ここから本文です
  • 最大都市シドニーの郊外で、一部の韓国系グループが今月6日に設置を予定している「慰安婦」像について、日本の市民団体との間で「論争が激化している」と伝えた。

    慰安婦問題の解決に向けた昨年12月の日韓合意についても言及した。

    その上で、慰安婦増設置に、AJCNが、日本人への人種差別を助長すると自治体などに訴えていると紹介。一方、韓国系団体からは、像は平和や人権保護の象徴だと反論しているとの声を伝えた。

     豪州では、やはり韓国系住民が多いストラスフィールド市で昨年、中国系も参加し、公共の広場への慰安婦像設置が計画されたが、市議会から退けられた。

    韓国系グループは今回、市役所などの認可が必要ないとし、像をまずカンタベリー市の「シドニー韓人会館」に設置し、年内に近郊のアッシュフィールド市の教会に移設する方針。

     だが、AJCNは、「韓人会館の所有者は市で、教会も公共施設として扱われる」(江川純世・事務局長)と指摘。弁護士を通じて両市などに対し、像設置の不法性を訴えているという。

    ※韓国人を信じるな!
     韓国はベトナム慰安婦に謝罪と賠償を

  • <<
  • 9 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
法務省 人権擁護キャンペーンPR
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア
法務省 人権擁護キャンペーンPR