ここから本文です
  • 日本の歴史学者が指摘、危機に陥る日本政府の歴史認識=「南京大虐殺を記憶から抹殺する動き」―中国紙 配信日時:2014年11月27日 5時30分

     25日、日本の歴史学者で都留文科大学名誉教授の笠原十九司氏は警告を発した。
     2014年11月25日、日本の歴史学者で都留文科大学名誉教授の笠原十九司氏は、「日本の歴史学界においては、『南京大虐殺は存在した』というのが定説だ。だが、日本の右翼勢力は、南京大虐殺を真っ向から否定し、南京大虐殺という史実を、『国民の記憶』から抹殺しようとしている。日本政府の歴史認識も、そのような動きに引きずられて危機に陥っている」と警告を発した。揚子晩報が伝えた。
     日本の歴史学界で南京大虐殺史研究の大御所的存在である笠原氏は、次のように指摘した。
    かつて長い時期にわたり、日本政府は南京大虐殺事件を徹底的に抹殺し、忘却しようとした訳でもなく、国民の記憶に焼きつけようとした訳でもなかった。これは、政治問題や歴史問題において、日本政府が極めて曖昧な態度を取り続けてきたことの典型的な例だ。だが、今の日本は、右翼勢力の主導のもとで、南京大虐殺を国民の記憶から抹殺しようとしている。
     今の日本では、歴史教科書検定の際に、南京大虐殺の記述について、意図的に簡略化、否定、削除する方向に向かっている。「文部省-教育委員会-学校管理層」という教育管理体制のもと、日本はこの傾向を強め続けてきた。つまり、南京大虐殺について教えることが「自虐化」「政治化」し、事件の内容を簡略化して教えるよう学校に要求し、国民が南京大虐殺の存在を知ることを阻止することによって、史実を国民の記憶から抹殺するよう図っている。
     日本政府はなぜ、南京大虐殺を否定することに躍起になっているのだろうか。笠原氏は、この点について、「南京大虐殺は、日本による中国侵略戦争の事実と危害を及ぼしたことについての動かぬ証拠である。平和憲法を改正するという目的を達成するために、南京大虐殺を否定し、さらには侵略戦争を否定する。これが、安倍首相をはじめとする歴史修正主義者らの企みだ」と指摘した。
     また、笠原氏は、「現在の日本の民主主義は、危機に陥っている。同じように、日本の侵略戦争に対する国民の認識も、危機に陥っている。南京大虐殺や慰安婦などの歴史的問題において、日本は国際社会から、広く激しい非難を受けた。これは、ひとつの国家にとって、正常な現象とはいえず、戦争中の国際社会での日本の振る舞いを想起させる。このような傾向は、日本にとって大きな危機的状況といえよう」との見方を示した。
     そのような危機的状況のもと、目覚めた多くの日本人が声を上げ始めたことは、大変喜ばしい。笠原氏は、「『南京への道・史実を守る会』に参加している多くの日本の若者は、右翼勢力が南京大虐殺という史実を否定していることを積極的に批判し、南京大虐殺を否定する『妄言』を放つ一部メディアの無責任な態度を抗議している。このような動きが持つ監督・矯正作用はかなり大きい」と話した。
     中国政府は今年12月13日、南京大虐殺の犠牲者30万人を含む、中国侵略日本軍に殺害されたあらゆる中国人同胞を弔うための「国葬」を初めて執り行う計画だ。笠原氏は、「この行事は、国家としての歴史的責任を担う中国政府の姿勢を表現するものであり、非常に大きな歴史的・現実的意義を有している。同時に、日本が史実を再認識するための、新たなきっかけともなるだろう」とコメントした。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/武藤)

    ・この文書に対する反論は逐次する積もりだ。

  • <<
  • 9 1
  • >>
  • >中国政府は今年12月13日、南京大虐殺の犠牲者30万人を含む、中国侵略日本軍に殺害されたあらゆる中国人同胞を弔うための「国葬」を初めて執り行う計画だ。笠原氏は、「この行事は、国家としての歴史的責任を担う中国政府の姿勢を表現するものであり、非常に大きな歴史的・現実的意義を有している。同時に、日本が史実を再認識するための、新たなきっかけともなるだろう」とコメントした。
    ・30万人と言う膨大な死者は何処に埋められたのだろう。
     遺骨は出て来たのだろうか。聞いた事が無い。
     中国は言うなら、こういったものを目前に出さなければ説得力がないだろう。

  • >そのような危機的状況のもと、目覚めた多くの日本人が声を上げ始めたことは、大変喜ばしい。笠原氏は、「『南京への道・史実を守る会』に参加している多くの日本の若者は、右翼勢力が南京大虐殺という史実を否定していることを積極的に批判し、南京大虐殺を否定する『妄言』を放つ一部メディアの無責任な態度を抗議している。このような動きが持つ監督・矯正作用はかなり大きい」と話した。
    ・見方によれば、あるいは立場の違う人達には、妄言を放っているのはあなただと言うでしょう。何もしらない若者は聞いたことに感化されやすいものだと言う事を忘れたらだめよ。大御所の歴史家さん

  • >また、笠原氏は、「現在の日本の民主主義は、危機に陥っている。
    ・もともと、借り物の民主主義なんだから危機に陥っているもなにもないのだ。笠原さんは日本の民主主義を買い被っているのでしょうか。

    >同じように、日本の侵略戦争に対する国民の認識も、危機に陥っている。
    ・戦ったアメリカの高官が日本の自衛の戦争だったと言っていますよ。

    >南京大虐殺や慰安婦などの歴史的問題において、日本は国際社会か
    ら、広く激しい非難を受けた。これは、ひとつの国家にとって、正常な現象とはいえず、戦争中の国際社会での日本の振る舞いを想起させる。このような傾向は、日本にとって大きな危機的状況といえよう」との見方を示した。
    ・中国から証拠になる資料が出るのを待ちましょうね。

  • >日本政府はなぜ、南京大虐殺を否定することに躍起になっているのだろうか。笠原氏は、この点について、「南京大虐殺は、日本による中国侵略戦争の事実と危害を及ぼしたことについての動かぬ証拠である。平和憲法を改正するという目的を達成するために、南京大虐殺を否定し、さらには侵略戦争を否定する。これが、安倍首相をはじめとする歴史修正主義者らの企みだ」と指摘した。
    ・それはね。中国が何かの目的で持ち出すから、日本はそれに対応していると言う事だと思われます。なにも、南京大虐殺を否定しているからって証拠になりません。
     南京虐殺はアメリカが日本との開戦に持ち込む口実として作り上げて利用し、プロパガンダとして喧伝したと言う考えもあることですし。

    ・日本は蒋介石中華民国と戦争をしていたのだ。そして、南京まで追い詰めた戦争だったのだ。
     中国大陸で毛沢東と戦争をしていた分けでは無いでしょう。今なぜ中華人民共和国が持ち出すのでしょう。国共内戦をやっていたくせに。

  • >日本の歴史学界で南京大虐殺史研究の大御所的存在である笠原氏は、次のように指摘した。
    ・誰が書いたかこんな所に「大御所」なんて言ってはだめよ。

    >かつて長い時期にわたり、日本政府は南京大虐殺事件を徹底的に抹殺し、忘却しようとした訳でもなく、国民の記憶に焼きつけようとした訳でもなかった。これは、政治問題や歴史問題において、日本政府が極めて曖昧な態度を取り続けてきたことの典型的な例だ。だが、今の日本は、右翼勢力の主導のもとで、南京大虐殺を国民の記憶から抹殺しようとしている。
    ・「忘却しようとした訳でもなく、国民の記憶に焼きつけようとした訳でもなかった。」と書いておきながら「右翼勢力の主導のもとで、南京大虐殺を国民の記憶から抹殺しようとしている。」 これでは、一部の右翼が国民の記憶から抹殺しようとしていると言う事なのね。一部を取り上げて騒ぐのはプロパガンダと思われかねませんよ。中国の手先と思われてしまいますよ。歴史学会の大御所さんが、こんな事では困ります。

  • >25日、日本の歴史学者で都留文科大学名誉教授の笠原十九司氏は警告を発した。
     2014年11月25日、日本の歴史学者で都留文科大学名誉教授の笠原十九司氏は、「日本の歴史学界においては、『南京大虐殺は存在した』というのが定説だ。だが、日本の右翼勢力は、南京大虐殺を真っ向から否定し、南京大虐殺という史実を、『国民の記憶』から抹殺しようとしている。日本政府の歴史認識も、そのような動きに引きずられて危機に陥っている」と警告を発した。揚子晩報が伝えた。

    ・ 定説となった経緯を書かないとね。警告も出来ないよ。
    これだけのカキコでは、あなたの言う史実は伝聞に過ぎないです。

  • >日本の歴史学者が指摘、危機に陥る日本政府の歴史認識=「南京大虐殺を記憶から抹殺する動き」―中国紙

    個人的には、もとより記憶にないものを抹殺することは無理な相談だ。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア