ここから本文です
  • 1

    *****

    日本経済新聞 2012-12-27

     自民、公明両党の連立による第2次安倍晋三内閣が26日夜、発足した。自公両党の政権復帰は2009年9月に退陣した麻生内閣以来、約3年3カ月ぶり。安倍氏の首相就任は前回の06年9月以来2度目となる。首相は首相官邸での就任後初の記者会見で「政権に課せられた使命はまず強い経済を取り戻すことだ」と述べ、金融・財政政策と成長戦略を総動員して景気回復をめざす考えを表明した。

     首相は会見で「危機突破内閣を組織した」と説明。全閣僚に経済再生と東日本大震災からの復興、危機管理の3点に全力で取り組むよう指示したことを明らかにした。経済再生では「内閣の総力をあげて大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の三本の矢で力強く経済政策を進めて結果を出す」と強調。

     首相は政府が憲法解釈で禁じている集団的自衛権の行使について、前回の第1次安倍内閣で設置した「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の有識者から再び意見を聴取して検討を始めると表明。「内閣をあげて外交・安全保障体制の強化に取り組む」として日本版NSC(国家安全保障会議)の設置をめざすと強調した。

     環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加については「十分な情報を分析してから総合的に検討していきたい」と語った。社会保障と税の一体改革に関しては、自民、公明、民主の3党合意を踏まえて対応する考えを改めて強調。インターネットを活用した選挙活動については来年夏の参院選までに解禁をめざす意向を示した。

     首相は同日午後の衆参両院本会議の首相指名選挙で選出された後、直ちに官邸入りし、18人の閣僚を任命した。同日夜の皇居での首相の親任式、閣僚の認証式を経て内閣は正式に発足した。

     内閣・党役員人事では来夏の参院選をにらみ党人事で清新さをアピールする一方、閣内は安定感を重視し、枢要ポストに有力者や政策に詳しい議員を多く配置した。首相は経済再生を最優先課題に掲げており、実績を重ねて景気浮揚を実現し、参院選で自公両党で過半数を確保したい考え。金融政策を担う日銀にも一段の金融緩和を求めている。

    ***************************

    閣僚の顔ぶれを見ると、それぞれ担当の分野に精通した専門的知見の持ち主を配しており、極めて重厚な内閣だ。是非とも日本再興に尽力して欲しいものである。期待を込めて注視したい。

  • <<
  • 1655 1636
  • >>
  • 1655(最新)

    hh1***** 1月20日 20:20

    安倍総理のメッセージ(平成29年1月20日2017年)
    「次なる70年を見据えながら、皆さん、もう一度スタートラインに立って、共に、新しい国創りを進めていこうではありませんか。」
    世界の真ん中で輝く国創り
    力強く成長し続ける国創り
    安全・安心の国創り
    一億総活躍の国創り
    子どもたちが夢に向かって頑張れる国創り

  • 確率が高いと言われている茨城県千葉県神奈川県
    ......,,,,,............今年も来年も
    ............東北も関東も東海も南海も
    ........災害や地震が起きませんように!
    .......,,,,...............2017年
     巨大地震・巨大津波が起こりませんように。
     天変地異がおこりませんように。
     災害が起きても一人の犠牲者も出ませんように。
     巨大噴火も災害が起こりませんように。
    ..........,,,.......,,,...2018年

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年1月16日2017年)
     安倍政権、5年目の外交は、
アジア太平洋からスタートします。
     この地域にしっかりと軸足を置きながら、地球儀を俯瞰する視点で、積極的な外交を展開する。今回訪問した国は、いずれも、太平洋という「開かれた海」を共有し、基本的な価値を共有する、重要な隣国ばかりであります。
    法の支配の貫徹。
 ASEANの、更なる統合、発展、安定。自由で、公正な市場の創出。
     共に力を合わせ、共に「未来」を拓く。この地域の平和と繁栄のため、日本は、これからも、強いリーダーシップを発揮していく決意であります。

    *****
    (今回訪問)
    フィリピン、オーストラリア、インドネシア、ベトナム

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年1月15日2017年)
     ASEANの大国インドネシアは、若い人たちの活力に溢れ、天然資源にも恵まれ、日本と古くから深い絆で結ばれています。
     緑豊かなボゴール宮殿にお招きいただき、向かう沿道で地域の人々や子供達から歓迎していただき、感激しました。ジョコ大統領とは、二国間関係、地域・国際情勢について、じっくりと話し合いました。共に海洋国家として、海洋分野などでの協力を深めることで一致しました。
     日本語を学ぶ若者たち、日本の大学に留学をした元留学生の皆さんと話をする機会もありました。こうした方々の存在は、日本にとって大きな財産です。両国の架け橋として、また、ビジネスにおいても、日本語人材が一層活躍していただけることを期待しています。
    ・・・・・Bukan hanya itu saja, saya berkesempatan untuk berbincang dengan para remaja yang sedang belajar bahasa Jepang dan mantan pelajar Indonesia yang pernah belajar di Jepang. Menurut saya, mereka mempunayi peranan yang penting bagi Jepang.Saya berharap ke depannya mereka yang dapat berbicara bahasa Jepang akan semakin sukses di bidang bisnis dan dapat berperan sebagai jembatan bagi hubungan kedua negara.

    *****
    こうした方々の存在は、日本にとって大きな財産です。
    Menurut saya, mereka mempunayi peranan yang penting bagi Jepang.

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年1月14日2017年)
     日本と豪州は、「特別な戦略的パートナー」です。
     ターンブル首相に、地元のシドニーにお招きいただき、温かいおもてなしをいただきました。静かな環境の中でじっくりと話し合うことができ、個人的な信頼関係がさらに深まったと感じています。
     世界的に政治・安全保障・経済面での不確実性・不透明性が増す中、自由で開かれた、法に基づく国際秩序を守り、より強固にしていく。そのことの重要性を共有しました。

    *****
     信頼関係 > 不確実性・不透明性

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年1月13日2017年)
     ダバオは、ドゥテルテ大統領が40年近い年月を捧げて、その発展に尽くした故郷です。夫婦でご自宅での朝食にお招きいただき、リラックスした時間を過ごしました。
     ダバオは、フィリピンの中でも、特に日本に対する親近感を強く持っていただいている町であることを感じました。日系人教育のために開かれたインターナショナルスクールでは、子供たちが「小さな世界」を日本語で歌って大歓迎してくれて、感激しました。参観した日本語の授業の先生はユーモアたっぷりで、学生たちも楽しそうに日本語を勉強していました。
    ・・・・・I found Davao to be a city in which friendly feelings towards Japan are especially strong.・・・・・

    *****
    ダバオは、フィリピンの中でも、特に日本に対する親近感を強く持っていただいている町であることを感じました。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年1月13日2017年)
     今年最初の外国訪問先は、ASEANの議長国を務めるフィリピンです。日比両国は、基本的価値や戦略的利益を共有するパートナーです。この地域の安定と繁栄のために、共に手を携えて協力していきます。
     明日は、ドゥテルテ大統領のお招きで、地元ダバオを外国首脳として初めて訪問します。両国の友好の絆を一層深めることを楽しみにしています。

    *****
    日本もフィリピンもアセアンも
     何と云つても安定と繁栄!

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年1月11日2017年)
    「代々受け継いだ思い出のあるこの土地で復興したい」
    「ピンチをチャンスに、町の復興に尽力したい」
    「若者が夢や希望を持って糸魚川で活躍したいと思えるような地域づくりをお願いしたい」
     歴史ある建物、生業や生活の拠点が焼け落ちてしまった糸魚川の現場に立ち、被災された方々の切実な、しかし前向きな声を伺いました。一日も早い再建に向けて、「できることはすべてやる」という考え方で支援していきます。同時に、被災以前よりも賑わう、より良いまちをつくる。そういう希望を持って前に進んでいけるよう、国・県・市が一体となって、まちづくりを進めてまいります。

    *****
     前向きな姿勢◎
     ピンチをチャンスに!

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年1月4日2017年)
     伊勢神宮で迎えてくれたのは、ボーイスカウト、ガールスカウトの皆さんの笑顔でした。1年分の元気をいただきました。日本中がワクワク感に溢れる年になるよう、今年も頑張ります!

    *****
     今年:酉(とり)年は、株価が乱高下する年だと言われている。

  • 安倍総理のメッセージ(平成29年1月1日2017年)
     あけましておめでとうございます。
     今年が皆様にとりまして、そして日本国にとりまして、素晴らしい年になりますことを心から祈念いたしております。
     私も、今年一年全力を挙げて参ります。

    *****
     2013年 日本国が完全に主権を回復
     2014年 2015年 2016年 新たな国づくりの基礎固め
     2017年〜新たな国づくり(気概)

  • ......,,,,,............今年も来年も
    ............東北も関東も東海も南海も
    ........災害や地震が起きませんように!
    .......,,,,...............2017年
     巨大地震・巨大津波が起こりませんように。
     天変地異がおこりませんように。
     災害が起きても一人の犠牲者も出ませんように。
     巨大噴火も災害が起こりませんように。
    ..........,,,.......,,,...2018年

  • 安倍総理の年頭所感 (平成29年1月1日2017年)2/2

     そして、子どもたちこそ、我が国の未来そのもの。子どもたちの誰もが、家庭の事情に関わらず、未来に希望を持ち、それぞれの夢に向かって頑張ることができる。そういう日本を創り上げてまいります。
     私たちの未来は、他人から与えられるものではありません。私たち日本人が、自らの手で、自らの未来を切り拓いていく。その気概が、今こそ、求められています。
     2020年、さらにその先の未来を見据えながら、本年、安倍内閣は、国民の皆様と共に、新たな国づくりを本格的に始動します。この国の未来を拓く一年とする。そのことを、この節目の年の年頭にあたり、強く決意しております。
     最後に、本年が、国民の皆様一人ひとりにとって、実り多き、素晴らしい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
     . 平成二十九年一月一日

     . 内閣総理大臣 安倍 晋三

  • 安倍総理の年頭所感(平成29年1月1日2017年)1/2

     あけましておめでとうございます。
     「わが国の たちなほり来し 年々に
 あけぼのすぎの 木はのびにけり」
     30年前の新春、昭和62年の歌会始における昭和天皇の御製です。
     戦後、見渡す限りの焼け野原の中から、我が国は見事に復興を遂げました。昭和天皇がその歩みに思いを馳せたこの年、日本は、そして世界は、既に大きな転換期に差し掛かっていました。
     出生数が戦後最低を記録します。経済はバブル景気に沸きましたが、それは、長いデフレの序章となりました。世界では、米ソが中距離核戦力の全廃に合意し、冷戦が終わりを告げようとしていました。
     あれから四半世紀の時を経て、急速に進む少子高齢化、こびりついたデフレマインド、厳しさを増す安全保障環境。我が国が直面する、こうした課題に、安倍内閣は、この4年間、全力を挙げて取り組んでまいりました。
     私たちが政権を奪還する前、「日本はもはや成長できない」、「日本は黄昏を迎えている」といった、未来への不安を煽る悲観論すらありました。
     しかし、決して諦めてはならない。強い意志を持ち、努力を重ねれば、未来は、必ずや変えることができる。安倍内閣は、さらに未来への挑戦を続けてまいります。
     本年は、日本国憲法施行70年の節目の年にあたります。
     「歴史未曽有の敗戦により、帝都の大半が焼け野原と化して、数万の寡婦と孤児の涙が乾く暇なき今日、如何にして『希望の光』を彼らに与えることができるか・・・」
     現行憲法制定にあたり、芦田均元総理はこう訴えました。そして、先人たちは、廃墟と窮乏の中から、敢然と立ち上がり、世界第三位の経済大国、世界に誇る自由で民主的な国を、未来を生きる私たちのため、創り上げてくれました。
     今を生きる私たちもまた、直面する諸課題に真正面から立ち向かい、未来に不安を感じている、私たちの子や孫、未来を生きる世代に「希望の光」を与えなければならない。未来への責任を果たさなければなりません。
     女性も男性も、お年寄りも若者も、障害や難病のある方も、一度失敗を経験した人も、誰もが、その能力を発揮できる一億総活躍社会を創り上げ、日本経済の新たな成長軌道を描く。
     激変する国際情勢の荒波の中にあって、積極的平和主義の旗をさらに高く掲げ、日本を、世界の真ん中で輝かせる。

  • 安倍総理のメッセージ(平成28年12月28日2016年)
     パールハーバーから75年。オバマ大統領と最後の首脳会談を行いました。
     共にアリゾナ記念館で、戦死した兵士たちに哀悼の意を表し、兵士たちが眠る海に花を投じました。
     かつて激しく戦った日米両国は、和解の力によって、今日、希望の同盟となりました。パールハーバーの地が、和解の象徴として記憶され続けることを願ってやみません。

    *****
     沖縄の基地問題もそうだけれど、戦争も選挙も対戦相手もそうだ。だいたいが、賛成55反対45くらいだ。
     その人たちと戦争をしている訳ではない、戦争には反対だが戦争を終わらせるために戦争せざるを得ない、その国のC派とではなくE派と戦争をする・・・とか、反対55賛成45くらいだ。(その地域・国全部 と 戦争する馬鹿は居ない。)
     希望の同盟と和解については賛成99。

  •  茨城県あたりが揺れているようだ。
      東北も関東も東海も南海も
     災害や地震が起きませんように!
           2016年
     巨大地震・巨大津波が起こりませんように。
     天変地異がおこりませんように。
     災害が起きても一人の犠牲者も出ませんように。
     巨大噴火も災害が起こりませんように。
           2017年

  • 安倍総理のメッセージ(平成28年12月27日2016年)
     ハワイ在住の日系人の皆様1,000人余りの方との盛大な夕食会が開催されました。日系人の皆様が日米の架け橋として、大きな役割を果たしてきていただいたことに日本の総理大臣として感謝の意を表しました。

    *****
     ハワイは、昔から(アメリカ合衆国になる前から)日本との関係が深かった特別なところです。

  • 安倍総理のメッセージ(平成28年12月27日2016年)
     日本国総理大臣として国立太平洋記念墓地(パンチボウル)で献花を行い哀悼の誠を捧げました。

    *****
     ハワイ オアフ島の国立太平洋記念墓地には、第二次世界大戦のイタリア最前線で戦死した日系二世の英霊も眠っている。

  • 安倍総理のメッセージ(平成28年12月26日2016年)
     今からハワイに向けて出発します。
     二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。真珠湾では、その決意を示し、日米の和解の価値を世界に発信したいと思います。
     オバマ大統領との首脳会談では、4年間を総括し、共に築き上げて来た、揺るぎない日米同盟の姿を世界

    *****
     二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。・・・昔の日米、今のシリア等々

  • 安倍総理のメッセージ(平成28年12月26日2016年)
    「日本らしさが一杯詰まっていたミッションに、日本の宇宙飛行士として参加できて誇らしかった。」
     フィリピンは、日本の実験棟「きぼう」からの衛星放出によって、初の国産衛星を宇宙の軌道に投入することができました。
     米国の補給船は、日本のシステムを使ってドッキングされました。
    大西宇宙飛行士のお話から、日本の技術、そして人材の役割が高まっていることが伝わってきました。
     安倍政権は、今後も宇宙政策に力を入れていきます。

    *****
     日本の技術:昔から優秀だった。今は更に優秀になった。素晴らしい。

  • <<
  • 1655 1636
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア