倭國として、
     その中の九州の、竹斯國や秦王國から阿蘇山方面への間の、
     10日位のところにある邪靡堆に都する盟主國を「俀國だ」としている。

    >魏志の邪馬壹国を隋書では意図的に後漢書では邪馬臺国に書き換えたとする人がいる。 別の国の事なんですか。<

     史料事実では、別の国。
     5世紀に大倭王が居する(小さな)邪馬臺國は、3世紀には、7万戸の(大きな)邪馬壹國の中に含まれていた。
     ひょっとしたら、3世紀の邪馬國が5世紀の邪馬臺國。

    >ならば、俀国とは倭國の書き換えなのか。<

     違う。隋書は、(イ妥國と此後遂絶になった後)帝紀では「倭國」と書き分けている。

    >すると倭國は何処に行ったのか。<

     九州から常陸までの地域のまま。

    >全く書いてないのは余りに奇妙。日本書記と突き合せると、使者は大和に来ている。<

     書紀は、隋書を盗用造作しており、信頼性は全くない。
     釈日本紀引用の延喜講記では、中国が使者を大和に派遣して、「日本国という国号を承認した」のは唐初の「武徳中」だった、とはっきり書き分けている。

    >古文書をほぼありのままに編纂したのが日本書記。<

     古文書から、大和が天地開闢以来列島盟主になる事を約束されていた、という事になるように、記載を取捨選択盗用造作して編纂された。

    >捏造するなら、もっと辻褄が合うように書くでしょう。<

     歴代中国史書群などや列島考古や地理と、余りにも辻褄が合わないから、盗用造作がばれてしまった。

  • >>6623

    「隋書」にでて来る俀國とやらは倭國の後裔なんですかね。

    魏志の邪馬壹国を隋書では意図的に後漢書では邪馬臺国に書き換えたとする人がいる。
    別の国の事なんですか。

    ならば、俀国とは倭國の書き換えなのか。
    すると倭國は何処に行ったのか。
    全く書いてないのは余りに奇妙。

    日本書記と突き合せると、使者は大和に来ている。
    古文書をほぼありのままに編纂したのが日本書記。
    捏造するなら、もっと辻褄が合うように書くでしょう。

  • <<
  • 6644 6625
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順