ここから本文です

消費増税19年10月 延期法成立
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221290
※ニュースは予告なく削除される場合があります。

  • <<
  • 18591 18566
  • >>
  • 消費増税の必要がない「金満財政の証拠」(一例)
    >★日本政府 世界一の金融資産を保有 493兆円 →2015/3末574兆円
    資産総額 国800兆円  地方およそ250兆円 + 準公的資産およそ150兆円
    >●準・官公労働者NHK職員の一人あたり年額人件費1780万円 本体職員数1万人
    国からの年額補助金はおよそ40億円

    ●「65歳以上の人口」は2020年から頭打ち(後期高齢者増加の多死社会)
    2012政府予測→「2020/3612万人 2025/3658万人 2030/3685万人」
    2020年代は「10年で70万人の増加予測」 ※2010/2924万人→ 2015/3395万人
    2019予定の「消費税10%」が最後の消費増税となりそうです

  • >>18587

    >まあ彼らは面の皮が厚い人種ですから、後ろめたさはなさそうな感じもしますね。そういう人間や団体程、肩書とか地位とか学歴にこだわったりすると言うのは、正に的確な表現と言う感じがしますわ。

    面の皮が厚いって、それだけ感度が鈍い、感性が欠けるってことでもあります。
    経済状況、税収に関係なく安定的に給与が貰えるので、経済にも国民の生活にも必然的に疎くなる。
    やることが現実的でなく机上の空論になってくる。この国(国民)の危機とはいっても、基本的に自分たちのことではなくて他人事だし。で、挑戦を避け守りに入る(これは今の日本の民間企業にも当てはまりますけど)。

    日本がゆでガエル状態だと云われたりしますけど、彼らがその典型。その結果、この国は世界で唯一経済衰退を続けている。
    で、やることに成果が出なくなる。でも生活は安定、給与も成果に関係なく出る。

    これって、基本的にダメになった共産主義と同じです。彼らも権威とか肩書が好き。緊張感も無いが遣り甲斐もない。新しいこと、汗かくことをせず、仕事が形骸化して思考停止する。

    >>米国の大統領や政府のスタッフが、収入よりも名誉とか遣り甲斐優先で、かっての収入よりも安くなってもやりたがるという話をしたけれど、実は日本でも、小池都知事とか河村たか名古屋市長とか橋下徹前大阪府知事/前市長とか、そういうことをしている人たちがいるわけですよね。まだごく一部でしかないけれど。
    >まあ、彼らも表面上は自らの給与削減とか言っていますが、他に色々収入がありそうな感じもしますわ。

    まあ、税金というよりも、メディアに出たり、講演したり、支援団体とかからカネを集めたり、って代わりにいろいろやっているのでしょうね。だからカネには困らない。小池都知事の政治塾なんかもそうだし。
    まあそれが血税でなければ、納税者として文句を言う筋合いもありませんけど。

    >今回は公明党の都議会議員2割削減の判断が非常に大きい。本来なら万年野党化したボンクラ政党の都議会民進党が真っ先に主張すべきことなんだが、既得権益絶対死守と言う点で、自民、共産と良い勝負のこの腐れ政党は衰退する一方だなあ。」

    たしかに、自民党よりも公明党の方がやる気、気概を感じますね。良いいか悪いかは別にして、一応、宗教的な哲学というか倫理観があるからでしょうか。

  • >>18586

    >そうですね。貰った報酬にみあった成果を上げて貰わなければ、給与泥棒ならぬ税金泥棒になりますからね。

    ですねえ。

    >仕事の成果が出ないときにしばしば云われる「貴方が経営者だったら、今の自分の仕事に、それだけの給与を支払いますか」という(キツイ)設問がありますけど、都議会議員等の政治家や公務員には同様の質問をされたら後ろめたくなる人たちが、結構居そうですね(面白いもので、そういう人間や団体程、肩書とか地位とか学歴にこだわったりするみたいですけど)。

    まあ彼らは面の皮が厚い人種ですから、後ろめたさはなさそうな感じもしますね。そういう人間や団体程、肩書とか地位とか学歴にこだわったりすると言うのは、正に的確な表現と言う感じがしますわ。

    >米国の大統領や政府のスタッフが、収入よりも名誉とか遣り甲斐優先で、かっての収入よりも安くなってもやりたがるという話をしたけれど、実は日本でも、小池都知事とか河村たか名古屋市長とか橋下徹前大阪府知事/前市長とか、そういうことをしている人たちがいるわけですよね。まだごく一部でしかないけれど。

    まあ、彼らも表面上は自らの給与削減とか言っていますが、他に色々収入がありそうな感じもしますわ。

    >確かにこの流れが拡大する可能性はありますね。マスコミとか世論や国民(有権者)がそういう流れを作ったら結構いけるかも。

    今回は公明党の都議会議員2割削減の判断が非常に大きい。本来なら万年野党化したボンクラ政党の都議会民進党が真っ先に主張すべきことなんだが、既得権益絶対死守と言う点で、自民、共産と良い勝負のこの腐れ政党は衰退する一方だなあ。

  • >>18583

    >東京都は黒字予算ですが、都知事が給与削減をしてから、都議会公明党は議員報酬2割削減を打ち出して、都議会自民党に決別宣言をしている。これがどういうことになっていくか? 興味がありますわ。

    そうですね。貰った報酬にみあった成果を上げて貰わなければ、給与泥棒ならぬ税金泥棒になりますからね。

    仕事の成果が出ないときにしばしば云われる「貴方が経営者だったら、今の自分の仕事に、それだけの給与を支払いますか」という(キツイ)設問がありますけど、都議会議員等の政治家や公務員には同様の質問をされたら後ろめたくなる人たちが、結構居そうですね(面白いもので、そういう人間や団体程、肩書とか地位とか学歴にこだわったりするみたいですけど)。

    米国の大統領や政府のスタッフが、収入よりも名誉とか遣り甲斐優先で、かっての収入よりも安くなってもやりたがるという話をしたけれど、実は日本でも、小池都知事とか河村たか名古屋市長とか橋下徹前大阪府知事/前市長とか、そういうことをしている人たちがいるわけですよね。まだごく一部でしかないけれど。

    確かにこの流れが拡大する可能性はありますね。マスコミとか世論や国民(有権者)がそういう流れを作ったら結構いけるかも。

  • >>18581

    お前、相変わらず世の中の認識がまるで分かってねえなあ
    お前、本当にバカだね!
    馬鹿からの返事いらないよ!

  • >>18578

    >>トランプと言うのは相当したたかで大統領を止めた時の構想をすでに持っている節がある。
    >英国のEU離脱もトランプの当選も裏でシナリオを描いている人たちがいるかも。実際、両国は前評判と違って経済が上手くいっているし。権力がカネのなる木ってのは、日本も同じ。米国が、ネオコンによる(同時多発テロとかIS絡みの)戦争ならば、日本は、土建業による道路や鉄道やダムといった箱もの作りですからね。変わらない原子力村、結局作られた八ッ場ダム等、実はそれが日本の財政赤字が膨らんだ最大要因だったりするのですけど。

    ですねえ。

    >オリンピック施設の建設費や豊洲問題で分かるように、割高で、かなりドンブリ予算で作ってきたから。財政赤字を無くしたいならば、ここら辺にメスを入れなければ、税収と支出の好循環を作らなければ、どんだけ税収を増やそうが財政赤字なんて解消される訳ないし。

    ちなみに東京都は黒字予算ですが、都知事が給与削減をしてから、都議会公明党は議員報酬2割削減を打ち出して、都議会自民党に決別宣言をしている。これがどういうことになっていくか? 興味がありますわ。

  • >>18578

    >日本では高齢者の労働者が現在でも、多いと云われる米国に比べても断トツに多く、日本に来た外国人がそれに驚く、勤勉さに感心するなんて話もあります。

    ほう、そうなんですか。

    >実際のところ、そうしなければ暮らせない高齢者がそれだけ居るって話ですからね。で、それでも働ける高齢者は恵まれていて、多くの高齢者は働きたくても働けず、少ない年金と貯金の食いつぶしで凌いでいるってケースも結構あるといいます。

    これは今度増加する一方ですねえ。

    >それが、今後は年金額が減らされ、また、低収入で非正規が多い現役世代が、高齢化したら、今の状況ではとても済まなくなる訳で。

    その非正規の現役世代が高齢化する頃には、この国の財政はとっくに破綻している。で、生活保護にも大幅なメスが入る。するとそういう方々にも生きていたいと言う願望はあるだろう。つまり、この国の犯罪率は増える一方になる。治安悪化は避けられない。

    >そう考えると、今の年金システムってのはとっくに破たんしているし、今後は、これが日本経済(税収)にかなり大きなマイナスに作用することは間違いがありません。

    だから、政府が行うべきなのは高額年金受給者(月額30万円以上くらいか)の税金が使われている基礎年金部分の支給停止。さらに、貴殿も良く指摘するところの公的関係委従事者の大幅なリストラが必要となる。税収が減っていくんだから、当然の処置でしょうねえ。

  • >>18579

    お前、相変わらず世の中の認識がまるで分かってねえなあ。
    なんだろうなあ。この認識のレベルの低さは? ^^;

  • 所詮年金だけを当てにして暮らしている層にはAとBに分かれます。
    Aの連中は自己優先的に勤務、休みたい時に休み言われた事を苦労もせず
    気楽な稼業・・それでもBは知を出して働きその知恵を企業に
    貢献し財蓄しBは年金+財託故Aより安定しています。
    苦労をしないで過ごした奴に今更他補助する事は不平等です。
    人生には苦有れば楽あり、楽あれば苦ある・・格言忘れた日本国
    「ちりも積もれば、山となる」・・

  • >>18576

    >今後確実に生じるのは、先進諸国でも最高水準の高齢化の進展ですねえ。これに財政問題が絡んでくる。人は確実に歳を取る。

    日本が海外から課題先進国と云われる所以ですね。

    日本では高齢者の労働者が現在でも、多いと云われる米国に比べても断トツに多く、日本に来た外国人がそれに驚く、勤勉さに感心するなんて話もあります。

    実際のところ、そうしなければ暮らせない高齢者がそれだけ居るって話ですからね。で、それでも働ける高齢者は恵まれていて、多くの高齢者は働きたくても働けず、少ない年金と貯金の食いつぶしで凌いでいるってケースも結構あるといいます。

    それが、今後は年金額が減らされ、また、低収入で非正規が多い現役世代が、高齢化したら、今の状況ではとても済まなくなる訳で。
    そう考えると、今の年金システムってのはとっくに破たんしているし、今後は、これが日本経済(税収)にかなり大きなマイナスに作用することは間違いがありません。

    >トランプと言うのは相当したたかで大統領を止めた時の構想をすでに持っている節がある。

    英国のEU離脱もトランプの当選も裏でシナリオを描いている人たちがいるかも。実際、両国は前評判と違って経済が上手くいっているし。

    権力がカネのなる木ってのは、日本も同じ。米国が、ネオコンによる(同時多発テロとかIS絡みの)戦争ならば、日本は、土建業による道路や鉄道やダムといった箱もの作りですからね。変わらない原子力村、結局作られた八ッ場ダム等、実はそれが日本の財政赤字が膨らんだ最大要因だったりするのですけど。

    オリンピック施設の建設費や豊洲問題で分かるように、割高で、かなりドンブリ予算で作ってきたから。財政赤字を無くしたいならば、ここら辺にメスを入れなければ、税収と支出の好循環を作らなければ、どんだけ税収を増やそうが財政赤字なんて解消される訳ないし。

  • >>18575

    >また程度の差はあれ、世界で似た構図が出始めている感もあるし(とはいえ貧困化、少子化、財政赤字、そして経済停滞という点では日本は断トツ。で、日本は課題先進国と云われる訳ですけど)。

    まあなんにしても、今後確実に生じるのは、先進諸国でも最高水準の高齢化の進展ですねえ。これに財政問題が絡んでくる。人は確実に歳を取る。

    >確かに。私財を投げうってというと美談に聞こえるけれど、国家権力程、ある意味お金を生む装置ってのは無い訳で、実は裏で我々庶民には見えない裏の支援者たちがいる可能性がありますね。俗にいう戦争をして利益をえるネオコン勢力なんかがそうですが、権力を手にして儲けようと思えばいろいろ出来る訳だし。

    これは実に鋭い指摘ですねえ。トランプと言うのは相当したたかで大統領を止めた時の構想をすでに持っている節がある。

    >で、トランプが支持を得て当選した訳だけれど、公約通り軍備を縮小して武力行使を避けるでしょうけど、彼らが財力にものを言わせてトランプを取りこもうとしたら、ビジネスライクなトランプが心変わりする可能性もあるし。

    これは十分想定できますねえ。

  • >>18573

    >まあそこの変革と言うのは、この国に巣くう既得権者と一般庶民との争いか。

    そうですね。現在はまだバーチャルでしかないけれど、既にネット上では、ここの掲示板なんかをみてもそういう様相は呈してきてますからね。
    また程度の差はあれ、世界で似た構図が出始めている感もあるし(とはいえ貧困化、少子化、財政赤字、そして経済停滞という点では日本は断トツ。で、日本は課題先進国と云われる訳ですけど)。

    >確かにトランプは資材を投げ打って大統領になりましたが、これは裏がありそう。大体ソフトバンクの孫との映像が放映されるなどで、格差社会をさらに絶望的に広げる可能性がある。

    確かに。私財を投げうってというと美談に聞こえるけれど、国家権力程、ある意味お金を生む装置ってのは無い訳で、実は裏で我々庶民には見えない裏の支援者たちがいる可能性がありますね。

    俗にいう戦争をして利益をえるネオコン勢力なんかがそうですが、権力を手にして儲けようと思えばいろいろ出来る訳だし。

    イラクの石油に群がり、民間軍事会社や武器商人、そして彼らに金を貸す金貸し、ユダヤロビーやお金で支援する国際金融財閥の人たちが、自分たちの利権のために国家を利用していた訳で、それが米国の財政赤字を膨らませ、自分たちだけが儲けて、それが一般の米国人にまで波及しないことに、多くの米国人が憤りを感じている訳で(なんか日本の状況とダブりますが)、

    で、トランプが支持を得て当選した訳だけれど、公約通り軍備を縮小して武力行使を避けるでしょうけど、彼らが財力にものを言わせてトランプを取りこもうとしたら、ビジネスライクなトランプが心変わりする可能性もあるし。

    民間にいると、特に中小とか末端にいるとそれが、先立つものの重みが骨身に染みるわけですが。
    いろいろアイデアがあっても、先立つもの、おカネがなければ、また権限が無ければ、できないことが多いですから(話が脱線しますけど、日本にも米国並みの、アイデアや事業とかを投資したり支援するシステムがもっとあったら、日本経済の状況は結構違っていたはず)。

    あのソ連の共産革命も、コミンテルンや左翼の世界革命運動も、昔だったら左翼ゲリラ、今だったらイスラム過激派ゲリラという様に、アルカイダやISも、相応のかなりの資金の支援がなければ、とてもあれだけの世界に影響を与える団体にはならないし。

  • >>18572

    >とにかく、この国の中枢にいる人達は、政治家も官僚もマスコミも、愛国心、国民を思う気持ちが欠如している感が否めない。特に政治家は。危機感が欠如しているというか、この国の経済衰退、貧困化を他人事と思っている節がある。

    まあ政治家と言うのはいつの時代でもそういうものかもしれませんねえ。政治家になりたいという動機が本音ベースで正にそうですから。まあ歴史は繰り返すで、昭和の戦後高度成長期が昭和元禄と呼ばれた時代。で平成の世が文化文政の時代。東京5輪辺りを境に正に幕末のような動乱期に入っていくか?まあそこの変革と言うのは、この国に巣くう既得権者と一般庶民との争いか。

    >かなり危ういけれど、国家を思って、私財をなげうって大統領になったトランプの方が志という点では上ということになるでしょうね。いい意味でも悪い意味でも来年はトランプ政権によって世界は大きく変わりそうです。日本にとってそれが吉と出るか凶とでるか。相手はビジネスマンだから、相応に交渉相手としては手ごわいだろうし、逆においしい話にほ、メンツより実利で乗ってくる可能性あるし、まあ、今後を注視していきたいですね。

    確かにトランプは資材を投げ打って大統領になりましたが、これは裏がありそう。大体ソフトバンクの孫との映像が放映されるなどで、格差社会をさらに絶望的に広げる可能性がある。

    トランプの思想で重要なことは、基本的にモンロー主義だってことですねえ。

  • >>18571

    考えてみると、あの李承晩が作った「反日」を国是とする韓国が米国の傀儡国家ならば、初代総裁でフリーメイソン会員の鳩山一郎やCIAの工作員だった岸総理を輩出した自民党政権も米国べったりの傀儡政権だった訳ですよね。
    米国の頭越しに日中外交を進めた田中内閣は、ロッキード事件というスキャンダルで潰れているし。

    疑いの目でみると、増税して日本経済をおかしくし、税金で吸い上げたカネを米国へ貢いでるかの如き財務省を含めて、疑わしいことばかり。

    後世、米国の情報公開で、岸や正力松太郎の様に、小泉や竹中、安倍、ナベツネ、某省の事務次官とかが、実は米国の工作員だったなんて話が出てきたりして。

    かたや、民進党は、国会で堂々と朝鮮飲みをしたり外国人参政権とか、小沢が沢山の議員を引き連れて中国詣でして(これは中国に懐柔されてる自民党も同じかも)胡錦涛と握手したり、

    出来もしないマニフェストで政権を取って日本経済をおかしくしたり、鳩山が辺野古移転をちゃぶ台返ししたり、
    出来もしない排出権の国際公約をしたり。あの福島原発事故も、菅が被害を故意に大きくしたなんて主張する人たちもいる位、こちらもやっていることが怪しい。

    おかげで、いろいろな謀略説を主張する人たちが沢山いて、この手の書物も結構あって、逆にどれが本当か分からない状況ですけれど。
    というか、ネットの普及で、習近平の中国の裏情報も含めて、世界中の人間が、がさネタも含めて、いろいろなことを知る様になってきている。で、昔の様に、権威とか何かで庶民を騙すことが出来なくなってきている。これって歴史的に実は凄いことかも。

    とにかく、この国の中枢にいる人達は、政治家も官僚もマスコミも、愛国心、国民を思う気持ちが欠如している感が否めない。特に政治家は。
    危機感が欠如しているというか、この国の経済衰退、貧困化を他人事と思っている節がある。

    かなり危ういけれど、国家を思って、私財をなげうって大統領になったトランプの方が志という点では上ということになるでしょうね。いい意味でも悪い意味でも来年はトランプ政権によって世界は大きく変わりそうです。

    日本にとってそれが吉と出るか凶とでるか。相手はビジネスマンだから、相応に交渉相手としては手ごわいだろうし、逆においしい話にほ、メンツより実利で乗ってくる可能性あるし、まあ、今後を注視していきたいですね。

  • >>18569

    >日本国内も、反米左翼や、中韓のシンパや、対米追従派まで、一枚岩でなくて、バラバラで潰しあいしているから、米国や中韓も工作し易いでしょうね。実際、沖縄では左翼を中国は利用しているし、自民党や官僚機構は財務省を筆頭に対米追従だし。傀儡合戦しているというか。

    まあそうですねえ。結局戦後の占領下状態が続いているということですね。これはもう国防上仕方がない。

    >考えてみると、今の日本の世論の様に、憲法9条を守り、自衛隊を軍隊にしない今の状態の方が、米国も中国も自国に都合がいいですからね。

    そうですねえ。まあ米軍の軍事費に関してはどこに重点を置くかによっても変わりますが。地域とか兵器ですねえ。

    >まあ最近は、米国は経済低迷で世論が内向きになり、軍事費を縮小したがっていて、その肩代わりを日本にさせようとしてますけど。

    まあこれについては、トランプ政権がどう具体的動いていくかを見ていきましょうってとこですか。

  • >>18569

    >確かに中国も大量の米国債を持っていますけど、これは対米の有効カードになっていますよね。
    中国には核もあるし強大な軍事力(まだ質は低いがいずれは凌駕する可能性が大)と、何よりも強大な経済力と人口(魅力的な経済市場)がある。相手として敵として手ごわい存在だし、付き合う相手として経済的なうま味も大きい。対する日本。経済衰退し、技術や産業の多くが中国や東アジアへ流出してしまった日本は、経済的なうま味も、市場としてのうまみも褪せてきているし、米軍が常駐し自衛隊がその下に組み込まれている状況では、軍事的な脅威にもなりません。しかも日本政府は、保有する大量の米国債を、対米の有効カードにするどころか、云われるままに貢がされている感があるし。

    実に鋭い指摘ですねえ。トランプ政権がこの状況でどうでてくるか?

    >小泉や安倍みたいに親米のアメポチ政権は長く続くけれど、円安になったりして日本経済も上向くけど、で、その金が米国債や株(最後は外国の株主)に流れたりしているけれど、

    これはもうトランプ政権期待相場で世界的に株高になっている面が強い。日本株は欧米系ファンドの資金流入相場が続いている。完全な主力株相場で内需の中小型株はそんなに上がっていない。

    >逆に、歴代の大臣でも橋本総理や中川蔵相等、米国債の売却を口にした政治家は、大事な国際会議で酩酊会見したり、変なかたちで早逝したりして、陰謀説まである始末。そんな噂があれば、日本じゃなければ、マスコミや国民、世論が大騒ぎしそうですけど、日本ではスルーされてますが。

    これは言えてますねえ。陰謀説を支持です。

  • >>18568

    >全くそうですよ。中国が買った米国債は中国の意思で売れる。なぜなら、中国がワシントンを直接攻撃できる核戦力を保有していますからねえ。日本はそれがない。それどころか憲法9条死守の輩がいまだ仰山いる。

    確かに中国も大量の米国債を持っていますけど、これは対米の有効カードになっていますよね。
    中国には核もあるし強大な軍事力(まだ質は低いがいずれは凌駕する可能性が大)と、何よりも強大な経済力と人口(魅力的な経済市場)がある。相手として敵として手ごわい存在だし、付き合う相手として経済的なうま味も大きい。

    対する日本。経済衰退し、技術や産業の多くが中国や東アジアへ流出してしまった日本は、経済的なうま味も、市場としてのうまみも褪せてきているし、米軍が常駐し自衛隊がその下に組み込まれている状況では、軍事的な脅威にもなりません。

    しかも日本政府は、保有する大量の米国債を、対米の有効カードにするどころか、云われるままに貢がされている感があるし。

    小泉や安倍みたいに親米のアメポチ政権は長く続くけれど、円安になったりして日本経済も上向くけど、で、その金が米国債や株(最後は外国の株主)に流れたりしているけれど、

    逆に、歴代の大臣でも橋本総理や中川蔵相等、米国債の売却を口にした政治家は、大事な国際会議で酩酊会見したり、変なかたちで早逝したりして、陰謀説まである始末。

    そんな噂があれば、日本じゃなければ、マスコミや国民、世論が大騒ぎしそうですけど、日本ではスルーされてますが。

    日本国内も、反米左翼や、中韓のシンパや、対米追従派まで、一枚岩でなくて、バラバラで潰しあいしているから、米国や中韓も工作し易いでしょうね。
    実際、沖縄では左翼を中国は利用しているし、自民党や官僚機構は財務省を筆頭に対米追従だし。傀儡合戦しているというか。

    考えてみると、今の日本の世論の様に、憲法9条を守り、自衛隊を軍隊にしない今の状態の方が、米国も中国も自国に都合がいいですからね。
    まあ最近は、米国は経済低迷で世論が内向きになり、軍事費を縮小したがっていて、その肩代わりを日本にさせようとしてますけど。

  • >>18565

    >最近の情報では、実はソ連側の方が損害が甚大だったなんて言われて、実は負けていなかったなんて話もありますけど。で、このときの日本陸軍の指揮官も実はソ連のスパイ(名前は失念)だったなんて話もあるし。

    ノモンハン事件に関しては平成の世になってからか。日ソ両国の被害状況がソ連側の情報公開によって、実は日本側も善戦していた。と言う話もありますねえ。

    >という様に諜報戦とか謀略には戦前から日本は弱いみたいです。そして戦後はもっと酷い状態になっている感があります。

    まあ、戦前は武士道とか言う精神論がはびこってましたからねえ。それと日本が島国と言う環境もあり、昔から謀略戦に弱いと言う面もあるかもですねえ。戦国時代はともかく戦乱の世ではない江戸時代が長く続いた影響もあったのかもしれません。

    >確かに、戦争に負けて、GHQが大きな改革をして、朝鮮特需で日本は高度成長と好景気を喫しましたが、気が付いたらそのお金は、殆ど米国債という形で、米国に貢いでしまっているし。結局は踊らされていたというか。

    全くそうですよ。中国が買った米国債は中国の意思で売れる。なぜなら、中国がワシントンを直接攻撃できる核戦力を保有していますからねえ。日本はそれがない。それどころか憲法9条死守の輩がいまだ仰山いる。まあこちらは日本が核兵器を持てとか軍事力を大幅に強化せよとは言いませんが、要は究極のところ国際間は、いまだ保有軍事戦力がものを言う。と言う面が強い。で、日本はトランプが言う前から米国の軍事力の傘にある。ということは米国債は事実上米国に買わされているということも分からないで日本の資産である。と思考するドアホが仰山いる。いざというときに売れない。あるいは日本が強力に米国に要求したらその時でも、米国は米ドルを擦りまくって返済する。こういう奥の手もある。日本が巨額の財政赤字を抱えても、米国債など海外資産があるから大丈夫と言う救いがたいお人好しの国民がかなりいる。

    よって、日ロ交渉もそもそもロシアから見れば米国の干渉もほとんどない北方領土を日本に返す気など全くない。ということですが、昔の条約がどうのこうのと条約など持ち出すアホがいる。そもそも日ロは明治時代からお互い武力の実力行使でやりあっていると言う冷徹な事実が平和ボケアホおつむには理解できないんだよなあ。なんせ相手はロシアですからねえ。

  • >>18563

    ふうむ、鋭いですねえ。

    >コミンテルン史観というのは最近流行っている感がありますね。その情報ソースは米国のCIAが情報公開したヴェノナ公文章だと思われます。その全てが日本語に翻訳されている訳ではないので、基本的に日本のマスコミはこの手の情報はスルーするので、日本よりも欧米の方が盛り上がっていると思われます。米ソの冷戦が終わるまでは、トップシークレットとして知れば命に係わる情報だったかもしれませんけど、情報公開された今では普通の人が普通にアクセス出来る情報となっています。

    ほう、そうなんですか。

    >米国も怖いが、コミンテルンの流れを汲む共産中国はさらに上手かも。 沖縄の米軍基地の民間所有の土地を買い占めたり、北海道の土地を買い占めたり、ロシアと組んでの日本への領空侵犯とか、尖閣や沖縄への攻勢とか、なかなかしたたかに対日作戦を進めている感があるし。

    まあ、この国の国民は相変わらず憲法9条でこの国の平和が守られているなんて呑気に考えている方がいまだかなりいますからねえ。こういう連中は現実に気が付かないのかなあ。

  • <<
  • 18591 18566
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア