ここから本文です
  •  氏の著述品、たとえば字通を読むと極めて納得しがたい箇所が散見される。すでに氏は、亡くなっておられるけれど、氏の論旨が一貫していれば後継者が氏の説を主張できるので、私が感じる氏説の矛盾を少しずつ示し、反論を得て議論したい。
     日本の漢字の責任者は文化庁の文化部長であるが、歴代の部長にその認識がまったくなく、これが日本の今の漢字をだらしなく放置している。
     日本の今の漢字を少しでも良くするため、できればこれが国家百年の計になることを願ってこの議論を進めたい。
     なお、「こんなものいらない!国立国語研究所」での氏への批判をここに移す。 
                                    以上  羽村 清田

  • <<
  • 12 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順