ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    昨年より月一回の連休を利用して、秘湯の宿を廻っています。
    利用するのは「日本秘湯を守る会」のお宿。

    お気に入りの秘湯の宿や楽しい旅の話などお聞かせ下さい。。。

  • <<
  • 5524 5499
  • >>
  • 5524(最新)

    mk 9月3日 01:23

    はじめまして。
    今回、「正真正銘 五つ星源泉宿66」という本を読んで
    本物の温泉、秘湯を守る会、などを知りました。
    今は海外に住んでいますので日本に帰る時の温泉旅行を楽しみにしています。
    次回からは秘湯を是非回りたいと思います。
    皆さんのコメントはとても参考になりますので嬉しいです
    では。

  • 秘湯を守る会の旅館はとても多いのですが、秘湯は少ないですね。
    本物の秘湯に行ってみたいです。
    どこかにないかなぁ・

  • >>5516

    【行ける事になりました】
    旅人です。

    平日でも中々取れず落胆していました。

    本当なら雪見風呂やテンも見たかったのですが・・・。

    何とか今月行ける様になりました。

    季節は冬から春に移り変わり雪解けも始まっています。

    桜も早く咲き始め葉桜になろうとしています。

    でも、宿泊出来る事で「よし」としないと自分には言い聞かせています。

    気を付けて行って来ます。

  • 【残念です】
    旅人です。
    来月に再訪する予定でした大黒屋でしたが予約出来ませんでした。
    来月のシフト表待ちが原因。
    4月には行きたいです。
    いつもなら空部屋があるのですが満室の様です。
    去年は風評被害で大変みたいでしたが客足が戻っているみたいなのでホットしています。
    他の加盟している宿はどうなのでしょうか?

  • >>5478

    【Re: 秘湯冬季〜函館〜津軽海峡冬景色】
    北海道5日間も、いよいよ最終日。銀婚湯で朝食を摂った後、ロビーでくつろいでいました。
    宿の女将さんが、森駅まで行く予定があるので、駅までお送りしましょうと言われ、よろしくお願いしますと返事をしました。宿の出発は10時と約束し、昨日入れなかった、露天風呂に入ることにしました。
    フロントで「桂の湯」のカギを受け取り、長靴を借りて、外にある露天風呂に行きました。木製の階段を上がり、脱衣すると外気が寒いので、すぐ浴槽に入りました(宿の人が、かつらの木を植えて育て、中をくり抜き、作ったとのこと)。お湯は透明で湯温も熱すぎずぬるくもなくのお湯で、30分ほどゆっくり入りました。
    部屋に戻り、帰り支度をして、宿の皆様の暖かい心遣いで森駅まで送っていただきました。
    駅に着くと、なぜか、すでに出発したはずの「北斗4号」が到着しますというアナウンスがあり、乗車しました。終点函館到着の車内放送で「青函トンネル内で外壁剥離の事故があり、津軽海峡線は安全確認のため現在運休しています」とのことなので、函館に着いてから、帰宅の方法について考えることにしました。
    函館駅に着くと、すでに、みどりの窓口には長い列ができていました。駅員の説明では、津軽海峡線内のトンネル内でモルタルの崩落があり、17時50分頃に運転再開予定とい言われました。
    駅員に、青森までの行き方を尋ねたところ「函館港から青函連絡船の利用」しかないとのことでした。、函館駅前のシャトルバスで、フェリー埠頭に向かい、14時00分発青森行きのフェリー「えさん2000」に乗船しました。
    船は静かに函館港を出港しました。想定外のフェリー乗車でしたが、津軽海峡は、天気清朗にして波静か。しかし、デッキに立つと頬を打つ風は冷たく感じました。
    今回の旅行計画でまさか、船で本州に渡ることなど全く考えていませんでしたが、思いがけず、津軽海峡冬景色を堪能することになりました。
    船は順調に進み、18時前に青森港に到着しました。事前に手配してあったのか、青森港にはタクシーが多く配車され、同じ方向の方と相乗りで新青森駅に向かい20分位で到着しました。
    新青森駅のみどりの窓口に並び、はやて20号の座席指定券がとれました。
    列車に乗車すると、全車指定席でしたが、青函線が再開していなかったこともあり、乗車率は70%位で空席が目立ちました。
    予定外の慌ただしさで、新青森駅で購入した駅弁も食べずに眠りの世界に入っていました。

    今回の旅行で、5日目を除いてはほぼ計画通りに行きましたが、万が一の時に本州に渡るフェリー便は全く頭にありませんでした。

    1月末の国家試験は、来年の合格ため受検だけはしました。

    この掲示板も間もなくなくなります。ときどき覗かせていただきながら、秘湯の温泉について、楽しませていただきました。
    また新しい情報等ありましたら、のぞかせていただきます。ありがとうございました。                       yakochane

  • >>5513

    【Re: 秘湯冬季〜春季キャンペーン「丸駒」】
    三日目の朝、起きがけでの入浴、外は風は無く雪が音もなく静かに降っていました。朝食後も、湧駒荘の最後のお風呂を楽しみ、チェックアウトしました。
    旭川駅行きのバスの出発時間までは、1時間以上ありましたが、その間、雪は激しくなり、積もった新雪の中、宿の近くにあるバス停まで100m程歩きます。バス停を示すポールは2.5メートルくらいの高さですが、先端の表示板が雪に埋もれて、目をこらしてやっとわかる程度になっていました。バスに乗り込むと先客は1名、運転手は女性でした。ドライバーは、雪の降り頻る曲がりくねった急な下り坂を慣れた道とはいえ、安心して乗ることができました。
    1時間20分ほどで旭川駅に到着。特急「スーパーカムイ24号」で新千歳駅に向かいました。
    相方は、「宿からのバスがもう少し早ければ札幌駅からの丸駒行きの送迎バスに千歳駅から乗車できたのに」と残念がっていました。
    支笏湖行きのバスは、発車時刻まで時間があったので、駅前のイオンで買い物などして時間つぶしをし、支笏湖行きのバスに乗車しました。支笏湖入口のバス停からは、宿の送迎バスに乗り換えて、18時過ぎに宿に到着しました。
    夕食は部屋食だったので、18時30分に夕食と仲居さんにお願いし、露天風呂に行きました。女性の風呂から名物の露天風呂までは200mの階段を歩いて行きました。湖は暗闇のため、向こう岸の展望はできませんでしたが、お湯の底に沈む黒い砂利石を足で踏み分けると底から暖かい湯が湧き出てきます。今回は昨年と違って、湖の水位が上がったのか、少し深くなったように思いました。
    翌朝、食事処のレストランでの朝食時には、支笏湖の向こうに見える、風不死岳から昇る朝日の眩しさが堪能できました。
    4日目は、銀婚湯に宿泊です。丸駒の宿から出る札幌行きの送迎バスに乗車し、途中、千歳駅で下車、「特急すずらん2号」に乗車しました。東室蘭から普通電車に乗り換えて、落部駅まで行く予定でした。東室蘭で宿に電話をしましたら、特急停車駅の八雲駅まで迎えに行きます。という宿の方のお言葉に甘え、それではと「スーパー北斗12号」に乗車し、八雲駅で下車。そこから宿の車で15時30分頃、銀婚湯に到着しました。
    さっそく風呂に入るべく準備して、広々したガラス張りの内風呂と露天風呂に入りました。内風呂は熱からず寒からずの温度でゆっくりはいりました。その後、夕食前に6か所ある露天風呂の一つに入ろうとフロントに行きましたが、外は暗くなってきたので、今日はおしまいですと言われ、断念しました。
    翌朝、日の出ととともに入った露天風呂は前回来た時は、鉱物系か油のようなにおいが気になりましたが、今回は、少しはにおいましたが、それほど苦にはならずにお風呂に入りました。

  • >>5512

    【Re: 秘湯冬季〜春季キャンペーン 北海道】
    お帰りなさい、yakochaneさん。
    恒例の冬の北海道旅行、今回はちょっと大変な旅行だった様ですね。
    タクシーで50?の移動、急かされる夕食、冷たい温泉・・・
    う〜ん、悪条件が重なったと言え...御苦労さまでした。

    >いずれも40℃以下の湯温で熱湯好きには物足りない気持ちでした。

    私は熱いお湯が苦手で38〜40度位のお湯にゆっくり浸かるのが大好き
    なので、同じ温泉でも違う感想になるかも・・・
    一番気に入っている法師温泉のお湯を熱湯好き?の友人はぼろくそに
    言っていましたから。 (笑)
    さて、次の温泉では好いお湯と巡り合えたのでしょうか?

  • >>5484

    【Re: 秘湯冬季〜春季キャンペーン 北海道】
    遅くなりましたが、先月中旬に「秘湯冬季キャンペーン」と「大人の休日倶楽部北海道5日間」を利用して、「湧駒荘」「丸駒」「銀婚湯」を巡ってきました。
    出発は、はやて11号→(新青森)スーパー白鳥11号→(函館)北斗9号→(札幌)スーパーカムイ27号→(旭川)と特急列車を乗り継いで、予定通り旭川駅に降りました。
    1日3往復の旭岳行きのバスは終わっていますので、事前に予約していたタクシーで宿に(約50?)向かいました。旭川市内は夕方のラッシュで車が渋滞していて、普段なら1時間くらいですが、宿に到着したのは19時を過ぎていました。
    家を出発して宿に到着まで14時間の旅の一日目でした。宿につくと、フロントで、お食事は、20時までに終わるようにと強く言われたため、部屋で着替えをして食事処に行くと、3組の客が食事中でした。テーブルに着くと矢継ぎ早に食事が出され、相方は「宿で風呂に入らずに夕食は生まれて初めてだ」とふてくされて晩酌もせずに、20時少し前に食べ終わった時には、他にお客はいませんでした。今思い出そうとしても何を食べたのか浮かんできません。
    浴室は男女別に二つあり、21時に交替となります。残り時間の許す限り、「ユコマンの湯」に入りました。浴室内は、大きな岩が組み合わされ浴槽が5か所あって、源泉がそれぞれ異なるかけ流しです。入り口寄りにある大き目の浴槽に足を入れたところ、冷たく、30℃以下位だったのではないでしょうか。冷たいお風呂には、誰も入っていなかったので、湯の注ぎ口から出ている体温位の湯に背を打たせ10分位の入浴をして、他の4つの湯を入れ替え時間が迫っている中、一通り入りました。しかしいずれも40℃以下の湯温で熱湯好きには物足りない気持ちでした。
    部屋に戻ると、相方は部屋の温度を高めにして、アルコールで至福の一時を楽しんでいました。寝る前に男女入れ替わりになった「シコロの湯」に行きましたが、3つある浴槽はいずれもぬる目で長時間本でも読みながら入れそうに思いました。
    しかし、道内は今節電中のためか浴室だけではなく、建物全体が薄暗く感じました。
    本館の露天風呂は冬期休止のため、別館の露天は5時〜21時まで入れますので翌朝にしました。
    目覚めて、5時少し前でしたが別館に向かいました。誰も入っていない温かい方の内湯で身体をなじませ、外は真っ暗でしたが足元に注意しながら露天に浸かりました。内湯と同じ位の湯温で星は見えませんでしたが風も無く時折頬がピリッと感じましたが心地好い入浴でした。 
    部屋のtvの気象情報で、5時30分旭川の気温-18℃表示されていました。ここは標高1000mだとすると-24℃位あったのかと思ったら急に寒気がしました。
    2日目は、次第に雪が降ったり止んだりの天候となり宿に閉じこもりとなって外には出られませんでしした。

  • 【旅人です】
    久し振りに覗いたらこんな書式になっていてビックリしました。
    コメントが投稿されているか心配です。
    以前と変わらない交流が続く事を願います。

  • >>5509

    【Re: textream】
    おはようございます、なぞけむさん...使い方の説明、ありがとうございました。
    名前を登録したらコメント欄が開きました。
    これで書き込みが出来ます。 (笑)

    >でも有料チャンネルは契約してないので

    関東では「野天湯へGO」はBS日テレで放送しているので無料で観られます。
    「秘湯ロマン」は同じくBSで再放送していましたが、最近は観ていません。

    >それに施設が綺麗とか景色がとか、食事とかが評価対象で肝心の温泉があまりに
    > おなざりだったですね。

    はい、この冬一番行きたい温泉宿と言う事で楽しみにしていたのですが・・・
    湯の花旅館と熱海 ふふの対決?など無意味、コンセプトが全く反対だもの。
    十人十色、一番を決めるのは大変ですね!! (笑)

  • >>5508

    【Re: textream】
    明鏡さん、お久しぶりです。

    年末からこっち仕事が忙しくて温泉へ行っている間も無いです。
    私も温泉番組ばかり録画してみています。でも有料チャンネルは契約してないので
    秘湯ロマン・野天湯へGOなどは観れません。
    >>しかし先日放送された「カスペ!・全日本温泉宿アワード2013」は
    >> 全然納得の出来ない内容だったな・・・
    私も同様です。2013と言いながら冬限定(今行きたい)というのは
    納得できないですね。冬季閉鎖の宿にも素晴らしい温泉は多いというのに・・・
    番組の作り手が冬だから温泉にでも入ってという安易な企画で底が浅かったです。
    それに施設が綺麗とか景色がとか、食事とかが評価対象で肝心の温泉があまりに
    おなざりだったですね。

    >>textreamを開いてみましたが、何処で書き込みをするのか解りません。
    旅行・外出の欄をクリックすると3つ目が「温泉」です。
    温泉をクリックすると温泉トピックがでますから此処なら「日本秘湯を守る会」のお宿を
    選べば良いです。
    新規コメントなら上の方のコメントを投稿からですし、誰かのレスなら文章の後にある
    矢印をクリックすればレスになりますよ。
    過去の投稿の記録も今後見れるようにするとありましたよ。

  • >>5504

    【Re: textream】
    >textreamから書き込みしてみます。

    textreamを開いてみましたが、何処で書き込みをするのか解りません。

    >秘湯ロマン・野天湯へGO・etc・・・

    JUNさん、私も温泉の番組は録画して楽しんでいますよ。
    しかし先日放送された「カスペ!・全日本温泉宿アワード2013」は
    全然納得の出来ない内容だったな・・・

    >今の所…ぬるぬるの湯と聞くと

    お帰りなさい、シュウコさん。
    私はぬるぬるの湯と聞くと佐久の春日温泉を思い出します。
    初めて温泉の面白さ、不思議さを教えてくれた温泉です。
    もっともそのお宿は廃業してしまいましたが・・・

    >先週も鶴の湯温泉で2泊3日、連日5時間以上の入浴を堪能

    相変わらずkaeruさんは鶴の湯通いですね!! 
    私も1日の7時に鶴の湯温泉へ電話、8月に本陣連泊の予約を入れました。
    でも友人からは8月の本陣は人が多くて落ち着かないと言われ・・・
    やっぱり本陣は覗かれますよね? (笑)

  • 【テスト・・・ うなぎ湯】
    textreamから書き込みしてみます。
    鳴子温泉 「元祖うなぎ湯の宿ゆさや」さん宿泊、予約の取れなかった中山平温泉「名湯うなぎ湯の宿 琢秀」さんでの日帰り入浴を1月末にして来ました。
    どちらも、甲乙つけがたいお湯ではありましたが、やはり「琢秀」さんの方がすぐにぬるぬるさを感じる事ができます。

    琢秀さんの露天風呂への階段も雪に埋もれ、一番phの高い露天風呂へは行かず終いとなりました。
    今の所…ぬるぬるの湯と聞くと、kaeruさんから教えて頂いた、奥熊野温泉「女神の湯」…
    あの、ぬるぬる湯を思い出してしまいます。

  • 【テスト・・・】
    ためしにtextreamとやらから書き込みしてみました。


    おはようございます。
    どうでもいい話ですが、CSの旅チャンネルが温泉番組たくさん放映してます。

    秘湯ロマン・野天湯へGO・etc・・・
    温泉に行けないのでコチラでがまんです。

  • >>1

    【お世話になりました。】
    10年の間このトピに書き込みをして頂いた多くの人に感謝します。
    本当にありがとうございました。 

    一番残念なのは、今はYahooReaderの機能が無くこのトピの記録を残せ
    ない事です。 (泣)
    折角皆さんが書き込んでくれた10年間の温泉情報は私の宝!!
    閉鎖されるまでに少しでも記録を残したいと思っています。

    最後にもう一度、長い間お付き合い頂き本当にありがとうございました。
    また何処かでお会い出来る事を楽しみにしております。。。

  • >>5502

    【Re: 長い間、ありがとうございました。】
     >「今後は引き続きtextreamをご活用いただけると幸いです。」
    私も今一 理解出来ずにいます。

    いよかんさん…ありがとうございます。
    返事が遅くなりましたが、
    帰省、そして九州の秘湯の宿で存分に温泉を楽しんで来て下さい。

    振り返ると十年近くもこの掲示板にお世話になっていました。
    また、皆様と何処かでお会いできますように。

  • >>5499

    【船山温泉...】
    食事は庭の見える個室で頂きます。
    量もたっぷりで満足の出来る内容でした。
    とくに朝食は蕎麦粥、茶粥、白飯、パンと自由に選べるのが嬉しいです。
    自由に飲めるお茶やコーヒー、着替えの浴衣、DVDの貸し出し、氷の入った
    アイスボックスの用意などサービス満点でした。

    お湯の温度の他に私にとって唯一のマイナス点はお酒の品揃えと価格・・・
    地産地消のコンセプトは理解出来ますが山梨の酒だけの品揃えはちょっと
    勿体無いと思いました。
    地元の甲州ワインの他にシャンパンやカヴァなどが置いてあるので、全国の
    美味しい地酒を品揃えして、もう少しリーズナブルに提供すればもっと人気
    のお宿になると思うのですが・・・

    もっともお酒の価格の点では他の殆どのお宿にも言える事ですが。
    一番判り易いのはビールの値段かな・・・
    ビール中瓶の値段はオープンになりましたが以前は定価が285円です。
    いま飲食店や旅館に卸される1本の価格が250円前後、この価格だと酒屋は
    1本につき約22円の利益になります。
    1ケース(20本)配達しても440円の利益しかありません。
    これを飲食店や旅館は700円前後で提供して1本450円の利益!! 
    何故か仕入れ値の2.5〜3倍の値付けが定着しています。 (泣)
    精々、仕入れ値の倍の値付けが良心的だと思うのですが・・・

    最近お酒の値付けが上手いなと思ったのは自遊人が経営を始めたお宿の
    高七城...http://www.jiyujin.co.jp/takanajo/annai.html
    こちらでは定価の約倍の値付けが...大瓶で1本630円です。
    1本1000円でお酒の持ち込みもOKとは、さすが異業種参戦!! (笑)

    話しが横にそれましたが、この辺りを旅館のご主人が理解してくれると
    船山温泉はもっと魅力のあるお宿になれるかも。。。

  • >>1

    【Re: 「日本秘湯を守る会」のお宿...】
    正月休みを短くして二連泊で山梨の船山温泉へ行って来ました。
    秘湯の宿ではありませんが、館内や部屋の設備が充実している事と食事の
    評判が良かったので決めました。

    前日降った雪の影響で東京脱出に時間を取られましたが、チェックインの
    1時前には何とか到着、案内されたのは205号の和風ベットルームです。
    此方の温泉に泊まろうと思ったのはその設備の良さから・・・
    部屋にはブルーディスク内蔵の40インチ液晶テレビやマッサージチェアが
    備えられのんびり出来ました。
    二台のベットがあるためちょっとレイアウトが悪いのですが、大きな鏡の
    あるドレッサーに読書灯とパソコンをセットして居場所を確保。
    早速、シャンパンを開けて乾杯!! (笑)

    お風呂は男女交代制の露天付きの大浴場と二つの貸切風呂があります。
    当日は私達を入れて四組、次の日は私達一組だけだったので、小さな
    貸切風呂には入らず仕舞いでした。
    無色透明の硫黄泉で源泉温度が20度と低いため加温しています。
    設定が41度位で私にはちょっと熱めです。
    大浴場「渓流の湯」の露天風呂が楕円形の木製で一番温く(40度位?)
    殆ど此方のお湯に浸かっていました。
    風呂場にバスタオルやフェイスタオルなどが揃っているので、手ぶらで
    いつでも風呂に行けるのは本当に便利だと思います。
    湯上りには冷たい麦茶やコーヒー・紅茶などの飲み物が用意されていて
    満足度の高いお宿です。

  • <<
  • 5524 5499
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順