ここから本文です
  • もしかすると、生命倫理?旧タイプの人権擁護思想が患者さんを虐待してる?

    人権派・倫理派は基本的に生命操作に反対してるように思えるのだが
    生命操作が自由に出来なければ十分なデーターが入手できないのは現実
    十分なデータが無ければ当然ながら、治療法の研究は極めて困難

    近視のヒトからメガネを奪い取って捨ててしまうのは虐待だろう。
    (思いやりの気持ちで手を曳いてやっても虐待には違いない)

    虫歯治療で充填した歯の詰め物を抉り出すのも虐待だろう。
    (思いやりの気持ちで粥を作っても虐待には違いない)

    生命操作等の前衛的研究を全面的に禁止して、治療法開発の足を引っ張るのは?
    世の中に病気は多く、事故の後遺症も多く、障害に苦しむ者も多いのだが
    治療法開発が遅れれば苦しみが長引き、命を落とす者も少なくない

    どう考えても、患者さん(障害者)を虐待する行為(有害善)では?

    人権派・倫理派は患者さん(障害者)を虐待しているのでは???

  • <<
  • 28 6
  • >>
  • <<
  • 28 6
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア