ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    こんにちは。
    つい最近まで、東海地区の社会人野球のトピがあったのに、
    なくなってしまったので、作成しました。
    トピ主さんの体調不良が原因のようですが・・・。
    都市対抗の予選も近いので、いろんな情報交換をしていきましょう!

  • <<
  • 1958 1938
  • >>
  • 1958(最新)

    碧い衝撃 9月21日 01:18

    元トヨタの青山君

    昨夜の西武戦で1軍デビュー。

    それはいいのですが、のっけからやってしまいました。

    初回、先頭と2番打者にいきなり連続四球。

    2死まで持っていったものの、メヒアに一発を浴びて3失点。

    4回まで投げて失点4、自責点3、とまぁかなりほろ苦いデビューとなりました。

    とにかく四球からの失点、というのが良くなかった。

    「トヨタにいた頃と変わっていないじゃないか」

    という印象をこちらに与えてしまうことに。

    ただ彼の場合は、祖父江と違って即戦力というよりは将来性を買われてのプロ入りだったので、そんなに焦ることもないでしょうが、こちらを失望させるようなことはしてほしくないな、というのが本音です。

    トヨタでは

    「オープン戦の帝王」

    と呼ばれていた彼がどこまで成長するか、今後に注目です。

  • オープン戦(トヨター東邦ガス)

    この試合、同じ時間帯にトヨスポの近くのグラウンドで母校の試合があり、どっちへ行こうか迷った挙げ句に母校の試合を見に行きました。

    幸い、母校が3-2で勝利し、この試合が2時間ちょっとで終わってくれたので、すぐさま車に飛び乗ってトヨスポへ。

    ちょうど7回裏にガスの蒔野君が替わり鼻に水野にソロアーチを浴びた所に到着。

    試合は4-1でトヨタが勝ちました。

    先乗りした人たちに聞いたのですが、ガスの先発空良は、いささかボールが高かったとのこと。

    トヨタの先発川尻はまずまず。

    上杉が投げたのを久し振りに見ましたが、打たれはしなかったですが、あまりボールが来ているようには見えませんでしたね。

    次の観戦は19日(敬老の日)、トヨスポです。

  • 勇退者情報(西濃運輸)

    佐伯 尚治(投手)
    前田 功(投手)
    丹羽 雅也(内野手)
    李 勇樹(外野手)

    お疲れ様でした。

  • 佐伯投手(西濃運輸)

    引退だそうです。

    一昨年に橋戸賞を受賞したエースも寄る年波というヤツですかね。

    いままで本当にお疲れ様でした。

    そして、ありがとう。

  • 最終決戦 その2(ミスで明暗)

    第2試合(JR東海-パチンコ屋さん)は3-2でJR東海が逆転勝ち、3大会ぶり13回目の京セラです。

    JRの先発若林は立ち上がりやや不安定。

    2回表に渡辺に左前タイムリーが出てパチンコ屋さんが1点先制。

    パチンコ屋さんの先発高橋は、常にストライク先行でJR打線は手も足も出ない感じで、試合の中盤まではパチンコ屋さんの試合で進みます。

    7回表にも渡辺がまたまたタイムリーを放って1点追加、2-0とします。

    7回裏に一死二三塁から代打津川の遊ゴロ間に三塁走者が生還し、JRを1点を返します。

    8回裏、先頭のブーちゃんがパチンコ屋さんの2番手神谷から右越えにソロを放って2-2の同点に。

    続く池田がショートへ内野安打。

    途中出場の河合がバントで送って一死二塁。

    次打者の花嶋の三ゴロをパチンコ屋さんのサード中居が一塁へとんでもなく高い悪送球。

    二塁走者の池田が還って3-2と逆転。

    9回表、喜久川が一死一二塁のピンチを作るも、後を受けた中山がピシャリと抑えて京セラ切符をゲットしました。

    最終的には、出してはいけない場面でミスが出てしまったことが明暗を分けた形になりました。

    JRさん、京セラでもがんばってください。

    試合の写真と記録: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35361555.html

  • 最終決戦 その1(リベンジ達成?)

    最終決戦を見てきました。

    まず第1試合(三菱名古屋-REX)は6-1でREXが快勝、4大会ぶり11回目の京セラ切符です。

    今年の都市対抗予選の第6代表決定戦で三菱に煮え湯を飲まされたREXがやり返した形になりました。

    序盤は三菱名古屋が押し気味に試合が進みます。

    武石は相変わらずアップアップ。

    対する菊地はボールがキレキレ。

    しかし4回裏、REXは先頭の稲葉がレフト線に2塁打。

    櫛田の送りバントを捕手の安田が三塁へ送球するもこれがFcとなり、無死一三塁。

    加藤と福田の連続タイムリーで2点を先制。

    5回表、REXは武石から水越にスイッチ。

    先頭の山田晃がセンター前ヒット。

    馬場の送りバントを水越が二塁へ悪送球。

    吉田を遊ゴロ併殺に打ち取って2アウト三塁とするも、小柳の二ゴロを稲葉が一塁へ悪送球。

    これで三塁走者が還って1点を返します。

    その後は水越が併殺をもう一つ取るなど粘りの投球で三菱の追撃を許さず。

    三菱も6回から水野に交代。

    1巡目までは緩急を生かした投球が冴えていたのですが、8回裏一死から加藤、福田、西岡に3連打を喰らって1死満塁。

    鈴木紳にレフトオーバーの2ベースを打たれて2点。

    岩川にスクイズを決められて1点。

    後藤田にタイムリーを打たれてさらに1点を失い、この回計4失点。

    これで試合が決まりました。

    大トリを務めた山本が多少バタバタしましたが、終盤のダメ押しが効きました。

    そのままゲームセットとなり、REXが京セラ行きを決めました。

    一見REXの快勝だったのですが、この試合でもREXの攻守にわたるミスが目につきました。

    攻撃では送りバントの失敗が2つ、守備ではエラーが2つ。

    京セラに向けてしっかりと修正してほしいです。

    ともあれ、REXさん、京セラ行きおめでとう。

    試合の写真と記録: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35361512.html

  • 最終日前日

    予想通り(?)雨で順延となりまして、今日はREXが岡﨑を、JR東海が西濃を降して明日の最終決戦に進みました。

    それにしても、岡﨑は脆かったなぁ。

    チーム作りにかける時間が少なかったのは理解できるけど、予選に出てきている以上は、もう少しやる気を出してほしかったですね。

    さて、明日の最終決戦は観戦に行く予定です。

  • ヤマハと王子

    代表に決まりました。

    ややこしい山の一番下からスタートした王子はともかくとして、ヤマハは組合せ上

    「これで勝てなければ、どうかしている」

    と思っていたので、まぁ順当に勝った、ということじゃないかな。

    さて、明日からは

    「負けたらハイそれまで」

    のサバイバル決戦が始まります。

    もっとも雨で流れてしまうかも。

    ともあれ、王子さん、ヤマハさん、京セラ行きおめでとう。

  • 楽しみにしてた日本選手権予選ですが、土日とも時間が取れずに観戦出来ませんでした。
    今週の天気次第では週末開催もあり得ますが、こればかりはわかりませんね。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 日本選手権予選2日目②

    第2試合(REX-ヤマハ)は4-2でヤマハがREXを振り切って京セラ行きに王手です。

    REXの先発武石は2回、先頭の前野にヒットを打たれ、川邊のFCで無死一二塁。

    長谷川雄のタイムリーと一塁手鈴木のエラーで2失点。

    4回裏にヤマハの二塁手河野のエラーで同点に追いつくものの、5回表に櫛田のエラーから連打を浴びて勝ち越しを許し、水越に交代。

    水越は不運なタイムリーで1点を失いましたが、その後は正確な制球でヤマハ打線を沈黙させました。

    水越がリズム良く投げていたにもかかわらず、REX打線は池田に要所要所を締められて同点に追いつけず。

    立ち上がりアップアップ気味だった池田でしたが、初回にREXが送りバントを失敗してから復調のきっかけを掴んだみたいで、そのまま最終回まで危なげなく投げきりました。

    今日のREXは、野手陣の攻守にわたるミスで自滅した感じ。

    昨年と今年の都市対抗予選でも、バントの失敗や走塁のミス、エラーなどで予選落ちしただけに、

    「まだ治っていないのか」

    と叫びたい気分でした。

    試合の写真と記録: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35352618.html

  • 日本選手権予選2日目①

    第1試合(パチンコ屋さん-三菱岡﨑)は8-1でパチンコ屋さんが7回コールド勝ち。

    正直、こんな試合になるとは思いませんでした。

    初回、岡﨑がパチンコ屋さんの守備の乱れにつけ込んで1点を先制。

    その裏、岡﨑の先発北畑は2アウトランナーなしから、ボテボテの投ゴロを一塁に悪送球。

    ここから北畑は崩壊。

    死球を挟んで3本の長短打を浴びて5失点。

    2番手の宇田川も真っ直ぐにキレがなく、変化球でごまかすのが精一杯という感じ。

    3番手の仲井とともに計3失点でめでたくコールド負けとなりました。

    パチンコ屋さんの先発神谷は、立ち上がりこそボールが高かったのですが、味方の大量リードで気をよくしたせいか、2回以降はスイスイと投げて、コールド勝ちをサポート。

    パチンコ屋さんは2年連続の京セラ行きに王手です。

    試合の写真と記録: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35352601.html

  • 日本選手権予選初日③

    第3試合(王子-トリカ)は3-2で王子。

    この試合で投げた投手に関しては、川脇以外はドングリの背比べなので、コメントはなし、ということで。

    初回、王子は2本の2塁打で1点先制。

    2回裏、トリカは山根のタイムリーヒットとセンターのエラーで2点返して逆転。

    その後は川脇と大宮の投げ合いとなり、膠着状態に。

    6回表、王子は亀谷の四球、伊礼が右前ヒット、神鳥の送りバントが内野安打となって無死満塁。

    鴨田の二ゴロ併殺の間に三塁走者が生還して2-2の同点。

    7回表、王子は先頭の天願が右中間に2ベース、勝田がヒットで無死一三塁。

    前田の犠飛で1点勝ち越して3-2に。

    8回から王子は近ちゃんがマウンドへ。

    いきなり一死満塁のピンチを作るも、粘り強く投げて後続を断ち、これで試合の流れが決まりました。

    試合の写真: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35351030.html

    なお、今日はタブレットの予備のバッテリーを自宅に忘れてきてしまい、記録をつけることができませんでした。

  • 日本選手権予選初日②(注意一秒ケガ一生)

    第2試合(REX-居酒屋さん)は投手戦となり、2-0でREXが勝ちました。

    まずはREXの畠山。

    「いいのか、悪いのかわからない」

    というのが彼の身上なのですが、今日の彼は

    「むちゃくちゃ良かった」

    というしかないほど素晴らしかった。

    真っ直ぐとチェンジアップのコンビネーションが絶妙でした。

    何より四球を3つしか出さなかったので、見ている側としては大変助かりました。

    ピンチの際も、センターの佐野が

    「これは捕れない」

    という飛球を3つも好捕して畠山を救いました。

    一方の中野も持ち味全開。

    ボールはキレキレ、制球は抜群。

    初回に、先頭の佐野にぶつけてしまい、バントで送って、櫛田は三振、加藤がセンター前にタイムリーを放って1点。

    6回にパスボールでもう1点。

    立ち上がりと、捕手のミスという事故のような失点だったので、彼にとってはいささか不運だな、と思えたので、次戦も今日の感じで投げれば大丈夫じゃないかな。

    試合の写真: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35350958.html

  • 日本選手権予選初日①

    今日の岡﨑は蒸し暑かった。

    まず第1試合(三菱自動車岡﨑-日本プロスポーツ専門学校)は7-0で岡﨑が快勝。

    7回コールドでしたが、双方無失策だったので、点差の割には締まったいい試合になりました。

    日プロの先発松下君がこちらの予想を上回る投球をしてくれて、結構楽しめました。

    制球も良かったし、緩急を上手く使っていたのも良かったと思うけど、いかんせんキレがなかったのと、球種が少なかったので、企業チームと互角に渡り合うのは、いささか荷が重かったですね。

    岡﨑の山本君は、この前に見たときよりも良かったけど、相手の実力を考えると、今日の投球の内容が良かったのかどうかは何とも・・・、という感じでしたね。

    試合の写真: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35350916.html

  • オープン戦(トヨタ-名経大)

    10-1でトヨタが快勝。

    名経大の投手陣がトヨタ打線を怖がりすぎ。

    初回にいきなり2点を先制されたのがかなり効いたみたい。

    2~4回はどうにか抑えていたけど、5回にトヨタに捕まってしまい、2つの四球と1つの暴投を挟んで6連打を喰らって、さらにスクイズをキレイに決められて、この回7失点。

    目を引いたのは、名経大の3番手投手中尾君。

    体躯もあるし、ボールも速い。(最速144km)

    球筋もいいし、何よりサウスポーというのがいい。

    ドラフト候補と評判だったのですが、納得でしたね。

    次の観戦予定は、次の土日、岡﨑です。

    試合の写真: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35340573.html

  • オープン戦(トヨタ-環太平洋大)(東邦ガス-ヤマハ)

    昨日はダブルヘッダーでした。

    午前はトヨスポ、午後は空見へ行ってきました。

    まずはトヨスポ。

    最近のトヨタは新人左腕の富山をオープン戦で投げさせることが多いのですが、今日も先発は富山。

    変化球に若干の問題を抱えているものの、真っ直ぐのキレが良くて、この試合でも6回を2失点。

    今後の活躍を期待させるナイスなピッチングでした。

    試合は6-2トヨタリードで7回表まで観戦して空見へ移動しました。

    空見到着とほぼ同時に試合開始。

    初回、ガスの新村へ飛んだ浅いレフトフライを捕球する際に、前から後退してきたショートと交錯して新村が負傷。

    一応プレーを続行しましたが、その裏新村が四球を選んで出塁したところで代走大島を送られて交代。

    大事を取ったようですね。

    3回表にヤマハが矢幡のタイムリーで1点先制。

    その裏、大島のバントヒットからヤマハの守備が乱れて、走者の生還を許してしまい1-1の同点。

    4回裏、ガスの新人酒井田のレフトライナーをヤマハのレフト柳が目測を誤って後ろへ逸らしてしまい、走者2人が生還して3-1に。

    ヤマハの先発池田はここで降板。

    その後はガスの水田と蒔野、ヤマハの栗林と鈴木の好投もあって試合は膠着状態となり、そのままゲームセットとなりました。

    京セラ切符をゲットしているガスさんはいいとして、ヤマハは昨年までのエースだった長谷川亮が全然投げていないのと、攻撃陣のキーマンの1人である長谷川雄の復帰が遅れているのが気になりますね。

    それとここ数試合で、ツギオがノーヒットだというのも気になります。

    試合の写真: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35331263.html

    次の観戦予定は、27日(土)のトヨスポです。

  • オープン戦(REX-室蘭シャークス)

    6-4でシャークスの逆転勝ち。

    今日も暑かったですねぇ。

    特に新日鐵Gは暑いんですよ。

    こういう日は、試合時間が短いと大変ありがたいのですが、

    REXの先発は畠山。

    「長くなりそうだなぁ」

    といや~な予感。

    で、その予感が見事的中。

    3時間20分のなが~い試合になりました。

    初回、1アウトから3連続四球。

    無失点で切り抜けたものの、その後は6回まで四球こそ出ませんでしたが、3ボールまで行くことが多く、試合の進行が遅い遅い。

    4回に中嶋の2ランで、REXが2点先制。

    このまま逃げ切るのかと思いきや、7回から登板した森田がやってしまいました。

    先頭の二ゴロを稲葉が後ろへそらしてしまったのがいけなかったのですが、1塁に走者を背負っただけでおかしくなってしまう森田も森田。

    送りバントの処理の際に転倒して満塁としてしまい、押し出しの四球やら、タイムリーやらで3失点で試合をひっくり返され、アウトを1つも取れずに降板。

    その後を受けた山本も8回に連打を浴びて2点を失い、思うようにいかない自分のピッチングに苛立っているのがありあり。

    あんな態度では、

    「なってない」

    と思われても仕方がないでしょうなぁ。

    特に味方が4-4の同点に追いついてくれた次の回にあれではいけませんねぇ。

    逆転された原因がエラーにあるのは明白でしたが、それを投手がリカバーできないというのも問題。

    畠山が四球の山。

    森田と山本はエラーからおかしくなり、

    武石は大事な試合を任せられず、

    水越は修正途上。

    REXは予選の初日から連戦になることが予想されるだけに、投手陣がこんな塩梅では、

    「大丈夫かな?」

    となってしまいますねぇ。

    試合の写真: http://blogs.yahoo.co.jp/barabara_1999/35329284.html

    明日は午前はトヨスポ、午後は空見かも。

  • >>1937

    >もちろん昨日のスタメンで予選も戦うことは無いのかもしれないけど

    とはいっても、小室も豊住も小林もスタメンだったことを考えれば、ほぼ鉄板だったと思いますよ。

    トヨタとやったときとほぼ同じメンバーでしたしね。

    「なんでスタメンじゃないんだよ?」

    と思ったのは中村優くらい。

    >加えてキャッチャーもいまいち

    そうですね。

    これは岡﨑に限った話ではなく、正捕手に困っていなくても、サブの捕手との差がありすぎるチームばかりなんですよね。

    捕手のところで代打や代走を出せないチームのなんと多いことか。

    とはいってもプロアマ限らず、いい捕手の確保には苦労しているようですからねぇ・・・。

    次の観戦予定は、明日のREX-室蘭シャークスです。

  • <<
  • 1958 1938
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア