ここから本文です
  • この話の中で一番笑えたのは次のフレーズだ。
    天皇の終戦宣言を阻止しようとする血迷った軍人に対して、それを諌めようとした上官
    の発言。 正確ではないが、だいたい次のような内容だったと思う。

    「きみの(私情を捨てた思い)には敬意を表するが・・・・云々」

    血迷った軍人は、(私情を捨てた)けれども政治的軍事的な判断を誤っただけなのだ、と
    いうことが言いたいらしいのだが・・・・・。
    本当にそうなのだろうか?

    筆者には、『軍人ならばこうすべきだ』とか『それも男か!』ということを口走る血迷っ
    た軍人の主観的な思い込みは、すべて「私情」の範疇に入る神経反応の誤作動(端的に言
    うなら中途半端な満足感に浸っているだけ)のように感じられてしまうのだ。

    血迷った軍人は、(私情に惑わされて)政治的軍事的判断を誤っただけのタチの悪いエリー
    トだったということでいいのではないだろうか?

  • <<
  • 10 1
  • >>
  • 天皇陛下よりも、人命のことをよく理解している者はいくらでもいるだろう。

    それでも日本国民は、天皇を国民の生の安寧を祈念する最高の存在として奉らねばならないのだ。

    その結果は自明である・・・・。

    戦争(殺し合い)が不可避となり、またいくつもの命が無念の死を遂げることになるだけだ。

  • 命に対する自覚が 雑 すぎるのだ。

    それが、戦争(殺し合い)を不可避な出来事にしている。

  • >国民がこれから、どんどん死んでいくことが判っていても、降伏を先延ばしにした


    日本国民の大多数が天皇制を指示し、おのれの命を捨てても天皇陛下をお守りすることが
    「幸せなこと」であるという事実が当時あったのかもしれない。
    そうであれば、国体護持は、おそるべきことに、〝命を生かすために命を捨てること〟の
    要件をある意味で満たすことになる。
    ただし、それは、殺し合うことによってではなく、無抵抗のまま天皇制の存続を願いつつ
    死んでいくということに限られるわけだが。

    しかし、天皇陛下の名すら知らない赤子の命を捨てさせることが、それで肯定できるのだ
    ろうか? 

    命に対する、きわめて大雑把な捉え方が、当時の天皇陛下の脳内にあったかどうかは定か
    ではないが・・・・・そのいい加減な命への思いが、ザルのように大切な命の少なからぬ
    数を零れ落としてしまうことになる。

    〝命を失わせるために命を捨てること〟(神風特別攻撃隊など) として・・・・・・。

  • にもかかわらず、
    〝命を失わせるために命を大事にすること〟(兵士が殺し合いのために身体を鍛える等)
    については、現在の日本においてさえ暗黙の了解のようになってしまっている。
    本土防衛のためには、それも仕方ないのだという屁理屈によって・・・・。

    われわれは、これがいかに危険な発想かということを今一度自覚する必要がある。

    (たとえ彼(彼女)らが異邦人であろうとも)彼(彼女)らの命を生かすために、われわ
    れは自らの命を捨てる覚悟をもって臨むべきではないのだろうか?
    それが大きな命のためになるのなら、その思いは、すべての人々に必ず通じるはずだから。

  • 冒頭の文面で何が言いたいのかというと、そもそも「私情を捨てる」ということが如何な
    る意味で肯定されるのか、それがわかっていないように思えるのだ。
    他者の命を救うために「私情を捨てる」のは肯定されても異存はない。
    しかし、戦争(殺し合い)に勝つために「私情を捨てる」などということが、いったい、
    どういう意味で肯定されるのか、そこがまったく理解できない。

    戦争(殺し合い)に勝てば他者の命を救うことになるのだろうか?
    たとえ自国民の命を救うことになったとしても、敵国の多くの命を殺すことになるのでは
    ないだろうか?

    大きな命の連関の中で生きているわれわれに許されている行為は、
    〝命を生かすために命を大事にすること〟(子どもを産む母親が身体を大事にする等)
    〝命を生かすために命を捨てること〟(安楽死もこの範疇に入ると考えられる)
    の二通りだけであって、
    けして、
    〝命を失わせるために命を大事にすること〟(兵士が殺し合いのために身体を鍛える等)
    〝命を失わせるために命を捨てること〟(自爆テロ)
    は、許されていないのではないだろうか?

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア