ここから本文です
  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • <<
  • 28 8
  • >>
  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • 朝日新聞は、職業的嘘つき、精神病でもあったと言われる、吉田清治の売春婦の強制連行があったというデタラメを記事にして、何度もキャンペーンを行った。
    この吉田清治のお蔭で日本は、大変な損害を受けた。
    またこのような朝日のデタラメ情報を真に受けて、韓国はこれから世界的に大恥をかくことになるだろう。
    なんにしてもはっきりしていることは、与太話の発信元の吉田清治が精神病的なウソつきで、かつバカサヨであったということだ。
    事実、朝日新聞や赤旗などのバカサヨ新聞を見ていると、とても事実とは思われないバカげた記事や、政治的主張が平然と行われている。
    バカサヨには、精神病的な、かつ職業的なウソつきが、多数いるということがわかる。

  • <<
  • 28 8
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア