ここから本文です

迷い人の隠れ家

  • 24,119
  • 0
  • 2017/02/21 23:17
  • rss
  • 1

    *****

    つぶやきたい

    ただつぶやくだけ

    日々の想い、心の彩、移り

    溢れる言葉

    知らず知らずに流れる涙

    自分なのに自分じゃない自分


    ここに書かせてください

  • <<
  • 24119 24098
  • >>
  • 24119(最新)

    007 2月21日 23:17


    ミラボー橋の下をセーヌが流れる
    鐘が鳴る 日が暮れる
    鐘よ鳴れ 日も暮れよ

    ミラボー橋の下をセーヌが流れる

    あなたも年齢を重ねた
    ボクたちの十年は過ぎた
    セーヌの流れは止め処ない

    あなたは若くて美しくて

    人生なんてなんの責任もないんだ
    ぼくたちは「若くて美しかった」

    ああ そうだね
    「さよならだけが人生だ」

    さよなら

    さよならミラボー
    さよならセーヌ

    .

  • ミーアキャットの娘が恋をして で、男に逃げられ
    自分は群れから追い出される…
    ひとり暮らしの苦労をさんざん味わって やせ衰え…

    いつか群れに戻ってた よかったよかった

    それで、ボクは「ヤマサク」さんより「やまさく」さんの方が好きでして
    確か銀行の事務員さん
    とある店がありまして マスターはとおる氏 
    お仲間は他にジュンジュンさん
    あとエト、ロシアのヒコーキ「アントロノフ」好きなタナピョン
    ボクはこの「店」が好きだったですね
    最も永くお話させていただいた方は「アン」さん

    お知り合いの方、ほかにも大勢さんいます


    ボクはフェミでして知り合うともう恋人 すぐ結婚したくなる
    ジャンジャン

    多情多恋愛のセクスレス 多分結婚しない


    金ジョンナム氏のご冥福を祈ります

    .

  • >>24113

    すいません!

    人違いでした、謝罪します。

    ご自由に書き子してください。


    m(__)m

  • >>23223

    >>【Re: 外苑の桜】
    >>その人は多分、uzurakinchakuさんがgaien_no_sakulaさんの別ハンドルだと勝>>手に勘違いしただけだ。怒っていい。

    うるせ~~よん♪

    平和の注射うってやるようん♪

    で?なにが言いたいんだよ?こらwww

    取り合えず、おいらが、ここのトピ主だなwww

    まずは、桜呼んでこいよん♪

    遊んでやるからよん♪

  • 死後の世界とかあの世、前世来世などないと思う 思っていた
    でも「この世」になら、それに近いものがあってもいい
    「念」だろうか
    夢の世界は異次元世界で 極小ながら一つの宇宙だろうと思う
    脳内だけれど、そこには縦横高さの次元を代行する神経細胞ネットワークがある
    更に「時間」はある
    時間は今やDVD、HDDドライブ装備のビデオレコーダーがあって、
    これなら自分で録画した番組の「時間」は自由に操作できる
    「夢は不思議なことに現実とリンクしている」
    「この世の因果を夢で応報する」

    生きることは苦しいけれど幸せでなければならない
    不満不足の念があって それが脳内で生きてドラマチックに収める収める
    現実世界だけど脳内次元 それで果たせぬ思い迷い悩みを収束する
    そんな世界がある あって欲しい

    アルアル 五次元 フフフ ドレミファソラネコー ドシラソファミレユメー


    .

  • 先日のNHKBSで 石原○子さんの「武田武士」、良かったね
    詩吟もあって 歌も上手く 声 フシ 心 みんなよかった

    カラオケも一つの人生の姿を現すだろう
    発表会とかあって 経済的にも社会に貢献
    ただやっぱり組織の高齢化が進んでる
    カラオケ発表会は高齢者が多く、若い者は少ない
    演歌でないと第一、みてるひともほとんど聞いてないし

    やっぱり携帯 スマホ ネット ゲーム人気で、
    若者らの時間がそっちに奪われているに違いない
    セクスとスマホ ゲームとスマホ、なんでもスマホ
    これは要するにスマホという次元のバネが弾けた 
    スマホ次元のゲーム軸の爆発的発展をストップさせ
    ひとの脳内に健全な自然社会を取り戻す
    そうしないと 恵まれた野生が画一化され、季節感のない
    つまらない社会になってしまうと思うのです

    隠れ家としてのスマホ・携帯は有りではあります が
     程度も考えないとなりませんね

    .

  • おいお前 十年前はどうしてた あと十年生きられると思ってるか?
    あと十年なんて過去の十年と同じくらいに、矢のように飛んでくるぞ
    気が付けば死の床だ
    イヌやネコが家族にいるなら大事にしてやろう
    彼ら彼女らは十年間、一緒に暮らしてくれる 十年と少し
    そうしてイヌネコらは病気になってすぐに死ぬ
    これは仕方の無い事実だ 寿命ってやつだ
    うちのネコは一日のうちの数十分はわっしのひざの上にいる
    あとのほとんどの時間はわっしの目の届かないところで外を見ている

    それでももう数年一緒に暮らしてる
    最初はよく噛まれたりひっかいたりされた
    今は少しになった
    なんでもない普通のネコ 捨て猫だったろう ちっちゃくてよわっちい雑種
    でも存在感はある いずれは両方死ぬ
    日時は違えど死ぬときは一緒
    つまり日時というのは概念であり 死は究極の存在だとしよう
    要するに時間なんてどっちだっていいんだ 
    ペットが病気なって、治療に何十万円かけようが かけまいが 同じこと
    ヒトより動物のほうが死を容易く受け入れる 苦痛にも強い
    わっしが死に望んだ際は平然としてたけれど 後になって思い出すと怖い
    きっとイヌネコもそうだろう
    獣医にも診せられず死なれたとしても悔いることはない
    はっきり言って寿命だよ
    ヒトにも動物にも無駄に苦しむよりは死を選ぶ権利はある
    確かなことは、「ヒトは愚かだ 動物たちはヒトほど愚かではない」

    .

  • ボクは、投稿規制されて投稿できなくなったと思っていたけど
    そうではなかったようだ アーハッハ
    インターネットセキュリティエラーを放置した…
    未だにwin 7、win vista を使用してる win10にすれば
    速くて快適なのは分かるけど、ハードが使えなくなるので変えられない
    でも今度は変えよう 仕事は来ないし 新しいハード(プロッター)を
    買えばいいんだし
    少しお金を使いたい 

    先日、医療費還付金詐欺の電話が在りまして、ボクはとてもドキドキした
    一万五千円 
    市の医療保健課から電話が在って、そう言う 
    さらに「県の○○の方へ電話して確認してください」 
    そこへ電話すると「確認取れました」
    続いて最初の電話来て「今日中に振り込みます」だって
     続いて「今振り込みできました ご指定の銀行まで出向いて確認してください 今すぐに出来ますか」という
    一万五千円 でも今すぐに確認しろって ちょっとね

    「分かりました」といって電話を切り、市役所へ電話
    「市ではそのような医療費還付は絶対にないです 詐欺です」
    それでボクはしつこく鳴り続ける電話の呼び出し音に耐えて
    電話に出なかった
    それでお仕舞い 相手はひとり、あるいはふたり 巧妙に仕込んである
    市と県が承諾した、みたいな感じで話を持ち掛けられた
    実際の「会話」というのは、生々しくて、実感があって、まさか詐欺とは
    思えない感じだった



    「振り込みしました 直ぐに確認のため銀行へ」
    これは投稿規制ではなく、振り込み規制です 
    お気を付けあれ


    .

  • ヤホートップで見た北の軍隊内のいじめ
    みんな痩せこけていて骨と皮ばかり ダブダブな軍服
    数人に殴られて腹を抱える少年兵…

    折りしも北の将軍は「人民のために尽くします」とテレビで演説
    それでICBMを発射すると恫喝してる

    日本でも問題視されるいじめでありますが 北でもそれがあるという
    力ずくの世界だ 女子供はさらに陰湿な暴力を受けているだろう
    この寒さで不作の夏と秋だった
    経済制裁 食料も燃料も無い
    どうして北の国民に幸せが来るだろうか
    ICBMで暖かい夕食を家族で頂く日が来るだろうか
    一発でも撃てば四方八方から迎撃ミサイルが発射される

    北の兵士たちのいじめ写真が訴えるのは 平和な国家の実現ではないだろうか

    弱者へのしわ寄せ 想像するに余りある



    .

  • 紅白、見ちゃった 一方で格闘技も観た
    格闘技、ボクシングは良かった パンチで倒す 凄いですね
    ボクもサンドバッグ相手にパンチ鍛えてて、随分強くなったと思ったもんだ
    実際リングにも上がったし、四回戦ボーイに戦いを挑まれたこともある
    ボクはでも気が優しいので殴れない
    ぶち切れる高齢者、つまりえばってるじいさんなんかがいるとがんばっちゃう
    いじめとか見てられない
    でも、遺恨を残す 怒らないほうが良いってことは分かった
    紅白以外、歌は出番がなくて、お笑いも大方姿を消した
    格闘技ばっかりだ ちなみに井岡氏のボクシングは美しさこの上なかった
    ボディで倒したけど、相手は苦しそうだった
    美しいボクシングも良いけど、あごにスパーンと一発決めて、ホワホワンと
    ノックアウトする、される、というのも良い
    つまり井岡氏のパンチ力が足りなかった…

    紅白はビデオで観た なんだか首尾一貫性がなくて落ち着きがなくて
    いい歌だかなんだか分からない 一方で沢田研二氏はどこぞのステージで
    歌詞を間違えて土下座とかあった

    ブラジル、アフリカ、東南アジアの自然を守ろうというアピールは
    どこにもなかった たった一言も 視点が甘いテレビ界と言えないだろうか
    自然破壊をストップという視線が、政治にもマスコミにも社会にもない
    地球上から、やさしい心の隠れ家が失われているのに、誰もが無視しているように
    思えて仕方ない

    おこがましいけど死んでも死に切れない感じだ

    .

  • 「ブラックマターがなければ星も銀河も生まれなかった」
    「およそ150億年前に宇宙がビッグバンした」
    「宇宙は無数の泡のように生まれ続け、ブラックマターと重力がバランスよく
     存在した宇宙のみが長寿を得た…」ソース 昨晩のNHKテレビ

    「数週間前にはビッグバンさえ否定されそうな感じだった」
    宇宙の大きさも時間も人間の脳では理解できないに相違ない
    ヒッグス粒子とかブラックマターとか、密度も何も在りはしない
    宇宙の起源と末路が分かって、大きさも質量も、その他全てが分かっても
    それが全てではないだろう

    どこかの家の飼い猫が、飼い犬が、ひとり主人の帰りを待っていて、
    しかし主人は帰れず、ネコが、イヌが、飢えていく
    数日後、主人が帰って来て、イヌやネコの喜ぶ姿があって、
    よかったよかった そのときの幸せ

    或いは主人が帰って来られず、飢えて、喉が乾いて死んでしまう…
    その悲しさ
    ボクは悲しそうに主人を待つペットの夢をよく見るわけです
    宇宙が無限に大きくて時間も無限でも、ヒトにもペットなど寿命がある
    死ぬのは受け入れます
    別れも受け入れます
    宇宙の謎も受け入れましょう
    一つだけ願うとすれば、死んだら 自分の一番幸せなときに戻りたい
    そこにはなぜかペットが待っているわけです
    おかしいですが、ボクはヒトよりペットの方が…

    ボクの秘密の隠れ家です 変人ですね わたし

    .

  • 人類に大義名分を見出すことは不可能だろう
    個々人で見れば断定はできないけれど、人類という存在を総括すれば
    もう限界だと 個人的見解です
    宗教が悪いなんて概念としては全く逆な評価ですが、事実です
    愛が全てを破壊する 政党政治が世の中を観覧させる

    昨日、ネアンデルタールとサピエンスの違いを精神構造で論証した記事を見ました
    なるほど、サピエンスは偶像を共有した それがデルタールにはなかったとの説
    その証明はしかし不可能だと思いますね
    デルタール人は死者を弔ったし、そのときは花も飾った

    デルタールは人肉を食べたという それなら現代人だって人肉を食べている
    シナでは遠征時、食料がなくなると、捕虜を殺害して食料としたという
    動物だもの、飢餓の際にはそういうこともある

    ぼくが一番に人類の原罪を上げるのは、動物への認識の欠如ですね
    「人類は全ての生き物を食料としか見ていない」
    命に対する畏怖がない 
    そうして人類は人口過剰による環境破壊で絶滅すると思います

    .

  • 将棋は観るのが好き 負けず嫌いでさ 
    新しい才能が次々現れて、最早羽生世代は決して若くない
    将棋の歴史は永い 日本の将棋は世界的に見てもナンバーワンの知的ゲームだろう
    「三月のライオン」「NHK将棋トーナメント」

    一方で将棋連盟は思わぬ落とし穴に嵌っている
    待ったなしの場面で待ったが入ったような状況
    相手がコンピュータなのか誰なのかが全くわからない
    千日手かも?

    .

  • スマップ支援するファンの熱情は燎原に広がる炎のようだ
    本日解散するスマップに恋心を燃やす女性たちが
    一糸乱れぬ支援の輪 新聞への広告掲載 
    こんな熱い思い 見たことが無い
    ボクは胸が熱くなった 涙が出そうなくらいだ

  • 浅田真央さんが寂しいんじゃないだろか
    キムヨナさんと金メダルを争った頃がなつかしい
    運が良かったのか 運が悪かったのか…

    まだ足りないと自分を責めるのは有りだけど許すのも有りですね
    まあ真央さんが、ボロボロになるまで戦って敗れていくのを見守るのも結構ですね
    現役にこだわらずにアイスショートかあるし 解説 コーチ タレント…
    いつまでも綺麗であってほしい


    .

  • トライアンフというブランドは売れると思う
    日本のメーカーが名前を買って製造販売
    要するに名前をレンタルするってことさ
    トライアンフが売れないからって、その栄光は陰りもない
    世の中が車中津社会になって、オートバイはそれほど必要とされなくなった 
    近未来、全部ロボット化された自動車が走るようになれば、
    車の性能争いは無用になる訳です
    アクセルとブレーキの踏み間違いも無ければステアリングホイールを握る興奮もないということになります


    .

  • 17日(土)NHKBS 世界遺産マチュピチュ 石積みの方法や精度の出し方の
    半分は分かった
    しかし、大きな石に二つの出っ張り、コブを残して、それを基点に一方を持ち上げて
    半回転させて移動するというのは分かる けれど何十トンもの重さの石を移動させる
    ことは、それではできないだろう
    エジプトのピラミッドも内部の重力の間を被う切妻様の巨大石についても
    NHKの説明は、解答とはいえないだろう 
    更に詳しい解明を期待します
    シュメール文明についても取り上げてほしい

    歌手さんと銀恋をデュエットさせてもらった
    楽しかった
    一瞬で恋に落ちて胸がときめいた 恋はいい
    ぼくの腕に彼女の胸が当たって でもスッと下がる 微妙な間

    一方、ぼくの従兄弟は重大な状況にある
    よく言えないんだけど、不幸のしわ寄せを全部一人で受けてしまった…
    僅か一月前に自分も入院していて、ぼくは不眠症なので夜眠れなかった分、
    昼間だらしない格好でベッドの上でウトウトしていて、それはまるで天国だった
    従兄弟は胃ろうされている 体も固定されて 
    彼は元気だった頃、兄を虐待していたようだ
    兄だって弱者で、生活保護を受けてもおかしくないくらいだ
    ? ? ? 生活保護? 
    兄は60になって年金をもらう 満足に収めてない 収められなかった
    彼は父を看取って、母を看取って、今、弟を看ている
    なんという不幸な境遇だろうか 彼女だってひとりもいない
    友達だっていない もちろん仕事だってない 学歴も資格もない
    一生懸命に生きている でも報われない人生だ
    オレはステージで歌手とデュエットしてはしゃいだりしてるのに
    彼も彼の弟も幸せからは遠い 
    オレが胃ろうを追求すればおかしなことになってしまうかもしれない
    でも、弟はウトウトと幸せを感じているかも分からないし
    兄は兄で適当に生きて暮らして満足してるかもしれない わからない
    ただ、税金が使われていて、それが不幸を遠ざける力となっている
    税金を納める側から税金で生かされる側への相転移…

    孤独くらいなんでもない

  • 夢の中の時空間は現実社会とリンクしているようでいて、実際は別次元だ
    「朝、目が覚める瞬間に、長い経過時間の必要な出来事を 観 る 」
    「夢はその脳内にだけ存在する現実世界だ」
    「ヒトのみに非ずして、夢はイヌもネコも観る」
    夢を共有できるなんて信じられない 
    夢の時間は計れないけど、「時間そのものも、実は概念でしかない」

    千万分の一回くらいは良い夢も観る

    良い夢というのはそれほど貴重なのに、なんで世間は「夢」を持とうなんていうのか
    先日の深夜、童話作家の五味太郎氏なる人物が、「子供だったことはない
     学校なんていらないだろう」みたいなことを言っていた(文責わたし)
    この世間はギリギリ限界の中にあると思う 
    「良い夢」が道標だ

    .

  • 人生に絶望したのだろうか
    ぼくは彼のことを生まれたときから知っていた
    小さい頃から目立たない感じだった
    高齢出産は大変だと、うちの母は言っていた
    そのせいだろうか いやそんなことはないだろう 
    40才過ぎの女性の出産なんて普通にある
    両親が守っている間は普通だったように思う

    ぼくは世間を放棄した ぼくはそれでも絵があったから
    両てんびんではなく 二束の草鞋でもなく 絵に没頭した
    下手でもいいんだ


    どうなんだろう
    彼も彼の兄も 一人前になる前に両親に死なれ 孤立した
    思えばぼくらの世代は生きる術を厳しく叩き込まれる機会がなかったのではないか
    二人は信じられないほどの孤独の中にいた…
    養護学校に行けばと教師に薦められたとき、父親は怒って先生にいった
    「うちのこどもは…」結果、正常な人として社会を生きざるを、得なかったのだ
    もし養護学校に入っていたら、市民税等、大人になって免除とかあった訳だ
    なにを今更 自分でさえ発達障害っぽいんだし 立場はそれぞれなんだ

    人生を生きる 絶望する 希望を持って生きる ただ ただ 意味もなく 生きる
    恋に生きる 夜になれば眠って 起きれば朝 起きなければ無 人生も無 
    生きるに値する人生だ 値した人生だ 目が覚めればまた一日あるだろう
    騙すより騙される 殺すより殺される そんな生き方もある これは限界線でもある

    ぼくは約10日ほどの入院中の間、ペットのネコ以外、何の心配もしなかった
    自分の命も、人生も、なにも考えもしなかった 見舞いなど誰も来ない それでいい
    ただ、ペットが心配だった 「これからの人生もきっとたいしたことはない」

    .

  • <<
  • 24119 24098
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順