ここから本文です
  • 1

    日本は輸出超過大国で1981年以来、年平均8.5兆円の輸出超過を続け超過額計は世界ダントツの260兆円にもなった。
    ▽輸出超過大国になっている理由は
    日本は海外より、政府の政策が輸出企業に有利なことと労働者が優秀なこと、この2点に尽きるのです
    したがって法人税減税より労働者派遣の禁止と最低時給1000円が先で筋のはず、むしろ理屈では法人税は増税が筋なのです。
    しかるに賃金も上げずに企業は政府を騙して法人税減税を勝ち取った。政治家ばかりでなくエコノミストもマスコミまで騙された。

    ▽労働者を大切にしましょう、この感覚が日本には欠けているのです。
    「学生よ就職に心配しないで勉強して頂きたい」と言えるような、増税してでもどんなことしてでも、政府であって頂きたい。
    それなのに政府や企業にはこの感覚は微塵もない、その証拠に法人税減税なのです。学生がお気の毒でなりません。
    教育は国の基本であるはずなのに日本教育は破綻しているのです。由々しき問題です。
    早急に対処すべきで、これが日本国民全体の責務のはず。菅政権にお願いしたい。
    ▼物作り大国は益々発展する経済学
    http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/10.12.9.htm

  • <<
  • 103 81
  • >>
  • 【★産経前支局長公判   …】
    ★産経前支局長公判 

     「チョッ・パリ」「ここは韓国だ」

     法廷騒然、響く怒号…退廷者も

     産経新聞  1月19日(月)
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000559-san-kr

    【ソウル=水沼啓子】
    ソウル中央地裁で19日に開かれた
    産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の第3回公判。

    同支局が入るビルの前で産経新聞に対する
    抗議デモを行っていた反日団体関係者らが、
    公判中に傍聴席から
    「チョッ・パリ(日本人の蔑称)」
    「日本のやつら」「処罰しろ」
    などの大声で叫び、何度か中断する騒ぎがあった。

     同日午後2時ごろ、開廷すると間もなく、
    加藤前支局長を告発し、昨年11月の初公判の際に
    卵を投げるなどの妨害事件を起こした右翼団体関係者が
    傍聴席をめぐって他の男性と口論になった。

    裁判所の職員らによって制止され、争いは収まったが
    一時、法廷内が騒然となった。

     その後、証人尋問が進行している最中に、
    傍聴席に座っていた他の反日団体関係者の男性が
    突然、立ち上がり、
    「チョッ・パリセッキ」
    「国民は憤怒している」
    などと叫んだ。
    裁判長から注意され、いったん席に着いたが、
    その間、証人尋問が中断した。

     男性は着席した後も、興奮が収まらない様子で、
    10分ほど傍聴した後、隣に座っていた仲間の
    団体関係者らと
    「ここは韓国だ」「日本のやつら」
    と大声を上げた。

    男性は裁判所の職員に法廷から連れ出され、
    再び中断する騒ぎになった。

     この日の公判は、検察側証人として、
    朴槿恵(パク・クネ)大統領の元側近で、
    最近の動向がベールに包まれている
    鄭(チョン)ユンフェ氏が出廷したことから、
    韓国メディアの関心も高く、
    前回の第2回公判と違い、
    多くのカメラマンや記者らが
    ソウル中央地裁に詰めかけた。

     約90人が着席できる法廷の傍聴席は
    日韓のメディア関係者や反日団体の関係者らで
    埋め尽くされ、立ち見状態で傍聴していた人もいた。

     前回の公判同様、
    警察車両がソウル中央地裁の構内で待機し、
    法廷内の傍聴席にも警官が配置されるなど、
    厳重な警備態勢が敷かれていた。

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った  ★産経前支局長公判    「チョッ・パリ」「ここは韓国だ」   法廷騒然、響く怒号…

  • アメリカにおける「民族対立」は決して対岸の火事ではないよ!


    在日問題は「元いた場所」に戻すのが最善の方策だと思いますが?


    AFPの記事によるとミズーリ州での黒人青年射殺事件とニュー
    ヨークにおける白人警官による征圧の時点での死亡事故に対する
    「黒人側からの報復」と見ているようです。ですから、白人への
    報復と警察官への報復が重なったものという見方ですね。

    アメリカは銃器社会ですから、銃を持っているのは警察官側だけ
    ではありませんから、今回のように一方的に射殺される危険性は
    警察官の側にもあります。

    日本における「在日韓国朝鮮人問題」も深刻な問題です。頭のお
    かしな在日韓国朝鮮人たちは「被害者芝居」を行なうために、
    「ウリたちは黒人と同じ。ユダヤ人と同じ」という妄想をばらま
    いていますが、在日韓国朝鮮人たちは黒人奴隷ではありませんし、
    ましてやホロコーストの被害者でもありません。

    在日韓国朝鮮人の本性は「韓国大虐殺」から逃げてきたただの
    「密入国者集団」でしかありません。在日韓国朝鮮人たちは自分
    たちの「犯罪者の過去」を隠すために「被害者芝居」をやってい
    るだけです。本当に悪質な連中ですね。

    遅かれ早かれ「怒れる日本人」は在日韓国人犯罪者たちの過去を
    暴き、彼らが犯した犯罪を明らかにするでしょう。その時、在日
    韓国朝鮮人たちは本性をむき出しにして日本人を攻撃するのでは
    ないでしょうか? 

    日本ではすでに「在日韓国朝鮮人犯罪」は行なわれています。そ
    のことに気付いている人が多いか少ないかだけの問題でしょう。
    在日韓国朝鮮人の中でおこなわれている「反日教育」を軽視して
    はいけません。

    どうやらこれも「ヘイトスピーチ」になるらしい! ↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った アメリカにおける「民族対立」は決して対岸の火事ではないよ!     在日問題は「元いた場所」に戻すの

  • キリスト者の博愛精神を利用する


    反日左翼と韓国人団体にご注意!


     どうしても反日左翼や韓国朝鮮人のことも目に入ってきます。
    たとえば「憲法9条にノーベル平和賞を!」という茶番劇を主導
    した「日本人主婦」と自称する女性が、「東京都新宿区西早稲田
    2-3-18」とつながっていたり、「求める署名」がいつの間
    にか韓国や中国でも署名がおこなわれていたり!

     私たち日本国民が知らないところで「不思議なつながり」が
    作られ、うごめいているようですね。

    「東京都新宿区西早稲田2-3-18」で検索すると登場する団体

    日本基督教団
    日本キリスト教協議会 

    在日外国人の人権委員会 

    在日韓国基督総会全国青年協議会(全協)

    在日韓国人問題研究所

    在日本大韓基督教会

    在日韓国基督総会全国青年協議会(全協)

    外登法問題と取り組む全国キリスト教連

    外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク

    平和を実現するキリスト者ネット 

    キリスト者女性のネットワーク 

    女たちの戦争と平和資料館 

    戦時性暴力問題連絡協議会 

    キリスト教アジア資料センター 

    難民・移住労働者問題キリスト教連絡会<難キ連>

    歴史歪曲を許さない!アジア連帯緊急集会事務局 

    日本キリスト教海外医療協力会(JOCS) アジアキリスト教教育基金

    在日韓国人問題研究所

    在日本大韓基督教会

    在日韓国基督総会全国青年協議会(全協)  

    外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク 

    移住労働者と連帯する全国ネットワーク 
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n188388   

    それにしても「反日左翼と韓国」系団体が多くないですか?これって
    やはり「ひさしを借りて母屋を乗っ取る作戦」にやられた結果なんで
    しょうか? 

    これを見て私は真正のキリスト者に「あわれみ」さえ感じました。
    完全に「背乗り」されていますよね。

    これが東京都新宿区西早稲田2-3-18にある
    在日と反日左翼の巣窟です。↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った キリスト者の博愛精神を利用する   反日左翼と韓国人団体にご注意!     どうしても反日左翼や韓国

  • ◆日本国憲法 第65条 国家緊急権




    憲法があるから国家があるのではないのです。




    国家があるから憲法があるのです。




    「国家緊急権」というのは、法律や命令で規定するものではありません。
    国家が、法律以前に本来的に持っている、憲法などの枠組みを超えた権限です。
    そしてこれを行使できるのが、日本でいえば、行政府の長である内閣総理大臣です。
    簡単にいえば、正当防衛権みたいなものです。

    たとえば、日本の自衛隊の飛行機や船舶が、支・那やロシアの領土領海に勝手に侵入すれば、拿捕され、あるいは無警告で撃墜されたとしても、文句はいえません。
    拳銃を手にして、他人の家に勝手に侵入したら、たとえどのような言い訳をしようと、その家の人に、殺されても文句は言えないのと同じことです。

    これは支・那やロシアに、迎撃のための法律や憲法があるかないか以前の問題です。

    国民の生命の安全がおびやかされた。
    その一事をもって、国は、武力の行使が可能となります。
    それが「国家緊急権」です。

    外国が日本に対してできるということは、あたりまえのことだけれど、日本も外国に対してこの権利を行使できます。

    外国の軍船や軍用機が、許可なく日本の領土領海を侵犯し、あるいは竹島のように、勝手に占有したならば、これを実力をもって排除するために、日本の内閣総理大臣は、自衛隊法や、憲法九条等とはいっさい関わりなく「国家緊急権」の行使として、それら武装勢力を実力をもって排除することができます。

    憲法があるから国家があるのではないのです。
    国家があるから憲法がある。
    ですから「国家緊急権」の行使は、憲法以前の権限なのです。

    そしてこの「国家緊急権」は、戦後の日本において、実際に行使された事例が3つあります。
    昭和23年の「阪神教育事件」、昭和50年の赤軍による「クアラルンプール事件」、昭和52年のダッカ「日航機ハイジャック事件」です。

    「阪神教育事件」というのは、昭和23年4月14日から26日にかけて、大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と日本共産党による大規模テロ騒乱事件です。
    この事件が起きたときは既に日本国憲法が発布施行されていました。

    つまり日本は、日本国憲法下にあったわけですが、GHQは、日本国憲法を無視して「非常事態宣言」を布告し、米軍を出動させて銃撃戦を行い、騒乱を起こした在日朝鮮人、共産党員、あわせて約7500人を逮捕しました。

    この事件で、在日朝鮮人および共産党員2名が射殺されています。また20名が負傷し、一方米軍側はこれを上回る31名の死傷者を出しています。

    暴動鎮圧のために同年4月24日、GHQの兵庫県軍政部は「非常事態宣言」を発令し、県内の全警察官を米軍憲兵司令官の指揮下におきました。また兵庫県知事が監禁され、無理矢理書かされた各種処分撤回の誓約も、強制破棄されています。

    つまり、日本国憲法がありながら、国家の非常事態に際して、憲法の規程を無視して、いわばあたまごなしの行政権を行使しているわけです。

    昭和50年の「クアラルンプール事件」は、日本赤軍が、マレーシアの首都クアラルンプールにある米国とスエーデン大使館を武力を用いて不法占拠し、大使らを人質に取ったうえ、日本国政府に日本国内で逮捕されている新左翼活動家の釈放を要求したという事件です。

    日本政府(首相:三木武夫氏)は要求に応じて国家緊急権に基づく「超法規的措置」として日本赤軍への参加を拒否した2人を除く5人を釈放しました。
    ここでは釈放された5人は、通常の法的手続きをまったく無視して釈放となっています。
    つまり、内閣総理大臣による、国家緊急権の行使です。

    昭和57年のダッカ日航機ハイジャック事件は、インドのボンベイ国際空港を離陸した日本航空機を、日本赤軍がハイジャックし、これをバングラデシュのダッカ国際空港に強制着陸させたうえで、日本国内で逮捕されていた6人の赤軍メンバーの釈放を要求したという事件です。

    この事件でも、当時の福田赳夫首相は、やはり国家緊急権に基づく「超法規的措置」として、要求された犯人の釈放に応じただけでなく、600万ドル(いまのお金に換算すると30億円くらい)の身代金を支払いました。

    要するに、日本国憲法で想定しない国家の非常事態に際して、日本国政府の行政府の長は、過去三度、国家緊急権を発動しているわけです。

    昭和23年の「阪神教育事件」。神戸市の長田区役所に押し寄せる
    朝鮮人暴徒たち。 ↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った ◆日本国憲法 第65条 国家緊急権      憲法があるから国家があるのではないのです。

  • 「在日通名」が使われる事情の一つが「戦後の在日犯罪」だと思って
    います。戦後、在日韓国朝鮮人と日本共産党が「日本革命」をもくろ
    んで、日本各地の警察署の襲撃事件を多数おこしことは現在は隠蔽さ
    れています。

    しかし、実際に犯罪行為をおこなった連中は、自分の犯罪行為を覚え
    ていますから「偽名=通名」を使うんです。(日本共産党員が、物書
    きでもないくせになぜかペンネームを持っているのも不思議ですね!) 
    「在日通名」などは「犯罪者の証明」でしかありません。

    「通名」などはいくら在日が「創氏改名の日帝残滓」と強弁しようも、
    それは所詮「うその名前」しかありません。在日韓国朝鮮人の90%
    が「うその名前=通名」で日本人に成りすまして生活していますが、
    彼等は「家庭と社会」では名前を使い分け、「韓国人と偽装日本人」
    を使い分けて生活しています。

    これって、犯罪者が偽名生活しているのと同じですよね。「いつばれ
    るか」という恐怖におののきながら生活するのがどれだけ精神上不健
    康な生活であるか!

    でもそれさえ、「日本人が悪い」という日本人憎悪の理由になるんで
    す。通名なんぞは、使うのを止めれば済むことなのにね!

    幼稚園や小学生の頃から「うその名前生活」を在日の親から強要され
    る在日韓国朝鮮人の子どもたちが不憫でなりません。これじゃ、精神
    がおかしくなっても不思議じゃないです。

    「特別永住資格証」や「在留カード」からすでに通名使用ができなく
    なっているのに通名使用に執着し続ける在日韓国朝鮮人。「卒業証書」
    だって、通名じゃ卒業証明に使えない。銀行口座だった通名じゃもう
    作れません。 うそ、うそ、うそを重ねて生きてきた在日の「うそ生
    活」の終焉がもうそこまで来ているのに・・・

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った 「在日通名」が使われる事情の一つが「戦後の在日犯罪」だと思って います。戦後、在日韓国朝鮮人と日本共

  • 次世代・田沼隆志氏




    「大阪八尾市では教組の副委員長・書記長が




    在日で民族教育・反日教育をしている」




    大阪八尾市では外国籍の教員の方が組合の幹部に
    なっている

    非常に民族教育、反日教育をしている
    実際八尾の教育委員会におられました

    八尾教組のですね副委員長に外国籍の方がいます
    ね 書記長もそうですけども
    副委員長のチョウさんは二年前に委員長ですね

    学校現場の教職員は管理職には外国籍の方はなれ
    ないですけども
    組合はなれちゃうんですよ

    しかも反日教育をしている
    非常に違和感を感じるんですがこのままでいいん
    でしょうか?

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った 次世代・田沼隆志氏       「大阪八尾市では教組の副委員長・書記長が       在日で民族教育

  • 移民受け入れは大量の中国人を日本人の税金で養うことに・・・




    今、中国では『日本でタダで生活する方法』という類いの本が売れている




    2014年10月28日

    日本では、いよいよ労働者が不足しているから移民を受け入れるべきだという議論が
    政府内で活発化している。だが、それは日本文化を崩壊させ、日本が日本でなくなって
    しまう危険性を孕んだ政策であることを、政治家たちはどれだけ認識しているのだろうか。
     
    アメリカは移民を受け入れることで発展したではないか、という人もいるだろう。
    しかし、いまやアメリカでも本当に優秀な人材は来なくなり、エクアドルやホンジュラスといった国々からただ食い扶持を求めるだけの不法移民が増えているのが現実だ。
     
    こうした事態は、対岸の火事ではない。いま中国では、『日本でタダで生活する方法』
    といった類いの本が売れていると聞く。

    日本に来て生活保護を受ける方法などが事細かに解説されているというのだ。
    移民を受け入れれば、大量の中国人を日本人の税金で養うことになるだろう。
     
    現実から乖離した議論だけで移民受け入れが決まるとすれば、あまりにも危険である。
    そういえばル・ペンはインタビューの際、こんなことも言っていた。
    ル・ペンは今やフランスで最も勢いのある政党、愛国戦線の若き美貌の女性党首である。
     
    「あなたは日本人だ。日本人には日本の国家というものがある。
    これが世界を面白くしている。国家のボーダーを取りやめて、
    一緒になろう、仲良くやりましょうなんて、そんなのは子供のそら言だ」

    いまの日本に突き刺さる卓見である。

    ※SAPIO2014年11月号
    http://www.news-postseven.com/archives/20141028_280848.html

    この人がフランス愛国戦線の党首ル・ペン氏 ↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った 移民受け入れは大量の中国人を日本人の税金で養うことに・・・     今、中国では『日本でタダで生活す

  • 日本人が知らない


         在日生活保護利権の実態・・・



    政府と地方自治体は在日韓国朝鮮人に生活保護費を年間1800
    億円も使っていることご存知ですか?
     

    次世代の党は秋の臨時国会に生活保護法の改正案を提出する。
    給付対象から外国人を除くと明記する。現行法は「生活に困窮
    する国民」を対象に必要な保護をすると定めているが、厚生労
    働省は同法 を準用して外国人にも給付しており・・・
    (日本経済新聞 以下ソースで)
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H01_X10C14A8PE8000

    一方でネット上ではこんな書き込みがしょっちゅうあります。
    これが在日の民族教育の正体です。

    どこの誰がこの陸の孤島に文化を伝来させたか知ってるか?
    大体貴様らが文字をまともに使えるようになったのは誰の
    おかけだ?
    韓国・朝鮮人を尊敬する謙虚な姿勢を小さいうちから体得
    しておけ
    朝鮮の文化伝統を素直に学べ尊べ そして謙虚な姿勢で生
    活に受け入れろ 
    その節度ある行動が在日朝鮮人の信頼を勝取る秘訣だ 
    これ以上の教えは無い
    本当にまったくもって
    日本は卑しい悲しい哀れな民族だな
    だからお前達は何をやってもダメなのさ

    「在日の本音」より
    http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11770531682.html

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った 日本人が知らない          在日生活保護利権の実態・・・        政府と地方自治体は在

  • 自作自演




        マッチポンプ




    今話題の朝日新聞本社の中に、アメリカの「ニューヨークタイムズ」の日本支局が同居(間借り)しています。そこには日本語と英語に堪能な「元日本人記者」が常駐しています。

    たとえば朝日新聞が「安倍総理が靖国神社に参拝」という記事を書けば、同じ建物の中にいる「ニューヨークタイムズ」の記者が、それを脚色してから英語に翻訳して、アメリカに送信します。

    アメリカでは「アベが戦争神社に行った。これは歴史修正主義だ」とやるわけです。その記事を受けて今度は朝日新聞が、「アメリカではアベ総理を厳しく批判している」とやるんです。

    「自作自演」だとか「マッチポンプ」と呼ばれること延々と繰り返して、「内輪で日本批判」をやるのが「反日左翼の常套集団」なんですね。こういうのを「外圧の利用」、「虎の威を借る狐」と言います。

    田淵広子 NYT日本支局記者 兵庫県神戸市長田区生まれ 
    (在日帰化人ではないかと・・・)  ↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った 自作自演          マッチポンプ     今話題の朝日新聞本社の中に、アメリカの「ニューヨー

  • もう、ウソはやめませんか!!







    在日韓国人は、もう「本当の歴史」を語るべきではありませんか?






      在日韓国人は、あなたたちを助けた日本人のことを忘れたのですか?
      

       


     この資料は「済州道民協会」となっていますから、例の事件で「日本へ逃げてきた人々」の関係者ですね。この人たちは今でも「強制連行された」と日本と日本国民を非難しているのでしょうか? 

     済州島四・三事件(さいしゅうとうよんさんじけん)は、1948年4月3日に在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁支配下にある南朝鮮(現在の大韓民国)の済州島で起こった島民の蜂起にともない、南朝鮮国防警備隊、韓国軍、韓国警察、朝鮮半島本土の右翼青年団などが1954年9月21日までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件を指す。韓国政府側は事件に南朝鮮労働党が関与しているとして、政府軍・警察による粛清をおこない、島民の5人に1人にあたる6万人が虐殺された。また、済州島の村々の70%が焼き尽くされた。(ウィキペディア)


          
         韓国人を殺したのは韓国人!       日本に逃げてきた韓国人を保護したのが日本人! 

       なぜ在日韓国人は、「在日韓国人の本当の歴史」を子孫に語り継がないのですか?

        なぜ、在日韓国人を助けた日本人を犯罪者呼ばわりするのですか・・・・・?

    在日本関東済州道民協会・第28代役員名簿
    http://www.jejudomin.org/about/namelist/

    原本は姓名とも表記されていますが、氏名特定が目的でないので**にしてあります。
    「通名」に注目してください。 通名使用者がほとんどですね!
    姓 名   通 名 出身地
    高 **  高 山 済州市寧坪洞
    高 **  加 藤 涯月邑高内里
    高 ** 翰林邑金陵里
    李 **  木 村 翰京面頭毛里
    夫 **  富 永 旧左面下道里
    金 **  金 海 済州市一徒洞
    李 **  國 本 翰京面頭毛里
    李 **  国 本 西帰浦市道順洞
    金 **  金 村 翰林邑洙源里
    呉 **  富 山 表善面表善里
    鄭 **  池 原 西帰浦市吐坪洞


    顧 問
    姓 名   通 名 出身地
    高 **  高 山 済州市寧坪洞
    高 **  加 藤 涯月邑高内里
    高 ** 翰林邑金陵里
    李 **  木 村 翰京面頭毛里
    夫 **  富 永 旧左面下道里
    金 **  金 海 済州市一徒洞
    李 **  國 本 翰京面頭毛里
    李 **  国 本 西帰浦市道順洞
    金 **  金 村 翰林邑洙源里
    呉 **  富 山 表善面表善里
    鄭 **  池 原 西帰浦市吐坪洞
     
    相談役
    姓 名   通 名 出身地
    張 **  長 岡 済州市三陽洞
    梁 **  柳 川 旧左邑金寧里
    呉 **  安 田 西帰浦市西好洞
    黄 ** 旧左邑東金寧里
    李  *  田 中 大静邑下摹里
    韓 **  西 原 朝天邑咸徳里
    高 **  高 田 表善面表善里
    金 **  中 山 旧左邑松堂里
    白 **  白 河 済州市健入洞
    呉 **  呉 本 大静邑日果里
    金 **  近 藤 済州市道頭洞
    康 ** 済州市三徒里
    金 **   南 済州市三陽一洞
    慎 **  富 岡 南元邑衣貴里
    李 **  高 林 西帰浦市法還洞
    金 **  金 谷 済州市禾北洞
    李 **  山 本 翰京面板浦里
    執行部
    役 職 姓 名 通 名 出身地
    常任顧問 高 ** 高 山  済州市寧坪洞
    会  長 李 ** 木 村  安徳面沙溪里
    副 会 長 宋 ** 立 光  済州市一徒一洞
    夫 ** 三 井  済州市寧坪洞
    金 ** 金 島  西帰浦市大浦洞
    高 ** 高 山  旧左邑金寧里
    朴 ** 椎 名  安徳面和順里
    副会長兼総務部長 邊 ** 田 辺  西帰浦市西烘洞
    財務部長 宋 **  旧左邑下道里
    事業部長 高 ** 高 田  翰京面清水里
    宣伝部長 洪 **  徳 山  済州市旧左面
    国際部長 姜 **  済州市月坪洞
    組織部長 金 ** 島 田  朝天邑咸徳里
    渉外部長 元  * 原 元  済州市一徒一洞
    総務次長 安 ** 安 田  朝天邑朝天里
    青年部長 高 ** 高 山  済州市龍潭洞
    監  査 姜 ** 岡 本  翰京面新昌里
    金 ** 金 本  済州市健入洞


    下は、虐殺される直前の済州島民たち  ↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った もう、ウソはやめませんか!!         在日韓国人は、もう「本当の歴史」を語るべきではありませ

  • なぜ国民は朝日新聞の虚報取り消し・釈明に怒ったのか???





          慰安婦問題は戦争犯罪か?





            それとも女性の一般的人権問題か?





    端的に1点だけに絞り述べます。

    朝日新聞はいわゆる従軍慰安婦問題を32年の長きにわたり、国家的戦争犯罪行為であるという報道姿勢を一貫してとってきました。従い当然日本は国家賠償をしなければならないと。

    朝日新聞は明確にはここまで述べていませんが、彼らの主張の意図・趣旨は紛れもなく上記の内容です。

    ところが、稀代のサオ師ではなくサワ師=詐話師、吉田清治の証言を虚偽と認めざるを得なくなった立場に追い込まれ、結果、軍や官憲の強制連行を否定せざるを得ませんでした。

    しかし、開き直りというか詭弁的というか、大道芸人の手品師よろしく一瞬のうちに論旨のすり替えを行いました。

    いわく。慰安婦問題の本質は変わらない。これは女性の人権問題である、と。

    ならば、何故に慰安婦の多数を占めた日本人慰安婦の問題や訴訟沙汰に発展した在韓米軍慰安婦の問題に言及しないのか。

    しかも、いかなる経緯で、いかなる事実・根拠に基づき32年間続けてきた報道姿勢を大きく転換したのか、転換せざるを得なかったのかの説明が全く欠落しており、自分で放火しておいて鎮火された後の残り火のくすぶる煙を楽しむように、捨て鉢的な余韻を国民にこすり付けるように残そうとしている。

    多くの国民が、朝日新聞はいやらしい、タチが悪いと思ったことでしょう。
    いさぎよさ云々というよりも、朝日新聞特有の断裂した言葉・論旨のすり替えに嘔吐感を禁じ得なくなるでしょう。

    そしていまだに平然とうそぶく。
    紙面のことは紙面で論じる、と。

    茶番にもならない朝日新聞の紙芝居には誰しも辟易することになるのです。

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った なぜ国民は朝日新聞の虚報取り消し・釈明に怒ったのか???            慰安婦問題は戦争犯罪

  • ババアが旦那に噛み付いた!!




                 “もどしてよ!私をもとの処女に”




              死んだ子の歳を数える、“死んだ子歴史観”




    “強制されたから不法“




               “さかのぼってその統治すべても違法・無効である”                                         




    1965年(昭和40年)、日韓両国にて交わされた日韓基本条約において、1910年(明治43年)8月22日以前に両国において交わされたすべての条約、協定はもはや無効であることが「確認」され、日韓併合は無効化されました。

    また、同条約において日本は巨額の資金協力(無償3億ドル、有償2億ドル、民間借款3億ドル、いずれも1965年(昭和40年)当時額)を韓国に対して行い、それと引き換えに下記の点が確約されました。

    ? 両締約国は、両締約国及びその国民(法人含む)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。(個別請求権の問題解決。)

    ? 一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益において、一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であって1945年8月15日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。(相手国家に対する個別請求権の放棄。)

    しかし、事後も韓国からの「賠償要求」は発生しつづけているのです。

    ? 第二次世界大戦後の日本側は韓国併合に関しては韓国併合ニ関スル条約の締結自体合法であったと考えています。
    ? 第二次世界大戦後に大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国として成立した両政府とも、「韓国併合ニ関スル条約は大日本帝国と大韓帝国の間で違法に結ばれた条約であるとして、同条約とそれに関連する条約すべてが当初から違法・無効であり、大日本帝国による朝鮮領有にさかのぼってその統治すべても違法・無効である」と主張しています。

    この点について、日本国と大韓民国の間で1965年(昭和40年)の国交回復時に結ばれた日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約(日韓基本条約)では、その条文第二条において「千九百十年八月二十二日以前に大日本帝国と大韓帝国との間で締結されたすべての条約及び協定は、もはや無効であることが確認される。」とすることで合意に達しました。

    しかし、両国でこの条文に関する解釈が異なるなど、見解の相違が解決したわけではないのです。日本国政府はこの条約についての「もはや無効である」という表現は日本側の立場をいささかも損なうものではないと表明しています。他方、韓国側ではこの日韓基本条約さえも無効とする勢力もあるのです。

    英ケンブリッジ大学の国際法学者J. クロフォード教授は「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものではなかった」とし、また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の問題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦(1914年(大正3年) - 1918年(大正7年))以降のもので、当時としては問題になるものではない」としています。

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った ババアが旦那に噛み付いた!!                  “もどしてよ!私をもとの

  • 年齢から推察するに、




    Kye Wol “Kim” Dyresonの夫は朝鮮戦争後




    慰安婦のキムを連れて帰国したのだろうね。




    しかし妻は・・・昔の仕事が忘れられなかった???





    <中略>
    経営者のチェは
    2008年に、リバーサイドで
    「ハンドマッサージ&スパ」を開店し
    2010年には、ビジネスを変更し
    「日焼けサロン」として営業していたが
    その実態は・・・

    アメリカメディアの報道では「恥ずかしい売春宿」
    店内に日焼け用ベッドは1台あったが未使用で
    女性客が訪れると、ドアの外で追い払っていた。

    2010年に警察の襲撃を受け
    性暴行と売春で摘発され有罪判決を受けたが
    再び「売春宿」を開始し営業を続けていた。
    しかも、儲けた金をマネーロンダリングしていた。

    今回逮捕された韓国人女性は4人

    韓国式思考・・・
    売春宿の経営者、チェは
    「韓国だったら、売春婦に部屋を提供して
     商売するのは当たり前のビジネスなのに
     アメリカの警察によって犯罪者にされたnida!
     ウリは被害者nida! 」
    ですかね・・・

    こんな『韓国式思考』では、
    慰安婦問題が解決するワケが無い!


    逮捕された4人のうちの一人!
    ・Kye Wol “Kim” Dyreson,(72歳)
     
     マッサージパーラーの家政婦として
     料理や掃除を担当するほか
     客に各売春婦のサービス内容を提示し、
     現金かカードの会計処理を担当して
     毎月$1,500 の収入を得ていた。

     彼女の夫は、陸軍の退役軍人だった。
     彼女の息子は母親の逮捕以来、睡眠障害で
     苦しんでいるという・・・


    Kye Wol “Kim” Dyreson,(72歳) ↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った 年齢から推察するに、     Kye Wol “Kim” Dyresonの夫

  • チベット大虐殺を「解放」と呼んだ


          「死に神」朝日新聞の犯罪


    メディアの垂れ流す報道に何の疑問も持たずに接している人には、朝日新聞の
    これまでのチベット報道を見て驚くかもしれない。
    何しろ朝日新聞といえば、「広範な大衆を代表する進歩的メディア」と
    中国紙からも賞賛を受けている「良識派」の新聞と宣伝されているからである。

    しかし、朝日のイデオロギーを知っている者にとって、朝日がチベット&ダライ・ラマを罵倒することは
    至極当然と受け止める。
    左翼思想による「平和」とは、民族・伝統・文化・慣習・宗教・国家など全て破壊して、
    世界を「一つ」にすることだからだ。

    朝日新聞はこれまで通り、堂々とチベット&ダライ・ラマを罵倒し、朝日イデオロギーを白日の下に晒す方が潔いし、
    騙されている日本人のためになる。

    朝日は、パレスチナ・ガザ地区におけるるイスラエルの入植問題の報道には熱心ですが、殊中国が不利なことは一切報道しないという姿勢を貫いています。

     性的暴力のひどさを尼僧でインドに亡命したケンサン・ペモさんは以下のように話しています。

    「つかまった尼僧たちがひとつの部屋に集められ、服を調べられました。顔を伏せたままでいると、服を一枚一枚脱がされ裸にされました。その部屋は窓が多く、外には大勢の一般囚が見ていました。そして、大勢の見るなか、警官の一人が頭を、もう一人がお尻を棒で殴り続けました。

    やがて、あまりの痛さに恥ずかしさも忘れ、私は床に転げまわりました。そしてついに気絶したのです。気付くと水をかけられてびしょ濡れになっていました。再び拷問が始まりました。電気棒を口や肛門、女性器に押し込んできました。私はあまりの痛みとひどさに再度気を失いました」

     電気棒は家畜に用いる電気ショック棒です。80年代から使われたようです。民族浄化作戦で女性が子供を産めないようにする目的でも使われたようです。

    日本のメディアはケンサン・ペモさんの証言を報道したことがありますが、性的暴力のところは隠蔽して報道しませんでした。朝日新聞と岩波書店の月刊誌「世界」がそうです。このチベットの事実を女性の人権問題として声を上げようとすると妨害をうけるといいます。

    朝日新聞いわく!
    慰安婦問題の本質は女性の人権問題であると。
    チベットでほとんどの尼僧が毎日のように陰部に拷問用の電気棒を差し込まれ、この世の地獄を味あわされたにもかかわらず、朝日新聞はそれを女性の人権問題とは考えなかったらしい。

    中国におべっか使って「平和」を謳う偽リベラルのインチキは、もうウンザリ。
    思想洗脳された「良心的知識人」ののたまう『平和』とやらが、如何に胡散臭いか・・・
    朝日新聞などがやって来た事を見ればお分かりいただけるだろう!

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った  チベット大虐殺を「解放」と呼んだ          「死に神」朝日新聞の犯罪   メディアの垂れ流

  • 違法ではないが好ましくない





          恣意的な運用がなされる恐れがある





             組織的犯罪対策立法に反対





    社民党の福島さんは、政治家であるとともに弁護士でもあります。しかし、私は、この人の人間性に非常な疑問を持っています。それはなぜかというと、いうこととやることがあまりにも違いすぎる、それでいて、平然として微塵も反省して恥じ入ることをしない。


    同様に、いうことも極めて支離滅裂・論理性を恐ろしく欠く、等の兆候が随所で見られます。例を挙げればきりがありませんので、ここでは代表的・典型的事例を3つほどあげさせていただきます。


    1)2012年11月2日参議院緊急質問において「復興予算が被災地以外で使われていることに、被災者が激怒しています。当然です。」と発言。その後、2011年6月から当該発言のあった同年11月にかけて、全額公費助成で実施されていた社民党本部の耐震診断の一部に復興予算が流用されていたことが明らかになった。

    この公費助成は、東日本大震災以後、拡充され復興予算の一部が当てられたが、その根拠法である東日本大震災復興基本法(2011年6月施行)は社民党を含む与野党の賛成多数で可決成立した物である。

    同法では、その目的を、東日本大震災からの復興の円滑かつ迅速な推進と活力ある日本の再生を図ることを目的とする(法1条)と明記しており、いわゆる復興予算が復興だけに使われる物ではないことが示されている。

    なお、発覚から5日後、又市征治幹事長は「違法ではないが好ましくない」として、復興予算相当分の280万円を被災地に寄付することを表明した。


    2)2009年3月4日、自らが代表を務める「福島みずほ事務所」(東京)において、平成18年度までの数年間、雇用する私設秘書2人について労働保険に加入させていなかったことが判明した。

    同事務所は「17年ごろに雇用を始め、労働保険加入の手続きを開始したが、委託事務組合との折衝などで遅れてしまったようだ」と釈明した。

    福島は2008年12月、小沢一郎民主党代表(当時)とともに、舛添要一厚生労働相(当時)に対する「非正規労働者支援の緊急申し入れ」の中で、「多くの非正規労働者が雇用保険の加入漏れの恐れがあることがわかった。非正規労働者が、資格がありながら雇用保険に加入していない実態を掌握する措置を講ずること」などを求めており、産経新聞等は、「両党とも派遣社員などの労働保険未加入を批判していながら、党首自らの事務所で同様の問題を抱えていたことになる。」と指摘した。なぜか、朝日新聞はこのことを取り上げませんでしたが・・・


    3)弁護士時代から従軍慰安婦問題に積極的に取り組み、アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件を担当した弁護士の一人であり、慰安婦問題についてはかなり早い段階から、被害者の救済や問題の周知に大きな役割を担った。

    このように、女性の権利擁護・拡大に積極的だが、児童ポルノ法の改正案(創作物も取り締まり対象に含め、単純所持も禁止とする)に関しては、恣意的な運用がなされる恐れがあるなどとして極めて否定的な態度を示した。


    最後に、これは本当に許せない福島の政治態度かと思うのですが。

    1999年6月8日、参議院法務委員会にて平野貞夫参議院議員は、同年5月22日に福島が保坂展人と共に組織的犯罪対策立法に反対する全国ネットワークが主催する『組対法三法を廃案に 五・二二全国集会』に参加したと述べた。

    彼女は、暴対法に反対しているのです。暴力団を、市民が一所懸命排除しようとしているのに、その足を引っ張っているのです。

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った 違法ではないが好ましくない            恣意的な運用がなされる恐れがある         

  • 国籍管理の法律はあっても、・・・




    肝腎の「国家という意識」が、完全に欠けているのです




    「石平太郎」拓殖大学客員教授は、元はといえば、「天安門事件」での中国の弾圧に嫌気がさした元中国名「石平」という名の人物。石平先生は日本に帰化されています。そんな石平先生も「日本のゆるい帰化制度」に警鐘を鳴らしておられます。 以下、石平先生による論文からの一部引用です。
      
    <以下引用>
     「昨年末、私は日本に帰化し、晴れて日本国民の一員になりました。来日して19年、日本民族と日本文化の素晴らしさに傾倒してきた私にとって、当然の帰趨でした。18年前の天安門事件で、中華人民共和国に決別を告げて以来の、悩み続けてきた末の結論でした。

     (中略)

     どうして日本人になりたいのか、日本が好きか、皇室や伝統文化をどう思うかといった、外国人帰化申請者に対して聞くべき大事な質問は一切出なかったのです。帰化申請中にも面接が1回ありましたがチェックされたのは、申請書類の信ぴょう性と中国国内の家族関係だけでした。

     そして数ヶ月後、法務局から「帰化申請が許可された」との連絡がありました。飛ぶような気持ちで法務局へ行ったのですが、そこでの体験は、またもや衝撃的でした。君が代もなければ、日の丸もありません。日本への忠誠を誓う儀式もありませんでした。 市役所への届けや本籍の作り方など、帰化手続きに関する説明が終わると、職員はすぐ席を立とうとしました。あたかも、どこかの消費組合かクレジットカードに1度加入したかのような感じでした。

     日本という国家の重み、国家としての尊厳は、一体どこにあるのでしょうか?日本には、法務局や法務省はあっても、国籍管理の法律はあっても、それらの官僚組織と法令を貫くべきところの、肝腎の「国家という意識」が、完全に欠けているのです。世界中のどこ国にとっても一番大事なものですが、日本だけは欠けています。」 (月刊日本の2月号)http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/entry/487242


      日本への普通帰化の条件
    1. 引き続き5年以上日本に住所を有すること
    2. 20歳以上で、本国法(帰化前の母国の法令)によって行為能力を有すること
    3. 素行が善良であること
    4. 自己又は生計を一にする配偶者、その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること
    5. 国籍を有さず、または日本の国籍取得によって元の国籍を失うべきこと
    6. 日本国憲法施行下において、日本政府を暴力で破壊したり、それを主張する政治活動等に参加を企てたり、それを行なった経験が無い者であること

       帰化申請の時に提出するもの
    1. 帰化申請書、帰化動機書、宣誓書、履歴書
    2. 生計概要を説明する書類、親族概要を説明する書類
    3. 事業主の場合、事業概要を説明する書類・財務諸表・確定申告書(控え可)
    4. 会社役員の場合、法人登記簿謄本(登記事項証明書)
    5. 社員の場合、在職を証明する書類・給与証明書
    6. 納税証明書(コピー可)
    7. 自宅・勤務先付近の略図
    8. 国籍証明書、もしくは国籍を有しないか帰化により現在の国籍を失うことを証明できる書類
    9. 外国人登録原票記載事項証明書・自動車運転免許証
    10. その他、法務局から追加提出指示を受けた書類

    この人が石平先生 ↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った 国籍管理の法律はあっても、・・・     肝腎の「国家という意識」が、完全に欠けているのです

  • 顔を隠して・・・


           なぜ??     なぜ??



    ”日本と、日本人を徹底的に粉砕せよ!!”




                 激しいヘイトスピーチ!!


    在日韓国学生同盟による激越な反日デモ ↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った 顔を隠して・・・          なぜ??     なぜ??    ”日本と、日本人を

  • ビルマの高杉晋作??




             誰それ??





                  前ビルマ軍事政権の最高指導者、ネ・ウィン議長です!!





    ネ・ウィン議長が日本軍の訓練を受けている時に『高杉晋作』という


    名前をもらって、この上なく誇りに思った、と・・・





    ラングーンの問屋街で親日家として有名な店を訪れたら、
    社長室にオンサンが日本軍の軍服を着て、
    日本刀を大上段に振り上げた写真があった。

    老社長は「日本軍の敢闘によってイギリスの植民地政治が崩壊した。
    我々は何度も戦ったが英軍に粉砕されたので、
    英軍を粉砕してくれた日本軍に感謝している。
    このご恩は永久に忘れない」と熱弁を振るった。
    平成10年8月25日 「アジアの曙光 -10-」より


    ビルマは、(現在のミャンマー)19世紀に3度にわたり、
    イギリスの攻撃を受け、1886年にイギリスの植民地とされました。
    その時、既にイギリス領であったインドの一州に組み込まれてしまいました。
    ビルマの国王夫妻はイギリス領スリランカに流刑され、その地で死亡。
    王子は処刑され、王女はイギリス軍の士官の従卒に与えられてしまいました。


    日本はビルマ青年達を支援し、イギリス勢力を追放する為、
    ビルマ独立を達成しようとします。
    1940年、日本陸軍は鈴木敬司大佐をビルマに派遣、
    オン・サンらを救出し、大佐の故郷である浜松に亡命させました。
    そして、鈴木敬司大佐を機関長としたビルマ独立の為の
    「南機関」が誕生したのです。


    1941(昭和16)年、大東亜戦争の開戦とともに、
    タイのバンコクで30人志士を中心に「ビルマ独立義勇軍」が結成されました。
    日本軍による厳しい訓練を受けた青年達は、独立ビルマを象徴する
    孔雀の旗を掲げて、ビルマ独立を誓い合ったのです。

    ビルマ民衆は歓喜して彼ら義勇軍を迎え、
    その協力もあって3ヶ月で首都ラングーンを陥落させ、
    イギリス軍を敗走させました。
    そして日本の軍政を経た後の1943年8月1日、
    ビルマはついに独立を宣言しました。

    その時、外相に就任したウー・ヌーは、
    「歴史は、高い理想主義と、目的の高潔さに動かされたある国が、
    抑圧された民衆の解放と福祉の為にのみ生命と財産を犠牲にした例を
    ひとつくらい見るべきだ。そして日本は人類の歴史上、
    初めてこの歴史的役割を果たすべく運命づけられているかに見える。」
    と語っています。

    ミャンマーの3月27日の国軍記念日には、
    全国のミャンマー国軍が首都ヤンゴンに集まり、
    盛大なパレードを繰り広げますが、
    このパレードでは、日本の「軍艦マーチ」から演奏し始めます。

    ミャンマーでは政府の高官からジャーナリストに至るまで、こう言います。
    「ミャンマーが今日あるのは、日本のおかげです。
    日本のおかげで、英国の圧制を逃れ、独立をする事が出来た。
    我々は深く日本に感謝しているのです。」

    1981年(昭和56年)1月4日、第33回独立記念日。
    自国民であるミャンマー人でも授与されていない
    「アウンサン勲章(ビルマ独立運動闘士)」を7人の日本人に対して
    授与するとミャンマー政府は発表。
    両国の関係者を驚かせましたが、更に受賞者7人全員、
    鈴木敬司大佐の未亡人を含む元「南機関」メンバーであった事も、
    「恩を忘れない」とアジアの人々に感動を与えました。

    <余談>
    アウンサン・スーチー女史のお父さん、ビルマ建国の父と言われるアウンサン将軍の日本名は「面田紋次」といいました。

    下は、1942年、昭和17年日本軍により解放された
    当時のラングーン市内(現ヤンゴン) ↓

    企業は国を騙して法人税減税を勝ち取った ビルマの高杉晋作??               誰それ??                    

  • <<
  • 103 81
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
法務省 人権擁護キャンペーンPR
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア
法務省 人権擁護キャンペーンPR