ここから本文です
  • 1

    *****

    この物語は、松江市内の温泉街で日常的に起こる喜怒哀楽を物語風に加工して皆さんにお伝えするものです。事実をそのままに伝える場合は、その事件が発生した日時(例えば「8月23日午後3時頃」というような表示)を入れます。
    温泉街の関係者からの見聞や入手した資料等を元にして書きますが、日時を入れずに曜日と時間帯(例えば「朝」とか「晩」)のみを入れる場合は、一部にフィクションが含まれています。また、「季節」(例えば「春」とか「秋」)表示のときは、一部のみならず半分位にフィクションが含まれています。
    時には(多くの場合?)辛口や批判的な表現を伴うことがありますが、特定の旅館やホテルを題材にしたものには、<この物語はフィクションです>という断りを入れます。
    なお、他のトピの小説・随筆・詩等の書き方・内容等をトピ主さんに断りもなく活用させていただくことがあると思いますが、どうぞお許しくださいませ。
    また、このトピへの投稿はどなたでもご自由です。投稿内容も松江市や温泉街に限定するものではございません。

    <キララ>

  • <<
  • 445 426
  • >>
  • 445(最新)

    太陽 7月21日 18:35

    最近は事件が多すぎるようだ。
    山陰も観光事業に影響が出かねないだろう。


    北朝鮮が日本海へミサイルを発射し、
    中国は国際仲裁裁判所の判決を無視して、
    南シナ海での軍事力強化を進めている。

    北朝鮮の行為は極めて危険な行為で、海上での漁や
    山陰沿岸住民の生活に不安を与える卑劣な所業だと思う。
    それに、中国などは「国全体がヤクザ」みたいなもの・・。

    こんな無法を放置するから、フランスの
    ニースでのトラックテロやトルコのクーデター、果ては、
    ドイツの列車内の斧少年事件・・などを誘発したりする。

    事件が多くて枚挙に暇がないけど、この間にも
    ロシアによる北方領土の基地化や、国を挙げての
    ドーピング疑惑・・なども噴出している。

    こんな法を守らない国々と親しくせねばならないのだろうか?
    隣国とは言っても無法な国や指導者たちに対しては
    毅然とした態度で接するべきだと思う。

    特に、中国やロシアに対しては経済交流の縮小も検討した上で、
    猛省を求めるべきでは・・・??
    プーチン訪日計画もあるが、日本へ呼ぶ必要は無い!

    資源開発・経済交流等は、真面目な東南アジア諸国に
    重点を移すべきだと思う。

  • >>443


    時事通信( 6月4日(土)14時53分配信)によると、

     教育評論家の尾木直樹法政大教授が
    「放置して見守っていなかったことは虐待になる。両親には厳しく対処し、子育ての間違いを伝えるべきだ」
    と話しているようだ。

    しかし、その考え方は胆略的過ぎるのではないか?
    「躾」については色んなパターンがある。
    ある程度までは親の自主的判断を尊重せねばならない。

    今回は「事件」になったことで「行き過ぎ」という点は否めない。
    しかし、「子育ての間違い」と断じて、
    他人が親を責めるのは筋違いだと思う。


  • 北海道の男児不明について・・・。

    尾木直樹氏などは
    「虐待です!」「悪いしつけの見本」
    などと批判を繰り返しているらしい。

    しかし、親の言うことを聞かず我侭を通そうとする子供は多い。
    それを矯正するための「しつけ」は必要不可欠の行為。

    現時点で明らかになっている距離と時間の近接性を考えれば、
    親を批判するのは「間違い」だ!

  • >>441

    >明治期に一時鳥取と島根を包括して島根県という時代があったみたいです。


    東西に長い山陰だけど、
    それぞれの地域に中心的な街がありさえすれば、
    昔でも必要なものは手に入っただろうし、
    生活をして行くには不便を感じなかったんだろうね?

    だから、長い江戸時代を通じて
    地域ごとに異なる文化・気質が醸成されて行っただろうことは
    想像に難くない。

    ただ、明治期と雖も通信・交通手段は限られていただろうから
    二つの県域を統合管理するには距離的・時間的ロスが多く、
    かえって行政の停滞を招いたであろうことも容易に想像できる。

    しかし、通信・交通手段が発展して瞬時に情報交換ができる今日、
    二つの県域を統合管理したとしてもロスの発生よりは
    行政の集約効果の方が大きいかもしれない。
    その点の比較検討が必要だろうね?

    東西に離れた市民の習性(失礼!)の相違点は
    徐々に解消されつつあるだろうし、数十年後には人口減少と共に
    もっともっと同質化するだろうと思う。

    そういう意味では、二つの県の統合は
    そんなに難しくないだろうね?
    よけいなお世話かもしれないが・・。

  • 明治期に一時鳥取と島根を包括して島根県という時代があったみたいです。

    交通手段が限られる時代に短冊型で東西300km以上もの県域では色々と支障もあったでしょう。

    私が住んでた時代でも山陰放送とかで「山陰は一つ」なんて言ってましたが、随分離れた鳥取市内や浜田・益田方面のCMが流れてもなんだか違和感があったのを覚えてます。

    それに、当時から全国一の老人県?だったかで、確かに多いような気がしてましたし、バスに乗ってて前に空席が出来ると老人が前へ前へと移動していた光景もこちらでは見られませんでした。

    小奇麗な米子は、山陰にしては開放的で明るい雰囲気がある一方、松江や出雲は閉鎖的な空間だったように思います。

    人口にほとんど差はないのに、松江よりも米子の方がずっと都会的な印象です。

  • >>439

    >年を重ねて住むには、松江も悪くないと感じていましたが、同時に若い者が住むには覇気のない町だとも感じてました。


    そう、年寄りなど・・何もしないで
    静かに暮らそうとする者には、いい街だと思う。

    しかし、行動的で「何かをしよう!」と考える者にとっては
    裏切られなくとも、全てが「徒労」に終わる街・・。
    それが「松江」という街だと思う。


    ところで、松江市界隈は
    広い範囲にわたって、
    「雲(湧き)出ずる」地方なんだよね?

    僕も松江へ行った当初は
    「晴れの日にも雨が降る」
    そんな気象に驚いた。

    朝、洗濯物を干して出かけたのに、夕方帰宅すると
    (日中は晴れていたはずなのに)
    洗濯物が雨で濡れていたこともあった。


    天気の予測の困難性は生活全般に影響を及ぼす。
    松江市民の性格は、古代から続くその気候に
    江戸時代の親藩支配が加わって形成されたのかもしれない。

    ま・・語弊を恐れずに言わせてもらうと、
    島根と鳥取を一つにして「山陰県」を作り、
    県都を米子に置けば、もっと発展が望めそうだよね?

    鳥取を山陰の県都にするには、東へ離れすぎているし、
    石橋を叩きながら渡るような(松江の西側の)出雲市では、
    あまり期待が持てない。

    それに輪を掛けて、石橋を叩いてもなお、後ろから来ている人を指差して
    「あの人が渡りきってから(この石橋を)渡るかどうかを再検討しよう。」
    というような性格の人が多い松江市が県都のままでは
    島根県のみならず、山陰全体の発展に貢献することも難しい。

    それに、山陰・島根県を発展させようと考えるなら、
    松江市内の各界のリーダー達の意識改革も
    不可欠だろうね?

  • >>438

    松江の話題といっても、もう10年以上行ってませんので昔の事しか分かりません。

    今頃の時期は毎日曇天が続き、鉛色の雲を見ては出雲とはよく言ったものだと古代人に思いを馳せておりました。

    たまにお天道様が顔を出すとなんだかウキウキしてしまい、授業をサボって溜まりに溜まった洗濯物をしてましたわ。

    私は、元々瀬戸内側で生まれ育ったので、冬場は晴天が多く乾燥しているのが当たり前だと思ってましたからね。

    最初は殿町の県民会館傍の民家に間借りして一人で2階に住んでましたが、立ち退きになって西川津の大内谷という所に引っ越しました。

    年を重ねて住むには、松江も悪くないと感じていましたが、同時に若い者が住むには覇気のない町だとも感じてました。

  • >>437

    やあ~!?
    こちらこそご無沙汰してすみません!

    以前には、蒲田駅周辺のことで
    たいへん失礼なカキコをしてしまってゴメンナサイ!!

    最近は松江界隈の話題が少なくなって・・・。
    なので、他の話題でも
    思いついたことがあれば、またカキコしてみます。

    よろしくお願いいたします!

  • >>436

    太陽さん、お久しぶりです。

    掲示板がリニューアルされる直前まで別ハンで入ってました。

    私が最後に松江を訪れたのは、部下と一緒に出張で平成16年に行ったのが最後です。

    松江温泉のバス停付近に足湯が出来ていて、一畑電鉄松江温泉駅も小奇麗になってましたが、温泉街そのものは寂れてましたわ。

    訪れてからもう10年以上経ちますから変わっているいるでしょうね。

  • >>435


    なるほど、トピ落ちもしなくなった。

    無慈悲に「トピ落ち」させ続けてきた結果、
    利用者が激減したからだろうね?


    ところで、SMAPの解散騒動・・・。
    社長・副社長に謝って事務所に残る??

    ジャニーズ事務所、なんだか
    「前近代的組織」のような気がして
    疑問が残るよ。

    「空中分解」した方がもっとスッキリしたんじゃない?
    そう思うのは僕だけ?

  • >>433

    結局、平成27年の投稿は私の一件だけだったんですね。

    今じゃあ、それでもトピ落ちしなくなってるんだあ。

  • >>433

    ここに書き込むのは数年ぶりですが、ここんとこ誰も長い間書き込みされてませんね。

    私は松江に6年間住んでおりましたが、私にとって、松江温泉近辺は修羅場を経験した悪夢の場所なのでいい想い出はありません。

    もう随分前になりますが、その事件によって、人生観も恋愛観も倫理観や道徳観も激変し、今でもトラウマになってますわ。

  • >>432

    【Re: できる限りの範囲で読ませて頂きましたが、】
    ありがとうございます!

    機会を見て、またカキコします。

  • 【できる限りの範囲で読ませて頂きましたが、】
    あなたの御意見はすべて正論であり、支持させて頂きます。(^o^)

  • 【誰か助けてやれなかったのか!】

    都市社会の無関心・無慈悲!

    神奈川県厚木市のアパートで、当時5歳の斎藤理玖くんが食事を与えられず、一人死亡したという。

    父親は好きな女に走り、
    「最後に会ったとき理玖は立ち上がることもできず、おにぎりの袋を開ける力もなかった」
    と話しているらしい。

    そして、
    「最後にか細い声でパパと呼ばれ、怖くなって部屋を立ち去った」
    とも言っているらしい。

    何ともむごい話しだ!
    先年、大阪で好きな男に走った女が同じような事件を起こした。
    都会は病んでいる!


    山陰なら、このような事件は起こらないだろう。
    住みよい社会を作るのは政治家達の責任だと思う。

  • >>429

    【300人近くの尊い命を見殺しにする韓国の為政者たち・・近代国家には程遠い実態】

    救難責任者らは救助できない理由を一生懸命になって弁解しているようだが、なんとも見苦しく聞くに堪えない!

    理由に挙げている、海水が冷たい、濁って視界が悪い、潮の流れが早い、潜水できる時間が短い、etc.
    そんなことは最初から分かっていたはず・・(それは地元の漁師らも皆知っていることだろう)。

    だからこそ日本や米軍に協力を求めなければならなかったのではないのか?
    それは近隣の中国やロシアに対しても同様であっただろう。

    韓国政府は自己保身的対面にこだわり、大勢の自国民らを見殺しにしている。

    日本の海上自衛隊や海上保安庁はいつでも応援に行ける体勢でいるというのに、韓国はなぜ協力の要請をしないのか?

    今からでも遅くは無い。
    韓国の為政者らは「何がいけなかったのか?」自らの胸に手を当て、真摯に反省すべきだ。

  • >>428

    【昨日は先輩から「火曜日に退職します。」と挨拶があった。】

    彼は職場の最年長の「老人」だった。

    「ヨボヨボ」と言っては失礼だが、階段を登れるかどうか?
    それもおぼつかない様子ではあったけど、
    仕事はまじめにしていた。

    先月も具合が悪くて1~2週間くらい入院をしていたらしい。
    「もう仕事は無理かな? そういう年代なのかな?」

    ひょろひょろ歩く姿を、いつも見ていたから
    僕は同情をしながら、そう思っていた。


    「その歳になるまで働くなんて・・」
    僕よりもはるかに年上だと思っていたから
    気の毒にも思った。

    それで、思い切って
    「ところで先輩は何年生まれですか?」
    と聞いてみた。

    「えぇっ!?」 
    僕は驚いた。彼は
    「昭和2△年生まれで、今年6▼歳になります・・。」
    と答えた。

    僕よりも年下だった・・・。

  • >>427

    【韓国との首脳会談は必要不可欠なものか?】


    韓国は弱みを見せたり、譲歩したりすると、それに付けこんで来る国だ。

    彼らは、日本人のような「謙譲の精神」を持ち合わせていない民族らしい。

    だから、韓国の要望を取り入れたり、譲歩したりしてまで、そのような国の首脳と会談をする必要はないのではないか?

    日本はアメリカに対しても、独立国家として「毅然とした態度」を示すべきだ。


    クリミア半島におけるロシアの侵略行為を見てもわかるように、日本の周りには、「あわよくば日本の一部を略奪してやろう。」と狙っている国が多い。


    北方四島や竹島は占領されてから久しい。

    また今、尖閣諸島など西南の島々が脅威に晒されている。

    国が強くなければ、他国から侵略されることは自明の理だ。

    それは、かつての太平洋戦争時のみならず、今「現在進行形」の事実なのだ。


    日本人がそれを自覚せねば、いつの日か日本は他国へ併呑されるだろう。

    有史以来、日本は一度も他国の植民地になったことが無い。

    それは、世界から見れば極めて稀有な存在だ。


    加えて、世界に類例を見ないほどの美しい国日本! 

    それを護るためには、他国からの侵略を許してはならない!

    そのためにも近隣諸国へは毅然とした態度を示さねばならないと思う。


    韓国との首脳会談のためとはいえ、総理らが軟化姿勢を示すことは、日本の将来のためになるとは思えない!

  • >>426

    【Re: 「明日、ママがいない」・・問題】
    「明日、ママがいない」・・第3話もいい内容だった!

    確かに
    「なんでそんなことを言うんだよ!」
    とか
    「どうしてそんなことをするんだよ! そんなことしちゃあ・・いけないだろ!!」
    って叫びたくなるような‘嫌な場面’がないとは言えない。

    しかし、それらは全て現実に起こり得ることばかりだろう。
    それを無視して
    ‘奇麗ごと’ばかりの世界に浸っているような
    そんなドラマばかりではいけないと僕は思う。

    このドラマは、このような孤児や施設に対する
    僕らが囚われがちな「誤解や偏見」について
    自問自答する機会を提供してくれているように思う。

  • >>425

    【「明日、ママがいない」・・問題】
    すばらしいドラマだと思う。


    見るべきかどうか?
    悩むほどではないが、今までは安易に他のドラマを見ていた。
    しかし、スポンサー全8社のCM見合わせ問題などがあり、
    改めて第一話から目を通してみた。

    真剣に見れば、ドラマ内の出来事の一つひとつが
    今の我々に問題提起をしている・・。
    我々自身が、
    この子達と同じ環境に置かれなかったことは幸せだったとしても、
    それは、ほんの紙一重の差に過ぎないのではないか?

    それに、我が子が、否・・我が孫達が
    いつこの子達と同じ境遇にならないとも限らない。
    「いや、私の家族に限っては、そんなことは絶対に無い!」
    誰が、それを断言できるのだろうか?


    このドラマは、
    母になろうとする者や父になろうとする者達に
    「安易に父や母になってはいけない! 親になるためには、それ相応の覚悟と努力が必要だ!」
    ということを問いかけているようにも思う。

    幾多の抗議にもめげず、
    放送続行を決めた日本テレビの態度を賞賛したい。


    他方で、放送の中止や内容改善を求めて
    日本テレビ等に圧力をかけている
    「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置する慈恵病院(熊本市)や
    全国児童養護施設協議会の一方的な独断による「誤解や偏見」こそが、
    糾弾されるべきだろうと思う。

  • <<
  • 445 426
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順