ここから本文です
  • <<
  • 18 1
  • >>
  • 稼動させようが、とめていようが、費用がかかるんだから、だったら稼動させて、電気作った方が、お得だと思うんだけど。

  • >>16

    【Re: 危険度は異なる】
    >情報戦で日本は中国に勝てますか?IT技術者を警察官に任用したのは最近です。自衛隊の情報戦力はいかほどですか?日本版NSAも、スノーデンが暴露したようにアメリカのNSAよろしく盗聴やあらゆるメールを保管してるのですか。そして、国内テロリスト(政府を批判するもの全て)を監視してるのですね。NHK-BS 世界のドキュメンタリー 「NSA国家安全保障局の内幕」みたいに。そして将来は無人機リモコン操作による殺戮
    まず、情報戦は勝ち負けという単純なものではありません。少しでも多くの情報を奪い合うのです。だからなるべく戦力を投入する方が良いです。そもそもできたばかりの組織に対する評価は早計です。無人リモコン操作については侵略戦争ですからまだ話すらないかと。
    >原発費用が安いというのは虚構
    虚構だろうが電気料金が安くなれば良いでしょう。きちんとした安全対策をしてくれればですが。
    >玄人を気取る貴兄の危うさ
    そちらが中国との軍事力の差が大きい等というよく考えれば違うと分かる事を堂々と言うので素人と言ったのであってこちらは玄人ではありません。本当の玄人は素人や玄人等意識しません。中国と韓国の海軍が未熟なのは有名な話です。

  • 【危険度は異なる】
    >これは素人ですよ。そもそも中国は日本に軍事力を行使する利点は少ない。中国が強いのは陸軍だけです。特に海軍力は脆弱です。最後に海軍がまともに実戦をしたのは日清戦争なので。故に情報戦にきっちり対応すれば問題はありません。

    ふ~ん、貴方は玄人ですか。情報戦で日本は中国に勝てますか?IT技術者を警察官に任用したのは最近です。自衛隊の情報戦力はいかほどですか?日本版NSAも、スノーデンが暴露したようにアメリカのNSAよろしく盗聴やあらゆるメールを保管してるのですか。そして、国内テロリスト(政府を批判するもの全て)を監視してるのですね。NHK-BS 世界のドキュメンタリー 「NSA国家安全保障局の内幕」みたいに。そして将来は無人機リモコン操作による殺戮をするのかな?

    >キャッシュがいくのは原発設置住民
    その分危険を追っているので仕方ないでしょう。

    追って➡負って。そういう発想は除染の遅れなどに「金を払ったんだから騒ぐな」と言うようなもので、倫理的には問題あります。


    >不徹底な対策費
    費用が高いといえば他も同じです。安全性が疑わしいのも同じです。

    原発費用が安いというのは虚構です。最終処分方法を未確立のまま運転してるし、事故対策費が他の発電方式に比較して大きすぎることを福島原発事故は教えている。そう思わないところに、玄人を気取る貴兄の危うさを感じます。

    >津軽選挙
    半島選挙ですね。入り組んだ所は困ったものです。

    本州という島の大半がそうかもしれませんよ。号泣県議みたいなのは東京都議の政務活動費で明らかになったように、あちこちに見られるとか。別のスレッドで議論されてますね。しかしまあ議員としての倫理的資質に欠けるのが多い。そういうのが当選するのだから、選んだ住民も倫理観希薄。

    ちなみに私も倫理観は希薄です。女房が昨日から3週間介護帰省してるので、今日、池袋か上野で●●●ショーでもみてきます。刺激がないとセガレが落ち込むので。
    貴兄との楽しい語らいは、これまでとします。前回も書きましたが「ドイツ脱原発倫理委員会報告書」(大月書店)は、倫理観について学ぶことが多かったです。倫理観希薄の私は珍しく感激したもんです。
    それではさようなら。

  • >>14

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    >ジャイアンとのび太のような腕力(軍事力)の駆使
    これは素人ですよ。そもそも中国は日本に軍事力を行使する利点は少ない。中国が強いのは陸軍だけです。特に海軍力は脆弱です。最後に海軍がまともに実戦をしたのは日清戦争なので。故に情報戦にきっちり対応すれば問題はありません。
    >キャッシュがいくのは原発設置住民
    その分危険を追っているので仕方ないでしょう。
    >不徹底な対策費
    費用が高いといえば他も同じです。安全性が疑わしいのも同じです。
    >津軽選挙
    半島選挙ですね。入り組んだ所は困ったものです。

  • >>13

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    >中国への対抗上致し方ない面もあると思われます。
    大半の日本人はそう思ってるでしょう。
    しかし、小選挙区制という民i意が正しく議席に反映しない選挙で多数派を気取って(まさに気取ってるだけ)、アメリカに行った際に安倍総理は「私を軍国主義者というなら言っていい」という趣旨の発言をしています。これが行き着く先です。
    中国に対抗する場合、外交という総合的な力を駆使するのか、ジャイアンとのび太のような腕力(軍事力)の駆使にするのか、良識が問われてます。
    私も中国共産党の支配に厳しい批判をもっています。あれは社会主義とは無縁の政党。そういう相手だからこそ「理詰め」でやっていくことが大切です。

    >安全対策のこちらのすべき要求が違う。審査基準の引き上げ等ごまかしのきくものではなく一部施設の建て直しを含めたもっと抜本的ものだ。
     技術的には欧米の二重底にした建て替えが原発族にはいいのかもしれませんね。一部施設の中身が不明だが、地震大国日本で完全な安全は確保できるのか。倫理観がまるでない。不徹底な対策費でもうかりまんな~
     その金は電力会社単独では不可能ですから、割合は不明だが国民が税金で負担しなければならない。キャッシュがいくのは原発設置住民だけでんな。払う側からは、やめでけれ、だ。青森のブランド名がついてるマグロだって、おら食わねえ。津軽選挙の実態を知ったら、海外生活のほうがいいように思える。日本など、下からの民主主義の権利獲得の経験がないから、憲法を守る意識が希薄だね。しかも、現ナマに弱い。自然科学的素養も少ない。原発の危険度よりは、キャッシュだべさ・・・ 原発も中国も関係ねえ、ひたすらキャッシュだべさ。
     賃金も安い、こんな苦労させられね、子供は作れねえ・・・という状況から、産業の空洞化で就職口も少なくなった。徴兵制をひかなくても自衛官募集には自然にあつまる。自衛官になっても、海外で実際に戦闘することは、ねえべ・・・だったが、今は違う。文民統制する側が戦争にのめりこみつつある。軍事費確保のための消費税増税で、庶民生活の破たんは不可避。

  • >>12

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    安全対策のこちらのすべき要求が違う。審査基準の引き上げ等ごまかしのきくものではなく一部施設の建て直しを含めたもっと抜本的ものだ。まず、憲法違反かはわかりません。違憲に関してはわかりませんがおそらく推定無罪という脱法ですが、中国への対抗上致し方ない面もあると思われます。現政権の行きつく先はわかりませんが我が国の政府という事は変わりません。

  • >>11

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    九州電力川(せん)内(だい)原発1、2号機の再稼働の前提となる規制基準への適合性審査をめぐって、原子力規制委員会の田中俊一委員長が、審査では実施していない解析を実施したと、事実と異なる国会答弁をしていたことが15日、明らかになりました。●●●●党の●●●衆院議員への原子力規制庁の回答で判明しました。

     問題の答弁は、衆院原子力問題調査特別委員会で7日、同原発で重大事故が起こった場合の原子炉の破損時間の解析結果について、九電の評価を規制委が妥当と認めた問題を●●●氏が追及したときのもの。●●●氏が、規制委として独自解析(クロスチェック解析)を行って「審査したのか、していないのか」とただすと、田中氏は「クロスチェックはきちっとやらせていただいております」「クロスチェックをした評価の結果については…近々レポートとして報告させていただきます」と答弁しました。

     同日夜、規制委は「格納容器破損防止対策の有効性評価に係る重要事象の分析」など二つの「技術報告」を公表。●●●紙の取材に規制庁は、これらの「技術報告」が田中氏の述べた「レポート」に該当すると認めています。一方、これらには「本技術報告の内容を規制基準、評価ガイド等として審査や検査に活用する場合には、改めて規制委としての判断が行われます」と、ただし書きを明記しています。

     ●●●氏が国会での質問後、この判断を行った時期について説明を求めると、規制庁は「現時点において規制委としてそうした判断を行う予定はありません」と15日に回答。技術報告が審査に活用されていなかったことがはっきりしました。
    ------------------------------------------------
    でも、政府は飲んでません。政治屋は国民をなめてるから、最後は居直るだけ。

    おととい、NHK-BSで、アメリカのNSAのやってきたことを見たが、日本版NSAもでき、国家秘密法も成立したことだし、やりたい放題じゃないですか?手順を無視したやりたい放題でますます憲法違反を繰り返す現政権の行きつく先は見えてますぜ。

  • >>10

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    地域の自立した経済循環は、産業の空洞化が原因でできていませんが、この解決には中小企業の活性化が欠かせないでしょう。それには企業間のやり取りを活発化するのが最適と思われます。独占禁止法の改正が必要と思われます。真の意味でやるならばですが。
    もちろん再稼働と言っても安全対策の抜本的な強化は必要でしょう。しかし、議論が原発をやるかやらないかになってしまっているのが問題であり、原発をより安全に運営する方法はおそらく有ります。ですが、費用が掛かるので政府は言いません。政府はこの安全基準で大丈夫だと言い張る事で論点を再稼働の是非にすり変えています。それに気づかなければなりません。
    為替介入に関してはリスクマネジメントとして致し方ないと言わざる終えません。為替介入の判断は迅速さが要求されますので少々の判断ミスは容認されるべきかと。あまりにも高い要求を求めた結果が民主党政権であり、それに対応できずに逆に官僚が仕切る形となりました。出来ない事をしろと言ってもしてくれないどころかわかっていない事を口実に好き勝手にやられてしまいます。原発の再稼働を全くせず、電力会社の財政を長期的に維持するのは高い要求とみる事もできますが、原発の安全対策の強化の要求なら政府は飲まざるおえないでしょう。ですが、マスコミは物事を単純化する悪い癖がありますのでできません。そこにも問題があります。それで十分な安全対策を示さなかった時に始めて原発再稼働反対といえば政府はこれも飲まざるおえないでしょう。

  • >>9

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    完全な社会主義もなかったし、今もない。そして完全な資本主義もない。完全とは何か、少しわからないですが、ソ連崩壊前は社会主義に対抗するために社会政策である程度のセーフネットを作っていたが、今は最低賃金も切り下げるし、非正規社員増圧力で長時間労働も当たり前。労働基本権を知らない若者が意外と多いし、若い経営者も基本的人権すらわかってない場合もある。
    私のような年金暮らしは、アーネスト・ギデンズ「社会学」が納得できる。アベノミクスの根底にあるトリクルダウン理論は、ギデンズによるとレーガノミックスやサッチャーリズムという格差拡大を招いただけだそうだ。ギデンズは、偉い。
    経常収支赤字対策は、地域の自立した経済循環を確立することだろう。産業の空洞化・大企業優遇だけでは日本は立ち行かない。経常収支悪化で円安になるとも限らない。実体経済需要以上に資金が動くこと自体、異常なことだ。為替介入でいくら税金つぎ込んでも「対症療法」だから、ただ巻き上げられてしまうだけの印象がある。

    経済論議になったが、原発事故の影響のすごさを見るにつけ、安全を無視した(欧州のような二重底)再稼働は、より危険だと言わざるをえない。危険度は違うよね。

  • >>8

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    言い方が紛らわしいかったようですが、経常収支の赤字と財政赤字はまた別物ですね。そもそも財政赤字は独行を含めた1省庁分位の予算を削る位の事をやらせないと不可能ですよ。それとは別に経常収支の赤字というのは長引くと思ってるより深刻ですよ。まあ後日本の裁判官は政府にも世論にも肩入れする傾向が世界的にみて小さいので東電幹部の自主性に任せるしかないですが、安全基準を作ったり、適合するか判断したのは少なくとも形上は彼らではないので責任を問うのは難しいですね。
    では最後に1つですが、完全な資本主義の国はあまりありません。生活保護は社会主義的政策に思われます。そして、そういう政策も必要でインフラにもそういう観点が必要です。故に問題は国家の支援ではなく過剰な国家の支援です。ですが、誰もまともに監視していません。

  • >>7

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    東電社員(非管理職)に真面目な方が多いことについては、おっしゃる通りですね。警察官や自衛隊員も、大方はまじめだ。真面目な警察官は巨悪をしょっ引きたくているだろうし、まじめな自衛官は「おいおい、文民統制すべきものが好戦的では、俺たちは自衛の戦争以外で命をおとしかねないぞ」と思ってるでしょう。

    しかし、東電幹部や歴代内閣は、原発の安全神話を振りまわしてきて、事故後の責任を取らない。こういう「倫理観欠如」が問題です。対比の意味で一つご紹介。「ドイツ脱原発倫理員会報告書」(大月書店)です。財政赤字問題とは異なりますが。

    あと、国の無駄、例えば政党助成金廃止や会計検査院指摘事項、リニア新幹線凍結etcで、かなりの財源が確保されるし、所得税率の累進課税強化でも税収増は可能です。こういう努力をしないまま「財政赤字回避には原発再稼働」というのは、たぶん、支持者が少ないかなという気がします。

    資本主義なのに国家の支援を受けていて、社会科学を知らない方は社会主義的な政策と勘違いしそうですが、これぞ国家独占資本主義を具現したものです。そして政治献金として歴代総理にお金が還流してたなんて、中国や北朝鮮と同じ体質に見えますな。

  • >>6

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    そうですね。ですが、メディアが原発の安全性にご執心なのでその話は忘れていました。ただ、人件費を少し削っても足りません。確かにそこからやるべきですが、おそらく今後も止め続ければ財政は厳しくなりますから一時的な原発再稼働は致し方ないかと。東電の方は技術職なので給料が少し高いのは普通なら妥当なのですが、今位は削って頂きたいものです。しかし、東電社員には自分たちはきっちりやったという考えが根強いと思われます。それに一時的な再稼働を容認しないと電力会社の財政悪化並びに発電方法の不移行等の際に言い訳に使われてしまいます。一応赤字企業が新規投資しにくいというのは正論ですから一応ね。

  • >>3

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    >核のゴミの話に戻しますが、もうたくさんあります。残さない等というのは無理です。ですから少なくする研究開発を進めるしかないです。

    そのとおり。問題は開発費用負担をどうするか。無責任な東電の幹部・元幹部の資産を没収してもいいような気がします。
    しかし、今の政権は核のゴミを故意に無視してる印象が強い。赤字財政も何のその。こういう政府は「後ろ向きに見える」廃炉作業や最終処分技術の確立に向けた予算より、お祭り(東京五輪)騒ぎを利用したゼネコン向けの予算を優先するのだろうな。

    >No2・・・でも、景気が悪くなったら本末転倒ですよ。少なくとも電気料金は上げるでしょう。その分を原発再稼働に反対している人が負担してくれるのですか?

    東電社員の給与が、高い公務員よりもさらに高いのは有名な話。これぞ「国家独占資本主義」の象徴ですよ。独占企業優遇に税金投入し、負担を全部庶民に転嫁。
    自由競争と許認可行政の公正性があれば、電気料金は安く済む話でしょ!
    庶民や反対論者に負担の義務はあるわけがない。そういう主張はいかがなものか・・・

  • >>4

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    自然エネルギーの問題点はコストだけではありません。自然を予測するつまり発電量の計算ができない事で量も少なく、基本的には原子力発電の電力量を補う事はできません。だから、頼っているんですよ。少なくとも短期的にはこの対応以外できない。
    それに短期的な景気悪化等を議論しているとすればそれは間違いですよ。そうだとすれば政府は難しい話をしても国民はわからないだろうと思っているということでしょう。そういう節があります。収支悪化の影響が出るというのは長期的な話です。核のゴミの話に戻しますが、もうたくさんあります。残さない等というのは無理です。ですから少なくする研究開発を進めるしかないです。

  • >>3

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    景気悪化の原因について議論するつもりはない。消費増税の影響で落ち込んだとか、瞬間風速的な分析が大流行りだが、産業の空洞化があるかぎり、自律的な経済循環は難しい。石油・ガスに頼らない発電は、コストが同程度なら導入すべきでしょう。
    景気指標が庶民からほど遠い「株価指数」だなんて、そんな景気判断で長期的なエネルギー政策が論じられるのは疑問。政府はもっと「子孫に負の遺産」(核のゴミ)を残さないようにして頂きたいものです。

  • >>2

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    何の危険度かはわかりませんが少なくとも大部分の事柄で危険度が同じというのは無理があるでしょう。明らかに動かす方が危険です。
    地熱発電は確かに自然エネルギーとしては比較的安定した発電ができるようですが、導入コストが高く施設の危険性も高い。
    それに赤字の原因は石油だけでなく、天然ガスもあるでしょう。
    でも、景気が悪くなったら本末転倒ですよ。少なくとも電気料金は上げるでしょう。その分を原発再稼働に反対している人が負担してくれるのですか?

  • >>1

    【Re: 原発は稼動を止めても危険度は同じ】
    そうだね。炉心がいかれなくても燃料棒プールがイカれたら住めるところが減りますね。事故の検証が不十分なまま、従って根本的な対応策もとらないまま、再稼働に走っている。原発推進勢力の倫理観を疑います。
    沖縄のなんとか島では、海洋深層水と表面海水との温度差を利用した発電が1・2年前から開始された。沸点の低いアンモニア系の液体を利用するとか。
    大分の別府市では、廃棄温泉水を利用した小規模発電がおこなわれている。泉脈を傷つけるような新たなボーリングによる水蒸気利用ではなく、現に廃棄されている膨大な廃棄温泉水を利用するのだが、温泉水利用の発電というとすぐに温泉が枯れるなどとのたまう方が多い。こういう知識水準の方々を説得するのは大変ですな。大分市も、市民を粘り強く説得したと、NHKの番組で語っていた。
    廃棄温泉水利用の小規模発電なら日本中で出来そうだし、塵も積もれば山となろう。

    なお、貿易収支赤字の原因は、思ったほど輸出がのびなかったためで(製造業が人件費の安い東南アジアに移転し、日本は空洞化したため)、原油輸入だけが赤字の原因と言い切るのは調査不足かと・・・

    いずれにせよ、核燃料ゴミの最終処分方法が確立していない現段階では、再稼働は倫理観欠如の証明でしかなく、歴史的な恥となるだろう。

並べ替え:
古い順
新しい順
法務省 人権擁護キャンペーンPR
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア
法務省 人権擁護キャンペーンPR