ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    初めまして。

    ハイヤング京都の’84年4月から’85年9月末まで
    木曜日担当のパーソナリティーだった恭ちゃんこと宇佐元恭一さん。

    ハイヤンを聴いていた人と恭ちゃんに限らずあの頃の思い出話ができたらうれしいです。

    君の瞳 もっと輝け ハイヤングKYOTO Thursday♪

  • <<
  • 2531 2512
  • >>
  • 2531(最新)

    謙さん 11月21日 11:41

    >>2530

    今世紀というと、16年で三回ですか?
    僕には信じられません!
    ファンならばもっと多く行っているとばかり、絶句です。

    僕も社会人をしていましたから、お忙しいのはわかります。
    しかし、いざ身体が動かない身になると、あそこに行きたかった、何故もっと有給を有効に使わなかったのかと後悔しています。

    退院しても、無理がきかない身体になったし、食事制限で同僚の飲み会はおろか、接待での食事は御法度なので貰えるものは貰って退社する予定です。

    まだ男の厄年を迎えていないのに、リタイア同然とはと愕然としました。
    オペのために入院する前に、連れて行ってくれたのが宇佐元恭一ライブでした。

    ライブって、いいですよ。

    いくら遠くても、僕は行きたいな。
    こころさんはどこに住んでいるか分かりませんが、是非行くといいですよ。

    元気でライブに行かないなんて、もったいないですよ!

    そういえば、そんな曲がありましたね、アルバム買って、オペ中に流してもらいました。
    現在は副作用も少なく過ごしています。

  • >>2529

    参加者の大半は中高年の女性で
    恭ちゃんの出身地である福岡やら、
    若い時にラジオ番組をやっていた京都とか
    その頃から熱心に応援している方が集結しているといった趣です。
    内輪で仲良くやっているというか。

    若者はあまり見掛けません。

    僕もそんなに頻繁に恭ちゃんのコンサートに行った訳でもなく
    1984年の学生時代に京都で一度、
    今世紀になってから東京で三回行ったという程度です。

  • おはようございます、こころさん。
    正確には入院中です。
    今は朝の体温チェック待ちです(笑)

    宇佐元さんもこの掲示板を見ているとは!よく見返してみたら、名前が間違っていました。なんという盆ミス!

    今回からは気をつけますので、お許しを。

    先ほどこころさんは集客云々と書いてありましたが、こころさんが見た中で会場の感じはどうなんでしょうか?

    恐らく僕よりも沢山見ていると思うから、羨ましいですね。

    僕個人的に気になったので、聞いてみました。

  • >>2527

    謙さん、初めまして。
    ご療養中ということで大変な時にご投稿有難うございます。

    「人生晴れたり曇ったり」でデビューして34年、
    中々世間に浸透しないのですが

    恭ちゃんはこの掲示板を見てくれている様なので
    集客に四苦八苦したり厳しい状況が続く中で
    理解者が一人でも増えて喜んでくれていると思います。

  • はじめまして、僕は10月の東京ライブに行って、初めて宇佐本さんの音楽を知りました。知り合いに誘われてですが、後悔なし、どころか大満足でした。親しみやすい上に、胸に染み入るような音楽で大感動でした。

    流行の音楽が流れていくだけで、本物の音楽は理解されずらい、そうです。

    友人の受け売りですが…宇佐本さんの音楽を聞いて「こういう歌手の人の事を言うのか」と、友人の発言に府に落ちました。

    女性ばかりで僕は肩身が狭いだろうと思ったら、そうでもなくほっとしました。

    只今、病気で京都や福岡等に行けないのが残念ですが、出来たら足を伸ばしたいと、病気に打ち勝ちたい気持ちが沸いて来ました。

    僕は初心者なので、出来たら仲間に入れてくれると嬉しいです。

  • おはようございます。

    花巻の中学校で歌ったとか農業祭とか、
    恭ちゃんは精力的に岩手を回っている様です。

    京都閑古鳥報告のしんみりした話から一転意気揚々なので
    本人が言うギリギリの状態というのも真相はどの程度なのかよく分かりません。

    以前はコンサートの度に「宇佐元ワールドが凄かった」とか
    「枯葉を気にする大木無し」だのと意味不明の名言が飛び出したり
    軍艦マーチが高らかに鳴り響く大本営発表さながらの威勢の良い話が続いていたので
    どうも此処に至って正念場に来たのかなという感じです。

    三枝改め文枝師匠の長寿番組じゃないけれど
    ご新規さんいらっしゃい!にするにはどうするかについてですが、
    大衆向けの興行なのだから変なこだわりに囚われず
    大衆が求めているものを提供してお金を貰うという
    芸能の原点に返ってみたら良いのではと。

    昔から恭ちゃんを知っている人たちが聴きたいのは
    雨ニモマケズでもなければ45号線ではない筈です。

  • 仰せの通り
    ヒット曲は東北応援ソングと幸せの歌がメインの現状では望み薄なのが現状でしょう。

    コンサートもそうなんだけど
    恭ちゃんの指向するものとお金を払って聴きに行く人が求めるもののギャップが大きいので
    固定ファン以外に支持が拡がっていかないというか
    そんな気がします。

    恭ちゃんが吉本新喜劇の熱烈ファンというのも意外でしたが、
    お笑い芸人みたいになっているなと思っていたので
    あのオーバーアクションやリアクションは新喜劇の影響なのかと納得が行きました。

  • 今晩は。

    花巻から秋田へと恭ちゃんの東北行脚は続いています。
    仕事が繋がって何よりなのですが、
    最近は普代村や岩手のラジオ局の話題を聞かなくなりました。
    いわて紅白も今年は出場叶わずだったみたいですし、
    ご縁が繋がるのは難しいのでしょう。

    アルバムは完成したのだろうか?
    取り巻く環境が厳しさを増しているのかな
    とか疑問は尽きません。

  • ラジオまつりのフィナーレ
    「そこにあるRADIO」がテレビでニュースになりました!と
    恭ちゃんが勇躍報告していたから、
    早速YouTubeを観たら

    確かに恭ちゃんは画面に映ってはいるんだけれど、
    作詩作曲者宇佐元恭一とテロップが出ただけで、どういう人なのかという言及は無かったので
    あれでは観ている人も「何この人?」で終わってしまうし
    地元で知名度アップの千載一遇のチャンスを逃したという感じがしました。

    今年のラジオまつりは浅香唯ちゃんや山内惠介がゲストで来て
    凄い人気だったと聞きます。

    浅香唯って久々に思い出したけど、
    昨日テレビを点けてみたら
    スケバン刑事で浅香唯と風間三姉妹だった
    大西結花が補正下着の通販に出ていました。

    司会者の調子良いオジサンが
    普通の補正下着は締め上げる感じですが
    この商品は違いますよ、大西さん!と強調して

    大西結花が
    「アイドル時代はがんじがらめでしたよぉ」と台本通りのリアクションで笑わせる電界になっていました。
    大西結花も太って誰だか分からなかったぐらいで
    彼女も48歳らしく時は流れたと実感させられました。

    京都のシルバーウィングも毎回同じ顔ぶれが
    Facebookに出ておられるから
    安定した集客なのかとばかり思っていたので
    そこまで厳しい状況だとは意外でした。

  • さんかくさん、お久し振りです。ご投稿有難うございます。

    恭ちゃんのコンサートって近年は東京や京都で日曜とかが多いので
    僕は行こうにも行けないんだけど、
    大体どんな内容なのか見当ぐらいは付きます。

    掲示板を12年もやっていると個人的にメッセージを寄せて下さる方もいらっしゃって
    お話を伺うとあまり芳しい話を聞かないんですよね。

    だから集客に秋風を通り越して
    木枯らしが吹き荒れる前に何とかした方が良いんじゃないかなと
    嘗て京都でラジオを聴きながら感銘していた者としては
    あれこれ提言させて頂いている訳です。

    「夜のシナリオ」を歌わないのは以前にも言いましたけど、
    リリース直後にロンドンレコードが倒産して
    さぁこれからという時に出鼻を挫かれた苦い思い出が有るからではと思われます。

    仮に僕が参加したからといって歌ってはくれないと思いますが、
    33年前の丁度この時季にラジオから流れて来たあの歌、
    何時の日か当時のままの歌い方で再現してくれることを切に願います。

  • お久しぶりです。こんにちは、こころさん。
    宇佐元さんの京都でのコンサートには相変わらず行ってます。最近はちゃんと歌ってくれるので(笑)まぁ安心して楽しめます。9月のコンサートでは歌声も綺麗でした。30年前には違和感でいっぱいだったハンドマイクで歌う姿も見慣れてきました。毎回、ファンクラブコンサートのような感じですね。ご新規の方はなかなかいらっしゃいません。コンサートの案内が、宇佐元さんのブログとシルバーウイングスのホムペぐらいでしかないので仕方ないですかね。ここのところ毎回、オーブニングアクトの方が30分ほど宇佐元さんの前に歌われます。それと比べるのは双方に大変失礼ですが、やっぱり宇佐元さんの方が声量もあるし独特の魅力的な声かなぁなんて思います。あとは何とかヒット曲が欲しいところですが、被災地の方に向けた応援ソングや、今の宇佐元さんが身近に感じている幸せをテーマにした曲ばかりでは、なかなか難しいのではないかなと思います。感覚がちょっと違うかなって。レコチョクで宇佐元さんの曲が何曲か聴けるようですが、やっぱり昔の曲がいいですね。
    こころさんのこのページは、ホントに思ったままを書けるので、宇佐元さんには嬉しくないことも多いと思いますが、私の個人的には、とても気が楽でありがたいです。それをそのまま受け入れてくださってるこころさんには、ほんとに感謝しています。ありがとうございます。
    宇佐元さんのコンサートでまだ一度も聴いていない曲があります。『夜のシナリオ』。この曲、イントロのピアノがとても好きなんです。こころさんが来てくださるまで歌わないのかな~なんて(完全に私の想像)。いつか歌ってくれたらなぁって思います。
    京都ではとても風邪が流行っているみたいです。こころさんも気を付けてくださいね。

  • おはようございます。

    ラジオ祭りは大盛況のフィナーレだったらしく
    恭ちゃんの喜び様が伝わって来るブログ更新でした。

    この活躍が地元での知名度アップに繋がれば事態も好転するのですが、
    中々厳しいみたいです。
    来年もタクトを振っての勇姿を披露出来れば良いですね。

    一方、京都では集客に秋風が吹いたとかで本人の悲痛な叫びを目にしました。
    参加出来ない者があれこれコメントする立場に無いのは承知しておりますけれど、

    祇園のお茶屋さんは一見さんお断りで有名ですが、
    コンサートはそれではいけないので
    具体的な方策は明示出来ないけど
    一見さんでも中に入って行き易いものにするにはどうしたら良いか
    検討の余地は有る様な気がします。

  • 今晩は。台風が接近しています。

    恭ちゃんは宮地嶽神社に歌を奉納とか言っていて、
    この神社の参道の名物が松ヶ枝餅なのだそうです。

    太宰府天満宮の梅ヶ枝餅は僕も食べてみましたが、
    松ヶ枝餅というのは初めて聞きました。
    宮地嶽神社は太宰府天満宮より千年は古い歴史有る神社らしく、大変名誉な事で恭ちゃんも嬉しかったでしょう。
    松ヶ枝餅は梅ヶ枝餅のルーツらしく
    表面をパリッと焼くのが共通点です。

    地元民しか分からないディープな話題なので
    余所者の僕も知識が増えました。

    ラヂオ少年で地元の歴史を掘り下げる
    「歴史っとお」のコーナーが有りましたが、
    またラジオの仕事を取れる日が来るのかな。

  • おはようございます。
    お盆休みになりました。

    恭ちゃんはブログで謎々を出していましたが、
    僕は直ぐに分かったけど皆さんはどうでしたか。
    路面電車は最新鋭のドイツ製や
    嘗て京都や福岡の西鉄で走っていた車両、
    原爆投下以前から走っている被爆車両等、
    路面電車の博物館的な様相を呈しています。

    結婚式に呼ばれて歌ったとか言っていて、
    そういう営業もこなしているとは意外です。

    自家製ソルダムジュースも美味しそうです。
    頂き物で岩手産らしいけど、
    僕は苺ならば糸島、巨峰やソルダムも八女とか
    福岡産を買うことが多いです。

    先日、福岡に行った時にサービスエリアに
    熊本銘菓の誉れの陣太鼓が置いてあって
    震災で工場が被災しましたがやっと再開しましたと貼り紙がしてあったので
    ささやかな復興支援で買って帰りました。

    皆さんも楽しいお盆休みをお過ごし下さい。

  • こんにちは。
    まだ梅雨明けしていませんが、今日は太陽ギラギラで蒸し暑いです。

    アルバム制作で世間と隔絶している恭ちゃんは
    昨日発熱して伸吟していたけど
    今日になって熱が引いて体調も良くなったそうです。

    GWの福岡でのコンサートは中々良い内容で
    中でも新曲が良かったという評判が聞こえて来たので
    アルバムの出来栄え期待出来るんじゃないでしょうか。

    今日は参院選の投票日で
    戦後日本の分水嶺になるかも知れない日だと言われています。
    間接民主制の日本では投票でしか意思を示す機会は無いので、
    僕も早々と投票だけはしました。

    30年以上も前に上洛した頃、
    京都は共産党が強いというか支持者が多いので驚いた記憶が有ります。
    定食屋さんに入ったらそれこそ今風に言えばフツーに赤旗が置いてあったり
    百万遍近くに共産党系の病院が有ったり
    ちょっとしたカルチャーショックでしたね。

  • こんにちは。
    梅雨入りしてジメジメの毎日です。

    京都のコンサートは曲目新旧入り混ぜて中々良い内容だったみたいです。
    「舞い降りた」も恭ちゃんお得意のフレーズではありますが、
    幼少時から音楽漬けなので
    昔のテレビ番組「霊感ヤマカン第六感」じゃないけど
    インスピレーションというのかその辺りが凡人とは違うのでしょう。

    昔から京都は外国人観光客が多いのですが、
    僕が居た頃は大半が白人で中国人留学生が増え始めたといった程度でした。
    それが近年になって京都再訪してみたら、
    中国、台湾、韓国等アジア系が激増しています。

    彼等彼女等は賑やかなのでいささか閉口させられるとはいえ、
    日本国政府が音頭を取って観光客誘致に血道を上げているので致し方ありません。
    国力の衰退で観光業頼みになっている我が国の現状はお寒い限りです。

  • こんにちは。

    恭ちゃんのニューアルバム制作は難航している様です。
    一人でやっているそうなので中々捗らないでしょうけど
    コンサートと並行してなので大変だと思います。

    ブログに丸山圭子さんの話題が出ていて
    意外な繋がりだったので興味深く読ませて貰いました。
    僕も高校時代に丸山圭子さんのLPレコードを買って
    「どうぞこのまま」「恋めぐり」なんかよく聴いていて
    妖艶でアダルト且つアンニュイな魅力に溢れた大人の女性という感じでしたが、

    徳光和夫司会の日テレ系「速報!歌の大辞テン」で
    最近のお姿を拝した時に体重が増加されていてガッカリというか悲しかったのを思い出しました。
    誰しも若い頃のままではいられないし、
    恭ちゃんもまた例外では有り得なかったのかなという感じですね。

  • 皆さん、今晩は。
    いよいよGW本番です。
    明日は何処へ行っても大混雑で酷い目に遭うのは目に見えているので
    僕は蟄居謹慎するつもりです。

    恭ちゃんは博多どんたくのステージと
    コンサートの準備で慌ただしく過ごしているみたいです。
    福岡の知人に聞いてみたら、
    「どんたくって僕は行ったこと無いんですよね。地元の人はあんまり行かないんじゃないですか。」
    という話でした。

    最近のブログは神社の話題が多いけど
    宗教と縁遠い感じの恭ちゃんが「朔日」という陰暦用語を使ったり
    神社の呼称に様を付けたりする程、
    神道の熱心な信者というのも意外でした。
    浅学菲才の僕は朔日という単語を知らなかったので
    恭ちゃんのお蔭で勉強になりました。

    皆さんも楽しい連休をお過ごし下さい。

  • 今晩は。

    熊本の大地震は避難生活が長期化しそうで大変な事になっています。
    恭ちゃんも地元九州という事もあって素早く反応していました。

    僕も些少ながら寄付をするつもりですが、
    まだ自治体の方で物資や送金の受け入れ態勢が出来ていない様なので
    もう少し様子を見てから行動を起こそうと考えているところです。

    甚大な被害を受けた阿蘇市と熊本城は
    僕も一度だけ行ったことが有るので
    あの威容を誇る天守閣の変わり果てた姿にはショックを受けてしまいました。

    被災地でまた石原軍団が炊き出しやったりするのかな。
    タレントもこういう時に太っ腹なところを見せれば
    必ず評価されて自身に色んな形で返って来るので大いにやって貰いたいです。
    ケチな吝嗇家には誰も付いて来ません。

  • 今晩は。

    ゴールデンウイークも近くなって来ましたけど、
    恭ちゃんは地元福岡で5月5日に二部制のコンサートをやるそうです。

    一部がオリジナルで二部がカバーソングという斬新な企画となっています。
    博多どんたくでGW大混雑ピークの日だけに福岡も
    恭ちゃん流に言えば怒涛の人出でしょう。

    ブログを見ると小金井カントリークラブでゴルフに興じたとか
    テレビショッピングで名高い日本文化センターの社長に会ったとか
    社会的ステータスを感じさせる記事が散見されて
    ピアノ一つで歌う青年のイメージが強かった恭ちゃんも
    何時の間にか脂ぎったオヤジ社会の仲間入りをしたのかと
    ハイヤンから33年、時の経過を感じざるを得ませんでしたね。

  • <<
  • 2531 2512
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順