ここから本文です
  • 「9条ネット」というのは憲法9条護持のための<市民団体>のようなものかと思っていたら、参議院選挙では独自の候補を立てる「政治団体」(・「政党」)だと知って、やや驚いた。日本共産党に対して「協力・共同の協議」を申し入れる2007年5月1日付文書によると、末尾記載の「共同代表」は、つぎの12人だ。

     「伊佐千尋(作家)/
    糸井玲子(平和を実現するキリスト者ネット)
    /伊藤誠(経済学者)/神田香織(講談師)/北野弘久(日本大学名誉教授・税法学者)/國弘正雄(英国エジンバラ大学特任客員教授・元参議院議員)/澤野義一(大阪経済法科大学教授)/
    鈴木伶子(平和を実現するキリスト者ネット事務局代表)/
    土屋公献(元日本弁護士連合会会長)
    藤田恵(徳島県元木頭村村長)/前田知克(弁護士・東京)/矢山有作(元衆議院議員)」。

    ここに名のある「土屋公献」氏とは朝鮮総連本部の建物の移転登記につき総連側の代理人だつた人。
    <慰安婦を考える会>とかの役員をしているらしいくらいだから、九条護持運動くらいは彼にとっては当たり前のことかも。

     週刊文春6/28号によると、「9条ネット」の候補者(予定者)は9名で、天木直人・元外務官僚はその1人だ。他に、「栗原君子(新社会党本部委員長)」という名もある。

     興味深く思ったのは、「九条の会」呼びかけ人の一人である奥平康弘氏(元東京大学社会科学研究所教授/憲法)が「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの驥尾にふして頑張ろうと存じます。よろしく。」とのメッセージを送っていることだ(「9条ネットメッセージ」欄)。

     九条の会は日本共産党のいわば「公認」の運動体なのだが、9人の呼びかけ人は<飾り>として置いておいて(自由な活動を認めつつ)、全国の個々の<九条の会>を実質的に支配する、というのが日本共産党の方針だろうか。

     なお、旧日本社会党の有力ブレインだったと思われる小林直樹氏(元東京大学法学部教授/憲法)も「趣旨は賛成ですが、社、共両党との関係をどうするか、心配ですね。ご健闘を祈ります」とのメッセージを寄せている(同上)。
    http://megalodon.jp/2013-0409-0155-39/akiz-e.iza.ne.jp/blog/entry/204223/

  • <<
  • 18 1
  • >>

  • 『パチンコ店の真実「在日朝鮮人経営が9割」』 




    (参考) youtube『高山正之 戦後の在日蛮行原因を語る』より





    ◆「闇市で儲けて、それからパチンコ(店経営)に走った人が多いんですよ。じゃあ闇市で何をして儲けたかというと 密造した覚醒剤や盗品を売りさばいたり・・・」

    (その1)
    終戦後の第三国人(朝鮮人)どもは本当に酷かった。軍の倉庫を襲撃して来たらしく、歩兵用の銃剣や拳銃で武装し、強盗、強姦、傷害、恐喝、不動産強奪、殺人まであらゆる悪事を重ねていた。

    当時は物不足で、売る方は素人でも出来た。仕入れこそ難しかったのだが、彼等は日本人露天商を襲って商品を奪い、それを警察が黙認して捕まえ無いのだからこりゃあ損のし様が無い。

    (その2)
    警察が襲撃される事も頻繁に有り、署長が叩きのめされたり、捜査主任が手錠をかけられ半殺しにされるぐらいは珍しく無い。

    朝鮮人の襲撃によって同胞の犯人を奪還された「富坂警察署事件」、ついでに警官が殺された「渋谷警察署事件」、朝鮮人と手を組んだ共産党員が大勢で警察署を包囲し外部との通信を遮断、攻城戦に出た「平警察署事件」等、枚挙に暇が無かった。

    (その3)
    朝鮮人達の犯罪は 川崎、浜松、大阪、神戸などが特に酷かった。象徴的事例に、元首相・鳩山一郎氏に対する集団暴行事件がある。


    ◆土地も物資も女性の体も片っ端から奪い放題であった。今、朝鮮人がパチンコ屋や焼肉屋を営業している駅前の一等地は、皆あの時奪われた被害者達の土地だ。


      日本人を恨むマルハン会長、「日本人への恨みは1000年経っても変わらない」

    【パチンコ】 資産3400億円のマルハン会長「植民地支配、日本の政治家はドイツのように周辺国に謝罪すべきだ」


    1945年11月、戦後密航船で日本に渡った韓氏は、パチンコ事業で成功し巨万の富を得た。パチンコ最大手「マルハン・グループ」を率いる韓昌祐(ハン・チャンウ)氏は、現在の総資産は34億ドル(約3400億円)。日本の政治団体、民主党を引き連れる韓国民団の大物だ。

    <朝鮮日報/朝鮮日報日本語版  東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員>


    「 マルハン 」=「日本人を恨む」 「マル」→日の丸 「ハン」→ 恨 ・・・意味だと会長は語る

    マルハンの会長、密入国者の韓昌祐 ↓

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」  『パチンコ店の真実「在日朝鮮人経営が9割」』       (参考) youtube『高山正之 戦後

  • 「尖閣ビデオ映像流出がきっかけ」


    朝日新聞は、
    特定秘密保護法案の可決を受けた12月7日付朝刊1面は「採決、
    自公のみ賛成 欠陥残したまま」。見出しで「欠陥残した」と断
    罪し、本文でも「国民の『知る権利』が大きく損なわれるおそれ
    がある」と定番の批判を重ねた。


    マスコミは「尖閣ビデオ映像流出がきっかけ」と言う。ならば当時、

    マスコミはどう語ったか(2010年11月6日付各紙朝刊)。

    全国紙の社説で「知る権利」を説いたのは産経新聞だけである。



    他紙の社説に「知る権利」の4文字はなかった。朝日社説は冒頭

    「政府の情報管理は、たががはずれているのではないか」と批判。

    こう訴えた。


    「捜査機関の何者かが流出させたのだとしたら、政府や国会の意

    思に反する行為であり、許されない」「外交や防衛、事件捜査な

    ど特定分野では、当面秘匿することがやむをえない情報がある」

    「再発防止のため情報管理の態勢を早急に立て直さなければいけ

    ない」


    毎日も社説でこう訴えた。


    「漏えいを許したことは政府の危機管理のずさんさと情報管理能

    力の欠如を露呈するものである」「政府と国会の意図に反する形

    で一般公開と同じ結果になってしまったことに大きな不安を感じ

    る。この政権の危機管理はどうなっているのか」「国家公務員が

    政権の方針と国会の判断に公然と異を唱えた『倒閣運動』でもあ

    る。由々しき事態である。厳正な調査が必要だ」


    4年前こう書いた新聞が、今やどうだ。政権が代われば、論説姿

    勢は反転。二枚舌を弄して恥じることもない。今さら、彼らに

    「知る権利」や「報道の自由」を語る資格があるのだろうか。

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」 「尖閣ビデオ映像流出がきっかけ」    朝日新聞は、  特定秘密保護法案の可決を受けた12月7日付朝

  • 日本共産党に関わった東京大学文学部卒。不破は物理学卒。
    中野重治(文学部独文学科)。
    三上満(教育学部卒)。
    柳井満。
    宮本顕治。
    平野譲;東京帝国大学文学部社会学科。
    荒正人;佐々木基一を知り、共にマルキシズムの学生運動に熱中した。東京帝国大学英文科卒業。

    本多秋五;佐々木基一を知り、共にマルキシズムの学生運動に熱中した。東京帝国大学英文科卒業。

    林房雄;1919年、第五高等学校に入学してからも小野家の援助を受ける。東京帝国大学法科中退。1930年 - 日本共産党への資金提供を理由に検挙。治安維持法違反で検挙。のち起訴され、豊多摩刑務所に入る。
    1932年 - 転向して出所。鎌倉に転入。『青年』発表。「新潮」で『作家として』で転向を表明。

  • 大江健三郎!

    目立ちガリ屋のノータリン!

    『飼育』『個人的体験』意味不明虚偽文!

    困ったお年寄ですね!

  • フィフィ「もう在日に温情措置する時代じゃない。この国に寄生してうまいとこドリ、感謝もしない、挙句に人権侵害と騒ぐ」



    難民受け入れには賛成だが、その前に生活保護が憲法に違して国民以外に支給されてる現状を見直さなければならない。

    もう当時の在日に対する温情措置する時代じゃないでしょ?彼らの国は先進国を誇ってるんだから。本当に困窮していて、日本に感謝して共生できる外国人だけを選別して受け入れたらいい。

    憲法守れ!私も常にそれを望みますよ。なら安保法案だけでなく、以前から憲法違反である外国人への生活保護支給にも声を上げましょうよ。

    ここが見直されれば随分 国民の血税が有意義に使われると思うんです。遠い未来に声をあげるなら、ぜひ現状にも声をあげて下さい。でなきゃ賛同できませんよ。

    難民受け入れに消極的なのは、いわゆる在日外国人に対するトラウマがあるんですよ。

    この国に寄生してうまいとこドリ、感謝もしない、挙句に人権侵害だ!と騒ぐとかね、お行儀いい外国人にとっても迷惑だし、本当に救うべき人が救えない状況。

    政府はいい加減、制度改革と取り締まり強化した方がいいよ。

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」 フィフィ「もう在日に温情措置する時代じゃない。この国に寄生してうまいとこドリ、感謝もしない、挙句に人

  • 身辺に気をつけてください!!






    「抗議」という名の「暴力」!!






       かくして、気に入らない人間の発言を






    テレビ界から追放することができた!!





    日本が暴力に屈した日



    朝銀をめぐって最初のトラブルが起きたのは1967(昭和42)年のことである。東京在住の総聯商工人で、のちに暴力団員に殺された具次龍氏の脱税容疑で、国税当局は氏の取引先である朝銀の前身、同和信用組合(台東区上野)に資料の提出をもとめた。


    これを契機に総聯は、全国の総聯系在日朝鮮人多住地域の税務署に「抗議行動」をかけた。各地の税務署で業務妨害が発生した。このとき日本政府は、国家公務員たる税務署員にたいする公務執行妨害でこれを取り締まろうとしなかった。国税局と具次龍氏との脱税に関する和解は1976(昭和51)年に成立した。


    私は1967年の「抗議行動」を、第二次世界大戦後、日本が総聯の暴力に屈した恥ずべき日と記録している。ここに紹介したような事例は、いまにいたるまで、あちこちでみられる。



    国税局ぱかりではない。大韓航空機を爆破した金賢姫が、ソウルで初めて記者会見したとき、私はテレビ朝日の夕方の番組に解説者として出演した。キャスターから「金賢姫は北の人間ですか」と問われたので「間違いないものと思う」と私は答えた。



    まだある。当時私は、日本テレビにもよく出演していた。あるとき日本テレビの記者が総聯へ取材をしにいくと「あんな男(つまり私のこと)を使っていると総聯に出入り禁止にする」といわれたという。私はそのことを記者から直接聞いた。



    私は公安当局者をはじめいろいろな人から「身辺に気をつけてください」といわれた。これは日本人が総聯の直接間接の「暴力」をいかに怖がっているかの証拠である。

    だが、総聯を支持する在日朝鮮人はいまや赤ん坊も含めて十万人しかいない。日本人の人口は一億二千万だ。いつまでも総聯を怖がっていれば、「暴力」をちらつかせることによって、十万人が一億二千万人の言論を支配できるということになる。これは日本にとってきわめて深刻な問題ではないか。

    「日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか」 佐藤勝巳 2002年 草思社より

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」 身辺に気をつけてください!!        「抗議」という名の「暴力」!!           かく

  • NPO法人『茨城人権擁護支援会』理事長を逮捕、アルバイト面接にきた女子高生を脅し、デリヘルで売春強要容疑



    茨城県警生活環境課などは26日、売春防止法違反(契約、周旋)の容疑で、NPO法人「茨城人権擁護支援会」理事長で、風俗店経営の鈴木雅也容疑者(61)=茨城県下妻市下木戸=と同法違反(周旋)の容疑で従業員の初沢宗一郎容疑者(22)=同市下妻乙=逮捕し、27日に水戸地検下妻支部に送検した。

    逮捕容疑は昨年12月、茨城県下妻市下木戸の無店舗型風俗店「セレブな愛人アマン」の事務所で、 県立高3年の女子生徒(18)と売春契約を結び、今年2月5日、同市内のホテルで男性客(25)に売春行為をさせたとしている。

    生活環境課によると、鈴木容疑者は昨年12月、風俗店と知らずにアルバイトの面接にきた女子生徒の免許証などをコピーして「家に行くぞ」などと脅し、売春を強要していたとみられる。 女子生徒は昨年12月から、県警に保護される今年2月までの3カ月間に、男性客約60人を相手に売春をさせられていたとみられるという。

    生活環境課によると、風俗店の事務所として使用しているアパートの部屋は、NPO法人の事務所として下妻市に登録されており、電話番号も同一だった。風俗店の送迎用の乗用車には「茨城人権擁護支援会」と書かれたステッカーが搭載されていたという。

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」 NPO法人『茨城人権擁護支援会』理事長を逮捕、アルバイト面接にきた女子高生を脅し、デリヘルで売春強要

  • 【民主党】徳永エリ議員


    「イスラム世界の国々は親日でした。


    安倍首相の資金援助表明がテロ組織を刺激した」




    「テロ組織を刺激」民主・徳永氏、FBで首相の人道支援表明を批判
    民主党の徳永エリ参院議員が21日に自身のフェイスブックで「いくら人道

    支援とはいえ、資金援助を大々的に記者会見でアピールする、テロ組織を刺

    激したことは否めないと私は思います」と記し、

    イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に絡

    んで安倍晋三首相による人道支援表明を批判した。

    徳永氏は「イスラム世界の国々は親日でした。日本は戦争をしない国、世界

    平和への希望の国だったからです」と指摘。さらに「(首相が)なんと言お

    うが、集団的自衛権の行使容認、憲法改正、武器輸出三原則の変更。国際社

    会は日本は変わってしまったと受け止めている」とした。

    投稿は岡田克也代表が21日午後、記者団に「政府の足を引っ張るようなこ

    とになってはいけない」と政府への全面協力を表明した直後に公開された。

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」 【民主党】徳永エリ議員    「イスラム世界の国々は親日でした。    安倍首相の資金援助表明がテロ

  • 韓国広報専門家、ニューヨーク・タイムズに「真珠湾爆撃」の広告を掲載

    2015年04月29日13時31分
    [ⓒ 中央日報日本語版]



    韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大教授が日本の安倍晋三首相の米議会演説に対抗して28日付(現地時間)の米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に「真珠湾爆撃」の広告を掲載した。

    今回の広告はAセクション8面の下段ボックス広告で、「Attack on Pearl Harbor(真珠湾爆撃)」の大きな題名の下に1941年12月7日の日本による米国ハワイ真珠湾爆撃当時の現場写真が背景に挿入されている。

    広告下段には「米国真珠湾爆撃を覚えていますか? このように日本は第2次世界大戦を通じて世界のさまざまな国家に多くの被害をもたらした。特に、日本は世界中でまだ生きていらっしゃる旧日本軍“慰安婦”にまだ謝罪と補償をしていない」と書かれている。

    今回の広告を企画した徐教授は「29日の安倍の米国議会演説を控え、過去の歴史に対する心のこもった反省のない日本の今の姿を世界の人々に広く伝え、世界的な世論を通じて日本政府を圧迫していきたかった」と伝えた。


    昔、基・地・外に刃物
    今、基・地・外にメディア広告

  • ソメイヨシノにまでウリジナルを叫ぶ不幸な国 

    戦後は「日帝の木」だったのに…


    東京ではソメイヨシノが満開だが、また韓国が…


     『江戸いろはかるた』の2番目に「論より証拠」とある。昔からの日本人の「証拠重視思考」が諺(ことわざ)になり、かるたの一句にもなったのだろう。が、隣の国は、科学が発達した今日でも「証拠より論」「証拠より大声」だ。

     東京の桜はいまが真っ盛りだが、日本各地で桜の便りが聞こえてくるころになると、韓国では“ある現象”が起こる。「ソメイヨシノは韓国が発祥の地である」とするウリジナルの叫び声だ。

     ソメイヨシノについては「オオシマザクラとエドヒガンザクラの雑種」とする科学的な結論が出ている。ソメイヨシノは自生することはなく、接ぎ木で育てるしかない。つまり、自生種ではなく、園芸種なのだ。

    ところが、韓国人は、済州(チェジュ)島の自生種である「王桜(ワンボッコ)」=ソメイヨシノとの説を振り回している。

     韓国の新聞が、かつて大いにあおったからだ。

     その後、ソメイヨシノに関する科学的分析結果が出たが、こちらについては韓国の新聞が報じたことがない。

     戦後のソウルでは、桜の木が「悪なる日帝の木」として伐(き)り倒されたが、そんな歴史は消されてしまった。そして、今や「ウリの木であるソメイヨシノ」がやたらに植樹されている。

     「科学的証拠より大声」、そして「嘘も100回言えば…」。国民が国民をだまし、みんなで叫ぶことで「ウリの木であるソメイヨシノ」という新常識を“国民の確信”に高めていく。

    さらに、「樹木の原産地まで日本に盗まれている」と被害者になりきる-まさに<大韓ナチズム>の面目躍如。

     70年前にあった「桜の木の伐り倒し」の歴史を葬り、せいぜい21世紀に入ってから流行し始めた「桜の木の下での行楽」を“ウリの伝統行事”だと言い張る人々がいる。



     米国の公文書には、ベトナム戦争のさい、韓国軍がベトナム人女性を慰安婦とする館(=慰安所)を運営していたと記録されているという事実についても、韓国の新聞・テレビは黙殺を続けているようだ。

     マスコミが「ウリに都合の悪い証拠」は伝えないのだから、その国民は不幸だ。「論より証拠」が成り立つはずもない。

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」 ソメイヨシノにまでウリジナルを叫ぶ不幸な国   戦後は「日帝の木」だったのに…

  •  金正恩第一書記 核兵器を使用する韓国軍事侵攻計画承認

    .



     “朝鮮民主主義人民共和国の指導者金正恩第一書記は、韓国に対する軍事侵攻計画を承認した。それによると、韓国の領土占領には、米国の介入が間に合わなかった場合、7日間かかるとされ、プランは核兵器の使用も含めた速戦即決式の非対称戦争(戦争の形態のひとつで、両交戦者間の軍事力、あるいは戦略または戦術が大幅に異なる戦争)を示唆している。”



     私たちが心配すべきは、北朝鮮の「核兵器の灰」と韓国人戦争難民。それと在日韓国朝鮮人による「日本国内でのテロ」であり、「原発への攻撃」ではないですか? 実際、北朝鮮はもう日本国内での「テロ準備」ぐらいは終えているでしょう。「政府や自民党幹部へのテロ」なんかもありそうな予感。自衛隊や警察の皆様による「準備」はできているのでしょうか? 私たち日本国民の心の準備は?



     「破壊と創造」は常に背中合わせにあります。私は、戦後70年の韓国や北朝鮮の存在を見ていると、かの半島の民族は一度、地図上から「DELETE(消去)」したほうがよいのではないかさえ思えてきます。 戦争は悲惨であり残酷です。



    しかし、今後999年も隣国に不愉快な思いをさせられ続けるのも「悲惨で残酷なこと」に変わりありません。 ましてや日本の子どもたちが「戦犯だの強姦魔の子孫」などと侮辱される続けることは断じてあってはいけません。 この問題は私たちの世代で決着をつけるべきでありませんか? 



     日本の子どもたちの未来を真剣に考えるならば・・・

      反日国家・韓国と韓国人は完全に消えてほしい!

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」  金正恩第一書記 核兵器を使用する韓国軍事侵攻計画承認  .      “朝鮮民主主義人

  • 驚愕だ!!





         責任者が、政府調査の詳しい内容を知らなかった!!






    「証言者の身元がかなりあやふやという印象を持ったわけですね。(身元は)証言内容を判断する上で非常に重要な要素だ」
    「談話の大前提である証言内容がずさんで真実性、信憑性を疑わせるとなると大変な問題だ。人選したのは韓国側であり、信頼関係が揺らいでくる」

    石原元官房副長官も、証言者の大半が身元不明だったことに驚きを隠せない。談話作成の責任者が、政府調査の詳しい内容を知らなかったという事実も驚愕だ。

    そして、16人の自称慰安婦の中に、南鮮側の調査で排除された人物が含まれていたことも判った。挺対協(挺身隊問題対策協議会)が、河野談話発表の半年前に編集した「証言集」から漏れた連中である。(不都合な証言者はかくしてしまえ!!)

    「すでに強制性を認め謝罪に徹する気になっていた河野氏にとって、聞き取り調査は国民向けの形式行事にすぎなかった」

    秦郁彦氏は、この劣悪な聞き取り調査を日本国民向けの単なるアリバイ作りと断言する。河野洋平は初めから謝罪ありきで、証言の精度も信憑性すらも問題外だったのだ。

    「証言者の人選は韓国側が行った。私たちは韓国側を信頼し『反日運動をやっておらず、公正・冷静に自分の過去を語れる人を選んでくれ』と言い、韓国側がそれを約束したから調査に行った。その根っこが揺らぐと何をか言わんやだ」

    太平洋戦争犠牲者遺族会は、前進が70年代に発足した老舗の反日団体。そして、朝日新聞捏造の主犯格・植村隆の義理の母親が共同代表を務めていたことは有名だ。

    植村ママこと梁順任(ヤン・スニム)が2年前に詐欺で摘発されたことから、同遺族会は反日組織から詐欺集団に“昇格”。河野談話の元になった証言者は、犯罪組織の斡旋によるものだったのである。

    【河野談話と朝日捏造が直結】

    信憑性以前の問題だ。犯罪組織が仕込んだトンデモ証言を“決め手”にした官房長官談話。証言者の中に金学順が含まれていたことで、初めて朝日新聞の捏造記事と河野談話がダイレクトリンクした。

    今回の産経スクープに怯えているのは、河野洋平だけではない。嘘に嘘を重ねた朝日新聞も崖っぷちに立たされた。

    下は日本大使館前でありがちな光景  
    自称元慰安婦たちの強烈なシャウティングを聞くことができる。 ↓

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」 驚愕だ!!            責任者が、政府調査の詳しい内容を知らなかった!!        「

  • 【痛快!テキサス親父】韓国は嘘つきの国…


    俺が言っているわけじゃないぜ








    マラーノ氏は、韓国紙の英語サイトを見て驚いた 



     ハ~イ! 日本のみなさん。先日、韓国の新聞社の英語サイトを
    見ていたら、「嘘つきの国」というタイトルの社説があった。よく
    読むと、韓国の犯罪のトップ3が「偽証罪」「名誉毀損(中傷)」
    「詐欺」で、すべてに「嘘」が絡んでいるとし、「韓国=嘘つきの
    国」と指摘していた。俺が言っているわけじゃないぜ。韓国紙がそ
    う書いているんだ。

     気になって日本の友人に調べてもらった。すると、韓国・聯合
    ニュースも昨年8月、「昨年の犯罪件数186万件」「詐欺・性犯
    罪が増加」という記事を配信していた。韓国では2013年、殺人
    や強盗などの凶悪犯罪が減った一方、詐欺と性犯罪は大幅に増加し
    たという。

     韓国警察庁が公表した13年の犯罪統計によると、犯罪発生件数
    は185万7276件で、前年比3・5%増だった。強盗は
    23・4%減、殺人は6・6%減だったが、詐欺は26万9082
    件で14・3%増加し、性犯罪は2万2310件で前年比13・4
    %増えたという。

     ちなみに、日本の犯罪統計資料を見ると、13年の詐欺の認知件
    数は3万8326件(検挙件数1万8534件)だ。韓国の人口は
    約5000万人で、日本(約1億2700万人)の約40%だが、
    何と7倍も詐欺事件が発生している。韓国紙が「嘘つきの国」と自
    虐的に報じたのも、よく分かるぜ。

     韓国系団体は、米カリフォルニア州グレンデール市の公園に慰安
    婦像を設置し、その横に「20万人の女性が」「日本軍に強制的に
    慰安婦にされ」「セックス・スレイブ(性奴隷)として」などと説
    明する碑まで建てた。この像や碑も、日本と日本人を貶める「壮大
    な嘘」じゃないのか?

    ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在
    住のイタリア系米国人。サラリーマンを退職後、動画サイト「ユー
    チューブ」などで連日、評論活動を行っている。

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」 【痛快!テキサス親父】韓国は嘘つきの国…     俺が言っているわけじゃないぜ

  • 日本で、「慰安婦」という言葉が騒がれ始めた
    1980年代より以前から、朝鮮半島では
    軍を慰安する目的で妓生が利用されていた。

    李朝時代にも妓生は、国境守備将兵の慰安婦として
    活用され、国境の六ヶ所の「鎮」や、女真族の出没する
    白頭山付近の四ヶ所の邑に派遣され、将兵の裁縫や
    酒食の相手や夜伽をし、士気を鼓舞したという。

    日韓併合時、幼い少女まで妓生としていた
    朝鮮の習慣を禁止し、日本の公娼制度に
    組み入れた。

    韓国や日本の学者の中には
    朝鮮には娼婦は存在しておらず
    あたかも、この公娼制度に組み入れた事で
    人身売買が発生したなど嘯くが
    ご都合主義の事実隠しにしか過ぎない!

    併合前の1908年に大韓帝国が官妓制度を
    廃止しても、妓生の女性達が普通の職業に
    就ける訳もなく、食うためには私娼になるしかない。

    同じく、
    奴隷制度を廃止したとて奴隷身分の肩書が
    消えただけで、最貧困層に変わりはないのだ。

    立命館大学の論文で、
    リ・ナヨン氏がに指摘しているように
    日本軍慰安婦も、米軍国連軍「洋公主」も
    どちらも、「朝鮮人男性の協力」なしでは
    制度は維持できなかった。

    貧困で、学校にも通っていない少女が
    日本語や総督府の政策を理解できるわけもなく
    彼女達を
    「日本の工場に行けば金が儲かる」
    と騙せたのも、
    慰安所まで連れて行く際に
    「言う事を聞かないと酷い目に遭わせるぞ」
    と脅したりできるのも、朝鮮人同士だからだ。

    学校単位で軍需工場に奉仕活動する「女子挺身隊」を
    慰安婦と混同させたのも、日本の政策を
    漢字で読むことのできない貧困層の女性達を
    騙すテクニックは、自国男性にしか不可能なのだ。

    下は「妓生絵」 ↓

    「たいへんな時代になつてしまいました。みなさんの・・」 日本で、「慰安婦」という言葉が騒がれ始めた 1980年代より以前から、朝鮮半島では 軍を慰安する目的

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア