ここから本文です
  • <<
  • 16 1
  • >>
  • 日章旗、日の丸の関わった話、知ってる話は終わります。
    もうありません。
    戦後70年、日本は敗戦国として多くの賠償、反省、お詫びをしてきましたよね。この70年をひとつの区切りとした日本ですが
    これからがホントに国旗を家にも心にも掲揚しなくてはいけないなと思うんですよね。学校でも国旗はもとより、「君が代」すら唱いません、唱ってはいけない。これが戦争につながるためだと教えられました。もうこんな考えは今となっては納得できません。これでは日本が沈んでしまうとホントーに思うからです。

  • >>14

    >写真には沢山の日の丸が写っています。古い写真なのでよくわかりませんが皆笑顔で撮影されてます。

    日本国民が沢山の日の丸を振る姿は、正月に皇居へ行けば見られます。

    昔ヵら変わらない実に壮観な景色です! 
    日本人でいてよかった、日本人は皆つながってると、ほんとうに実感し、感激する時間になることは保証します!

    日頃は、核家族化や個人主義の浸透で孤独になりがちな若い人も、沢山の日の丸を振る人びとの姿を見れば、人気歌手のコンサートでの熱狂と違った心に染みる一体感を味わえます!

    >来月23日は実家では綺麗な日章旗が上がります。

    今月12日も日本国の祝日です!

  • >大好きなこの国に生まれてよかった。でもこの国は祝日にも国旗掲揚がありません。聞くところ昔はお役所関係、教育関係など、祝日には『日の丸』を掲げていたらしい。どうして今は見当たらないのか不思議でなりません。

    少なくとも我が街の警察署や消防署には一年中 国旗が掲揚されています!

    滅多に行かない市役所庁舎の屋上に国旗が掲揚されていたかどうか、記憶は定かではありませんが、役所関係、教育関係などで祝日に『日の丸』が掲揚されないか不思議がる前に、まずあなたが率先して掲揚してください!

    日の丸は誰かのために上げるものではありません! 
    自分の心の安寧のために掲揚するものです! 
    自分は『日の丸』を上げることで、何の変哲もない日常の世界が、その日だけは特別な時間が流れ、自分がその中で平穏に暮らせる幸せと親、地域、会社、そして日本に対する感謝の念と一体感が生まれてきます!

    それこそが、国旗を揚げる意味だと思います!
    祝日ぐらい自己中心で生きている時間と自分を取り巻く周囲を考える心の余裕が日本人にはなくなってるように思いますな!

  • 9月の5連休には国旗を揚げようかと爺の提案で国旗を引っぱりだしたのですが、シミと変色で変わりはてていたんですよね。これじゃ陛下に申し訳ないからやめた!と、この話はこれでおわりました。
    ちょっと気がついたのだけれど、最近のデモで国旗揚げてる人っていたかしら?憲法9条どうのこうのとプラカード観たんだけど、何万人もいて国旗すら見えないなんてへんですよね。
    日本の国旗を靴で汚して火をつけたりする人々やそれらの国を擁護する政党や組織も団体も、ぜったいに許すことができません。
    愛国心もない人たちのデモはデモではなく暴動、反乱だとおもいます。いまさら思いついて気分わるくなってきた。
    日本国民を惑わせたり騒がしている人たちは社会の害ですからどんどん逮捕してほしい!
    そんなに不満あるならこの国から出て行けといいたいの。

  • あたしがちょくちょくと立ち寄ってるスレの読解力MAXさんが国歌『君が代』を解説くださいました。転用します。

    >>>>
    【君が代】
    君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで
    【現代語訳】
    あなたのいるこの幸せな世界が 永遠に続きますように 今は小さい石が集まって やがて大きな石の塊にまでなって さらにそれに苔が覆い尽くすようになっても
    愛しいあなたよ あなたを愛する気持ちは 例えるなら小さい石が集まり やがて大きな岩の塊となり さらにそれに苔が覆い尽くすように 何千年も 何万年も 変わらないでしょう

    君が代=天皇との誤解している日本人も多いが、愛しい人=家族、恋人、友人など大切な人。<<<<


    本当に和の国『日本』にふさわしい歌ですね!

  • >>9

    あなたの文面に深い教養を感じます、ほんとうに嬉しいです あなたが男はんかおなごはんかわかりませんけどどちらにしてもほんまもんの男でありほんまもんのおなごはんです、
    私の仕事場の横を流れる川辺にオシロイバナが姿をみせてます 日本人に生まれてよかったなあ
                    みなさん、おやすみなさい

  • >>8

    価値と言うものは永遠です。時移り、時代が変わるとも変わらない価値があります。我々の心の中にそれはしっかり伝承されていきます。

  • >>5

    国旗や国歌の意義を認めてくださる方々に乾杯 ありがとうございます 中秋の名月のように清々しい
    気持ちになれました、ボクの住まいする京都では今金木犀の香りが漂いはじめ美しい秋に突入です。
                       みなさん おやすみなさい

  • >>2

    みなさんのおっしゃるとうりだとおもいます。世界中国旗を掲げているのに、日本は国旗も掲げられないなんて、やっぱりへんですよね。国旗もそうですが、国歌も大事ですよね、あたしは日本の国歌ってすごく旋律がシンプルなのに厳かで神聖な印象を感じてしまう。国歌が流れると気持ちが清くなる気がします。国旗掲揚が戦争だと感じさせる教えってやっぱり、どう考えてもおかしい。へんですね。

  • 移民の国 米国では、星条旗は、合衆国を構成する国民の一人であることの幸せと自分がその構成員であることを再認識するシンボルでもあるわけだ!

    共産党一党独裁の国では、五星紅旗は、共産党に人民は絶対服従しなけれならないとのシンボル!
    ほとんどの国では、国旗は一定の意図をもって人工的に作られたシンボルですな!

    しかし日の丸国旗はおよそ1400年前の大化の改新の頃から自然発生的に使われている天皇を中心にした律令国家日本を表すシンボルで、軍国主義の象徴でも、右翼のシンボルでもない!
    それを日教組を中心とするバカどもは、日の丸国旗の掲揚に馬鹿げた意味付けを行い、国旗掲揚のセレモニーを拒否し、狂った教師の実態を子供に見せつけてきたわけだ!

    ま、日の丸国旗や国歌は、天皇を精神的な支柱とした日本の自然な発露であって、個人が祝日に日の丸を掲げることをとやかく言われる筋合いはない!
    堂々と掲げればいい!
    しかし日の丸を掲げると、実にすがすがしい感じで、日本人に生まれた幸せを実感しますわ!

  • 時代は変わったね。昔は上げている家を見たけど今は無い。もっとも上げている家の主人は戦前生まれの人がほとんどだったと思う。戦後生まれにそのような心は無いようですね。国旗も国家もどうでもいいと言う戦後世代が多い。これが敗戦国の情けなさです。洗脳による敗戦史観がこのような文化を形成しました。しかし自国の国旗、国歌に誇りを持てない国民はまともな先進国からは評価されることも信用されることも絶対にありません。いくら、敗戦史観にどっぷり浸かり洗脳されたとはいへ、せめて、この事実くらいは知っておくべきでしょう。さらに、そのような若者の偏向歴史教育に大変な情熱をそそいで洗脳の先導的役割を果たした日教組というとんでもない左翼集団組織の特異な貢献ぶりも知っておくべきでしょう。戦後日本をだめにした巨大集団の代表の一つです。

  • >>1

    VIVさんのおっしゃるとおりです日本の国の一部の人たちで国旗を否定する輩がいるのです それは主に
    日本のマスメディアです 国旗や国歌を話題にあげるとすぐに戦争やとガーガーとわめきちらします
    こういったメディアの亡国思想が国民を洗脳してしまったのかも。どんな時でも日本人に生まれた喜びをわすれずこの美しい山河を愛さなければなりません、そして何が大切なのか 何が肝心なのか
    自分自身で判断しおかしな言論に左右されることなく 国にいったん事がおきれば国民は日の丸の下へ
    集まらなければなりません、日の丸は日本の印なのですから。
    国民は自分勝手になにしてもいいわけではないのです。   花も実もある大和男

並べ替え:
古い順
新しい順
法務省 人権擁護キャンペーンPR
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア
法務省 人権擁護キャンペーンPR