ここから本文です
  • 明治維新を成し遂げたのは、下層階級から出た武士と、今でいう言うフリーターの浪人で、攘夷、開国理想は違っても「憂国」という点では一致していた。
     今格差社会の底辺に居ても、全てが、「無能だからそこに居る」とする「格差社会の肯定者」のいう若者ばかりでは無い筈だ。
     アメリカでは、仕事の無い貧困層で多少とも気概があるか金が欲しい若者は、軍隊に行くか、「戦争ビジネス」の傭兵しか仕事が無い状況に追いやられ、戦場で、過酷な状況下で精神を病んで帰国して、社会復帰できない若者は大勢居る。
     今の政権は、「一部を除いた」労働者のあらゆる権利を縮小する方向に進んでいる。
    「その日暮し」の低賃金仕事か?傭兵となり、精神を病んで社会不適合の人生を送るか?
     さもなければ、あるか無しかの福祉で「生きているといえない人生を生きるか?」
    現政権とそれを操る「偏差値、お受験残り官僚共」が君たちに用意している未来は限りなく暗い。
    今こそ、思想を超えて、「左右の憂国の若者は」結束し、親の経済力で勝ち取った「お受験」を「自身の優秀」と勘違いして日本を誤る官僚や政治家に対抗せよ。

  • <<
  • 116 96
  • >>
  • 朝鮮問題の根っこは全てここにある!!





    アメリカの策略と朝鮮人の犯罪行為

    GHQの洗脳というか根源にあるのはルーズベルトの【カイロ会談】です。

    アメリカは『日本は侵略国家だ!残虐な国だ!
    東南アジアで残虐行為を繰り返した!』とか言っているけれど、
    仮に彼等のいう日本人の残虐さというのはアメリカが元々持っていたもので、
    シナ人と一緒に南京大虐殺のようにでっち上げればいい、としているものです。

    ただ、どうしてもアメリカ人が日本人に敵わないもの。

    これが『奴隷』と『差別』です。

    日本は奴隷が制度になったことは一度もない。

    これがアメリカにとってはウィークポイントで日本を倫理的に非難する時に非常に弱い。
    それで、ルーズベルトは何を言い出したかというと
    【カイロ会談】で『日本は朝鮮半島を奴隷化していた!』『朝鮮人を奴隷化して搾取していた!』と言った。

    それでマッカーサーが厚木に降り立って1ヶ月後に在日朝鮮人連盟という

    その翌々月には連合国人の扱いを朝鮮人にも与える、と。
    これはGHQがはっきり出しているんです。

    朝鮮人を戦勝国民として扱えと、それで何が起きたかというと有名なのが【直江津事件】というのがあった。

    満員電車に窓を割って入ろうとした朝鮮人を日本人乗客が注意したんだけれど、
    直江津駅に着いたら朝鮮人が注意した日本人をスコップで殴り殺しちゃったわけですよ。皆が見ている前で。

    でも、こんな事は日本の歴史にも出ないし新聞も報道しない。
    でも、さすがにこの時は『日本は朝鮮人を奴隷にしていて、それを解放した』と
    焚き付けたアメリカが、ここまでやるか?とMPを出して処理した。

    でも、ありもしない強制連行とかいって特別永住権というを彼等に与えたのよ。
    日本はなかった歴史を引きずりさせられている。全ての根源がそこにある。

    今の在日の参政権要求も
    『強制連行して連れて来たんじゃないか!そうされた俺達にそれぐらいしろ!』と贖罪を訴えているわけだ。

    メディアは直江津事件や浜松事件というものを調べてみればいい。


    アメリカ自体が奴隷問題というのがあるから、
    日本を黙らせるためにデッチ上げた『朝鮮半島奴隷化論』みたいのを押し付けがある。

    朝鮮問題の根っこは全てここにある。

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。 朝鮮問題の根っこは全てここにある!!      アメリカの策略と朝鮮人の犯罪行為   GHQの洗脳と

  • 現実問題として、こういう在日韓国朝鮮人による「不法占拠地帯」
    は京都だけの問題ではありません。大阪にもあるし、東京や神奈川
    にもありますよね。

    こういう不法占拠、朝鮮人にかかると、「人のものであろうと、ウ
    リたちが小屋を建てたらウリたちのものニダ」というとになるみた
    いです。

    神奈川の場合、不法占拠していた朝鮮人に「1世帯あたり2700
    万円の補償金と市営住宅の入居権」を与えたといいます。これって
    異常ですよね! 

    本来は不法占拠している連中から土地使用料を請求すべきであり、
    いくら朝鮮人がゴネても、安易に補償金など出すべきではありませ
    ん。

    神奈川県民はバカですね! これが在日韓国人の正体なんです。多
    かれ少なかれ在日韓国朝鮮人は不法行為をおこなっている「占有屋」
    でしかありません。こんな例はいくつもあります。 

    1948年に始まった「韓国大虐殺」により多くの朝鮮人が日本に
    密入国しました。そういう連中が、国有地や私有地を勝手に不法占
    拠し、地代も家賃も一切払わずに生きてきたのが「在日の歴史」です。

    「密入国→不法占拠」ですから、まさに「犯罪の歴史」ですよね。そ
    ういう忌まわしい過去を隠すために連中がやったのが「強制連行とい
    うウソ」だったんです。

    その戦術は今も使われており、在日韓国朝鮮人たちは「民族教育」と
    しての「反日教育」を継承しています。自分たちの犯罪行為を反省も
    しない在日韓国朝鮮人をあなたは許容できますか? 

    注意してね! 
      在日韓国朝鮮人の不法行為(犯罪)を暴くと
       ヘイトスピーチを叫ぶレイシスト認定されてしまいますよ!

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。  現実問題として、こういう在日韓国朝鮮人による「不法占拠地帯」 は京都だけの問題ではありません。大阪

  • 「国家犯罪」ではない!!





                  「国際犯罪」だああーー!!



      

                なぜなら、「一部の盲動主義」のせいだから!!





          マルクスを食い物にして60余年、いまや悠々自適・・・




    不破 哲三(ふわ てつぞう、1930年1月26日 - )は、日本の政治家。日本共産党前中央委員会議長。元衆議院議員。現在、党中央委員会常任幹部会委員で、党付属社会科学研究所所長。“不破”はペンネームで本名は上田 建二郎(うえだ けんじろう)。東京大学理学部物理学科卒業。日本共産党元副委員長の上田耕一郎は実兄。『道ひとすじ 不破哲三とともに生きる』(中央公論新社)の著書上田七加子は妻。

    40歳で日本共産党の書記局長に就任し、当時マスコミから「共産党のプリンス」と呼ばれた。1982年に宮本顕治が中央委員会議長になり、不破が幹部会委員長に就任した。選挙で党の躍進が続いた頃、マスコミから「スマイリング・コミュニスト」(微笑する共産主義者)(1998年度流行語大賞特別賞受賞)と呼ばれた。1998年に、31年間対立・絶縁していた中国共産党との交流を再開した。

    2000年の党大会で中央委員会議長に就任。2004年の党大会で全面的な綱領改定の提案をおこなった。2006年1月の党大会で高齢などを理由に議長職を退任し、党付属社会科学研究所の所長に就任した。

    元共産党政策委員長・元参議院議員筆坂秀世は離党後に出版した著書『日本共産党』(新潮新書)の中で『不破議長時代の罪と罰』という章を設けて不破哲三を批判している。

    筆坂はまず共産党の体質として「不破さんはレーニンを越えた。現代のマルクスだ」といった具合の不破崇拝体質がある点を指摘する。

    ついで拉致問題に移り、2000年10月25日に不破が内閣総理大臣森喜朗との拉致事件をめぐる党首討論で「疑惑の段階での外交交渉は例がない」「国際司法裁判所なら門前払い」「疑惑だという段階にふさわしい交渉の仕方がある」と述べたことについて、筆坂は「事実上交渉すべきではないと言ってるも同じ」「どういう交渉がふさわしいのか、何も語っておらず、レトリックである」と批判する。

    そのうえで筆坂は不破が党首討論でこのような主張をした動機として、当時不破が「野党外交」と称するアジア諸国との親善にはまっていたことがあると指摘する。

    具体的には第22回党大会に韓国民団と朝鮮総連の代表が参加したが、不破が両組織の代表を壇上に立たせて南北和解ムードを演出したこと、中国共産党と関係改善したので次は朝鮮労働党との関係改善だと不破が前のめりになっていたこと、さらに不破が自分のおかげと自負していた村山富市訪朝団が開いた日朝政府間交渉が拉致問題のせいで座礁したので拉致問題は棚上げにせねばならないと考えるようになったことが不破質問に繋がったのではないかと主張する。

    また筆坂は不破や共産党幹部が北朝鮮の拉致を「特殊機関」「一部の盲動主義」のせいにし、金正日や北朝鮮政府の罪を放免しようとしていることを指摘する。筆坂によれば、不破や共産党が北朝鮮の拉致を「国家犯罪」と言わず「国際犯罪」と表現することはその表れであるという。

    筆坂は2009年9月20日のたかじんのそこまで言って委員会で、不破を「マルクスを食い物にする男」・「共産党の改革の妨害者」と名指しで批判した。

    ○エピローグ
    不破哲三の丹沢の豪邸の広さたるや敷地内に共産党の施設が建っているくらいです。
    不破の実兄である上田耕三氏も国立に豪邸を所有してます。
    おまけに不破は党から専属の料理人まで派遣させており、まるで貴族そのものです。

    不破は党員にはカンパを強制しながら、自分は本の印税などで多額の収入があるにもかかわらずカンパもろくにしていなとか。(某一般党員いわく)

    共産党専従職員は低賃金でこき使われ給与遅配も日常茶飯事の劣悪な環境に置かれているとか。(某専従員いわく)
    共産党が庶民の味方などというデタラメを信じてはいけません。「赤い貴族」の集団というより、いまや“ブラック企業”そのものかと。(某専従員いわく)

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。 「国家犯罪」ではない!!                    「国際犯罪」だああーー!!     

  • 長い間眠っていた自分達の祖国を自分達の国にしよう





    どうして、悪いことばかりしていたような先入観を持つようになってしまったのでしょう





    マレーシアの国定教科書には、
    日本軍は、マレーシア解放軍と書かれています。


    マレーシア外務大臣 ガザリ・シャフィ氏

    「日本がどんな悪い事をしたというのか。
    大東亜戦争でマレー半島を南下した時の日本はすごかった。
    わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、
    我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。
    私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやって来たと思っていた」


    マレーシア首相 マハティール

    「もし日本なかりせば、世界は全く違っていたでしょう。
    富める北側はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと
    言っても過言ではない。
    北側のヨーロッパは、英園に世界を支配しただろう。
    マレーシアのような国は、ゴムを育てて、スズを掘り、
    それを富める工業国の顧客の言い値で売り続けたでしょう」


    マレーシア上院議員 ダト・ノンチック氏

    「私達は、マレー半島を進撃していく日本軍に歓喜の声をあげました。
    敗れて逃げていくイギリス軍を見た時に
    今までに感じたことのない興奮を覚えました。
    しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで、
    将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、
    それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教育を行ってくれたのです」


    マレーシアのラジャー・ダト・ノンチック元上院議員は、
    山下大将率いる日本軍に対し、次のように証言しています。

    「私達アジアの多くの国は、
    日本があの大東亜戦争を戦ってくれたから独立出来たのです。
    日本軍は長い間、各国と植民地として支配していた西欧の勢力を追い払い、
    とても白人には勝てないと諦めていたアジアの民族に、
    感動と自信を与えてくれました。

    長い間眠っていた自分達の祖国を自分達の国にしよう、
    という心を目覚めさせてくれたのです。
    私達はマレー半島を進撃していく日本軍に歓呼の声を上げました。
    敗れて逃げていくイギリス軍を見た時に、
    今まで感じたことのない興奮を覚えました。

    しかもマレーシアを占領したヤマシタ日本軍は日本の植民地としないで、
    将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、
    それぞれの民族の国語を普及させ、青少年の教育を行ってくれたのです。

    先日この国に来た日本の学校の教師は
    「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。
    その事実を調べにきた」と言っていました。
    私は日本人はマレー人を一人も殺していませんと答えてやりました。

    日本軍が殺したのは、戦闘で戦ったイギリス軍や、
    そのイギリス軍に協力した中国系抗日ゲリラだけでした。
    そして日本の将校も血を流しました。
    どうして今の日本人は自分達の父や兄達が残した、
    正しい遺産を見ようとしないで、
    悪いことばかりしていたような先入観を持つようになってしまったのでしょう」

    マレーシアの教科書で紹介される山下奉文氏
    イギリス軍が日本軍に降伏している様子 ↓

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。 長い間眠っていた自分達の祖国を自分達の国にしよう       どうして、悪いことばかりしていたような

  • 誰が一体決めるのでしょうかね???





    忌避語とか禁止語とか・・・





    私は、支・那という言葉に蔑称の意味は全くないと思います。
    語源は、いろいろな説がありますが、大唐西域記を著した玄奘三蔵法師の仏典の漢訳がその源と考えています。

    玄奘法師は、7世紀インドに渡りナーランダ学院で本格的に仏教を学びました。サンスクリット語で書かれた仏典=教科書では、中国のことをチナと呼んでいました。これは初めて中国全土を統一した始皇帝の秦から来たものと思われます。唐に帰国した玄奘は、仏典の漢訳に励み、このチナを支・那と訳しました。

    元来、中国では、固有の”中国”という意識はなく、隋、唐、宋、明等の国号で呼んでいました。太平天国の乱の時の洪秀全のあの有名なスローガンも”滅満興漢”でした。

    中国近代革命の父と呼ばれる孫文は、初めて中国国家という概念を革命理論に持ち込み、最初は支・那という言葉を使用しました。その後、中華という言葉を意識し、興中会なるものを組織しました。

    現在の中国政府系の英字新聞では、たとえば、米中会談をSINOーUS Talking
    と表現し、めったにChinaという単語を使いません。SINOとは支・那のことです。皆さんもよく街中で、SINO TRANS と表示された大きなコンテナがトレラーにひかれて運ばれているのを見かけませんか。SINO TRANSとは中華運輸という意味になるかと。

    中国の方は、会社の名前にほとんどといっていいほど、SINOという言葉を冠とします。SINO=支・那とは中華そのものを指すことばであり、彼らはSINOという言葉に異常なほどまでに、誇りを持っています。CHINAという言葉に、中華という意味は全くないといっていいでしょう。

    ただ、”チャ・ンころ”という言葉は、これは明らかに蔑称かと思います。これは「中国人」を中国語で「ちょんこぉれん」「ちゅんこぉれん」と発音することから、それを耳にした日本人が蔑称の意味で「ちゃん・ころ」と、呼んだものと思われます。

    話は変わりますが。日本のマスコミは、まず満州という言葉を使用しません。代わりに東北三省と言います。中国の方は、外国の方と英語で話をするとき、この東北三省をなんというのでしょうか。ノースイースト スリー プロビンスでは、まず外国人に通用しないかと。

    英国の権威ある百科事典のブリティッシュ エンサイクロピディアにも、マンチューと載っています。
    満州のという意味では、マンチュリアンと言います。昔、ベンチャーズの曲で、マンチュリアン ギターというのがありましたよね。結構流行りましたが。満州人のギターという意味ですが。

    日本人が、満州という言葉をことさら避けるのは、いかがなものかと思いますが・・・

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。 誰が一体決めるのでしょうかね???       忌避語とか禁止語とか・・・      私は、支・那と

  • >>109

    【Re: お互い憎み合う相手が違わないかね?。】
    この意見読んで下さい。底辺の若者は。

  • 【お互い憎み合う相手が違わないかね?。】
    ほとんど反応が無いんで、放り出してしまったこのスレに久しぶりに来て驚いたのは、結束どころかヘイトスピーチの応酬だった。
    「金持ち喧嘩せず」という。格差社会の上層に在って悠然と暮らして居る人々は、鷹揚だからヘイトスピーチなんかやらない。世の中の不平不満分子だろうが、「喧嘩せず」の金持ちが「不平不満分子を作りだしている」のに、不平不満分子の方はそちらを見ない。一万円しか持って無い奴は一億円持って居る奴を嫉まず、二万円の所有者を嫉む。それから「人種差別は『無能力者』の。愛国は『悪党の』最後の拠りどころ」という言葉を思い出して欲しい。何処の国にも善事だけしかやらなかった国なんか無いし、「世界一汚い阿片戦争」に反対した紳士の英国人と賛成の海賊英国人の議会での票差はたった七票だったそうだ。七人だけ英国議会に悪党が多く居たというだけで英国人全部が悪党なわけでは無い。旧日本軍はアジアで蛮行を働いたが、ベトナムでは韓国兵が同じ事をやった。だが、『真の加害者』は、善良な夫、優しい息子であるべき男たちに「義のない戦争」を強いて蛮行の「直接の加害者」に仕立て上げた国家の格差社会の「上層の人間」だと悟るべきだ。

  • 「在日韓国人Bの発言」


     
     いい加減に学習しろよ馬鹿は お前ら(倭・猿)は本物の馬鹿か?
    一体 いつまで賠償・謝罪をすっとぼけるつもりか?犬でも猿
    でも学習すること 早く支払って態度で示せ!

    いつになったら倭・猿共は素直に賠償・学校無償化に従うんだ?
    見て見ぬふりか? ゲンコツでもしてやらないとダメか? マイ
    クの音量が足りないのか? 餌付けが必要なのか?鼓膜破くぐら
    いの音量じゃないと聴覚を刺激しないのか?

     どこの誰がこの陸の孤島に文化を伝来させたか知ってるか?大
    体貴様らが文字をまともに使えるようになったのは誰のおかけだ?
    韓国・朝鮮人を尊敬する謙虚な姿勢を小さいうちから体得しておけ

     朝鮮の文化伝統を素直に学べ尊べ そして謙虚な姿勢で生活に
    受け入れろ その節度ある行動が在日朝鮮人の信頼を勝取る秘訣だ

     これ以上の教えは無い 本当にまったくもって日本は卑しい悲しい
    哀れな民族だな  だからお前達は何をやってもダメなのさ  お前
    達のおじいさんはアジアを侵略して滅茶苦茶にした強盗であり強姦
    魔そのもの  そしてお前らはその子孫
    .
     絶対に帰国などするか この国を内部から徹底的に潰してやるわ 
    こっちは永遠に永久にあんた等の被害者なんたからな 過去にやっ
    たことは絶対に一生涯何をやっても消えないんだよ  

    日本の野蛮行為は先祖代々伝えてく事こそが我々の在日の尊い使命  
    「動物(サル)同然だった日本に、文化を伝えたのは韓国(朝鮮)だ。
     それなのに恩をあだで返して朝鮮を侵略した。だから未来永劫日本
    を許さない」

    在日韓国朝鮮人は犯罪行為を「日本への仕返し」と合理化できる集団

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。 「在日韓国人Bの発言」         いい加減に学習しろよ馬鹿は お前ら(倭・猿)は本物の馬鹿か?

  • 【年収3百万円以下(2千万人)不安定、奴隷的生活者が団結ストをすれば少しは改善か】
    ◇ 資本主義の発展→ 富の集中+ 格差拡大・再生産=世襲階級化
      (ピケテイ、 フランス経済学者、2014)

     ○ 格差の再生産(親から子へ世襲)
     
     ・ 所得と 資産に存在する格差
     
     ・ 教育の格差
        アメリカ名門大学生の親の収入=アメリカの上位2%の収入

     例、 2008年の金融危機= 巨大企業の詐欺的行為によるもの
       (サププライム・ローン証券など)

     例、 シカゴの公立学校は、貧しい地域で予算もなく、良い教師も来ない。
       不平等が継続する背景がある。

     例、 日本の格差

       〇 年収3百万下=43%、うち、世帯主50%、 賞与なし35%

       ○ 労働制度の不公正

         ・年収300万円以下=43%、 年収200万円以下=25%、

         ・非正規+ 正社員と同じ仕事= 41%(世帯主50%)

        〇 社会制度・・ 上位5%の公務員、大企業のための制度


    ◇ 格差。不平等の是正
      
     ○  金融緩和・トリクルダウン(富者から貧者へ金)=誤り(実証済)

     ○ 金融緩和=富裕層へ富集中でなく→ 格差縮小 を

      ・ 高額所得をダウン、低額所得をアップ

      ・ 労働所得の増加をともなう 内需主導型の経済発展を
     
      ・ 労働条件の改善と職の確保の両方を実現する代替案の提示
           

     ○ 低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
        最低時給2千円+ 年収8百万上は減額、を目標
      
     ○ 金融ゲーム(儲けた側の金額=損した側の金額) ← 実態経済を破壊
        1年以内の株譲渡益に50%課税、信用取引の規制

     ○ オランダ=雇保3年超+ 職業教育→ 昇給+通年就業、ワークシェア

     ○ 終身雇用× +定期一括採用×→  通年採用〇+ 同一職務同一賃金

     ○ 人材派遣(×)→人材紹介(〇)、 派遣は専門職だけ

     ○ 職種別収入格差→ 2倍以内でよい、 同じ必要な仕事

     ○ ワーカーズ・コープ= 全員、経営+労働者で 公平感、活性化
     
     ○ 税、社会保険など 一つに → 歳入庁+納税者番号、 所得課税7割まで

     ○ 英才教育より、 貧困による教育格差の是正が必須

     ○ 国内経済 (8割) : グローバル経済(2割、国内生産縮小)
      ・ トリクルダウン(富者→貧者へ金の流れ) 起きない

     ・ バラマキ公共事業、規制緩和、企業減税の市場主義では失敗

     ・ 雇用調整助成金(×) より→ 職業訓練、雇用の流動化(○)を

     ・ 最低賃金・大幅上げ→低生産性企業の廃業+ 雇用の流動化を

     ・ 雇用の流動化= 通年採用+ 同一労働・同一雇用・同一賃金

  • お前ら六等国民が、





    我々二等国民に指図するとは





    生意気な!!





    朝鮮人が自分達を「戦勝国民」であると主張し「朝鮮進駐軍」を名乗って暴力事件を頻発させた。「朝鮮進駐軍」を僭称した朝鮮人が、無賃乗車を駅員に注意されると集団暴行を行った。終戦直後、朝鮮人は当たり前のように、傍若無人に無賃乗車を行っていた。

    朝鮮人が戦勝国民を気取って徒党を組み、治外法権的特権を有するかのように振る舞い、朝鮮進駐軍の腕章をつけて「お前ら六等国民の日本人が我々二等国民である朝鮮進駐軍に指図するとは生意気な!」を常套句に買出しの列車を、日常的に占拠していた。

    一般に朝鮮進駐軍と言ったときは、おおむね1945年昭和20年以後に現在特別永住権を持つ在日一世(朝鮮人・韓国人)、もしくは現在日本に帰化または半島に帰国した朝鮮民族によって作られた犯罪組織を指す。 戦後、日本がポツダム宣言を受け入れると日本各地で、婦女暴行、窃盗、暴行、殺人、略奪、警察署の襲撃、公的機関への襲撃、土地建物の不法占拠、鉄道や飲食店での不法行為等さまざまな朝鮮人による犯罪が多発した。

    自称「戦勝国民」(正しくは戦勝国民ではない)であると主張し、自らを「朝鮮進駐軍」と名乗り各地で徒党組んで暴れ事件を起こした。GHQの資料にあるだけでも最低4000人の日本人市民が朝鮮進駐軍の犠牲となり殺害されたとされている。

    戦後の混乱を利用し、日本刀等の刃物・鈍器以外に多くの銃火器を使用した。銃は三八式歩兵銃や機関銃など盗んだ旧日本軍の武器で武装し組織化を行った。朝鮮進駐軍では旧日本陸軍のパイロットの軍服を好んで着用したが、これは日本兵に対するあてつけとも、日本人(皇民)に対するあてつけとも言わた。

    組織ではいくつかの本部を設けたが、実際は各地域ごとに部隊名をつけその部隊が、個別に日本人を狙った犯罪行為を繰り返しすことが多かった。 朝鮮進駐軍総本部(在日朝鮮人連盟総本部)はのちの在日本朝鮮人連盟。更にこれが在日本大韓民国民団(略称「民団」)と在日本朝鮮人総聯合会に分かれ、これが現在の民団と朝鮮総連となる。

    いまでは考えられないことではあるが、当時はヤクザ(現在の指定暴力団)が朝鮮人から、日本人の生活を守る役割を一部果たしていた。 この当時は朝鮮人の殆どが実名で暮らしており、通名を使用しだすのは朝鮮の姓に対して嫌悪感や犯罪者といったイメージを日本人が抱くようになってからである。ただしこれは、朝鮮人側からはもともと差別があったからとされている。

     市民を狙ったものとして白昼に堂々と集団で婦女子に暴行を加えるなど、多数の犯罪行為を行った。拳銃や刃物で武装しており一般市民は無力であり繰り返し行われることも多かったため被害が拡大した。またGHQの調べでは少なくとも4000人の日本人市民が殺害されており、多い説では1万人以上であったとも言われている。

     略奪・窃盗・密売・土地の強奪等においても組織的に関与していた。一般の露天商からの強奪や農作物・家畜の強奪(利根川水系の牛の強奪などが有名)等、さまざまな方法で集められた商品が朝鮮人によって売買され、その後の朝鮮人社会の資金源として利用されてきた。その他に、戦後土地建物の所有に関する書類の損失や強引な立ち退きにより土地・建物の収奪も相次いだ。

    1945年12月翌1月におきた生田警察署襲撃事件では武装した朝鮮人50人が襲撃し警察署を占拠。翌46年には長崎県警察本部で、在日朝鮮人連盟と名乗る総勢約200名が同署を襲撃して破壊活動を行い、10名に重軽傷を負わせうち1名は死亡にいたらしめた。

    46年には国会議事堂前でも集まった2000人の朝鮮人と応援出動した武装警官358名・進駐軍憲兵20名とが銃撃戦に発展。首謀者は軍事裁判に付され、翌年3月8日に国外追放処分になった。

    第八軍司令官ロバート・アイケルバーガー中将は、正規の大部隊を治安確保のため朝鮮人に対して街中に簡易陣地を設置するなどして配備した。たまりかねたGHQダグラス・マッカーサー最高司令官は「朝鮮人等は戦勝国民に非ず、第三国人なり」と発表するなど、朝鮮人に対する取り締まりにおわれた。 昭和26年に浅草で朝鮮進駐軍と思われる朝鮮人が起こした集団暴力事件では、米兵一名が死亡、二名が負傷した。

    下の漫画は、代表的な左翼漫画“はだしのゲン”の一こま。
    “お前ら六等国民は、座るんじゃねエ! さあー、たて!
    俺たち二等国民がすわるんだあー!“

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。 お前ら六等国民が、       我々二等国民に指図するとは      生意気な!!       朝鮮

  • 見たことありますか???





            ピカソの絵を???





               知ってました?? 





    このピカソ晩年の絵を??





    「ゲルニカ」と並ぶピカソの作品に「朝鮮の虐殺」という作品があちます。この作品の背景にあるのが、1950年から始まった朝鮮戦争において、国連軍占領下にあった「信川(シンチョン」で発生した、住民の4分の1にあたる3万5383人が虐殺されたとされる「信川虐殺事件」なんだそうです。

    加害者については「米軍説」と「韓国人反共主義者集説」があるそうです。この時代、韓国軍と米軍、反共自警団による「北のスパイ狩り」は凄惨を極めました。 もうお分かりですよね。 この事件もまた「在日韓国人の日本密入国の原因になった事件の一つ」なんです。韓国人はみな韓国から逃げたんです。 着の身着まま、命からがらね。  


       
      在日は「本当の韓国人の歴史」に目を背けないで!


     朝鮮半島の「黄海南道信川(sンチョン)郡」では、1950年12月7日に米軍により、火薬庫に母親と子どもを分けて閉じこめ、ガソリンをかけて火を付け、400人の母親と102人の子どもを含む910人が虐殺されたと言います。http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj1999/sinboj99-10/sinboj991018/sinboj99101861.htm  

    でもこれって、「韓国の慰安婦マンガ」でも同じような場面がありましたね。ということは、米軍や韓国軍がやった犯罪行為までもが「日本軍のせい」に置き換えられる工作が組織的におこなわれているということでしょう。この頃の米軍と韓国軍は、「男は皆殺し」、「女は強姦」を組織的にやっていました。 アメリカ軍と韓国軍の犯罪の闇は深そうですね。
     
       
       在日韓国人を生み出したのは韓国軍や米軍ではないのですか?


     在日韓国人は目を開けて、どうかこの作品をしっかり見てください。「在日韓国人1世とは、韓国での虐殺から逃れ、日本に逃げた連中」のことであることを! 「強制連行」という言い訳は、この密入国韓国人たちが、「特別永住資格の不正取得をごまかすためのみじめな言い訳=うそ」でしかないことを! 

    ピカソが描いているのは、韓国人虐殺者と、在日韓国人1世の親族であることを! しっかり歴史を直視してください。そして、「強制連行」というウソを信じてきたこと恥じてください。「歴史の勉強」はまずは事実検証から始めてください。


    パブロ・ピカソ作 「朝鮮の虐殺」(Masacre en Corea 1951)フランス国立ピカソ美術館収蔵  ↓

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。 見たことありますか???               ピカソの絵を???              

  • 今でも援助交・際が必要なんです!! 






              台湾は、日本統治開始後10年で自立財政!!





                 朝鮮半島は最後まで自立できていません!!







    日韓併合前、韓国は財政破綻、国家破産の状態であり、併合によって日本は大変なお荷物を背負わされることになりました。

    1910年の朝鮮半島の歳入は4600万円ですが、日本より1235万も補填しています。日帝三十六年の朝鮮の財政は4600万円から31億へと67倍になり、年平均15~20%が本土からの補助金によって支えられています。これには朝鮮半島の国防費は含まれていません。

    日帝三十六年は日本搾取の時代というのは逆で日本が半島に搾取されていたのです。

     台湾を見ると日本統治開始後10年で自立財政を果たしています。しかし、朝鮮半島は最後まで自立できていません。

     韓国人はこれまで「韓国が有史以来、独立を失ったのは、後にも先にも日帝三十六年の時代だけである。それ以前はずっと独立・主権国家だった」と主張していますがとんでもない嘘っぱちです。668年の統一新羅が唐の属国となって以来、モンゴルの属国となり、明の属国となりました。

    清の時代に入って清の力が強くなっても清に隷属しなかったため、清の皇帝ホンタイジが1637年に朝鮮に大軍を率いて侵入したため朝鮮王は降伏し、清の属国となりました。

    1894年の日清戦争は日本が朝鮮の独立をかけて戦っています。そして大韓帝国として独立しています。下関条約の一条には「清国は朝鮮の独立を承認する」とはっきり書かれています。

     韓国は千年もの間、大陸による属国だったのです。独立さえも日本が清と戦って与えています。現在の大韓民国も連合国が与えた独立です。自分らの力で得たものではありません。

    そのため韓国人には事大主義が根ざし、「自立」意識が希薄になり、他国に依存しなければ生きていけなくなったのだと思います。それは現在でも続いており、1997年の通貨危機には日本からの援助を受けています。

    さらに現在も財政破綻の危機が起こっており、通貨スワップによって日本からの保護を受けています。しかし彼らは感謝せず竹島を不法占拠し、歴史を捏造、歪曲し、反日教育を繰り返しています。

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。 今でも援助交・際が必要なんです!!                   台湾は、日本統治開始後10年

  • 大日本帝国全土を震撼させた!!!





           オウム真理教の原点はここにあった!!!





    白白教(はくはくきょう)とは、日本統治時代の朝鮮に存在したカルト教団である。信者を600人余り殺害し、朝鮮のみならず内地を含む大日本帝国全土を震撼させた。


    1902年(光武6年)、東学の信徒だった全庭云が金剛山で修行を行い、悟りを開いたと称し「白道教」の名で布教活動したのが起源である。

    全庭云は「一定の呪文を口誦し礼拝すれば、無病息災、不老長寿、神仙となり得べし」と説き、一時は一万人の信者を獲得した。全庭云はこれらの信者から金銭を寄附させて自らの生活資金に充てる一方、若い女性信者(約60人)を篭絡して妾にし、酒池肉林の贅沢三昧の生活を送った。

    しかし、このような教祖(白道教では「天父任」と称した)の姿勢に疑問を感じる信者や、全庭云の下から逃げ出そうとする妾が出始めた。全庭云は官憲への発覚を恐れて、これらの殺害を命じ、1916年(大正5年)に妾4人と信者2人を相次いで殺した。

    全庭云は1919年(大正8年)に脳梅毒で死亡した。しかし、これらの殺人事件は1930年(昭和5年)と1932年(昭和7年)に相次いで発覚し、実行犯には懲役10~15年の実刑判決が下り、西大門刑務所等に収監された。これにより白道教は壊滅したかに思われた。

    しかし全庭云の次男で二代目教祖(「第二世大元任」と称した)の全龍海は事件発覚前に逃走し、捜査の目を逃れることに成功した。この全龍海によって教団は「白白教」として復活することになった。


    全龍海は、父親の全庭云同様の酒池肉林生活を送り、大胆にも京城府桜井町(現ソウル特別市中区乙支路4街)に居を構えた。そして自分に異議を唱える信者や性的興味を失った妾を山中に連れ出して殺害、死体を埋めていった。

    白白教事件で教団が日本政府によって壊滅されるまでの間に信者を600人余り殺害するにいたる。


    1937年(昭和12年)2月16日夜、朝鮮京畿道京城府下往十里町(現大韓民国ソウル特別市城東区下往十里洞)で、宗教絡みの乱闘騒ぎが起き、所轄の京畿道警察部東大門警察署が関係者を取り調べたところ、以前に殺人事件を起こして自滅したカルト教団「白道教」が、新たに「白白教」として復活し、京城に根を下ろしている事が発覚した。2月26日、日本政府によって白白教幹部約150人が検挙された。

    東大門警察署は、翌2月17日に京城のアジトを急襲し、信者ら約80人を検挙したが、肝心の「第二世大元任」こと教祖の全龍海を取り逃がしてしまった。その後も、信者の検挙が相次いだが、全龍海は依然行方をくらませていた。



    3月6日、信者のR兄弟が観念し、教団が起こした殺人事件について語り始めた。

    R兄弟の供述によると、「一斉検挙後の2月21日、京畿道楊平郡の自宅に全龍海が現れ、酒食の供応が命じられた。その際、全龍海は自分たち兄弟に預けられていた全龍海の妾3人を別室に呼び出して全員殺害した。その後、穴を掘らされて3人の遺体を埋めた。」という。

    そしてR兄弟の供述通りに3人の遺体が発見され検死が行われた。その結果、「殺しの手際の良さ」などから、追い詰められた挙句の刹那的犯行ではなく、常日頃から常習的に殺人を繰り返していた疑いが強くなった。他の信者を追及したところ、次々と教祖の殺人を供述し始め、捜査官を慄然とさせた。


    全龍海は火田民化した信者の家をアジトにし、各地を転々としたが、関係者が続々検挙されるに及び次第に追い詰められていった。そして3月下旬頃に京畿道楊平郡の山中で自殺し、4月7日に死体が発見された。これにより白白教は事実上壊滅した。

    信者獲得と活動

    教団は「朝鮮は近い将来、大元任(全龍海)の統率の下で独立する。独立の暁には、各々の信者の貢献度に応じて知事や警察署長などの高官に任命する。金のある者は献金し、年頃の娘を持つ者は大元任に差し出せ。」と巧みな言説で布教活動を行った。

    入信した信者は、土地家屋などの全財産を教団に寄進し、若くて美貌の娘は全龍海の妾にされた。そしてしばらくすると、「まだ独立の時機ではないので、暫くは地方で身を隠して待機してほしい」と称して、山間部に追いやって火田民とし、焼畑農業で得た収入をも献金させるなど徹底的な搾取を行った。

    そして「背教者は死をもって罰せられる」と喧伝し、実際に教団の意に背いた信者は、老若男女を問わず殺害していった。

    今の韓国のきチがイじみた親日派狩り、反日狂騒も原点はここにあるかと。

    格差社会底辺の「憂国」の若者は今こそ「左右」を越えて結束せよ。 大日本帝国全土を震撼させた!!!              オウム真理教の原点はここにあった!!!

  • 【見てくれ悪い規格外の野菜果物でも。】
    無農薬自然栽培なら「多くは虫食い」だろうが、中には飛びっきり旨い優良品がある。そういう優良品でも企業中心社会では多くは受け入れて貰えない。そういう野菜果物はそれを分ってくれる者同士で集まって、それを認めてくれる人たちの為の市場を作れば良いのだ。

  • 【不ぞろいな野菜や果物。】
    以前、「衝撃!引きこもり二百万何故出来た!?」というブログを書いた事がある。二日ばかり前「不登校の中学生」のスレッドを見て、そのブログを思い出した。多くの引きこもりやフ不登校の人や子は周囲や親には何と言い募ろうと、内心は自分自身に「罪の意識」を抱えて居ると思うが、ホコテン無差別殺人のような特殊な例なら、本人達の責任だと言えるが(同じ境遇でも事件を起こさない人は無数にいる)「二百万」という半端じゃ無い多くの数となると、やはり本人達の責任ではなく「社会」の責任なのだ。どういう責任か?といえば、不ぞろいや虫食いは売れないからと、スプレーで農薬をかけて「揃い」と「虫食い無し」にしたのが、普通の人や子供で、不ぞろいなのが不登校や引きこもりだが、実は、不ぞろいや虫食いの方がスピレーが掛かって無い自然の味だから旨いし体にも良いのだ。今の家庭や学校教育はスプレー掛け教育をやって居る。底辺に居る若者が必ず無能だとは限らないのを知らない多くの格差社会の上層に居るが、実はその中には規格外の旨い果物や野菜も存在するのを無視されている。

  • 【故井上やすし氏の作品に。】
    「吉里吉里人」というのがある。政府の方針に納得出来ない村人が日本の中に独立国を作る話だ。無気力でないなら山中の放棄部落に集まって、グローバル経済などと無縁の独立国を作るのも良い。集団移住の仲間を募れ!そこが何時か「桃源境」になる。

  • 【無気力だから底辺に居る。】
    上層に居る人間達がそう言って笑って居るのを座視するなら、当然底辺に居る事になる。

  • 【日本を脱出したくないなら。】
    現在の政権政党を変える為に、政権政党の候補者で無い候補者を選ぶ為、選挙に行くだけでなく、職場や仲間との飲み会でも、その投票行動を仲間に訴える。ただ、政治議論ばかり吹っかけると「頭の可笑しい奴」と敬遠されるから程ほどに。

  • 【現状に希望の持てない若者は繰り返し言う。日本を脱出しろ。】
    君たちが一年間「飲まず喰わずで貯蓄しても」百万が良い所。そんなものは今の日本で何の役にも立たない。
    だが、世界にはその百万が一千万分の価値がある国がある。派遣社員仲間でも良い。期間社員同僚でも良い。先ず、一緒に決めて、休日などは集合し、何処かの「国貧しく民豊か」な国の言葉を勉強する。例えば五人で出し合えば五千万だ。それを資金にして、何年後かに、その国に移住し、会社を立ち上げる。日本式温泉旅館だのレストランも良い。出資額や能力に応じてその会社のポジションを決め、共同で現地の人を少し雇用し、後は便所掃除でも皿洗いでも手分けしてその会社を経営する。語学の基礎なら図書館の手引きがある。次に先ず、「この言葉はどう言いますか?」という言葉の現地文字で書き方から覚え、その国に行って紙に書いて、街角で通る人を掴まえ教えて貰えば、簡単な日常会話は覚える。

  • <<
  • 116 96
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア