ここから本文です
  • 1

    *****

    独り言をどうぞ。

  • <<
  • 80234 80213
  • >>
  • 80234(最新)

    val***** 2月23日 23:08

    SBNMYKさん

    よもやお返事を頂けるとは思っていませんでした。まして、あのようなリスクを冒してでも敢行するほどのことでしょうか。普通なら、あの方法ではやりませんし、あんなことをされているとお客様が知ったら大変な問題になりかねません。

    でも、貴女はやっちゃいましたね。貴女の思い描くストーリー展開を邪魔した者たちへの復讐なのでしょう。したがって私共、下々の者は、貴女の下僕にならざるを得ません。

    貴女は多くの人、少なくとも私が望んでも叶えることのできない社会的地位と経済的安定を手に入れられています。その幸福を噛みしめることはできませんか。そしてできれば、その幸福を下々の者に少しだけ分け与えて頂きたい。でも、貴女はそれを許さないでしょう。それゆえ、今日はお休みを取られたのだと思っています。

    40代後半独身女。

    ステレオタイプは賢明とは言えませんが、お局様とか更年期のヒステリー?などと揶揄されることのないよう日々お勤めされることを願っております。

  • 時は金なりという言葉をご存知ないのでしょうか。
    誰にでも同じだけの時間が与えられています。
    でも、その時間の使い方は人それぞれです。
    「なぜ、こんなトラブルが生じたのか。私はこう言ったのに貴方はその意図を汲んでくれなかった。
    それゆえ、こんな不具合が生じている。にもかかわらず、貴方は不具合は解消したと言った。ウソを言っては困る。」
    そんな言い草でしたよね。
    貴女の雲をつかむような言い方を、可能な限り好意的に解釈し、私どもは最善の策を講じました。
    少なくとも、当事者であるお客様にご迷惑をおかけした事実は今のところありません。
    でも、貴女にとっては気に食わないのですよね。

    ここ数ヶ月、貴女に過分のストレスが生じていることは容易に想像できます。
    が、それと同等のストレスを私たち、いえ、お客様が感じられていることは、普通の社会常識のある人間であれば耳目に入っていることです。

    にもかかわらず、貴女は昨日から今日まで、まる1日を、ご自身の自己愛を満たすためだけに費やされましたね。

    私たちのボスが掲げられた目標を貴女は理解していますか。

    理解することで貴女の立場が危うくなることも、これまた理解できますが、これは時代の流れにおいて避けることができない事象なのです。

    貴女は今頃、貴女の自己愛を満たすための「原稿書き」に勤しんでおられるのでしょうか。私が貴女に「ペーパーを寄越せ」と申したのは、書くことで貴女自身が気づいていない自己矛盾を自覚してもらいたいと思ったからです。

    明日、またはそれ以降、本当にペーパーを寄越したのなら、貴女の自己愛性パーソナリティは相当なものです。逆に、貴女が自らの自己愛性に気づき、ペーパーを寄越すことをやめたとしても、時間を無駄遣いしたことに変わりはありません。

    それなりに優秀な人だとは思いますが、その優秀さを発揮する方向性を間違っておられるように感じます。どうぞ、明日以降の貴女が、自らに課せられたテーマを再認識されますように。

    SBNMYKさんへ

  • [おんねんか?]

    私も、そうだけれど、他の人達がどう思っているかは、分かりませんが、

    人は、(自分は、)無意識に、他者との間に、壁をつくります。例えば、

    わたしだったら、こう思う。と、云うのは、別に、主観的に、感じたり、

    考えたりする事なので、自然な事だと、個人的には、思います。

    只、価値観は、人類に、普遍的な物が、存在するかは、全く、不明です。

    自分が体験して、身に付けた価値観でも、今現在、その価値観が、逆に、

    自分自身を傷つける要素が有るのなら、柔軟に、なれた方が楽かも知れま

    せん。

    価値観は、そもそも、其れを主観的に、感じて、他者に、プラスの共感を、

    もたらす場合に、有益な効果は、有りますが、例えば、ロミオとジュリエット

    の様な悲劇を、うみだす事も有り得ます。

    壁をはさんで、其処に、おんねんか?...おんねん。と、逢えたハッピーエンド

    の方が、個人的には、好みでは、有りますが、価値観は、時には、怨念化

    して、様々な災厄を招く場合も、有るでしょう。只、怨念から、素晴らしい

    芸術作品が、生み出される場合も有るから、全部が、一様に、答えが、

    有るわけでは、ないでしょう。

    それにしても、(わたしは、関西弁は、面白いと思うのですが、)例えば、

    「我々は、宇宙人だ。」と云うフレーズは、関西弁だと、「お前達は、

    宇宙人だ。」と、別の言葉で、意味の違う他者との壁をつくった言葉に、

    為るかもしれません。宇宙人は、おんねんか?おんねん。と、云う人達も、

    いると思います。

  • 高橋みゆきさん(仮名)、今日も残業ご苦労様です。
    残業だけでなく、早出もしておられますよね。
    で、まさかまさか早出残業の超過勤務を申請しているんじゃないでしょうね。(申請しないことも、これまた問題!)
    いえ、やむなく残業になった際は私たちも申請しておりますし、それは無条件で還元されております。
    けれども、貴女が言うところの「お勉強」のために、早出残業を余儀なくされることで困るのが誰だかわかりますか。
    第一に貴女が統率しているグループのメンバー、いえ、実際には「お客様」が困ることになるのです。
    私たちにとってのお客様が誰だかわかりますか。そして、私たちがこの仕事を頂ける理由を自覚されていますか。

    昨日の貴女は、貴女が失敗を恐れるあまりの失態でしたね。
    明日はバーテン風ですか? それとも、ピエロ風?

    常に前のめりの貴女を尊敬しないではありませんが、余りにも痛々しく感じる今日この頃です。

  • あれ? 投稿したはずが消えている。なので、記憶を頼りに再掲。

    何が楽しくてあんなことを書くのでしょう。
    百歩譲って書くことは構わない。
    でも、感動するほどのことだろうか。
    感動する自分に酔っているだけじゃないの?

    ついでに補足。

    聖地を土足で踏み荒らすな。

  • [真っ暗な世界]

    大昔、灯りは、蝋燭だけだった時代は、夜は、満月じゃないと、かすかな

    灯火が、点在しているだけだった。都と云っても、真っ暗な世界だった。

    其れは、清少納言が、御隠れになられた丁度その頃だった。

    都では、不吉な声を聞いたと云う者が、後を絶たなかった。其れは、

    何でも、「背小さな子おんねん?」「背小さな子おんねん?」と、

    夜な夜な、徘徊していたと言うものだった。こんな人は、現代だったら、

    職質をされている可能性が高いけれど、当時は、鬼の所為にされていた。

    ところが、其れは、唐から送られた鳥が、逃げ出して、誰かの会話を

    真似していたそうな。兎も角、女性は、小さい方が昔から、モテていたかは、

    また、背小さな子の怨念を誰かが恐れていたとしても、其れは、全て、

    私の作り話なので、多分に、私の嗜好性は、反映されているかどうかも、

    分かりません。

    只、水子供養は、したことは有りません。

  • [星将ネンの悟り]

    或架空の人物は、気付いたのか、きずついたのかは、わからない。

    少年の頃から、背の低い事を気にしていたネンは、上手くいかない時は、

    何時も、誰かの所為に、していた。あんたのせいじゃ?と、自分の師匠にも、

    かみついた。せいが違う?名前等にも、文句を付けた。

    少年は、よく、人のせいにして、自身が上手くいかない事を、誤魔化すのだ

    が、大きくなると、背も伸びて、オレの所為だ。悪かった御免!と、云える

    様になるかは、ひとそれぞれなんだろう?

    こうして、ネンは、世代をまたいで、続いていくのかも、しれない。

    またいで、何してるかは、想像の世界です。

    星将ネンが、気付いたのは、今現在でも、完全に、客観的に、全てを見通す

    術は、何一つなく、其々の主観が、先立つ要素に、なっている事だったか、

    は、わかりません。

    逆は、わからない。例え、全て、自然に逆らえないとしても、個人個人の

    行為の結果が、別の世界をうみだすのかは、果たして定かではない。

    自然にかわりえるかは、思い込みかは、わからない。

  • 相変わらずつまんない毎日だ。
    「青少年の主張」みたいな原稿を連日読まされるのはたまらなくウザい。

  • 死んだ方がましかどうかはわかりません。
    でも、このまま目覚めることがなくてもいいから安らかに眠っていたいと思う。
    休日? 何それおいしいの?
    土曜日は燃えるごみの回収日。
    「朝、8時までに所定のステーションに指定袋で出すこと。前夜から排出することはおやめください。」
    ゴミ出しだけのために早起きするのは悔しいから何年も前から土曜日も仕事を入れるようにしていた。
    でも今は、土曜日ぐらいは休みたいとつくづく思う。
    土曜日がダメなら、せめて日曜日は、休みでなくてもいいから朝寝坊したい。
    朝寝坊できなくてもいいから、ささっと支度をして仕事に出かけたい。
    なのに、ごそごそと起きてきて、パンは? コーヒーは? と言いたげにチャンネルをBSに合わせる。
    (時計代わりにテレビを観たいのに、BSなんて・・・)
    今日はどこに行くの? 何時に終わるの? 昼飯は何かあるの?
    何と返事をすればいいのだろう。

    無駄遣いをしているんだろうな、とは思う。
    一定のクォリティを求めたら、結構なお値段。にもかかわらず、チェックアウトは10時。
    あと1時間遅ければゆっくりできるだろうけど・・・
    でも休みたい。自然に目覚めるまで眠っていたい。
    もし、寝坊してオーバーステイになっても、多少の超過料金を出せる余裕はありそうだ。
    眠りたい。休みたい。目覚めなければいいのに。

  • [言葉なのか、源なのか、]

    多くの人達は、気付いているかも知れないけれど、言葉は、其のままの意味

    が、有るだけではなく、別の意味合いも含んでいる。其れは、全く、正反対

    の意味が、ある場合も多い。もしかしたら、言葉ではなく、物事の特性が、

    素から、そう云う要素から、成り立っているから、かもしれない。

    だからこそ、文面だけで、判断することは、難しいし、適切ではない事は、

    多いかもしれない。

    よくすることは、何か意味が有るんだと思う。其れをしているときは、無心

    の様に、只、感じていただけの事かも、分かりません。逆に、くよくよ、

    感じていた時は、ふかく考えていた様に、気がしてしまうだけの事で、

    何事も、片付いていない場合かも、しれません。逆の方が、気持ちは、楽

    だと思います。

    くよくよ、考えていた事が、よくよく、考えたら、実に、下らないことで、

    (下らないことは、重要だと思うんだけど。)、問題は、文字の並び方かは、

    解りませんけれど、先に、動機付けが、単純な方が、後は、気にならない、

    場合も有り得ます。

    よく、物事は、押し引きだとか、云いますけれど、視点を自由に変えたら、

    ある人は、押し引きをしているつもりでも、端から見ると、ごり押しを、

    しているように、みえてしまって、又、ある人は、押し引きをしている

    つもりでも、引っ込み思案にみえてしまうかも、しれません。

    フィルターは、自分自身を通しているからかもしれません。でも、

    押しているのは、別の部分で、見方を変えれば、引いている事なのかも、

    知れないので、言葉が、そう云う要素を、反映させているからと、逆に、

    断定する事も出来ないかもしれません。

    だから、私の駄洒落が、よくできているのではなくて、自然が、よくから

    つくられている場合も有るかもしれません。

  • 一日でも長く生き延びたい、かー。
    そんなふうに思える人は、生きていてよかったと思うことが多かったか、その思い出が実り多いものだったからなのだと思う。
    一日でも長く先生の患者でいたいとは思うけれど、それは長生きを望むこととは違う。
    勤務医である先生の患者でいられる年月には限りがあるからだ。

  • 高橋みゆきさん(仮名)へ

    おそらくアラカンじゃないかと思われる貴女の頑張りように、私たちは心の底から感心しております。でも、私たちは、しょせん派遣なのです。お時給分以上の仕事を要求することは「やりがい搾取」となってしまいます。

    もちろん、貴女個人が身を粉にして知力体力労力・・・を振り絞り、お客様のために邁進されることは誰も止めません。けれども、あれだけの数のスタッフがいれば、貴女と同等にボランティア精神にあふれた人ばかりではなく、家事育児介護、その他諸々の任務のための資金稼ぎ、或いは息抜きのために働いている人がいるということが想像できませんか。そして、その不満を口に出せないことを・・・

    斯く言う私は、いつ終わるとも知れない闘病生活の糧として取りあえず、がんばれば3年は雇ってもらえるこの職場を与えてもらうことができました。けれども、貴女の要求するレベル、というか、貴女のご機嫌取りのために心を砕き、がんではなく、ストレスによる疾患で病に倒れたり死を迎えることは本意ではありません。

    もしかすると、貴女は私をライバル視しているのかも知れませんが、残念ながら私の眼中に貴女はありません。ただの同僚です。

    もうすぐ日が変わります。明日からは私乃至、私と志を同じくする者を貴女のしもべと見なすのは一切やめてください。そして、貴女は、貴女のスペックに合致した企業家なり、活動家なり、政治家なりの道を目指してください。

  • 休みがほしい。
    とにかく休みたい。
    できれば旅行に出たいが、まずは朝寝坊だけでもいい。
    でも、仕事が休みでも休めないかもしれない。
    だから、予防線を張るためにも仕事は可能な限り受けている。
    楽で儲かる仕事ではないが、療養生活の励みにはなる。
    でも、いくら何でも忙しすぎる。
    心が亡くなりそうだ。
    休みたい。
    休みがほしい。
    起こされずに済む朝を迎えたい。
    自然に目覚めるまで起こさないでほしい。
    早朝から大音量でテレビやDVDを観ないでほしい。
    「朝のパンは?」と言わないでほしい。
    「昼飯どーする?」って言わないでほしい。
    「夕飯の買い物は?」「夕飯は何?」・・・
    休みたい。
    眠りたい。
    お腹が空いたから何か食べよう。そんな食事時間にしてみたい。

    くだらないメッセージはよこさないでほしい。
    返信が遅いと言って怒らないでほしい。
    返信が事務的だと叱らないでほしい。
    もう疲れた。
    休みたい。
    眠りたい。
    ごみ出しのために早起きするのが嫌だ。
    他人が散らかしたものを片づけるのが苦痛だ。

    休みたい。
    眠りたい。
    なぜ麻酔から覚めさせてくれたのよ。
    ずっと眠っていたかった。

  • 睡眠障害に苦しんでいます。

    「会社に早く復帰しろ」って言うけど、3時間しか寝れないし。
    足りないから昼に寝てるって言うと「昼寝してるのか!」ってさ。

    想像で悪い方向に考えないで欲しいよ。

  • 私は精神障がいがあり、会社勤めなどまともに就労することができません。

    昨年はクラウドソーシングなどを通して細々と仕事をしていましたが、鬱状態が悪化し、結局やめてしまいました。

    でも今年は、ブログを書いて収入を得ています。

    「Steemit」というところです。

    クラウドソーシングでのブログ記事を書く仕事だと、せいぜい1記事50円です。Steemitでは良質な記事を書けば、1記事1000円以上になることもあります。

    日常生活や、趣味のこと、仕事のこと、グルメのこと、その他なんでも書いてほしいです。

    世界中から利用者が集まっているのですが、日本人利用者が少ないため、日本の方にももっと登録してほしいです。

    いつまでも会社で働くことに縛られず、自分にとって生きやすい生き方をしてみませんか。

    Steemitで生きやすくなればと思います。

  • 何てつまんない仕事なんだろう。

    新システム導入初日とあって、ある程度のトラブルは予想されたが、それにしても稚拙すぎる。
    建設的・前向きに対処するならともかく、互いに責任を擦り付け合うだけで、結果的に3時間以上の残業。

    時給制だから給与に反映されるし、体力的にきついわけではないが、あまりにつまらなすぎてビョーキになりそうだ。

    でも、あのビョーキはもうぶり返してほしくない。もっと面白おかしいことを綴っていたい。

  • [一年の抱負]

    一年の始まりに、神社や、お寺で、多くの人がお祈りや、一年の抱負を、

    祈願していますが、現実的なお祈りをしている人は、多いのだろうか?

    少し疑問が有ります。

    受験勉強をちゃんとしている人が、合格祈願したり、するのは、分かります

    が、チャラチャラしてた人が同じ、祈願をしていても、希望が、叶う

    可能性は、低いと思います。

    結婚適齢期の女性の結婚祈願は、可能性は高いと思うけれど、少し年齢の

    高い方だと、(フェミニストに叱られるかも知れませんが、)可能性は、

    低くなると思います。

    年中寝たきりの人が、今年の抱負で、世界的に大成功を祈願したら、

    此れは、温和な神様、仏様でも、怒りだすかもしれません。

    そう云う人は、皆が幸せになれますように、と祈願した方が、もしかしたら、

    神様、仏様は、慈悲の心を持ってくれるかもしれません。

    どんなに、活躍している人でも、だいそれた事を祈願しても、成功する

    見込みは、少ないでしょう。神様、仏様は、許してくれないでしょう。

    皆さんは、どんな願い事をしたのでしょうか?今年こそ、年末ジャンボ

    が、当たりますようにと願っても、神様、仏様は、簡単には、叶えて、

    くれる筈は、有りません。

    希望を持つのは、良いことですが、無理難題を、神様、仏様に、頼んでも

    御利益はないと思います。出来そうな、又は、叶えられそうな、願い事を

    した方がいいかもしれません。私は、長年願い事は、していなくて、

    只、無心で、手を合わせるだけです。

  • >>80216

    [間違えた。]

    記憶を素にして、かいてる事も有るので、当然、間違いは有ります。

    作家さんと作品名の引用元を間違えました。正しくは、「おまたかおる」

    に、出てくる主人公のお母さん役が、世良千代さんだった。

    画が似ていたので、記憶の中で、複写されちゃったのかもしれません。

    其から、「カレーは飲み物」の元祖は、ウガンダさんだった。

    最近は、下調べが、少し足らなくなっていました。

    Google先生は、忘れていた事も、訂正する術も、与えてくれているので、

    重宝しています。

    もしかして、作画さんは、調べていないので、分かりませんけれど、作家

    さんは、別々でした。

    何か、書くかは、気を付けないと注意する点に、重心を置かないと、駄目

    だな。(自分自身に反省)

    しかしながら、ネタとしては、間違いも、え~ネタに、する事だ。

    只、其れは、単なる下ネタだった。

  • [何かいってみる。]

    最近、ネタもワンパターン化しているからなのか、又、なんの捻りのない話

    を思い付きました。

    今から、話すのは、架空の話です。

    何時も、恋人募集中だと言っているギリギリ結婚適齢期(何歳かは、人に

    依って様々ですが、)のチョッと可愛い女性、名前は、瀬良千代(はげしいな

    桜井くんの登場人物の漢字を変えただけですが、)彼女は、合コンで、

    中年のさえない男性、名前は、川上大五郎(適当に作った名前です。)から、

    猛アタックされて、内心は、私ってまだまだ十分、いけてると思っていた

    のに、仲の良い友人に、その人は、どうなのと聞かれたら、

    え~、川上さん無理、川上さん無理、川上さん無理...。と言っていたら、

    つい、咬んでしまい。何と言ったのかは、読者にお任せしますが、

    友人の失笑をかってしまいました。

    かわかむりさん無理、と言ってしまったかは、読者の想像力に、任せます。

    苦手な人がいるのは、仕方ない事ですが、何処かで、悪口を言っていた時に

    たまに、墓穴を掘ることは、有り得ます。

  • 注目を集める?
    例えばもじゃもじゃ頭でメディアに露出するとかウィリス・タワーのザ・レッジで撮った写真をプロフィールに載せるとか?

    だとしたら、方向性が違う。

  • <<
  • 80234 80213
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順