ここから本文です
  • 粗悪な中国兵は日本兵の捕虜に残忍な行為を行なっただけでなく、中国の庶民をも無慈悲に扱った。中国軍よりも日本軍のほうが規律正しく、中国の庶民にとっても安心な存在だった。このことは当時の多くの中国人が知っているが、中国共産党は自らの残虐な悪事をごまかすために、中国軍の残忍な行為すべてを日本軍が行なったことにしている。
    そもそも歴史的に見て島国で貧しいながらも充足していた期間が圧倒的に長かった日本人の国民性から考えて、敵国人を屠殺場の動物のように扱うことが常態化していたはずはないのである。
    戦後になって中共の将軍彭徳懐が「日本軍の三光作戦(殺し尽くす、焼き尽くす、奪い尽くすの三つを表わすという)」のことを言ってるが、「光」という文字を日本人がこのような表現で用いることはなく、完全に中共の捏造である。
    「三光作戦」はむしろ中国の軍隊がはるか昔から行なっていた残虐な戦争手法であり、中国史をひもとけばその例は無数にある。異民族同士の戦争が年中ある国ではこんな残酷なことが常態化していたのは自然な成り行きかもしれない。しかし明治維新以前の日本人は、対外戦争の経験がわずかしかなく、国内の「ぬるい戦争」が多かった。「ぬるい戦争」では敵の住民でもできるだけ温存する。日本の歴史と欧米・イスラム・中国の歴史を比較するとよくわかる。
    こんな国民性だから、明治以後もたとえば日清・日露戦争では日本軍の規律の正しさは欧米諸国からも賞賛されている。そのわずか30~40年後に同じ日本軍が突然野蛮な中国軍と同じような軍隊に変貌するとはどう見ても不自然過ぎる。
    共産党の捏造歴史に毒されている中国人は早く目を覚ましてほしいものだ

  • <<
  • 30 7
  • >>
  • 儒教教育2000年民族さんへ

    南京が日本軍によって陥落したとき、ロイターやAPなど、欧米の記者たちもいました
    アメリカのパラマウント・ニュースも、南京占領の記録映画を作っています。
    中国でイギリス系の英字新聞1937年12月24日の紙面で
    日本兵が南京市民に食糧などを配って市民が喜んでいる光景、武器も携帯せずに南京市民から買い物をする姿、南京市民と歓談する光景、日の丸の腕章をつけて微笑む南京市民の姿などが、写真入りで解説されています。
    平和回復を知って南京に戻ってくる住民、中国の負傷兵を手当する日本の衛生兵達
    再び農地を耕し始めた農民たち、そのほか多くの写真が記事と共に掲載されています。

    儒教教育2000年は嘘の教育だったのですか?

    第三国の証言・記事・写真・映像・30万人の遺骨・殺害方法教えてください。

    南京の戦いは、蒋介石軍隊は、兵士たちの後ろに「督戦隊」がいました。
    督戦隊とは、後ろで「敵を殺せ、殺せ」と叫び戦わせ逃げる兵士がいるとその兵士を撃ち殺す中国兵です。中国史家・黄文雄氏は、日中戦争時の死傷者は、日本軍によって殺された中国兵よりも督戦隊に
    殺された中国兵のほうがはるかに多かったといいます。

    なんか証拠でいって頂だいなー(大笑)

  • >>28

    儒教の国は老人に優しいですょね

    2000年儒教の国は年金は幾ら貰ってますか!?

    幸福な老後はどんな生活ですか

    老後は日本よりどんな所が優れてますか?

    2000年の儒教国のレベルを国家の統計データで教えて下さいませんか

  • >>24

    興奮はしていないよ。中国も日本を悪魔にするキャンペーンやっていないよ。歴史問題で、中国側のあらゆる行動と宣言は、戦争の被害者として、攻めてくる日本に対する自然の反応です。
    もう一点、貴方が言った”すなわち異民族間の残酷な戦争を常に行なってきた民族と、大陸から離れた島国の中での言葉の通じる者どうしの戦争だけ経験してきた民族とでは残酷さが明らかに違うのは当然だ”は、やっぱりこのフォーラムで乱用された想像ベース論理法であり、到底受け入れられないです。貴方のロジックをまねて、こちも同じような言葉を作られます:仁義を中心とした儒教教育を二千年わたって一貫した民族と、文字歴史がたった千年くらいの民族とでは、残酷さが明らかに違うのは当然だ。

  • 戦争に正義はない。残酷な戦争に経験したことのない人に戦争した人を評価する資格はないかと。

  • >>15

    altodoor さんの意見には疑問を感じえません。第二次大戦で日本の暴行を報じたのは中国以外の国も報じたと書いてますが、戦勝国側は誇大に報じる事が得意ですよ。
    日本軍が捕虜になり、どの様な扱いを受けたかは報じられてませんね。日本人は忍耐強く敵国の捕虜になり虐待を受けても、恨みつらみを言う事は皆無に近いので、外国の様にあからさまな非難をしてきませんでした。これは昔からの日本人の心優しい心を持っているからです。外国が報道したからと言って、それが全て正しいと思わないで貰いたいですね。

  • >>24

    おれ正しい日本語できないげと、日本は中国にたいして大きな罪と損害を与えだ。しかも、今抱えるのは逆ギレの態度。中国は当然許せない。いつか代償を倍返す

  • >>22

    興奮してるのか、何を言ってるのかよくわからん。正しい日本語を使ってください。
    あんたへの答えになるかどうかわからないがもう一度言います。
    私も含め日本人の大部分は満州事変以降の中国侵略は誤りだと思ってます。なぜなら防衛戦争の範疇を超えている明らかな侵略だからです。日清・日露戦争とは性質が異なります。
    しかし現在中国がキャンペーンを繰り広げている「南京事件」などのプロパガンダには事実を大きく誇張、歪曲したものがあることは明らかだ。そのひとつひとつについて証拠をあげて論争することは暇がないので私はやらない。他の人と論争してください。
    「常識」とは何かと質問したね?歴史に通暁している人としての常識だよ。すなわち異民族間の残酷な戦争を常に行なってきた民族と、大陸から離れた島国の中での言葉の通じる者どうしの戦争だけ経験してきた民族とでは残酷さが明らかに違うのは当然だと言ってるの!

  • なんで、日本のインターネットフォーラムで投稿ボタンを押すと、もう変更が永遠にできなくなる、誤字、文法の誤りが見つかっても。

  • >>21

    >>...常識から考えればそうだと言ってるだけです
    どんな常識ですか?日本の一方的に言ったことのみですか?
    >>宋美齢の米国でのプロパガンダ。。。
    宋美齢さんの米国国会演説が、日本が悪いということを主旨にしていなくて、アメリカがまだ手をあげなければ、中国全土が日本の属国になるよということだ。それが日本を除いて世界中の常識である。
    >>あんたの言う「ほかの国の資料」こそ眉唾ものでしょう。中国や欧米諸国は日本のあらさがしに躍起になっていたんだから
    君の理解力にちょっと気になる。私が言った「ほかの国の資料」は、中国抗日戦争時期の資料じゃなくて(なぜならば、あのとき中国軍が戦った国は、日本しかないから)、その後の時期の資料(あるならばね)に指している。前のポストに言ったとおり、一番いいの時期は、朝鮮戦争だ、だって、あの時、中国軍が、韓国軍含め、アメリカにリードされた13カ国の”連合国軍”と戦っていたので、その中に、たとえば、韓国により、”中国軍が残酷だ”、”中国軍が庶民に暴行を加えた”などのニュース報道とか、政府間の抗議とか、板門店調印するとき正式の提訴とか、もし聞いたこと、見たこと、見せてくださいっていってた。分かった?

  • >>20

    私は資料に基づいて歴史学者のようにあるいはジャーナリストのように論争するつもりはありません。そんなに暇も時間もない。常識から考えればそうだと言ってるだけです。
    「宋美齢の米国でのプロパガンダ活動を欧米諸国が支持した」ことからすれば、あんたの言う「ほかの国の資料」こそ眉唾ものでしょう。中国や欧米諸国は日本のあらさがしに躍起になっていたんだから。

  • >>18

    >>歴史的および地政学的に日中両国の比較をすれば、平均して中国兵が日本兵よりもはるかに残虐だったのは明らかすぎるほど明らかです

    その根拠を見せてもらえませんか。できれば、日本軍による残した資料だけじゃなくて、ほかの国の資料が見せてもらえれば、有力ですね。たとえば、五十年代朝鮮戦争のとき、中国志願軍の捕虜キャンプでは、13カ国の捕虜もあったよ。もしほんとに君が言ったように、はるかに日本軍より残酷だとしたら、そのような資料はいっぱい残されたんでしょう、なぜそれがないでいか。

  • 日清戦争・日露戦争では、日本は欧米列強からも好意的に見られていた。だからこそ日露戦争では、日本優勢の時点で米国に仲裁してもらい、勝利という形をなんとか取ることができた。
    しかし満州事変以降の15年間の戦争は欧米列強からは否定的に見られていた。国際社会から否定されているような戦争は、やはりやるべきではないし、現在まで禍根を残す。

  • 日本の中国侵攻が誤りであったことは大部分の日本人も認めていますが、日本軍が一方的に残虐だったというプロパガンダに対しては、これまた大部分の日本人が反発しています。
    歴史的および地政学的に日中両国の比較をすれば、平均して中国兵が日本兵よりもはるかに残虐だったのは明らかすぎるほど明らかです。
    現在、旧日本軍の残虐行為ばかり強調される原因は、当時の蒋介石夫人宋美齢の米国でのプロパガンダ活動を欧米諸国が支持したからです。歪曲されたプロパガンダをなぜ支持したのかというと、欧米諸国は日本の中国侵攻に反対していたからです。

  • >>14

    >>前王朝を倒した時には皆殺しをしていた残虐な民族です
    あなたはどれほど中国の歴史を分かるか。

  • また、下の論評に常識的な誤りがついている:
    >>戦後になって中共の将軍彭徳懐が「日本軍の三光作戦(殺し尽くす、焼き尽くす、奪い尽くすの三つを表わすという)」のことを言ってるが、「光」という文字を日本人がこのような表現で用いることはなく、完全に中共の捏造である。

    ”三光作戦”(本当は”三光政策”)、もちろん中国の人が日本軍のやったことに対して作った名称である。日本軍がそう称してそれをやったっと、中国側は昔からそういったことない。

  • 事実に基づかなく、想像ベースで”中国人が悪い、日本兵士が優しい”という結論に導く、そういう手法は、このフォーラムで、もう氾濫のようなったんでしょう。本文中で、例のひとつあげましょう:
    明治以後もたとえば日清・日露戦争では日本軍の規律の正しさは欧米諸国からも賞賛されている。そのわずか30~40年後に同じ日本軍が突然野蛮な中国軍と同じような軍隊に変貌するとはどう見ても不自然過ぎる。

    一点がわかってほしい。第二次世界大戦で日本軍の暴行を報じたのは、中国だけじゃなくて、アメリカ、オランダ、フィリピンもあった。七十年代昭和天皇がオランダに訪問するとき、そのためオランダのベテランたちから抗議を受けた報道もあったんでしょう。

  • KORさんの意見は少々間違ってます。残留孤児を育ててくれた恩を言ってますが、確かにその事は評価すべきですが、中国が蒋介石の中華民国の時代に、南京大虐殺などをアメリカ人記者を買収して書かした物です。中国人は易称革命と言って大昔から、前王朝を倒した時には皆殺しをしていた残虐な民族です。軍隊には規律や統制は取れてませんでした。現在の中国を観ればお分かりと思います。共産党を批判しただけで投獄され、中には殺されている人が沢山居ます。中華民国の蒋介石軍と毛沢東軍は戦ってました。南京虐殺が有ったとすれば、毛沢東の残虐性から推すと、毛沢東軍の仕業だと確信できます。中国の異常性は(石 平)拓殖大所属の著書で、何故、私は中国を捨てたかを読んで下さい。幼児の時代から洗脳教育を徹底的にしてます。
    これは小中華を唱えて中国の属国を自慢しているチョンコウ(韓国)と根は同じで、彼の二国は性根卑しい国民性と言う事をお忘れなく!!!

  • >>10

    (言ったところで無駄でしょうけど・・)
    『歴史をよく勉強してからここで話しましょう!』というのはむしろあなたに当てはまる言葉ですね。

  • >>1

    ただしく歴史を取り扱いましょう!
    共産党の捏造歴史ではない、事実です。
    あの時期の苦難を経た中国の庶民が一番分かっていると思います。
    「中国軍よりも日本軍のほうが規律正しく、中国の庶民にとっても安心な存在だった。」日本軍が中国に行く目的分からないの?中国の庶民にとって安心じゃないよ!
    「中国共産党は自らの残虐な悪事をごまかすために、中国軍の残忍な行為すべてを日本軍が行なったことにしている。」って証拠ある?
    「そもそも歴史的に見て島国で貧しいながらも充足していた期間が圧倒的に長かった日本人の国民性から考えて、敵国人を屠殺場の動物のように扱うことが常態化していたはずはないのである」あんたの推測だけです。korさんの言うとおり「小さな島国でも覇権を争って長い間戦争を繰り返してきました
    敵は徹底的に殲滅しました
    調子に乗ってる帝国軍人が酷い事も色々したであろうことは想像出来ます
    当時の日本の新聞の記事だけ見ても酷い事をしています
    戦争という異常な状況で日本人だけが規律を守るとは思えません」

    歴史をよく勉強してからここで話しましょう!

  • >>6

    【極端な言い方をしなければ、極端に洗脳された人間の目を覚ますことはできません】
    わたしの言うことよりもあなたの言うことのほうが完全に正論であることはわかっています。日本人同士のことであれば全くそのとおりです。
    しかし「日本人も中国人も残虐さでは五十歩百歩だ」という言い方では、中国で誇張されている日本人の悪名は絶対に晴れませんよ。国家同士の論争ではたとえ違和感があろうとも、「彼らより殺していないし残虐ではなかった」という言い方をしなければ未来永劫ユスラレ続けますよ。
    この掲示板を中国人たちも見ているであろうと思って、わたしは極端な表現をしています。

  • <<
  • 30 7
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア