ここから本文です
  • 1

     平和で豊かな日本の宝物”憲法第9条”を守らなければなりません。改正させてはいけません。  イラクでの悲惨な戦争、−ゲームではありません。何の罪もないイラク人が35,000人も殺されました。−−60年前の第2次大戦では310万人の日本国民が犠牲になりました。−お爺さんも、叔父さんも戦死した辛い思い出があります。 今こそ反対の声をあげないと・・・( )年後には、あなたも子供達も、イラクや朝鮮半島に行くことになるかも?。 戦争はイヤです。−もっと他に平和外交の手段はあるはずです。−−戦争を知らない政治家と役人達にはまかせられない!死ぬのは私達ですからーー。  今なら間に合うー守ろう!憲法9条が最後の砦だ。国民投票法案にも反対しましょう!−−あなたから10人にー10人から100人へ。
      アメリカの世界戦略のために憲法を変える必要はない。危険だー戦前に戻る可能性がある。

  • <<
  • 20601 20578
  • >>
  • 20601(最新)

    ペガサス 2月24日 15:24

    >>20600

    壊滅的な大日本帝国の敗戦について、両県民に対して責任追及可能な筈が無く、両県民には繰り返すようだが、先の大戦で我が国が壊滅的な敗戦を迎え、戦後、両県民が、悶絶死しなければならぬ理由等何処にも無いのが実情なのだ。更に、県民感情を悪化させるが如く、被曝手帳は差別促進手帳と成り果て、そして、此の健康保険手帳は、悪名高く成ったのだ。

    敗戦という、信じ難い国家賠償の中で、最も差別待遇に遭遇したのが、両県民で或る事を真摯に我々は忘れては成らない。

    最高裁が両県民の訴状を『国家戦略的』にどれだけ退けたのか、よくお考えに成られた方が宜しいと想う。

     ** 戦争はイヤです! 壊滅的な大日本帝国の敗戦について、両県民に対して責任追及可能な筈が無く、両県民には繰り返すようだが、

  • >>20599

    何のためと言わずとも、今日も誕生し、今日も骸は積まれる。

    広島県民、長崎県民の知らぬところで戦争指導者が開戦に踏み切り、壊滅的な大日本帝国の敗北劇を迎えた。被爆体験は一瞬にして、両県民のその後の人生を一変させ、だが、政府は戦争責任を『真摯に』取ろうとはしなかった。

    私の母の友人は被曝一世で或り、紛れもなく、私の学友は被曝二世なのだから。

    戦争遂行は、神が与えし良心の束縛が生む善悪の基準の最果てであって、極悪の社会現象、其の物で或り、他にどう表現しようか。

    県民の嗚咽は今世紀に至っても、鳴り止まないのだ。

    安倍一強独裁改憲政党政治に邁進する、政府与党は、日本国憲法第九十六条改憲緩和政策を巡って、国民に信を問うおつもりか。

    日本国憲法第九条第二項 交戦権の否認は、軋んでいる。

     ** 戦争はイヤです! 何のためと言わずとも、今日も誕生し、今日も骸は積まれる。  広島県民、長崎県民の知らぬところで戦争指

  • >>20598

    >№20594と20598

    共通して言える事は、自己の利益(権利)を追求した結果だと思うんですね。

    人生にも言える事なんですが、他者は如何でも良い、己の権利だけを追求するのであれば、悲しい人生を送るだけだと、、お金や武器では、人の心を動かす事は出来ませんし、人を信ずることも出来ない人と成っていまうんじゃないのかな。
    (お金で何でも買えると言っていた、曾てのライブドアのホリエモンの様に)

    オスカー・シンドラーや杉原 千畝の様に、人の為に働く行為こそが、人生に価値を見出せるのではないのでしょうか?

    安倍が行なおうとする「平和安全法制・武器輸出三原則撤廃」では、安全な世界を作れないと思います。

    日本国は、敗戦して以来、他国と戦争をしてこなかったし、武器輸出三原則を守り他国に武器を売る事をせずに、高品質の平和的物品を売って来たと思います、
    だからこそ、日本国は、世界から信用を得ているんですよ。

    黒船で日本に来航した翌年に、安政南海地震による大津波が在りました、此の時の逸話が、今でも残っているんですよ、「稲むらの火」。

    詳細は語りませんが、五兵衛を助けに来ようとした者だけが、津波から助かったのではないでしょうか?

    五兵衛は、村人の為に稲を燃やし(自己犠牲精神)火事だと思い、駆けつけた村人も(自己犠牲精神)行動を起こした人達だけが、津波から助け助けられた。
     
    私は、その様な五兵衛さんや村人の様な(自己犠牲精神)の持ち主と成りたい。
      

                                  言うは易く行うは難し

  • 天邪鬼さんへ。

    軍事に応用可能な基礎研究費を助成する「安全保障技術研究推進制度」予算として、一六年度の六億円から十八倍増となる百十億円を要求した。

    日本学術会議の副議長さんが此の体たらくはなんだ、と、「世界」(岩波書店)に投稿なされていましたね。

     ** 戦争はイヤです! 天邪鬼さんへ。  軍事に応用可能な基礎研究費を助成する「安全保障技術研究推進制度」予算として、一六年

  • 人生に意味は無い。

    只、今日という日を生き、昨日迄、生存競争に勝ち続けただけだ。

    明日を殺す人。

    只、虚しく、灰となる、遠くて近い我が身の果てが或るだけだ。

    其れが人生の集大成で或り、虚しくとも、明日を目指すのみだ。

    意味は無い。

    私は人生を大きく勘違いしているようだ。

    私は誰でもない。

    誰にも成れない。

    只、気づいただけだ。

    胸糞悪い人生道に吐き気を及ぼしているだけだ。

    何も無い。何もが或るのだ。

     ** 戦争はイヤです! 人生に意味は無い。  只、今日という日を生き、昨日迄、生存競争に勝ち続けただけだ。  明日を殺す人。

  • >>20591

    天邪鬼さん、こんにちは。

    愛のために人は苦しむ
    https://www.youtube.com/watch?v=WCElWItsBCU

    此の世で最も堕落することは、殺人(戦争)です。其の次が、性堕落です。モーセの十戒から何も人間世界、変わっておりません。

    イエスも、仏陀も戦争はアカンと仰ったのに、あれから、二千五百年後の現在、我々は人類は先人の戒めを護らずに、幾度もなく戦火を交えました。

    天邪鬼さん、我々の祖先がカネを創造した後、我々は滅亡の道を直走りしているのでしょう。カネを追う事に獰猛な我々人類の趨勢は実に厳しいと想われます。

    世界の大富豪の八人が世界の富の半分を占めている事を是認しているのが、現在の世界の社会情勢であり、此の社会情勢を是認し続ける限り、世界の富の三分の二は、世界の大富豪の想うが儘です。

    詰まり、残りの世界の三分の一の富を巡って、世界人口百億人が凌ぎを削るのです。

    権力にカネは憑物ですから。

    世界が破滅する迄、カネを追うのと違いますか。

  • >>20592

    昭和20年8月14日
    ※1 ポツダム宣言受託。

    昭和21年1月7日
    国務・陸・海軍三省調整委員会が、承認した日本の憲法改正に関する米国政府の指針を示す文書。
    この文書は、マッカーサーが日本政府に対し、選挙民に責任を負う政府の樹立、基本的人権の保障、国民の自由意思が表明される方法による憲法の改正といった目的を達成すべく、統治体制の改革を示唆すべきであるとした。
    すでに極東委員会の設置が決定され、米国政府は憲法改正問題に関する指令権を失うこととなった為、マッカーサーに対する命令ではなく、「情報」との形で同月11日に伝達された。
    後にghq 草案の作成の際に「拘束力ある文書」として取り扱われ、極めて重要な役割を果たした。
    米国政府はこの文書の中で、改革や憲法改正は、日本側が自主的に行うように導かなければ日本国民に受容されないので、改革の実施を日本政府に「命令」するのは、「あくまで最後の手段」である事を強調している。 

    日本政府は、帝国憲法を少々変えただけの憲法改正要綱をghqに提出するが、ポツダム宣言に沿う様な案ではなく、一蹴される。

    2月12日
    ghqは、憲法研究会(鈴木安蔵)の憲法改正草案を元にマッカーサー草案が日本政府に手渡す。
    ※2 日本政府は、マッカーサー草案を元に改憲案作りを進めて行くが、ghqの上部組織である極東委員会から憲法案の再考を進言するが、日本政府は、断わる。 

    ※3 極東委員会は、4月10日に予定された衆議院総選挙に対しても、国民が憲法問題を考える時間がほとんどないとして、その延期を求めていたが、日本政府は、断わる。

    10月
    極東委員会の政策として、新憲法の再検討に関する規定」と、それを米国政府に伝える
    ※4 会議は、「憲法発効後、1年を経て2年以内に」、国会と極東委員会が新憲法を再検討することを決定したが、国会では、気運は、有ったが改正までには至らなかった。

    ※5 サンフランシスコ講和条約は、昭和26年4月28日に効力発生したが、改憲の改の字も出なかった。

    ※6 自民党 日本国憲法改正草案現在は、改憲に必要な国会議員の3分の2を超えているのにも関らず、自民党の日本国憲法改正草案を国会に提出する事すら拒否をしている。

    ※1で、帝国憲法の改正拒否や ※2~6現憲法の改正が出来たのにも拘らず、何時までも押付け憲法と言うのは、お門違い。

  • 今日は、久しぶりに休暇を取ったのですが、暇です。
    何時も思う事を投稿してみます。
    ネトウヨが云う、事実誤認「押し付け憲法」に異議を申しますと。



    帝国憲法改正が必要に成ったのは、ポツダム宣言受託した時から始まります。
    ポツダム宣言受託は、日本が自ら呑んだのだから押付けとは成りません。

    昭和20年7月~8月
    ポツダム宣言に関する交渉と、電信類の綴り等から、外務省がポツダム宣言を逐条的に検討していた。
    ドイツ民主化の措置は連合国側が実施するのに対し、日本の場合には日本政府自身に行わせようとしていると述べられている。
    特に、ポツダム宣言文の「民主主義的傾向」は、日本国民が元来民主主義的傾向を有するとの連合国側の見解とした。
    又、「平和的傾向を有する責任政府の樹立」は、当時の政府とは異なる別個の新政府の樹立が必要とすると解した。
    其の後の経緯でポツダム宣言の受諾が、帝国憲法の枠内に留まりうるものでない事が判明する。
    此の時点で、既にポツダム宣言を呑む事は、改憲を意味するのは明白であった。

    昭和20年8月14日
    ※1 ポツダム宣言受託

  • >>20558

    yさん、今晩わ

    3ヵ月間の投稿が在りませんが、お元気で御られるでしょうか?

    たまには、投稿を出して頂きたいです。

  • あけましておめでとうございます。

    恣意的でない良心的サイト。偏向しない知識。
    ウィキペディアへのご支援を今後とも宜しく
    お願い申し上げます。m(__)m

  • >>20584

    >竹島も北方領土も日本が
    米国に占領され主権が無かった時代に取られたものだ。
    日米安保は自衛隊が創設されたあとのことだ。

    旧安保って知らないようだね。
    「主権が無かった」訳でない、施政権と言うんだったら解るが。

    だが
    竹島が盗られたのは、サンフランシスコ講和条約の効力が有った後だ、日本の施政権が回復した後だな。

    でだ
    ソ連が、択捉・国後・色丹島の占領は、1945年9月1日以前なんだね。
    日本が行なった降伏(文書)は、9月2日だよ。
    詰り
    アンタが言う主権(施政権)は在ったって事だよ。

    >尖閣防衛は政府が自衛隊を派遣するのが先だ。
    米軍が出て行くのは日本政府が要請してからだ。
    先に米軍が動くなんて話
    聞いたこと無い。
    少しは勉強しろよ。

    1952年4月28日に、旧日米安保の効力発生。
    1954年6月17日に、白漢成韓国内相が、韓国沿岸警備隊を竹島に急派したと言明。
    8月26日に、日本が韓国側の発砲による被弾について抗議する。(日本が韓国による竹島の不法占領を確認する)

    詰り
    前提条件として、日本が韓国による竹島の不法占領を認識しなければならない、其れから、外交ルートを通じて交渉、其れでも埒が明かない場合に自衛隊の出番と思いきや。
    アンタが、好きでたまらない保守の日本政府は、1965年に日韓基本条約を署名するが、竹島問題は、棚上げする。
    なので、自衛隊を出すのは当時には不可能。

    未だ在るぞ。
    アンタが言う、主権が無い日本に置いて、連合国は、占領した日本国を守る義務を負う。(ハ-グ陸戦条約)
    まぁ、サンフランシスコ講和条約効力後の話だがら有り得ないがな。

    元々、米国軍による抑止力なんって無いんだよ。
    日米安保条約の何処に、米国が日本を守ると書かれているんだよ、出してみなさいな(大笑

    アンタが、言う、主権や自衛隊が居ようが居まいが、どっちに転んでも勉強不足は否めないな。

    死に狂いで勉強をせい。

  • >>20583

    私も、陰謀論と思える様な事柄を根拠とし、其れから史実を探る事は有りますよ。
    陰謀論を、一概に否定する心算は毛頭ありません・・・

    でも、陰謀論だけでは、史実とは言えないと思います。
    根拠と成る、何らかの史料でも、お持ちでしょうか?

  • 駆けつけ警護をさせるだとぉ~?!ふざけた事ぬかすな!!相手が攻撃してきたら殺されるぞ!!安倍の愚か者め!!自衛隊員を殺す気だな!!この人殺し野郎め!!

  • >>20580

    竹島も北方領土も日本が
    米国に占領され主権が無かった時代に取られたものだ。
    日米安保は自衛隊が創設されたあとのことだ。

    尖閣防衛は政府が自衛隊を派遣するのが先だ。
    米軍が出て行くのは日本政府が要請してからだ。
    先に米軍が動くなんて話
    聞いたこと無い。
    少しは勉強しろよ。

  • >>20578

    >>20578
    北一輝も実際は高邁な理想と裏腹に
    三井財閥を恫喝してお手伝いさん2人でかい車に運転手をあてがわれていたり
    今の右翼のしのぎと変わりがないことをしています。

    北が民間人として実際にクーデターに参加しなかったに関わらず
    死刑になったのには、2.26事件に至る前までに不発に至ったクーデター関係の立役者だからでしょうね。
    来れには天皇の弟の秩父宮も絡んでいるので
    調べれば調べるほど面白いですよ2.26は

  • >>20578

    >>北一輝と皇道派の荒木は、思惑が微妙に違うと、私は思うんですね。

    私は調べていくうちにわかった事があって
    荒木は若手将校も革命思想も全部政敵を覆滅するために利用していただけの
    おやじなんですよね(笑)

    彼は自分が権力を握るために政敵ー統制派の一味を若手が殺してくれて
    自分は漁夫の利を得ようとしてただけ。
    なんで寺内が2.26の公判が始まる前に同僚裁判官に「荒木だけは死刑にしろ」と言っていたのには理由があるんです。
    トンデモない俗物ですよ。

  • >>20579

    >ただし米軍の抑止力がゼロになれば
    ロシア軍と中国軍は必ず日本を侵略する。

    昔から在ったよね、中ソの脅威論は。

    で、
    竹島は如何して盗られたんだい、日米安保は機能したんかい?
    米軍の抑止力なんか、元々無いんだよ。

    尖閣諸島だって、米国が守るとでも言ったん?
    言っていないよね。

    「尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用対象」と言っただけさ。

  • >>20576

    返信が遅れて、大変申し訳ありません。


    >北の思想はソ連の共産主義を取り入れたものであったとは思わない。

    北一輝は、中国革命同盟会という革命党に入っていました。

    >天皇と共産主義の融合が北一輝と皇道派の主意ど、それは日本以外にどこにもない、変わった思想だった。

    北一輝と皇道派の荒木は、思惑が微妙に違うと、私は思うんですね。

    荒木は、執務能力を失った大正天皇より、摂政の裕仁親王が良いと考えて、皇道派を作りました。

    北は、帝国憲法下での天皇の絶対的権力を打破する改憲を狙う(天皇機関説)為に皇道派を利用し、両者の思惑は、腐敗した権力を取り除く事で、一致していたのではないでしょうか?

    荒木は、二・二六事件の2年後に、近衛内閣の文部大臣に就任すると、軍部の大学や学園への弾圧が始まり、思想弾圧の人民戦線事件が行われるようになる。
    詰り、北の刑死1年後と成り、荒木の考えが変わったのか如何なのかは、本人に訊かないと判りませんが、荒木は、北一輝の日本改造法案大綱(巻一 国民の天皇)を知っていた筈なんですよ・・・。

    <「北は、帝国憲法下での天皇の絶対的権力を打破する改憲を狙う(天皇機関説)為に皇道派を利用した。」
    20575<「荒木は、反共的体質を身につけ」

    私の結論としては、北より荒木の方が一枚上手だったのかも知れませんね。

    終始、荒木は反共的体質に変わりはなかったし、改憲には言及は無かった、国民の天皇ではなく、天皇の為の臣民で良かったと、荒木は考えていたと思うんですね。

  • <<
  • 20601 20578
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア