ここから本文です
  • 1

    *****

    こんにちは、生まれも育ちも清水のまたろうと申します

    もちろんエスパルスの大ファンです

    40代以上のエスパルスファンの方、楽しくお話ししましょう
    (若い方でもかまいませんが、テンポ・テンションが合わないかも:笑)

    エスパルスやサッカー以外のことでも大歓迎

  • <<
  • 3944 3923
  • >>
  • 3944(最新)

    ikeike_spulse 2月25日 20:49

    またろうさん こんばんは

    開幕戦いってきました。
    何となく負けてしまったなあという感じです。

    守備はまずますだったと思います。
    攻撃はやはり相手の守備がしっかりしてくると
    そう簡単にはいかないんだということがよくわかりました。

    開幕戦
    昨年は引き分けでした。
    J2あまくないなあ。
    気を引き締なきゃと思いました

    一昨年は審判のアシスト?もありアントラーズに勝利しました。
    しかし、その勝利で勘違いをしてしまい大変なことになりました。

    この初戦。
    敗戦は悔しいですが、自分たちの力がわかりこれからの戦いに活かせる敗戦だと思いたいです。
    今日できなかったことをしっかり次はできることを期待したいと思います。

    次は広島。
    結果はどうあれ、自分たちの立ち位置がもっとよくわかると思います。
    しっかり準備をして戦ってほしいと思います。

    なかなかアェイには行けないのでテレビで応援したいとおもいます。
    がんばれ エスパルス!!

  • ついにJリーグ開幕しました 久しぶりのTV観戦

    残念ながら負けてしまいました、神戸戦0-1
    1失点とはいえ守備陣はよくやったと思えます

    テセも金子もがんばっていたのですが
    今日は中盤が機能しなかったですね
    今日の敗因は白崎・野津田が活躍できなかったことかな
    竹内不在も球がまわらない一因だったかも

    神戸自体は普通のデキでJ1の標準のような感じ
    守備がしっかりしていたので、なかなかシュートまで
    持ちこめませんでした。ここは練習あるのみか

    開幕戦で若手が緊張していたのかJ2時代のような
    躍動感が出ませんでしたね
    次節広島戦も強敵ですが、まず1点取るとこからでしょう

    覚悟はしていたがJ1はやはりレベルが違う
    ここから小林監督がどう戦っていくのか期待しましょう

    やっぱり負けると気のきいたことが書けないよ

  • 本日(2/22)DAZN契約しました
    1カ月の無料視聴から

    基本はPCにて視聴です
    ネット環境は光回線なのでけっこう早いのですが
    PCが7年目のWIN7、これがどうなのか

    実際見てみましたが、サッカーやバレーボール
    動きが少ない時はいいのですが、早い動きになると
    どうも疲れます、ときどきフリーズ(カクカク)する感じ
    止まるわけではないのですが違和感が
    PCを最新型にしないとだめなのか

    とりあえず1カ月付き合ってみます

  • 最近は娘がけっこうエスパルスファンになり
    今日は兄と二人で三保の午後練習を観に行ったようです

    デュークや長谷川も加わっていたとのこと
    ミニゲームでは主力組のボランチがフレイレと浩太だったようで
    河井君は控え組とのこと、竹内・河井がもし間に合わないと
    まだ連携のとれていないフレイレと浩太では神戸の攻撃に
    対応できるのか超不安です

    練習後は村田と写真撮れたと喜んでいました
    テセと村田はファンサービスができていていいですね

    娘の隣にいたおじさんが松原を呼んで
    上から目線で話していたとか

    選手を呼んでサインもらっている人が多いようで
    そうか~選手も大変だなあって思う
    しかしこういう対応もプロだから必要だよね
    うちの娘大学4年だから、選手も若い女性に
    声かけられれば悪い気はしないのかもね

    私は平日仕事だから三保には行けないなあ

  • さあ開幕まであと1週間となりました
    昨日は湘南との非公開試合だったようですが
    監督の反応としては「及第点」だったそうです
    本心かどうかはわかりませんが、昨年の開幕前に比べれば
    チームの土台ができているのがいいですね

    開幕の神戸戦、大崩れはしないと思います
    1失点ぐらいは覚悟の上、2点以上獲れれば勝てるのでは
    竹内の怪我が心配ですが、いるメンバーでやりくりするのが監督
    期待しています

    2chでJ2からの昇格チームは開幕5試合で勝ち点5以上
    取らないと逆戻りのデータがあるそうです
    そこで、かってに開幕5試合予想
    1.神戸戦 1-0 勝利 やはりテセの一発で
    2.広島戦 0-2 敗戦 アウェーで前半はがんばったが
    3.新潟戦 0-0 分け 塩試合
    4.鹿島戦 0-3 敗戦 開始早々の失点でリズム崩す
    5.磐田戦 2-2 分け 死闘をくりひろげるが勝ち越しできず

    まあこういった厳しい戦いになるのでは
    早く怪我人が戻ってきてほしい

  • 鹿児島キャンプも終わり、開幕もあと2週間に迫りました
    キャンプでは怪我人や体調不良者が多く監督としても物足りない成果
    であったかもしれません

    ここまでの状況からみると、ボランチは竹内とフレイレみたい
    六平はとりあえず右SBスタートなのかな?

    FWでデューク、長谷川が怪我で出遅れた為、金子・北川に期待がかかる
    テセはマークがきついでしょうから、白崎あたりがどこまで点にからめるか

    問題は守備陣で、フレイレの活躍と松原の成長に期待がかかる
    GKは植草と六反の争い、昨年の実績でやや植草リードか
    しかし反応は六反の方がいいようなので、2人を併用と思われる

    ところで今年から中継がDAZNになりましたが
    今までスカパーで録画のお世話になってきたのに
    今年はどうしようかと、とりあえずPCで観るのかな
    しかし家族全員で観るにはTVへどうして写そうか思案中
    開幕戦は放送があるからなんとかなりそう

    アイスタはGWの仙台戦に行くつもりです

  • 2月になり、清水もTMが行われました

    京都とのTMでしたが途中から3失点
    これが今年J1で戦えるかどうかの大きな課題でしょう
    大前が抜けても前線はある程度やれそうな気がしますが
    (事実京都から2得点)
    失点が止まらなければ2年前と同じです
    2年前は60失点越えましたから
    今年は何としても40失点以内に抑えてもらいたいです

    情報ではデュークが怪我で離脱とのこと
    助っ人なのに稼働が少ないのは厳しい

    今度来る新外人さんに期待しましょう

  • いよいよキャンプがスタートしました
    陣容は外人除いてほぼ固まったようです
    まあその外人さんが大事なんですが・・

    素人ながら予想フォーメーション

    昨年をベースにすると、こうなりますが
    FW    金子  テセ    
    OMF 白崎       枝村
    DMF   竹内  河井
    SB  松原       鎌田
    CDF   角田  犬飼
    GK      植草

    新戦力含め課題
     GK六反はキャンプでレギュラー奪えるか
     新外人ドスサントスは使えそう?
     野津田は右の枝村のところで勝負か
     1年棒に振ったデュークの使いどころは
     大前のポジションは金子で大丈夫?
     一番弱いところがボランチで
     昔ジュビロにいたドゥンガのような
     司令塔が欲しい(ないものねだり)

    フォーメーションもワントップのオプションがあるかも
    トップ下やアンカー等が置けてバリエーションが
    増え、負けているとき、勝っているとき等
    使い分けができる
    基本は2トップでしょうね

  • ついに大前の移籍が発表されました

    新ユニのモデルが白崎だったので
    ほぼ決まりなんだと覚悟はできていました
    長い間エスパルスで活躍していただきありがとう
    大宮での活躍を祈っています

    いなくなったのはしかたがない
    いるメンバーで戦術を考えていくのが監督の仕事
    小林監督がどれだけ引き出しを持っているかですね
    残りはウタカの去就ですね
    フロントはどこかで引きうけてもらえないか
    いろいろ当たっているのでしょうが
    年俸がネックでなかなか見つからないのでしょう
    最終的にディスカウントしてでも他チームに売るか
    高年俸で自チームで使うか体制発表まであと数日

    昨年も大前抜きで戦ったこともあるし
    キャンプをしっかりやれば何とかなるのではと
    今は甘く考えています
    新戦力の追加もあるかもしれないし(たぶんないけど)
    とりあえず監督を信じてみましょう

  • 移籍情報も終盤になってきました

    今のところ戦力ダウンはMF本田・石毛とDF三浦の3名
    新戦力としてはMF野津田とGK六反

    ややマイナスというところ
    今一番の関心事はFW大前とウタカの去就ですね
    2人ともいなくなるとテセにかかる重圧が半端ない
    なんとか大前君には残ってもらいたいものです

    できればCBとボランチにJ1レギュラークラスが欲しいが
    これはフロントのがんばり次第か

  • みなさん あけましておめでとうございます

    天皇杯は鹿島の優勝でした
    エスパルスもどれかタイトル取れるといいですね

    藤枝順心がベスト8に残りました2連覇なるか楽しみです

  • 今年ももう少しで終わります

    今日も契約更新のニュースが何件か入ってきました
    三浦と大前の更新を心待ちにしていますが
    年明けに期待して

    みなさまよいお年を

  • イケさんお久しぶりです
    時間があったらまた書き込みお願いしますね
    敷居が低いトピですから

    J2でも勝てると嬉しかったです
    勝って当たりまえと思っていたチームにも
    痛い目にあわされたり、波乱万丈の1年でしたね
    1年で戻れて本当に良かったです
    さすがに来年は20勝などできないでしょうが
    なんとか10勝はしてもらいたいです
    昨年は5勝しかできませんでしたからね

    移籍情報はここ数日でいろいろ入ってきましたが
    本田は山形に移籍とのこと、抜けたボランチに
    J1でやっていける優秀な選手が欲しいですね

    守備さえしっかりすれば中位ぐらいには行けるんじゃないかと
    個人的には思ってますが、どうなんでしょうね

  • またろうさん お久しぶりです
    久しぶりに掲示板覗いたら、懐かしい「中高年のオレンジトピ」の文字が・・・
    懐かしいので思わずコメントさせてもらいました。
    覚えてくださっていますか。

    今年は、諸事情がありまして、思ったよほどアウェイのゲームにいけず、
    ホームの観戦も前半戦が多く、後半戦調子が良くなったら、自分の都合でスタジアムに行けず、
    勝ちゲームをほとんど見られませんでした。
    そのことが功を奏したのか、J1へ無事復帰。
    それだけが良かったです。
    来年は、絶対残留が私の中の目標です。
    それ以上は難しいような気がするからですが・・・・、なんと気弱なことか・・・

    移籍情報も少ししか入ってこず、来年どのような布陣になるのか、
    どきどきしながらオフィシャルの発表を楽しみにしています。
    個人的には、本田には残ってほしいのですが、無理みたいですね。

    まとまりの無い文章になってしまい申し訳ありません。
    これからもときどきお邪魔したいと思います。
    またよろしくお願いします。

  • 来シーズンに向けて移籍情報が動き始めました

    今日の話では 澤田の長崎への完全移籍
    熊本でいい成績を残して清水に来たが、使われ方の問題か
    なかなか結果が残せませんでした
    長崎では活躍してもらいたいです

    報知の情報では石毛が岡山に移籍とのこと
    いつか耀く時が来ると期待していましたが、今年も空回り
    新天地で一回り大きくなって戻ってきてほしい

    新潟(広島保有)の野津田が清水に来ると言う静岡新聞報道
    静岡新聞ならまず決まりでしょう
    白崎と争うのか、右もあるのか
    この位置は村田、枝村もいて層が厚くなった

    仙台に行っていた平岡がそのまま完全移籍
    好きな選手でしたが、清水から戻れと言われないのではしかたなし
    1年単身赴任でしたが、奥さんやお子さん呼ぶのでしょうね

    ボランチ本田も移籍の話があるようで
    もし抜けるのなら補強は必至

    まだまだこれから動きがあると思います
    主力が抜けないでほしい、

  • ロナウドがバロンドール4回目取りましたが
    今年のエスパルスではテセでしょうね
    過去エスパルスに在籍したFWで26点も取った人いたでしょうか
    J2とはいえ存在感抜群でした

    とするとベスト11は
    FWは  テセと大前で文句なし、次点が金子、北川
    OMFは 白崎文句なし、右は枝村、石毛、村田だが
         まあ枝村でしょうね
    DMFは 竹内・河井・六平・本田の中から2人、難しい
         今年は竹内・河井かな
    SBは  左が松原で間違いないが、右は鎌田、川口、六平、三浦
         本職が怪我で出場が少なかったので六平でしょうかね
    CBは  角田、犬飼かな次点でビョン
    GKは  植草しか選びようが無い

  • エスパルスこの1年を振り返る 8

    首位・2位と勝ち点差3にまで詰め寄った7連勝エスパルス
    調子を落としている岡山と対戦

    41節 岡山戦 2-1 
    2点目をテセが入れたときは勝利を確信したが、後半は讃岐戦
    と似たような展開。失点後押し込まれテセがゴールラインで
    必死のクリア、全員で勝利をつかみ取りました。

    41節まさかの松本が敗れ2位に躍進、最終節に自動昇格をかけて
    徳島と戦うことに

    42節 徳島戦 2-1
        まだ記憶に新しい試合です、試合内容よりも結果が求められた試合
        他会場で松本が失点、エスパルスは犬飼のゴール。この時点で自動
        昇格に大きく前進でしたが、同点に追いつかれると、松本も逆に
        同点に追いつき首位札幌共3チーム同点で後半へ
        
        後半松本が勝ち越した為、このままでは3位転落の危機に
        途中出場の金子が勝ち越しゴールをあげたときは興奮しました
        あとは神に祈るのみ、手を合わせてロスタイムを観ていました

    結果3位松本とは同じ勝ち点で得失点差の自動昇格、1年本当にみんな
    がんばりました。テセ、大前の強力2トップは頼もしかったし、途中出場
    ながら9得点の北川、C大阪戦でロスタイムでミドルシュートの白崎
    守備力と切れの良さで成長した金子、突破力の村田、戦術眼と潤滑油の枝村
    効果的な縦パス竹内、縦横無尽河井、SBまでやった六平、安定守備角田
    最終戦にゴールを決めた犬飼、終盤は慣れない右SBの三浦、今年急成長
    の松原、移籍早々からゴール任された植草、怪我に泣いた人も多く
    鎌田、川口、デューク、西部、結果は出なかったががんばった石毛
    激的なゴールのビョン、オウンゴールさそったボムヨン、守備固め本田
    みんなありがとう

  • エスパルスこの1年を振り返る 7

    37節 北九州戦 2-0 今年初の4連勝 そしてアベックゴール
                 さらに無失点完勝

    このころ今年の完成形ができてきたと思います 右が石毛か枝村かぐらいで
    守備も安定していたし、まあJ2残留争いのチームでしたから勝って当然か
    ついにC大阪を抜いて3位に

    38節 群馬戦 4-0 またもアベックゴールの無失点 
                金子・北川も交代出場で活躍

    39節 京都戦 4-1 J史上初の5試合連続アベックゴール
                植草体調不良で後半からGK杉山

    40節 讃岐戦 2-1 終了間際の失点から最後は押し込まれた

    この間札幌が失速、急速に上位2チームとの差が縮まる
    清水は全勝あるのみ

    天皇杯 ガンバ戦 0-1 決戦の岡山戦の前控え選手で戦ったが
                 延長で長沢君にやられる

    40節讃岐戦終了後の順位
    順位 チーム 勝ち点 勝数 分け 負数 得点 失点 得失
    1  札幌   81 24 09 07 63 32 31
    2  松本   81 23 12 05 58 28 30
    3  清水   78 23 09 08 81 35 46
    4  C大阪  72 21 09 10 59 45 14

  • エスパルスこの1年を振り返る 6

    POにはほぼ間違いない位置に付けたエスパルスですが
    まだ松本、C大阪との直接対決を残しているので
    2連勝すれば2位も夢ではない位置でした

    運命の松本戦 第33節

    ボコボコのピッチに強風の悪コンディション
    得意のパスがうまく回せず、松本のフィジカルに押され
    前半FKからの失点、後半大前、村田の投入も実らず
    またも松本戦無得点で敗北 0-1

    札幌戦に続き、松本戦も敗北、なんでここ一番に弱いんだ
    2位と勝ち点7差になり、ほぼ自力昇格の望みがなくなりました
    しかしまだセレッソに勝てば3位でPOを優位に戦える
    望みを捨てた時が終戦です

    絶対に負けられないC大阪戦 第34節

    後半C大阪に先制され絶体絶命のエスパルス
    若手がみごとやってくれました
    金子のスルーパスから北川、同じく金子のリターンから白崎
    千葉戦、水戸戦に続くアディショナルタイムの逆転
    首の皮1枚ながら昇格争いに残りました

    今年昇格できたのは、この試合を取ったことが大きいでしょう

    35節 町田戦 2-0 大前、テセのアベックゴール、無失点
    36節 金沢戦 3-0 またも大前、テセのアベックゴール
                右SBに入った三浦がみごとなセンタリング
                2試合連続無失点

    10月16日金沢戦終了後の順位
    順位 チーム 勝ち点 勝数 分け 負数 得点 失点 得失
    1  札幌   78 23 09 04 57 25 32
    2  松本   71 20 11 05 53 27 26
    3  C大阪  67 20 07 09 54 38 16
    5  清水   66 19 09 08 69 33 36
    4  岡山   63 19 09 08 51 32 19

  • エスパルスこの1年を振り返る 5

    28長崎戦 2-0 前半は眠くなるような凡戦、後半から北川、テセのゴール
              植草がこの試合から先発に
    29山口戦 2-2 中2日で山口以上にバテていたエスパルス、こういう試合もある
              札幌・松本には追いつけそうにないと思っていました
    30横浜FC2-0 金子の守備がだんだん評価されるようになり大前の代わりは
              金子になってきている、六平がSBに定着
    天皇杯 関西大戦 2-1 FW長谷川や二見等、控え選手で勝利
    天皇杯 水戸戦  3-0 金子公式戦3連発
    31山形戦 3-1 植草、枝村、金子の活躍、大前が復帰FKのゴール
              ようやく戦力が整い始めた
    32水戸戦 2-1 枝村の負傷退場が響き、厳しい試合だったが
              松原のラッキーゴールに救われて逆転勝利
    天皇杯 大分戦 1-0 どちらもサブメンバー GK高木和が収穫

    札幌に負けた後、何とか勝ち点を積み上げ
    大一番松本戦を前に、戦力は整ってきたエスパルス
    枝村が不在なのがどうか

    9月11日時点31節山形戦後の順位
    順位 チーム 勝ち点 勝数 分け 負数 得点 失点 得失
    1  札幌   69 21 06 04 51 21 30
    2  松本   60 17 09 05 43 23 20
    3  C大阪  57 17 06 08 47 33 14
    4  岡山   56 16 08 07 44 30 14
    5  清水   54 15 09 07 60 30 30
    6  京都   51 13 12 06 38 28 10

  • <<
  • 3944 3923
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア