ここから本文です

  • 帝国陸軍の戦陣訓(日本国憲法)抜粋を示す。人類のの参考となれば幸いである。

    世界平和を目標とする、日本皇軍本来の使命から考えて、哀れみ深い心で、占領地の住民を愛し、いたわってやらねばならない。
     戦地において、仮にも酒や女のために魂を失い、または欲心の起こるにまかせて持ち前の正義をなくし、皇軍の威光と信用とを損ない、皇国のために尽くさねばならない大切な一生を駄目にしてはならない。十分に自ら戒め、決して武人としての道を汚さないように努めねばならない
    軍の法律の厳さは、軍人の名誉を高く保たせ、皇軍の威光と信用とを十分に持たそうがためである。歓呼の声に送られて、出征の途に上ったあの日の、堅い決心と熱い感激とを常に思い起こし、はるかに祖国の父母・妻子が自分の身の上を案じている心の中を思い
    、仮にも罪を犯すようなことがあってはならない
    水鳥は飛び立っても、跡の水を濁さない」ということわざがある。さすが日本の軍隊は、勇ましいうえに軍紀が厳粛で、正義の念に厚く、奥ゆかしいという評判を、外国の片田舎にも永久に語り伝えたいものである
     常に自分は、世界を率いて立たねばならぬ大日本帝国の、選ばれた軍人であるという度量を持ち、正しい道を歩み忠節の志に緩みなく、皇国の威光を広く世界に揚げ現さねばならない。
    しかし、そのために外国人に対して高ぶるようなことなく、外国に対する礼儀も大切にしなければならない。
    次は教育勅語を書きたい。

  • <<
  • 22 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
法務省 人権擁護キャンペーンPR
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア
法務省 人権擁護キャンペーンPR