ここから本文です
  • <<
  • 1111 1087
  • >>
  • 乳がんについて、治療のための強い情報があります。

    英国の女医で、自分が乳がんになった人が、医学界でささやかれていた、牛乳が乳ガンの元だという情報を試してみようと乳製品をすべてやめたところ、乳がんが直ってしまった!
    そこでこれを発表したところ、大きく評価され、英国王立医学会の永久会員となった。

    つまり乳がんは乳製品をすべてやめれば治るということ!
    これは男女皆に教えようよ。   手術の必要はなく、普段からその知識を持っていれば簡単に金もかけずに治せるわけ。
    当然医者はこんなこと知ってるはず。
    医者がこれを言わないのは、もちろん、高額の薬や手術代が入るからだ。
    女のおっぱいお取っても,自分が金もうかる方がいい、おっぱいなくなった女の悲しみなんか知らないよ! わはは。     という医者が何と多いことか!
    医者みたら舛添と同じ、金の亡者だと思えってねえ~~~~~~~
    これは男女に関係なく、皆に教えようよ。

  • 初めまして銀次という者です。私に出来る事がありましたら、申しつけください。

  • こんにちは
    午前中お陽様がでていたので散歩に行ってきました。
    夫と散歩で歩いた道
    亡くなって1年程は散歩もいけませんでした。
    歩いていくうちに涙がボロボロでてきて。
    それから音楽を聞きながら歩くようにしました。
    明るい曲をね
    段々と音楽に合わせてリズムに合わせて歩けるようになりました。
    今はまっているのはクィーンシージョーンズ
    ai no corrida なんかを聴きながらノリノリでお散歩です。
    夫が亡くなって9年目です。
    アルバムを開ける事が出来るようになったのは4年目でした。
    たまに夢に出てきます。
    夫はご機嫌です。
    花子が死んで49日目に元気に走っている夢をみました。
    身体はなくなってしまっても心は彼方で元気と思っています。
    お空の上から残された人達を見守っていると思っています。
    だからお土産話をいっぱい持っていけるように暮らしていきましょう。
    ボボンジーさんまだ辛い日が続くと思います。
    一番のお薬は時間です。
    忘れる事はできませんが一緒に暮らしていると感じる
    穏やかな日がきっときますよ。

    ばななさんもたんぽぽでないさんも
    生き延びる為にがんばっている
    立派な生き方ですよ。

  • 九州はやっと雪も解け始めて始動しはじめました。
    ぼぼんじーさん。
    私もあなたといつ同じ思いになってもおかしくない状況です。最近までは生き残るものの方が悲しみが続くので辛いと思っていましたが、はたしてそうなんだろうか?と思う時があります。私の場合私が先に逝くかもしれませんがその時心残りと申し訳ない気持ちと悲しみとが入り混じって残る人よりもたくさん色々思いを募らせるだろうと…そして散々思い悩んだ末どうしようもなくなって身動きできなくなると成り行きに任せるしかなくなってしまうまで思い悩むのだろうなぁと思います。そして最後に「ありがとう」と「やっと楽になれる」という気持ちを感じると想像してます。
    ボタンは掛け間違っていませんよ。
    それがあなたのボタン。私も同じようなボタンを持ってます。でもそれはその人に課せられたボタン。

    ある本に書いてありました。「生き地獄」という言葉があるように生きていくことはとても厳しいことだそうです。でもみんなその地獄を生活してるんですよね。

  • >>1101

    やめとけCSR。
    真面目に話しているところで嘘はやめなさい。
    しかもキミは何種類の癌を患ったんだよ。
    その他にも沢山難病にかかりすぎだぞ。

    やめなさいね。


  • 私は、甲状腺がんになりました
    手術してから、かれこれ、18年になります

  • アンさん。メグさん。お元気でお過ごしと思います。

    この寒さには 病人にはこたえますね。

    私は 1年半 ろくろく食べれませんでしたが ようやく
    おいしく食べれるようになってきました。
    1800キロカロリー 食べて たんぱく 塩分制限は難しいです。
    カロリーメイトで補充して体重がようやく 落ち着いてきました。

    まだまだ いろいろな症状がありますが なんとか やっています。

    パナナさんの気持ち よくわかります。
    自身のことだけでなく ご主人のこともありますし
    不安は尽きることはありませんね。

    私も今回ばかりは もうだめだろうと 何度もあきらめかけました。
    体調が戻りません。
    とりあえず 今は1日 1日 生きているだけで必死です。

    何とかなる。神様に守られている自分を信じて。。

    そんな言葉さえ むなしく思うこともあります。

    でも呪文のように唱えています。

    パナナさんも雪が大変そう。風邪ひかれませんように。。

  • >>1093

    puddingさん。はじめまして。

    私も去年の夏に乳ボンの手術と慢性腎臓病と診断されました。
    慢性腎臓病は 30パーセントしか機能しておらず 完治どころか
    進行性でいずれ 透析かとも。

    その1年前から 薬の副作用で症状が辛く 半年で10キロ痩せました。
    ここの皆さまに支えられ手術も無事終えました。

    腎臓はいろいろな症状が出るので 辛いと思います。
    ブログをやっていますが やはり腎臓がんで手術なさった方がいます。
    今はやめてしまいましたが お元気そうです。

    不安があると思います。
    前向きになろうと思っても 症状が辛いと どうしても暗くなって
    しまいますね。

    どうか 無事 手術がすみますようお祈りいたします。

    あっそうだ。私もびわの お灸しましたよ。
    オークションで びわの葉を買い 私の場合は こんにゃくで
    腎臓あたりを温めるやり方です。

    末期がんがきれいに消えたとか 難病が治ったとかいろいろありますね。
    私は 好転反応かどうか 余計辛くなったので
    2週間でやめてしまいましたが 確か 手術後の痛みとか
    身体の痛み 蕁麻疹のような全身の痒みは綺麗に 消えてしまいました。
    また 様子みてはじめようか思っています。

    風邪ひかれませんように。。

  • アンさんの言葉には私自信が学ばないといけないことがたくさん書かれてあり独り言で「そうだよね」とため息ついています。
    『しかし、しょうがないです。
    こういう運命なら、それなりに暮らしていかないと。』 仕方ない事はどうしようもないのでそれなりに暮らさないといけませんものね。
    『治療が始まって時間がたてば
    幸せだなあとさえ思う事が絶対あります。』 小さなことにも幸せ(有難さ)を感じることが出来ます。美味しい甘酒のんでも「生きているんだぁ」と思います。
    そうやってこれからも自分のできる範囲で生きて行こうと思います。不安な事も山のようにありますが考えそうになると考えないように気を紛らせています。
    副作用で鬱のようになる時がありますがそれにも慣れて共存して生活していかないといけませんね。

    ボボンジーさん。今何といっていいのか…どんな言葉も軽くなりそうです。
    時々、思いますがパートナーと恨み合って憎しみ合っていればよかった…それなら亡くなった時に悲しくないし…とも思う時があります。先立たれて残った方の悲しみは何よりも大きいですよね…悲しいというのは言い換えれば幸せだったことでもあります。
    みんな体験している死別ですが私も今は何よりも不安な原因がそれです。できれば一緒に事故に逢って一緒に旅立ちたいなぁと願っています。

    たんぽぽでないさん。お体の調子はどうですか?とても寒い日が続いているのでいろいろ支障があるのではないかなぁと思いますがどうぞ無理しないで風邪ひかないように気を付けてくださいね。

    九州はここ数日の大寒波で町がマヒしています。スーパーも食材が品切れだったり、いたるところで車が事故っていたり…と南国の者にとって雪はとてもやっかいなものです。
    でも少しずつ春も近くなっているせいかかんきつ類が出ていて今日は国産のネーブルを買いました。

  • >>1095

    ぽぽんじーさん。

    奥様のご冥福を心よりお祈りいたします。

    今は痛みも苦しみもない世界にいられますね。

    本当に ポンが憎いです。

    奥様が安らかでいますよう 心よりお祈りいたします。

  • こんばんは〜
    明日も寒いようですね。
    明日はバナナさん、puddingさんは仕事はお休みですか?
    この掲示板に来られる人は頑張り屋さんが多いです。
    たまには自分を甘やかしてご褒美の時間を作ってね。
    puddingさん話す人がいないのは辛いです。
    病院でご夫婦できている人達を見ると羨ましいなと思います。
    たまに子供達が来てくれるけれど
    基本一人暮らしなので夕飯の時などは寂しいしね。
    だからpuddingさんの気持ちわかりますよ。
    しかし、しょうがないです。
    こういう運命なら、それなりに暮らしていかないと。
    今はとっても不安でしょう
    バナナさんの言う通り今は泣いても弱音を吐いてもいいのです。
    溜め込まないでね。
    治療が始まって時間がたてば
    幸せだなあとさえ思う事が絶対あります。
    入浴剤を入れたお風呂にゆっくり入ってあったかい生姜湯のんで
    ほっかほかになって、、、これも幸せだなあと思います。
    ご近所の人達がたまに夕飯のおかず一人分持ってきてくれたり
    します、、、、これも幸せです。
    子供さんにもいつか話す事があると思いますが
    思いの他、子供さんは大人で頼りになると思いますよ。
    バナナさん眠れていますか?
    夜中に眼が、覚めちゃうのは本当に嫌です。
    最近では居直って本を読んだりしています。
    それが続いて身体がきつくなったら月に2,3回眠剤のんでいます。
    しかし副作用何とかならないものですかねえ。

  • こんばんは。癌にびわの種がいいと聞き、ネットで買いました。
    びわ茶も飲んでいます・・・
    最近は、身体のだるさと考えすぎて頭痛が酷いです。
    昨日は、MRを撮り精密検査を受けました。
    週末はかなり冷え込むみたいです。暖かくしてくださいね。

  • >>1091

    バナナさん。ありがとうございます。
    「弱音吐いていいんです、涙は我慢しないでください。」
    「私も涙枯れるくらいなきました」
    やはり、同じポンになった方だからこそ理解してもらえるのだとおもいました。
    私も涙が日々でています・・・
    笑顔がつくり笑いしかできなくなりました。。
    心から笑顔が出来るのは、健康とイコールなのだとつくづく思います。
    ポンになってから、健康が1番大事ということがやっとわかりました。
    1人では、抱えきれないポン・・・私は、シングルであり、子どもにもポンのことは伏せているので、このサイトに出会えてよかったと思っています。

  • こんにちは
    puddinngさん。不安のど真ん中にいることと思います。確かにポン(癌)(響きが悪いのでポン=癌と呼びます)になると生活一転、死ぬまで不安を抱えているのは確かです。私は3年前腫瘍宣告、一昨年主人がポンになり、昨年私が乳ポンと毎年ポンポンポンだらけで気が狂いそうになります。自分だけでなく主人のポン再発に怯え、自分の再発に怯え、それでも生きていかないといけないので毎日一日が終わるときに「今日も生きたなぁ~」と思います。
    アンさんの言うとおりに限度額医療申請を入院前にしたほうがいいです。ポンになったら保険も入れませんから…本当にきついです。
    不安はどうしてもぬぐいきれないと思いますが鬱になりそうになったり自分でコントロールできない時はこの掲示板で心の叫びを思う存分嘆き吐き出してください。私もそうしました。そしてここの顔も知らない皆様からの言葉で本当に「よし!!!」と一歩を踏み出すことができました。
    弱音吐いていいんです、涙は我慢しないでください。私も涙枯れるくらいなきました。

  • >>1088

    あんさん、こんばんは。
    こちらは、雪がふりました。寒いですね。。
    私は、子どもには癌になってしまったことは伝えてなくて、1人抱えこんでしまっています。。
    2年前には、子宮内膜がひどく子宮を全摘しました、やっと心の傷も癒されてきたところで癌になり、落ち込みもひどく、なんで私だけが。。。と涙涙です。
    周りの友達や職場の人にも言えず、結局人ごとですしね。。
    癌になった人ではないとわからない不安や辛さは理解してもらえないと思うので、これから癌友出来たらと思っています。
    あんさんが、お返事下さりとても気持ちが癒されました。ありがとうございます。

  • バナナさん
    お久しぶりです。
    副作用辛いようですね。
    眠れないのは辛いです。
    夜中に眼が覚めたりするとろくな事を考えないから。
    治療は後何年続くのですか?
    どちらかというと睡眠が浅いのですが
    続いた日は眠剤飲んで寝たりしています。
    私は去年12月31日を持って抗ガン剤の薬をやめました。
    後一年といわれましたが
    味覚障害限界です。
    性格までひねくれてしまう(苦笑
    ホルモン剤は後7年半です。
    院長先生がホルモン剤は年相応の薬に変えましょうと言われ
    その薬の名は「レトロゾール」
    う!レトロ!ムカ!と来ましたo(`ω´ )o

  • puddingさんこんにちは
    今日はすごく寒いです。
    風の冷たい事
    風邪をひかないように気をつけて下さいね。
    私は63歳です。
    子供は3人。
    年が離れた3番目の次男が高校3年になった年に夫が亡くなりシングルに。
    やっと大学を卒業して就職が決まった年に乳癌になりました。
    もつと前から体調が優れないなあと思っていたのですが
    自分の事を考える余裕がありませんでした。
    だから癌も成長し、リンパまでいっていました。
    はじめのうちはこれで楽になるかなとおもったりもしたのですが
    そんな生き様を子供に見せるのはよくないと思い
    頑張っていきています。
    最後に子供に教える事は生き様死に様を見せることと思っています。
    puddingさんもお子さんの事心配なさるのはよーくわかります。
    でもお子さんはお母さんの様子を見て色々な事を
    学ぶと思いますよ。
    経済的な事
    不安な時は大きな病院だったら相談する所があると思いますし、
    役所に相談にいくのも良いかと思います。
    高額医療の申請をしましたか?
    夫が亡くなった時には母子家庭課に行って奨学金制度を利用して次男の大学資金の足しにしました。
    puddingさんはもうご存知かもしれませんが
    お役所という所は自分からアクションをかけていかなければ、
    なにもしてくれません。
    お子さんともよーく話して相談したら良いですよ。
    一人で抱え込まないでね。
    この病気になって同じ病気の人がどんなに多いかを知りました。
    癌友がこれからできますよ。

  • >>1084

    アンさん、はじめまして。私は、44歳です。
    アンさんは、お幾つでしょうか?
    私にも1人子どもがおります。大学受験の大切な時期に癌と告知されこの先不安でいっぱいです。
    私は、シングルなので、仕事を辞めないといけなくなったら経済的な不安が1番です。
    今後どんな治療になるのか、手術のことなど、色々なことを考えると不安で夜眠れません。。
    「なんとかなる!」ですよね。
    癌と告知されてからは、今を生きていることが幸せと感じています。

  • <<
  • 1111 1087
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア