ここから本文です
Yahoo!ニュース

死刑問題

  • 2,046
  • 3
  • 2016/12/28 23:08
  • rss

死刑確定者128人に 4年ぶり増
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6225633
※ニュースは予告なく削除される場合があります。

  • <<
  • 2046 2027
  • >>
  • チバーバは、死刑反対論者だったが、クビになる前に死刑見物したそうなw

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2042

    「自由主義はキリスト教から出た考え方である」について、反論はないようだな♪

    >例えば、中公新書『芝健介著 ホロコースト』には、次のように↓書かれているわね。

    > …ホロコーストは、日本に限らずヒトラーという狂気に満ちた独裁者が、
      ユダヤ人への憎悪から発案し、彼の命令によって実行されたととらえら
      れがちである。だが、事実はそのように単純ではない。
       その背景には、まず、ヨーロッパ社会が伝統的に抱えていた反ユダヤ
      主義があった。一人の独裁者だけでなく、一般の人びとにもユダヤ人を
      嫌悪する意識が深く浸透していたのである。…

    これ↑は、ホロコースト修正主義↓だ。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D

    ナチスの犯罪を薄めようとする試みだ。
    お前も、ホロコースト修正主義者なのか?

  • >>2041

    >ということで、この流れ↓は確定だ♪
    宗教改革→プロテスタント→自由主義→ビートルズ→→→→→きゃりーぱみゅぱみゅ→PPAP→現在

    「何度も私に返信を付けて引きずり出したつもりになって、結局、私にやり込められて『おちゃらけて逃げるだけ』ということになるのかしら?
    毎度おなじみのコースね。
    幼稚な知識と論立てで、人に論戦を挑まないようにするべきだと思うのだけど」



    >これ↓も確定ね♪
    「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」ということはない。
    従って、ホロコーストは「感情と死刑」の例にならない。

    「そういう『誤解』は、主に無教養層に所属していることの証になるだけよ。
    例えば、中公新書『芝健介著 ホロコースト』には、次のように↓書かれているわね。

      …ホロコーストは、日本に限らずヒトラーという狂気に満ちた独裁者が、
      ユダヤ人への憎悪から発案し、彼の命令によって実行されたととらえら
      れがちである。だが、事実はそのように単純ではない。
       その背景には、まず、ヨーロッパ社会が伝統的に抱えていた反ユダヤ
      主義があった。一人の独裁者だけでなく、一般の人びとにもユダヤ人を
      嫌悪する意識が深く浸透していたのである。…

    あなたの行っていることは、ヘイトクライム(憎悪犯罪)と同じね。

    『ユダヤ人は嫌だから』『黒人は嫌だから』『イスラム教徒は嫌だから』などという感情に基づいて、何の必要性も確認できないのに『ただ自分たちの感情を発散させてすっきりとしている右翼』とまったく同じ行動の仕方をしていることになるでしょう」

  • ということで、この流れ↓は確定だ♪
    宗教改革→プロテスタント→自由主義→ビートルズ→→→→→きゃりーぱみゅぱみゅ→PPAP→現在

    これ↓も確定ね♪
    「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」ということはない。
    従って、ホロコーストは「感情と死刑」の例にならない。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2038

    >「ギリシャやローマでは『奴隷』を使っていたのだから、自由主義が成り立っていないわよ。

    中世ヨーロッパには農奴がいたんだよ。
    知らんのか?

    >>自由主義は、キリスト教から出た考え方であることは、他の文化圏から自由主義が生まれていないことでも分るだろう。
    >「ローマはキリスト教文化圏であったのに自由主義が生まれていないということは、自由主義はキリスト教以外の要因(近代生産社会)によって出現したことになる、っていうだけね」

    自由主義は、キリスト教から生まれた考え方だというとき、当然ローマも含んでいるな。

    >>アンネフランクをかくまったミープ・ヒースはヨーロッパ人だ。
    >>だから、「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」といえないんだよ

    >民主社会じゃあ、『多数が賛成して政策が行われること』を総称してその国・その国民の傾向っていうように総括するもんだぜ。

    で、これだ↓
    ・ナチスから逃れたユダヤ人が圧倒的に多い。

  • >>2037

    >だから、民主制成立前の話だ。

    「ギリシャやローマでは『奴隷』を使っていたのだから、自由主義が成り立っていないわよ。
    つまり、あなたは、『自由主義とは全く関係のないこと』を話しているだけってことになるわね」



    >自由主義は、キリスト教から出た考え方であることは、他の文化圏から自由主義が生まれていないことでも分るだろう。
    >>「ローマは途中からキリスト教を国教にしたのだけれど、自由主義が起こっていないわよね?
    >>>お前、「逆は真ならず」も知らんのか?

    「ローマはキリスト教文化圏であったのに自由主義が生まれていないということは、自由主義はキリスト教以外の要因(近代生産社会)によって出現したことになる、っていうだけね」



    >いいかね?
    アンネフランクをかくまったミープ・ヒースはヨーロッパ人だ。
    だから、「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」といえないんだよ

    「何度、同じ指摘↓をさせるつもりなの?

    No.2021
    >民主社会じゃあ、『多数が賛成して政策が行われること』を総称してその国・その国民の傾向っていうように総括するもんだぜ。

  • >>2036

    >>そのギリシャの民主制成立前は、お前の妄想のようなことがあったようだな。
    >「ギリシャの『民主制』は奴隷によって支えられていたから、

    だから、民主制成立前の話だ。

    >>自由主義は、キリスト教から出た考え方であることは、他の文化圏から自由主義が生まれていないことでも分るだろう。
    >「ローマは途中からキリスト教を国教にしたのだけれど、自由主義が起こっていないわよね?

    お前、「逆は真ならず」も知らんのか?
    勉強してみろ。

    >>ほう、ならば「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」とまだ、言い張るつもりか。
    >>この否定は、複数できる。
    >>・アンネフランクは、かくまわれていた。…

    >「隠れていたアンネが、どうして捕まったのよ?

    いいかね?
    アンネフランクをかくまったミープ・ヒースはヨーロッパ人だ。
    だから、「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」といえないんだよ。

    「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」とお前が言ったとき、ミープ・ヒースが猛反発するわけだ。
    お前は、そんなミープ・ヒースに何と説明するのだね

  • >>2035

    >ギリシャでは直接民主制が行われていたのだから、『権利を求めて王に反抗する必要がなかった』のよ。
    >>そのギリシャの民主制成立前は、お前の妄想のようなことがあったようだな。

    「ギリシャの『民主制』は奴隷によって支えられていたから、本当にみんなが平等である民主制ではないわよ。
    そして、ギリシャもローマも、奴隷はかなりいい生活を送っていたから、農奴のように反乱を起こす動機がずっと少なかったという影響もあるわね。
    まあ、ローマではたまにスパルタクスの乱みたいなのが起こったけれど、民族的な対立の話が絡むので、そういう反乱は中世ヨーロッパのそれとは違うしね」



    >自由主義は、キリスト教から出た考え方であることは、他の文化圏から自由主義が生まれていないことでも分るだろう。

    「ローマは途中からキリスト教を国教にしたのだけれど、自由主義が起こっていないわよね?
    キリスト教が自由主義を生むわけではないのよ。

    自由主義が起こるためには、王や貴族による圧政と近代的な文化の発達がなければ、起こりえないのだけど。
    あなたの出した地域では、『圧縮行程』が存在しないから、『爆発』が起こらないわね。
    (キリスト教も『圧縮行程』には一役買ったけれどね)

    また、ローマやギリシャでは、近代的な文化も起こっていなかったしね」



    >ほう、ならば「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」とまだ、言い張るつもりか。
    この否定は、複数できる。
    ・アンネフランクは、かくまわれていた。…

    「隠れていたアンネが、どうして捕まったのよ?
    密告した人がいたからよね。
    例えば、普通、隠れ住んでいる犯罪者を暴くことは、日本の警察でも難しいわよ。
    重罪犯の場合とかだけは、チームを作って何年も掛けて捜査をして、やっとのことで見つけるのだけど。
    ところが、例えば、オランダ1国だけで10万人以上のユダヤ人がわずか4,5年の間(実質は3、4年)に捕まったのは、『ナチス協力者たちが多くいたから』よね。

    ナチス支配地域のユダヤ人人口も、減ってたことだしね。

    あなたは、どうして、こういう記事↓を読むことを拒んでいるのかしら?

     グーグルで
      『ユダヤ難民に冷淡だった欧米諸国』
     と検索した結果

    あなたは、まだ、『神道を基礎にした政治』を実現したいの?
    『自由主義はヨーロッパ人の宗教だ』というあなたの妄想に従って」

  • >>2034

    >ギリシャでは直接民主制が行われていたのだから、『権利を求めて王に反抗する必要がなかった』のよ。

    そのギリシャの民主制成立前は、お前の妄想のようなことがあったようだな。
    しかし、古代ギリシャから自由主義は生まれなかった。

    >>できなきゃ、常識通りに宗教改革が自由主義の起源だ。
    >「そんな『常識』は、存在しません。

    ブリタニカなどの事典に書いてあることを常識というのだ。
    自由主義は、キリスト教から出た考え方であることは、他の文化圏から自由主義が生まれていないことでも分るだろう。


    >「西ヨーロッパ諸国は直接殺しはしなかったけれど、ナチスに手を貸したと既に説明したわよ。

    ほう、ならば「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」とまだ、言い張るつもりか。
    この否定は、複数できる。

    ・アンネフランクは、かくまわれていた。 
    ・ナチスから逃れたユダヤ人が圧倒的に多い。
    ・ナチス勃興まで、ユダヤ人の人口が増えている。
    ・ナチス以外で、ユダヤ人排斥を主張する人はほとんどいない。

  • >>2033

    >お前の言うことは、中世ヨーロッパだけで起ったことではない(古代ギリシャなど)といっとるだろう。

    「あら、そうなの???
    それなら、古代ギリシャで『平民の権利をください』って市民が誰に言うのかしら?
    たとえばギリシャの民会などに行って

      『国家は力のある経済的支配階級の国家でしかありません。
       我々にも、主がアダムに与え給うたのと同じ権利が保障されるべきです』

    などとでも雄弁に語るつもりなの?
    矛盾しまくりね。(笑)
    ギリシャでは直接民主制が行われていたのだから、『権利を求めて王に反抗する必要がなかった』のよ。(笑)

    そういう事情は、ローマでも同じよ。
    既に権利が分けられて共和政が敷かれていたのだから、一体全体『誰に?』権利を分けるように主張するつもりなのかしらね?
    帝政になっても、中世ヨーロッパの農奴制みたいなひどい状態にはならなかったしね。(笑)
    みんなパンを貰って昼間から演劇を見れて、結構いい生活をしてたみたいよ。
    あるいは、スパルタクスの乱みたいなことを言っているのかしら?」



    >できなきゃ、常識通りに宗教改革が自由主義の起源だ。

    「そんな『常識』は、存在しません。
    無教養階級の『妄想』ですわね」



    >ハンガリー・ルーマニア・ポーランド・ソ連などの東欧諸国↓よ」
    >>であれば、そもそも、「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」と言えないじゃないか。
    それがお前の間違いだな。

    「西ヨーロッパ諸国は直接殺しはしなかったけれど、ナチスに手を貸したと既に説明したわよ。
    だから、グーグルで

       『ユダヤ難民に冷淡だった欧米諸国』

    と検索して読んでみなさいって言ってるんだけど」

  • >>2032

    >「ジャクリーの乱だけではないわよ!###

    >自由主義…
    >個人の諸自由を尊重し,封建的共同体の束縛から解放しようとした思想や運動をいう

    >徐々に王と教会の束縛から庶民たちが自分たちの権利を獲得していったわよね。

    お前の言うことは、中世ヨーロッパだけで起ったことではない(古代ギリシャなど)といっとるだろう。
    なぜ、キリスト教圏だけで自由主義が起ったのか?
    自由主義は、キリスト教から生まれてきた考え方なんだよ。

    いずれにしろ、それが自由主義の起源だという、権威からの引用をしてみろ。
    できなきゃ、常識通りに宗教改革が自由主義の起源だ。

    >ハンガリー・ルーマニア・ポーランド・ソ連などの東欧諸国↓よ」

    であれば、そもそも、「ヨーロッパ中がユダヤ人排斥を行った」と言えないじゃないか。
    それがお前の間違いだな。

    だから、ホロコーストは、感情と死刑の例にはならないわけだ。
    分ったか?

  • >>2031

    >アホ、ジャックリーの乱(1358)が、ルターの宗教改革へつながったという説明の妄想に、興味がないといっとるのだ。

    「ジャクリーの乱だけではないわよ!###
    ワットタイラーの乱や、その他都市部での乱など、いくつもの『世俗権力への抵抗』から自由主義的な動きが始まったのよ。
    あなたが引用した↓『封建的共同体』、つまり、『王侯貴族が維持していた体制』や『教会が維持していた体制』のうち、まずは前者からの解放が始まったということね。
    それが、自由主義的な動きの最初の一歩なのよ」

    https://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E7%94%B1%E4%B8%BB%E7%BE%A9-77046
    >自由主義…
    個人の諸自由を尊重し,封建的共同体の束縛から解放しようとした思想や運動をいう

    「一つの反乱だけじゃなく、いくつもの闘争、時には暴力的になり、時には説得して同意を取り付けたりしながらだけど、そういう何度もの試みによって、徐々に王と教会の束縛から庶民たちが自分たちの権利を獲得していったわよね。
    たとえば、初めは王と教会の二勢力で物事が決まっていたけれど、そこに庶民が入った三部会が開かれるようになり、庶民の割合も初めは数%にもならないくらいだったのが、何度も交渉して段々と庶民の割合を増やして行ったでしょう。
    そうやって、都市の人員に対する管轄権が、次に徴税権が平民たちの手に入り、教会の免税特権などにも口を出せるようになって行ったのよ。
    もちろん、ルネッサンスや新大陸発見などによる世界観の広がりが、そういう自由な傾向をさらに発展させたわ。
    そして、腐りきった宗教界にも口を出すようになったりした後、終いに、英仏米で王に対して革命を起こして王を処刑し、平民の権利を決定的に確立して行ったのよ」


    >「各国の市民たち」がユダヤ人虐殺したと言ったんだよな↓ 各国とはどこだね♪

    「言われたことが理解できないのかしら?
    ハンガリー・ルーマニア・ポーランド・ソ連などの東欧諸国↓よ」

    https://matome.naver.jp/odai/2137976383570783201?page=2
    >1941 ハンガリーのポグロム
    1941年 ルーマニアにおける

    https://matome.naver.jp/odai/2137982831700086601

  • >>2030

    本>ジャックリーの乱(1358)が、ルターの宗教改革へつながったという史実はない。
    a_>昔々、ヨーロッパの農民はほとんどが農奴という奴隷階級でした。
    本>お前の妄想に興味はない。
    a_>どの教科書にも載っている話よ。

    アホ、ジャックリーの乱(1358)が、ルターの宗教改革へつながったという説明の妄想に、興味がないといっとるのだ。

    >あなた、西欧と東欧は違う文化圏に属しているってこと、わかってるの?

    「各国の市民たち」がユダヤ人虐殺したと言ったんだよな↓ 各国とはどこだね♪
    >「ナチスドイツどころか、各国の市民たちが『ナチスとは別に』ユダヤ人虐殺をやってたぞ!↓

    で、その虐殺者が虐殺を見て『しぶしぶ受け入れた』とか意味不明だぞ。
    >収容所を暴いて現状を見せつけたら、そこで初めてヨーロッパ人も現実を『しぶしぶ受け入れた』のよ!

    妄想激しすぎだから、もう少し理路整然と説明してごらん。

  • >>2029

    >昔々、ヨーロッパの農民はほとんどが農奴という奴隷階級でした。
    >>お前の妄想に興味はない。
    引用しなさい。

    「ちょ、ちょっと、あなた、本とに知らないの?
    どの教科書にも載っている話よ。
    ウェブとか探しても、こんな話↓、ざらに転がってるんだけどね」

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B2%E5%A5%B4%E5%88%B6



    >お前は、こう言ったよな↓
    >>「ナチスドイツどころか、各国の市民たちが『ナチスとは別に』ユダヤ人虐殺をやってたぞ!↓


    「虐殺の話は、ハンガリーやルーマニアなどの『東欧』の例↓よね。

    https://matome.naver.jp/odai/2137976383570783201?page=2
    >1941 ハンガリーのポグロム
    1941年 ルーマニアにおける


    あなた、西欧と東欧は違う文化圏に属しているってこと、わかってるの?
    もしかして、西欧と東欧とで歴史的経緯が異なり文化的な違いがあることを知らないで、物を話しているのかしら?」

  • >>2028

    >昔々、ヨーロッパの農民はほとんどが農奴という奴隷階級でした。

    お前の妄想に興味はない。
    引用しなさい。

    >収容所を暴いて現状を見せつけたら、そこで初めてヨーロッパ人も現実を『しぶしぶ受け入れた』のよ!

    お前は、こう言ったよな↓
    >「ナチスドイツどころか、各国の市民たちが『ナチスとは別に』ユダヤ人虐殺をやってたぞ!↓

    ユダヤ人虐殺をやっていた人たちが、収容所の虐殺を見て『しぶしぶ受け入れた』?
    お前、自分で何言ってるか理解してるか?

    ヨーロッパ人ホロコースト説は、お前の妄想なので却下だ。
    モーソーがないね。(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

  • >>2027

    >「アメリカの軍事力によりユダヤ人虐殺の真相を暴かれて、世界の注視の中で反省するようになったのよ。
    >>ならば、欧州人は「ユダヤ人虐殺の真相」を知らなかったということになるではないか。

    「はあ、これだから、中学生は…(嘆)。

    ヨーロッパ人の多くは『うすうす知っていた』わよ!
    アメリカ軍がドイツ軍を追い払って、収容所を暴いて現状を見せつけたら、そこで初めてヨーロッパ人も現実を『しぶしぶ受け入れた』のよ!
    グーグルで

       『ユダヤ難民に冷淡だった欧米諸国』

    と検索して読んでみなさいってば!
    まあ、ヨーロッパだけに限らず、アメリカもマスコミとか文化人とかでない一般大衆は、そういう虐殺を軽視・無視していたけどね」

  • >>2026

    >ジャックリーの乱(1358)が、ルターの宗教改革へつながったという史実はない。

    「世俗の王侯貴族への反乱(ジャックリーの乱やワットタイラーの乱など)が、その数世紀後の王権への反乱につながってくのよ!
    もう、ほんとにしょうがないレベルの無教養ね!###

    昔々、ヨーロッパの農民はほとんどが農奴という奴隷階級でした。
    彼らは、吹き曝しのみじめな家屋に住み、冬には凍える寸前の思いをしながら暮らしていました
    彼らに住居の自由はなく、領地に縛り付けられ、脱走すると領主によって処刑されていました。
    領主たちが重労働と重税を課した上に、教会もほぼ強制と言える各種のお金を取り立てたため、極貧状態の生活をしていました。
    不潔で貧しい環境のため、乳幼児の5人に一人くらいしか大人になれませんでした。
    着替えを買えず洗濯もほとんどできず、食べ物は餓死寸前、いえ、冬には潜在的餓死が病死と見分けがつかない形で進行したのでした。
    そのため、大人の平気寿命も40歳代、地方によっては40歳を割っていたはずです。
    そういう社会に1340年代後半にペストが流行ったため、人々がバタバタと死にました。
    1/3とも2/3ともいわれる人口が失われ、農奴制度はスカスカの状態になったのでした。
    しかし、その試練に耐えて生き残った農奴には、生活の改善がもたらされます。
    それまでは、荘園から逃げると逃げた先の荘園で『余った邪魔なネズミ』が来たためにすぐに通報され、元の領主により処刑されていたのですが、スカスカの状態は逆に、逃げた先の領主から喜んで労働力として受け入れられるように状況を変えました。
    農奴たちは他の待遇がよい荘園に逃げ、農奴たちの待遇は画期的に良くなって行ったのでした。
    やがて、当時発展過程にあった都市に逃げ込めば、そこでも自由が得られるようになり、彼らの境遇は大幅に変わって行きました(同時進行でもあったけど)。
    そういうときに、領主が元通りの生活をさせようとします。
    そのために、自分たちが獲得した権利を手放すことを嫌った農奴たちが、大反乱を起こしたのでした。

    こういうのの、どこが、『宗教により起こった反乱』なの?!
    完全な、生活の質、自分たちの権利を求めた世俗の領主への反乱よね!
    だいたい、教会は、領主側について農民を抑圧してたし」

  • <<
  • 2046 2027
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順