ここから本文です

日本国憲法議論

  • 19
  • 0
  • 2014/05/16 08:30
  • rss
  • <<
  • 19 1
  • >>
  • 後から
    説明書きを
    変えることで
    憲法を骨抜きにするのなら
    憲法なんて
    飾りジャン

  • 【Re: ウサの稲穂様】
    日本帝国憲法第73条には、
    1.将来此ノ憲法ノ条項ヲ改正スルノ必要アルトキハ勅命ヲ以テ議案ヲ帝国議会ノ議ニ付スヘシ
    (将来、この憲法の条項を改正する必要があるときは、勅命をもって、議案を帝国議会の議に付さなければならない。)
    と、書いています。

    明治憲法73条による憲法改正可能範囲は、この憲法の各条項のみです。

    しかし、上諭も改正されています。

    明治憲法上諭には、
    朕カ現在及將來ノ臣民ハ此ノ憲法ニ對シ永遠ニ從順ノ義務ヲ負フヘシ
    (朕の現在および将来の臣民はこの憲法に対し永遠に従順の義務を負わなければならない。)
    と、書いています。

    明治憲法の上諭は、この憲法に含まれると言うのが定説なので、条項に含まれない上諭を改正する事は憲法違反に成ります。

    明治憲法違反である昭和憲法は、無効です。

    ほんとうです。


  • 法律をつくって
    えばって

    守らないというのも
    新しい手法だね
    やるーー

    上手だ

  • 【明らかに問題なのは前文・9条だが、】
    前文&9条は全文改訂しないと国際・国内情勢に全くそぐわない前提条件と妄想のような希望によって作られている条文なんで  

    前提条件が崩れているのだからこの二つは遵守不可能! ノーベル平和賞って? アメリカンブラックジョーク? 

    また基本的人権や個人の権利を保障する11・13・14条は公共の福祉という名で屠られそうな危険な状態である。特に個人攻撃はひどい、

    大組織は庇護され個人には何してもいい状態、ニュースで何週間にもわたって悪者扱いされるのは、ほぼ何の組織にも属さない個人だけのような

    組織に関しては、せいぜい実名報道と概略だけである。粉飾決算を行い増資をして返せる当てもない金を集め自分たち従業員に給与と賞与として

    分け合い退職金をもらって破産しても、報道は、そのときどんな対応だったか? その企業名もみんな記憶にないんじゃないか? 

    これを個人がやったらものすごい騒ぎだったろう。

  • >>12

    【Re: 秩序と無秩序で量るとわかりやすい】
    臨検が海上封鎖につながる? なんで? 臨検と海上封鎖に因果関係は無い。
    こじつけとしかいえませんね。機雷設置も自国の領海内なら防衛設備です。
    要は、場所が問題になったり、持続的な封鎖になれば、問題といえるが、基本的に
    防衛の為であれば、良い話。当然、海図に載せる必要はあるでしょう。

  • 【9条がノーベル平和賞候補】

    にノミネートされたようだ。

    仕掛け人がすごい。 

    推薦文「今まで保持している日本国民に授与してください」だと。

    さあ~どうなるか、実に興味深い。

  • 【秩序と無秩序で量るとわかりやすい】
    例えば9条の”国際紛争を解決する手段としての武力の威嚇行使は永久に放棄”は秩序であり、なにも日本の憲法だけの秩序ではなくて、国連軍の国境監視団などにも適用されている。

    国連軍は自分の生命防衛のための武器の使用は自然権であるから容認されるが、攻撃としての武器使用は絶対禁止されている。

    自衛隊のイラクや東南アジアやゴラン高原への派遣行動も国連軍や9条の秩序を踏襲したものであり、それは秩序であるから人類の平和と秩序維持に貢献しているという事になる。

    海上自衛隊の機雷掃海作業も秩序維持であり、この作業は攻撃ではなくて秩序維持作業になっている。

    ところが臨検は海上封鎖に繋がり、機雷敷設も付録てして行われるだろうから、これは国際法上でも戦闘行為として位置付けられ、無秩序にくくられる。



    秩序は宇宙の秩序の一部であり、無秩序は生殖手段としての肛門期快感原則の一部になる。

    肛門期快感原則が人間にとっては生きる意義であり人類存続手段であるという事は、一見無秩序に見えるのだが必要悪と位置付けるべきだろう。

    この肛門期の副作用として殺人や戦争がある。

    防衛は秩序維持であり攻撃は無秩序になる。この違いが分かれば改憲は不要であり解釈で十分人類の平和と秩序維持に適うってことなんだがな~。

  • 権力者はアンポンタンではない。
    権力者が都合の良い法律を作らないように、権力者を縛る法律(憲法)は
    絶対必要だと思います。

  • 【憲法は権力者を縛るものなのか?】
    TVマスコミは上のような定義付けを形而上学のように決めつけてしまっているが、間違ってると思う。

    憲法は日本国民に課せられた戒律であり、日本国籍を有す国会議員・国家公務員なども当然ながら日本国民であるから憲法の縛りを受けている。

    これはアッタリ前田のクラッカーなのであり、なんの思惑があって、憲法が権力者を縛ると言い出したのだろうか?日本の権力者は外人なのか?

    外人が日本の内政をいじるのは基本的に内政干渉になるからできない。だから日本の権力者が外人だという仮説は退けられる。

    日本の権力者は日本国籍を有する正真正銘の日本人であるとの前提で論考を始めないと、カオスに陥る。



    で~、憲法は権力者を縛るというテーマに戻るのだが、憲法でわざわざ縛られないほど日本の権力者はアンポンタンなのかという問題に帰着するだろう。

    アンポンタンを取り締まる法律はすでに整備されているのだから、検察はこれらのアンポンタンどもを検挙すればいいだけの話だ、単純じゃあ~りませんか。

    特に非国会議員や非公務員である一般国民大衆が、いわゆる国家権力者という名札を付けている人から憲法違反行為を受けている場合は、業務妨害になっているから、確か刑法233~234条だったと思うが、これらに違反していることになる。大衆の国民生活という業務に対する(いわゆる権力者の)業務妨害行為だ。

    業務妨害は威力業務妨害と偽計業務妨害の二種類が刑法で規定さてている。

    私の個人的な話になるが、インターネットで日本の歴史の真実や現代のアンポンタンどもを糾弾する内容を投稿すると、ごていねいに諜報員が世話を焼いてくれる。これは立派な私の私生活に対する業務妨害なんだが、以前一度投稿しているように、さらにまたごていねいなことに、職場にまで作業員として諜報員が入社潜入して私の世話を焼いてる。

    日本はだいじょうぶなのか~。歴史は常に繰り返すと言われているが、またまた昭和の繰り返しに陥る可能性が高いんじゃないのか~?

  • 【立憲主義は国家権力者を縛るものだ】
    テレビ朝日でこのように報道していたが、誤解を招きやすい表現だろう。

    憲法規定により、日本の国家権力者は我々大衆である。

    そもそものだいたいにおいて、ヒトには613の戒律が課せられているのであり、おみこしの中には十戒の石版が入っていることになっているのであり、立憲主義は戒律主義をパクったものだと断言できよう。

    そもそも、ヒトは地球外高度知性生物が彼らの脳のコピーをヒトにセックスさせて大量に生産するために創造されたものであり、セックスへといざなう肛門期快楽本能を律するために戒律主義・立憲主義が唱えられている。

    また国家権力者を縛るものだという表現には、我々市井の人間が憲法上は国家権力者なのだが、市井の実際の国家権力者とは別に、ヤクザの黒幕のような国家権力者が日本には居るのだ、という誤解を招く。

    憲法で設計されている議院内閣制は、国家権力者である市井の人々が選挙により代理人を選出し、代理人によって政治を行わせる制度である。したがって選出された代理人が不適任と分かれば罷免する条項も憲法にはある。

    日本はガラクタが支配している国であり、このガラクタをテレビ朝日では”権力者”といいたいのだろうか。

    真珠湾攻撃や、潜水艦に水上機を格納して米大陸のすぐ近くで発艦させて攻撃したり、風船爆弾で米大陸を爆撃した大日本帝国の動機を、自衛のための戦争だったのだ、というウソを現代の大衆が信じると思ってんのかな~。

    バカは他者も己の尺度で観るから、バカにしてもばれないと思ってるってことか。

    読者は最近の慰安婦問題とか中国での虐殺報道で、昭和の恥の歴史をうすうす感づいていると思うが、実際のところ日本の昭和の国家権力者だったヤクザほど人類に汚点を残したタワケは居ない。

    1947年の国連報告では900万の中国人が毒ガスで殺された。毒ガスで土壌が汚染され、大飢饉が発生し、中国の言い分では数億人に被害が出たとのことだ。

    あきれるほどの汚点、これが今も自民党の一部や黒幕として生息している奴らの実態なのだ。

  • 【憲法13条】
    個人の尊重は滅私奉公の世親の抹殺であるという。
    9条にしか目が行かない国民が多く哀れでならない。
    地方分権は中央集権体制の解体。
    もっと勉強し議論し給え

  • >>5

    偏向報道という言葉はこち亀3巻にも登場する。当時の人でも気づいている人はいたようだ。マスコミを長年批判してきたこち亀に感謝。

  • 各国の憲法の平和条項をフィルターをかけず、一覧にして列挙し、日本国憲法との比較を各報道機関は公平、公正な立場で情報公開すべきだ。                       偏向した報道機関により、不正確な情報しか与えられていない国民は公平、公正な情報に飢えている。                                        憲法論議する前に、いろんな情報を逐一政府にも公表して欲しいし、その情報には報道機関が自分勝手な論評をせず、判断は国民に任せるべきだと考える。

  • もっと具体的にいえば、リベラルと言われる朝日新聞、毎日新聞、NHK、朝日、毎日放送の報道番組で、以下のように報道し、一大キャンペーンを張ることだ。              各国の憲法における平和条項を比較検討公表し、日本の憲法第九条不戦の誓いに習い、各国に不戦条項を自国の憲法にいれるかどうか、期限を切って検討させその結果により、世界平和への関心度を測りましょうという問題提起を、国際機関に表明する。               
    たとえばの話で、これぐらい積極的に平和憲法を持つ日本が主張しないで、日本政府をチマチマと批判するだけでは、なんの解決にもならないと考える。

  • 現実的な話をすれば、憲法を改正し、正常な国家の状態に戻す事が急務であると考える。戦後70年の怠慢を反省しないで、平和憲法を世界に広める努力をする気がないなら、世界標準に合わせようとする人々の主張を妨害するべきではないと考える。

  • この憲法を人類の理想として掲げ、奉るべきと考えるなら、全世界とりわけ中国、北朝鮮、韓国に、日本国憲法と同文の憲法を作成させることが、理想を現実化させる唯一の方法だと思いませんか?                                     戦後70年も経つのに、日本国憲法の理想が世界に広まらないのは、国内の護憲にのみしか興味を示さない、薄っぺらな二枚舌偽善者達の怠慢でしかない。             
    今こそ中国、北朝鮮、韓国に向かって自国の憲法を平和憲法に改正しろと、積極的平和主義に立って広範な国民運動まで意識を高め主張しないと、永遠に日本のマスターベーションで終わってしまう。

並べ替え:
古い順
新しい順