ここから本文です
  • 国連調査「政治介入できない報道・独立機関を、放送法4条、記者クラブ廃止、秘密法の管理運用は独立機関で・・」言論・報道の自由で勧告2016/4

    ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査

    ◇ 国連人権専門家ケイ氏、言論の自由など調査2016/4

      アベ内閣は、当初、調査を延期、 世界で例がない!
      (2016秋の選挙後に延期か、との噂あり)
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必要
      敏感な問題を、メデイアが報道できない

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必要

     (秘密保護法 = 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・ 告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しくなっている

    ・ 政府に批判的な記事の延期、取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、 「政治的に公平であること」 )

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア企業の幹部が政府高官と会う独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ この社会の根幹に係るケイ氏指摘 のマスコミ報道、殆どなし!

    -------------------------------------------------------------------

    ◇ 国連人権理事会、秘密保護法の改廃 を勧告していた
     
    ○ 対象あいまい、「国連自由権規約」 に違反
        
    ○ 国連自由権規約(より上位) > 秘密保護法
      
     条約に反する国内法は、改定、廃止の義務!
       
    (ピレイ国連高等弁務官、2014当時)
    -----------------------------------------------------------------
    ◇アベ政権は戦後最悪 (学者、有識者)
      国民無視、言論・報道・官僚統制、 富集中・格差拡大・・

    ◇ 言論、報道崩壊! (=戦前の軍事独裁政権) (某大新聞)
     ・国連、言論の自由など必要を認め、初めて日本を調査2016/4
       人権理事会ケイ氏、外国人記者クラブで、会見
       「政府に批判的な記事の延期、取消しが起きている」
       「構造的に政府と癒着する記者クラブは、廃止を」
       「メディア横断組織を設立、政府からの独立性の確保を」

    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイア人の認識
      BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰
      NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

      世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
      報道、言論の自由のため活動・NGO国境なき記者団、発表

    ◇ 国家の私物化、 報道の自粛・崩壊
      自律、独立機関= 裁判所、日銀、法制局、報道、学問を
      行政、立法権で、 直接間接・支配 

    ◇ 歴史の私物化= 政権の主観で、客観的な歴史を置き換え

    ◇ TPP=国連人権理事会、参加国に否認を勧告→ 否認を
      TPP条約(上位)>憲法、 企業の各国支配→ 否決を
      まず、条文公開、  ISD条項は、削除必須

    ◇アベ金融、誤: 富集中+ 格差↑非正規除主婦2倍~2015
      30代以上中心、非正規・除主婦4割、2倍、2000~2015
     
      トリクルダウン、富者から貧者へ金: 誤、OECD結論2014
                         (日本で報道なし)
     金融緩和アメリカ: 景気回復+ 富集中+ 格差拡大~2015

    ◇ 年金・株運用→ 高買い、売れずババ掴み→ 損は国民へ
      金融取引ゲーム : 「得した側の金額= 損した側の金額」

  • <<
  • 138 117
  • >>
  • 138(最新)

    hyu***** 11月15日 13:10

    ◇アベ政権は戦後最悪 (学者、有識者)
      国民無視、言論・報道・官僚統制、 富集中・格差拡大・・

    ◇ 言論、報道崩壊! (=戦前の軍事独裁政権) (某大新聞)
     ・国連、言論の自由など必要を認め、初めて日本を調査2016/4
       人権理事会ケイ氏、外国人記者クラブで、会見
       「政府に批判的な記事の延期、取消しが起きている」
       「構造的に政府と癒着する記者クラブは、廃止を」
       「メディア横断組織を設立、政府からの独立性の確保を」

    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイア人の認識
      BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰
      NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

      世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
      報道、言論の自由のため活動・NGO国境なき記者団、発表

    ◇ 国家の私物化、 報道の自粛・崩壊
      自律、独立機関= 裁判所、日銀、法制局、報道、学問を
      行政、立法権で、 直接間接・支配 

    ◇ 歴史の私物化= 政権の主観で、客観的な歴史を置き換え

    ◇ TPP=国連人権理事会、参加国に否認を勧告→ 否認を
      TPP条約(上位)>憲法、 企業の各国支配→ 否決を
      まず、条文公開、  ISD条項は、削除必須

    ◇アベ金融、誤: 富集中+ 格差↑非正規除主婦2倍~2015
      30代以上中心、非正規・除主婦4割、2倍、2000~2015
     
      トリクルダウン、富者から貧者へ金: 誤、OECD結論2014
                         (日本で報道なし)
     金融緩和アメリカ: 景気回復+ 富集中+ 格差拡大~2015

    ◇ 年金・株運用→ 高買い、売れずババ掴み→ 損は国民へ
      金融取引ゲーム : 「得した側の金額= 損した側の金額」

  • ◇すでに洗脳下・日本人=ナチス時ドイツ人、マスコミ・政権一体
      (憲法、政治、思想史学者、海外メデイア、要旨、2016)

     ・独裁下の選挙→ 政権広報のマスコミで、 国民を洗脳

     ・安倍政権は、憲法の条文に『緊急事態条項』 加えるだけ
      あとは、勝手な解釈改憲でどうにでもなる。事実上、独裁!
      (Sさん、憲法学、K大名誉教授、2016、某紙)
     ----------------------------------------------------------
    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイアの認識

    ◇高市総務相、「政権が電波を停止」→民主国家なら即辞職

    ◇アベ政権、NHKに、報道内容を指示 :英タイムズ紙

    ◇BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

    ◇NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

    ◇世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
      報道、言論の自由・NGO国境なき記者団
     ----------------------------------------------------------

    ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査2016/4
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必須

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必須

     (秘密保護法= 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しい状態

    ・ 政府に批判的な記事の取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、政治的に公平であること)

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア幹部が政府高官と会い、独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

  • ◇すでに洗脳下・日本人=ナチス時ドイツ人、マスコミ・政権一体
      (憲法、政治、思想史学者、海外メデイア、要旨、2016)

     ・独裁下の選挙→ 政権広報のマスコミで、 国民を洗脳

     ・安倍政権は、憲法の条文に『緊急事態条項』 加えるだけ
      あとは、勝手な解釈改憲でどうにでもなる。事実上、独裁!
      (Sさん、憲法学、K大名誉教授、2016、某紙)
     ----------------------------------------------------------
    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイアの認識

    ◇高市総務相、「政権が電波を停止」→民主国家なら即辞職

    ◇アベ政権、NHKに、報道内容を指示 :英タイムズ紙

    ◇BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

    ◇NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

    ◇世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
      報道、言論の自由・NGO国境なき記者団
     ----------------------------------------------------------

    ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査2016/4
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必須

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必須

     (秘密保護法= 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しい状態

    ・ 政府に批判的な記事の取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、政治的に公平であること)

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア幹部が政府高官と会い、独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

  • ◇すでに洗脳下・日本人=ナチス時ドイツ人、マスコミ・政権一体
      (憲法、政治、思想史学者、海外メデイア、要旨、2016)

     ・独裁下の選挙→ 政権広報のマスコミで、 国民を洗脳

     ・安倍政権は、憲法の条文に『緊急事態条項』 加えるだけ
      あとは、勝手な解釈改憲でどうにでもなる。事実上、独裁!
      (Sさん、憲法学、K大名誉教授、2016、某紙)
     ----------------------------------------------------------
    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイアの認識

    ◇高市総務相、「政権が電波を停止」→民主国家なら即辞職

    ◇アベ政権、NHKに、報道内容を指示 :英タイムズ紙

    ◇BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

    ◇NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

    ◇世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
      報道、言論の自由・NGO国境なき記者団
     ----------------------------------------------------------

    ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査2016/4
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必須

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必須

     (秘密保護法= 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しい状態

    ・ 政府に批判的な記事の取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、政治的に公平であること)

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア幹部が政府高官と会い、独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

  • ◇すでに洗脳下・日本人=ナチス時ドイツ人、マスコミ・政権一体
      (憲法、政治、思想史学者、海外メデイア、要旨、2016)

     ・独裁下の選挙→ 政権広報のマスコミで、 国民を洗脳

     ・安倍政権は、憲法の条文に『緊急事態条項』 加えるだけ
      あとは、勝手な解釈改憲でどうにでもなる。事実上、独裁!
      (Sさん、憲法学、K大名誉教授、2016、某紙)
     ----------------------------------------------------------
    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイアの認識

    ◇高市総務相、「政権が電波を停止」→民主国家なら即辞職

    ◇アベ政権、NHKに、報道内容を指示 :英タイムズ紙

    ◇BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

    ◇NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

    ◇世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
      報道、言論の自由・NGO国境なき記者団
     ----------------------------------------------------------

    ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査2016/4
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必須

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必須

     (秘密保護法= 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しい状態

    ・ 政府に批判的な記事の取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、政治的に公平であること)

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア幹部が政府高官と会い、独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

  • ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査2016/4
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必須

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必須

     (秘密保護法= 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しい状態

    ・ 政府に批判的な記事の取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、政治的に公平であること)

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア幹部が政府高官と会い、独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ マスコミ報道、殆どなし!

      ----------------------------------------------------------
    ◇すでに洗脳下・日本人=ナチス時ドイツ人、マスコミ・政権一体
      (憲法、政治、思想史学者、海外メデイア、要旨、2016)

     ・独裁下の選挙→ 政権広報のマスコミで、 国民を洗脳

     ・安倍政権は、憲法の条文に『緊急事態条項』 加えるだけ
      あとは、勝手な解釈改憲でどうにでもなる。事実上、独裁!
      (Sさん、憲法学、K大名誉教授、2016、某紙)
     ----------------------------------------------------------
    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイアの認識

    ◇高市総務相、「政権が電波を停止」→民主国家なら即辞職

    ◇アベ政権、NHKに、報道内容を指示 :英タイムズ紙

    ◇BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

    ◇NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

    ◇世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
      報道、言論の自由・NGO国境なき記者団

  • ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査2016/4
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必要
      敏感な問題を、メデイアが報道できない

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必要

     (秘密保護法 = 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・ 告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しくなっている

    ・ 政府に批判的な記事の延期、取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、 「政治的に公平であること」 )

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア企業の幹部が政府高官と会う独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ この社会の根幹に係るケイ氏指摘 のマスコミ報道、殆どなし!

      ----------------------------------------------------------
    ◇すでに洗脳下・日本人=ナチス時ドイツ人、マスコミ・政権一体
      (憲法、政治、思想史学者、海外メデイア、要旨、2016)

     ・独裁下の選挙→ 政権広報のマスコミで、 国民を洗脳

     ・安倍政権は、憲法の条文に『緊急事態条項』 加えるだけ
      あとは、勝手な解釈改憲でどうにでもなる。事実上、独裁!
      (Sさん、憲法学、K大名誉教授、2016、某紙)
     ----------------------------------------------------------
    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイア人の認識

    ◇BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

    ◇NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

    ◇世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
     報道、言論の自由・NGO国境なき記者団、発表

  • ◇すでに洗脳下・日本人=ナチス時ドイツ人、マスコミ・政権一体
      (憲法、政治、思想史学者、海外メデイア、要旨、2016)

     ・独裁下の選挙→ 政権広報のマスコミで、 国民を洗脳

     ・安倍政権は、憲法の条文に『緊急事態条項』 加えるだけ
      あとは、勝手な解釈改憲でどうにでもなる。事実上、独裁!
      (Sさん、憲法学、K大名誉教授、2016、某紙)
    _______________________
    ◇秘密保護法=国連人権理、人権侵害指摘→ 改廃の義務
       「国連・自由権規約」違反   (日本で報道なし)
     秘密の定義、透明性なし、 運用判断ための独立機関が必要
     「政権批判の口封じ」 (半藤一利氏、昭和史)

    ◇集団安保= 違憲立法、国民無視、外国で表明→ 廃止へ

    ◇ 日本人、テロ標的! アベ、中東で対IS連合参加表明より

    ◇国家の私物化、 報道・崩壊、アベ批評なし(海外評)
      自律、独立機関= 裁判所、日銀、法制局、報道、学問を
      行政、立法権で、 直接間接・支配 

    ◇歴史の私物化= 政権の主観で、客観的な歴史を置き換え

    ◇言論、報道崩壊! (=戦前の軍事独裁政権) (某新聞)
       --------------------
    ◇国連人権理、言論の自由など、初めて日本を調査2016/4
      人権理事会ケイ氏、 外国人記者クラブで、会見(一部)
      ・政府に批判的な記事の取消しが起きている
      ・構造的に政府と癒着する記者クラブは、廃止を
      ・メディア横断組織を設立、政府から独立性・確保を
      ・メディア幹部が政権と定期会食、独立性・放棄、ほか

  • ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査2016/4
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必要
      敏感な問題を、メデイアが報道できない

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必要

     (秘密保護法 = 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・ 告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しくなっている

    ・ 政府に批判的な記事の延期、取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、 「政治的に公平であること」 )

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア企業の幹部が政府高官と会う独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ この社会の根幹に係るケイ氏指摘 のマスコミ報道、殆どなし!

      ----------------------------------------------------------
    ◇すでに洗脳下・日本人=ナチス時ドイツ人、マスコミ・政権一体
      (憲法、政治、思想史学者、海外メデイア、要旨、2016)

     ・独裁下の選挙→ 政権広報のマスコミで、 国民を洗脳

     ・安倍政権は、憲法の条文に『緊急事態条項』 加えるだけ
      あとは、勝手な解釈改憲でどうにでもなる。事実上、独裁!
      (Sさん、憲法学、K大名誉教授、2016、某紙)
     ----------------------------------------------------------
    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイア人の認識

    ◇BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

    ◇NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

    ◇世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
      報道、言論の自由の活動・NGO国境なき記者団、発表

  • ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査

    ◇ 国連人権専門家ケイ氏、言論の自由など調査2016/4

      アベ内閣は、当初、調査を延期、 世界で例がない!
      (2016秋の選挙後に延期か、との噂あり)
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必要
      敏感な問題を、メデイアが報道できない

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必要

     (秘密保護法 = 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・ 告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しくなっている

    ・ 政府に批判的な記事の延期、取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、 「政治的に公平であること」 )

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア企業の幹部が政府高官と会う独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ この社会の根幹に係るケイ氏指摘 のマスコミ報道、殆どなし!

  • ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査

    ◇ 国連人権専門家ケイ氏、言論の自由など調査2016/4

      アベ内閣は、当初、調査を延期、 世界で例がない!
      (2016秋の選挙後に延期か、との噂あり)
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必要
      敏感な問題を、メデイアが報道できない

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必要

     (秘密保護法 = 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・ 告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しくなっている

    ・ 政府に批判的な記事の延期、取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、 「政治的に公平であること」 )

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア企業の幹部が政府高官と会う独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ この社会の根幹に係るケイ氏指摘 のマスコミ報道、殆どなし!

  • ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査

    ◇ 国連人権専門家ケイ氏、言論の自由など調査2016/4

      アベ内閣は、当初、調査を延期、 世界で例がない!
      (2016秋の選挙後に延期か、との噂あり)
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必要
      敏感な問題を、メデイアが報道できない

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必要

     (秘密保護法 = 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・ 告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しくなっている

    ・ 政府に批判的な記事の延期、取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、 「政治的に公平であること」 )

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア企業の幹部が政府高官と会う独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ この社会の根幹に係るケイ氏指摘 のマスコミ報道、殆どなし!

  •  国連、言論の自由など必要を認め、初めて日本を調査2016/4
       人権理事会ケイ氏、外国人記者クラブで、会見

       ・ 政府に批判的な記事の取消しが起きている

       ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブは、廃止を

       ・ メディア横断組織を設立、政府からの独立性の確保を

       ・ メデイア幹部が、政権と定期会食、独立性放棄
                             など

    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイア人の認識

      BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

      NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

      世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
          報道、言論の自由のため活動・NGO国境なき記者団、発表

      ・「読売は、日本の人民日報(アベ政権の広報)」、元読売記者、2016/6某サイト

      ・東大総長挨拶、「新聞を疑って読め」→ 読売記事では、「新聞を読め」

  • ◇ 国連、言論の自由など必要を認め、初めて日本を調査2016/4
       人権理事会ケイ氏、外国人記者クラブで、会見

       ・ 政府に批判的な記事の取消しが起きている

       ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブは、廃止を

       ・ メディア横断組織を設立、政府からの独立性の確保を

       ・ メデイア幹部が、政権と定期会食、独立性放棄
                             など

    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイア人の認識

      BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

      NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

      世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
          報道、言論の自由のため活動・NGO国境なき記者団、発表

      ・「読売は、日本の人民日報(アベ政権の広報)」、元読売記者、2016/6某サイト

      ・東大総長挨拶、「新聞を疑って読め」→ 読売記事では、「新聞を読め」

  • ◇ 国連、言論の自由など必要を認め、初めて日本を調査2016/4
       人権理事会ケイ氏、外国人記者クラブで、会見

       ・ 政府に批判的な記事の取消しが起きている

       ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブは、廃止を

       ・ メディア横断組織を設立、政府からの独立性の確保を

       ・ メデイア幹部が、政権と定期会食、独立性放棄
                             など

    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイア人の認識

      BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

      NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

      世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
          報道、言論の自由のため活動・NGO国境なき記者団、発表

      ・「読売は、日本の人民日報(アベ政権の広報)」、元読売記者、2016/6某サイト

      ・東大総長挨拶、「新聞を疑って読め」→ 読売記事では、「新聞を読め」

  • ◇ 国連、言論の自由など必要を認め、初めて日本を調査2016/4
       人権理事会ケイ氏、外国人記者クラブで、会見

       ・ 政府に批判的な記事の取消しが起きている

       ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブは、廃止を

       ・ メディア横断組織を設立、政府からの独立性の確保を

       ・ メデイア幹部が、政権と定期会食、独立性放棄
                             など

    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイア人の認識

      BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

      NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

      世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
          報道、言論の自由のため活動・NGO国境なき記者団、発表

      ・「読売は、日本の人民日報(アベ政権の広報)」、元読売記者、2016/6某サイト

      ・東大総長挨拶、「新聞を疑って読め」→ 読売記事では、「新聞を読め」

  • ◇ 国連、言論の自由など必要を認め、初めて日本を調査2016/4
       人権理事会ケイ氏、外国人記者クラブで、会見

       ・ 政府に批判的な記事の取消しが起きている

       ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブは、廃止を

       ・ メディア横断組織を設立、政府からの独立性の確保を

       ・ メデイア幹部が、政権と定期会食、独立性放棄
                             など

    ◇「マスコミは、アベ政権と一体」 : 外国メデイア人の認識

      BBC: スタッフと政権側、お茶など同席なし、すれば懲罰

      NY.タイムズ: 政権と直接インタビューなし、距離を置く

      世界報道自由度 : 11位、M党政権→ 72位、アベ政権
          報道、言論の自由のため活動・NGO国境なき記者団、発表

      ・「読売は、日本の人民日報(アベ政権の広報)」、元読売記者、2016/6某サイト

      ・東大総長挨拶、「新聞を疑って読め」→ 読売記事では、「新聞を読め」

  • ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査

    ◇ 国連人権専門家ケイ氏、言論の自由など調査2016/4

      アベ内閣は、当初、調査を延期、 世界で例がない!
      (2016秋の選挙後に延期か、との噂あり)
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必要
      敏感な問題を、メデイアが報道できない

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必要

     (秘密保護法 = 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・ 告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しくなっている

    ・ 政府に批判的な記事の延期、取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、 「政治的に公平であること」 )

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア企業の幹部が政府高官と会う独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ この社会の根幹に係るケイ氏指摘 のマスコミ報道、殆どなし!

  • ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査

    ◇ 国連人権専門家ケイ氏、言論の自由など調査2016/4

      アベ内閣は、当初、調査を延期、 世界で例がない!
      (2016秋の選挙後に延期か、との噂あり)
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必要
      敏感な問題を、メデイアが報道できない

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必要

     (秘密保護法 = 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・ 告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しくなっている

    ・ 政府に批判的な記事の延期、取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、 「政治的に公平であること」 )

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア企業の幹部が政府高官と会う独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ この社会の根幹に係るケイ氏指摘 のマスコミ報道、殆どなし!

  • ◇ 言論、表現の自由で、初めて、国連が日本を調査

    ◇ 国連人権専門家ケイ氏、言論の自由など調査2016/4

      アベ内閣は、当初、調査を延期、 世界で例がない!
      (2016秋の選挙後に延期か、との噂あり)
     
    ◇ ケイ氏、暫定結果を、外国人記者クラブで発表、要旨

    ・ 特定秘密保護法で、報道は萎縮 → 改正を
      秘密の定義が幅広い、透明性の高い規制が必要
      敏感な問題を、メデイアが報道できない

    ・ 秘密内容の運用判断 のため、独立機関が必要

     (秘密保護法 = 政権批判の口封じ、KH氏、昭和史)

    ・ 公益通報者保護法・・ 告発者保護が、非常に弱い

    ・ 報道の役割は、権力監視、ここ数年、難しくなっている

    ・ 政府に批判的な記事の延期、取消し が起きている

    ・ 放送法4条は、政府の介入を許す危険 → 廃止を
      (放送法4条、 「政治的に公平であること」 )

    ・ 放送法の認可、監督は、政府でなく、独立機関で

    ・ メディア企業の幹部が政府高官と会う独立性・放棄

    ・ 構造的に政府と癒着する記者クラブの廃止を

    ・ メディア横断組織を設立、 政府から独立性を確保

    ・ 自民・憲法改正草案・・言論の自由を弱体化、方向が逆
      多様な意見を許容する社会をつくるべき

    ・ 歴史教科書検定・・検定に政治が影響、事実にそう内容に

    ◇ この社会の根幹に係るケイ氏指摘 のマスコミ報道、殆どなし!

  • <<
  • 138 117
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
法務省 人権擁護キャンペーンPR
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア
法務省 人権擁護キャンペーンPR