ここから本文です
  • 正直者がバカを見る典型的な事象だ。「政治家は年賀状も出してはならない」「香典もご祝儀も出してはならい」等、日本古来の美風を自らの経済的負担を減らすために公職選挙法を改悪する。税金をゴッソリ懐に入れたら最後、絶対出さない政治家の中で、小渕大臣は立派なものだ。他の大臣も見習え。収支決算書を作成した元秘書の町長も正直者だ。但し愚直と言うか、少し「バカ」がつくが立派なものだ。他の連中も見習って経済効果に寄与しろ。松島大臣の「うちわ」に至っては大笑い。歯が出っ放しで隠れない。それを追求する民主党は大人気ない代表的見本である。二人とも可愛い人間である。大臣を辞める必要はなかった。「悪い人ほど良く眠る」。黒沢明監督もあの世で我が意を得たりと喜んでいる。司法はもっと巨悪の根源を掘り起こせ。と国民みんなが願っている。

  • <<
  • 11 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア