ここから本文です
  • <<
  • 13 1
  • >>
  • 時給5万円の仕事がひかえているオレは  あんまりゆっくりしていられない

    ババーのトラブルの原因なんざ べつにどーでもよかったんだけど

    話の切っ掛けとして  いちおう聞いてみた

    「なんで あいつらに絡まれてたの?」

    「私の考えが彼らには気に入らなかったみたいね」

    「きみの考えって?」

    「私は、だれかを好きになったとき(その人と)Hするのを制限するのはおかしいって思うの」

    「不倫以外ではね」

    「そう、不倫はもちろんよくないわ」

    「自由に恋愛して 自由にHを楽しもうぜってことなら それでいいんじゃね?」

    「でも、あいつらはそれを拒否したの。 そう言った私を敵視した」

    「だろうね」

    「え?」 鳩が豆鉄砲くらったような顔になるババー

    ここで若い女が 話に入ってきた

    「だろうねって・・・・あなたは彼女の意見を肯定したはずよ?」

    「オレは(彼女の)言葉としての陳述を肯定したんじゃないよ」

    「どういう意味?」 聡明そうな若い女が眉を顰めた

    「オレだって 面と向ってそんなことを言われりゃ なに言ってんだこの女って反感をもつだろうってこと」

    「・・・・・」

    「でも 言葉じゃない  気持ちの問題としてなら  わかるよって」

    若い女は まだ怪訝そうな表情を浮かべていたが

    ババーは なにを思ったのか  ハレバレとした顔でこう言った

    「そうよね!言う必要なんかなかったんだ!言っちゃうとヘンになることってあるもん」

  • ババーと一緒に 御堂筋に面した小洒落た喫茶店に入ったオレは  そこに

    すでに席について こっちに手を振っている若い女を発見した

    ババーの知り合いなのだろうか・・・

    自称30代という彼女は  どう見ても 20代前半にしか見えなかった

    そして あとで知ったことだが  そのカラダは 

    前に付き合っていた十代の女子大生よりも  若々しい感じだった

    オレは ひと目で その若い女が好きになった

    これが ハニートラップ でも構わない  とさえ思ったほどだ

    鈍感なオレは  若い女と楽しそうに話すオレの  ななめ45度の角度から

    恐ろしく険悪な表情でオレを見詰めている  ババーの存在に

    まったく気付いていなかったのである (=^・^=)ニャーゴ

  • 簡単に勝てるとおもっていたオレが 甘かった

    クズはクズなりの パワーをもってやがる

    最初に出てきたヤクザ風なオッサンに  経絡秘孔への百裂拳を叩き込むと

    ヒデブ!と叫んでそいつは爆死した  ピラニアみたいな禿親父が 長ドス振り回して

    暴れやがるから  オレはたまたま所持していた45口径のスリングショット弾を

    そいつの脳天に命中させてやったんだ

    苦戦しながらも着実に敵を倒すオレを見て ビビったオッサンとか 

    オレに一目置いたジジイとかは すっかり戦意をなくしちゃったのさ

    気がつくと

    オッサンと ジジイから尊敬の眼差しを受ける  ちょっと得意げなオレの横に

    いつの間にか  その女(40過ぎの)が寄り添うように立っていた

    「お礼にお茶でも・・・」

    「うん いいけど」

    これが アリ地獄のような ババートラップの はじまりだったんだ (ะ`♔´ะ)フニャ~

  • オレが経験した「ババートラップ」は  こんな感じだったんだ

    大阪の繁華街を歩いていたオレは  アラフォーの女がひとり 複数のオッサンや

    ジジイどもに絡まれてるのを 目撃した

    女はどこにでもいるようなフツーの容姿だった

    なぜ大勢のオッサンやジジイに絡まれてるのか  事情はともかく

    あきらかにイヤがってるっぽい その様子を見て  オレは見て見ぬフリができず

    少々 腕にも覚えがあったので   「このクズども!オレが相手だ」と

    よせばいいのに 大見得をきったのだった

    どんな事情で その女が迫害を受けていたのか

    そのとき もっとよく調べていたら  事態は変わっていたのかも・・・・

    でも もう遅かった

    見ず知らずのオレに クズと蔑まれたオッサンとかジジイとかは 

    尋常じゃなくエキサイトして  標的をオレに切り替えやがったんだ

    オレは 願ってもない展開に  狂喜した!! (=^・^=)ニャーゴ

    ケンカ好きの血が騒いだのさw

  • >所詮そんだけの存在ってことだね。 代わりの芸人ぎょうさんおるし…


    バカか おまえ?w
    考えようによっちゃあ 銃火器よりも恐ろしい社会的同調圧力に屈してしまった アワレな親子を
    そんだけの存在だからって 見捨てるのか タワケが・・・

    そんな人たちを救わなくて  生きてる意味なんかあんのかテメー (=`ω´=) ナーゴ!

  • 仮りに仕掛けられたトラップに掛かったとしても、似たもの親子が大声で謝罪してしまう… 所詮そんだけの存在ってことだね。 代わりの芸人ぎょうさんおるし…

  • ババーに 誘惑罪 の容疑をかけるべきだろ

    おまえイスラム教徒かって?

    まぁ~ね (=^・^=)ニャーゴ

  • 「思わない」に一票入れてるやつ  ババーだろ?


    ばぁ~~かwwwwww

  • >ネット上では「ハニートラップ説」すら語られているところだが、それならばなぜ、すぐに強姦の事実を否定
    しなかったのか。最初から「合意の上だった」と主張を続けて然るべきところのようにどうしても思えてしまう。
    Tの逮捕からの動きと、弁護側の言葉には噛み合わない点が多い。無論、被害側が「強姦された」と主張すれば、
    加害側が逆転するのは難しいことも理解できるのだが……。
    >Tは釈放後、所属事務所から解雇を告げられている。「無罪、合意の上なら、解雇の必要もないのでは」とい
    う疑問も当然ながら出てしまうだろう。T側が相当な大金を支払った、という結果が、今回の釈放なのだろうか。
    >謎を呼ぶ今回の釈放劇。Tは体調が悪く、入院するようだ。ただ、今後もメディアの追及は続くだろう。この
    事件の闇は案外深そうだ。


    ハニートラップじゃねーって!!
    ババートラップだって 最初から言ってんだろが ヴォケ!!!

    闇でもなんでもね-よwww
    ババーと「合意」だなんて 恥ずかしくてとてもじゃねーが言えなかったっつーだけじゃん?(=^・^=)ニャーゴ

  • 最近の アラサー以上のババーが仕掛ける ババートラップ には目に余るものがあるから

    調子こいてるババーに ガツンと一発入れる意味でも   

    ババートラップの 世にも醜い グロテスクな真相を 暴き出すことは意味のあることかも

    しんないねw   聞きたい? この話?(=^・^=)ニャーゴ

  • オレも以前に ババートラップにかかったことが あんだけど

    ハニートラップみたいに 「この子とやりたい」みたいな感情が先にあるわけじゃ

    ないんだよね

    ババートラップの場合  最初に芽生える感情は

    〝この人をなんとかしてあげたい〟 〝この人の力になってあげたい〟 という

    やむにやまれぬ思いだったんだ  (オレの場合はだけど)

    だから ハニートラップの過失割合 が  たとえば(ハニー)80対(相手)20ぐらいとすると

    ババートラップのそれは   (ババー)100対0(相手)  かもねw

並べ替え:
古い順
新しい順