ここから本文です
  • 南シナ海における中国の主張や行動は国連海洋法条約違反だとしてフィリピンが求めた仲裁手続きについて、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が南シナ海の広い範囲に独自に設定した「九段線」には「法的根拠はない」と認定する裁定を公表した。中国の強引な海洋進出に対する初の国際的な司法判断で、「歴史的権利」という中国の主張が否定された。

     裁定は確定的な判断で上訴はできない。中国は一貫して無視する姿勢で、罰則など強制的に裁定に従わせる手段はないが、国際社会が司法判断の尊重を求める圧力を高めるのは必至。中国の立場が苦しくなる一方、南シナ海情勢は一段と緊迫化する可能性がある。

     仲裁裁判所は九段線を審理するか否かを留保していたが、裁定は「管轄権を有する」と認定。その上で九段線内の海域や資源について、「中国が歴史上、排他的に支配してきた証拠はない」と指摘し、九段線内の権益をめぐる「歴史的権利」という主張に、「法的根拠はない」と判断した。

     裁定は中国が実効支配する各礁を含め、スプラトリー(中国名・南沙)諸島の岩礁はすべて「島」ではなく、200カイリの排他的経済水域(EEZ)のない「岩」と、高潮時には水没して12カイリの領海も発生しない「低潮高地」と認定した。

     裁定はまた、フィリピンのEEZ内での同国漁船の妨害や人工島造成などにより、中国がフィリピンの主権を侵害していると判断。中国による埋め立てがサンゴ礁の生態系を大きく損なっているとし、中国の環境保護に対する義務違反を認定した。

     仲裁は2013年1月、フィリピンの申し立てを受けて開始。中国は参加を拒否したが、昨年11月には中国抜きで口頭弁論が開かれていた。

  • <<
  • 26 5
  • >>
  • 中国、南シナ海で軍用格納庫建設か 裁判所判断を無視

     中国が南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で航空機の格納庫を短期間で建設しているとの分析結果と衛星写真を、米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)が9日までに公表した。戦闘機など軍用格納庫とみられ、米国政府は同諸島を軍事拠点化しないとの中国の主張を疑問視せざるを得ないと批判を強めている。

  • 仲裁裁判所の判決を受け入れなことは、国際社会から見放されるだけで、何も得ることはなくなる。まして人権弾圧が当たり前の自由のない国はいずれ崩壊の道を辿るだろう。

  • >>8

    天下王土に有らざるなし。
    史記でなく、詩経ですが・・

    地政学と軍事学の観点で言えば中国が宇宙空間の唯一絶対の覇者になることは
    可能性として非常に高い。
    中国が全世界の覇者を目指すことは、決して世迷いごととは思いませんが。
    ちょっとがんばれば手の届く目標ですからね。

    なぜかはヒトラーや習の立場になった気分でで地球儀をまわしながら考えてみよう。
    キーワードは宇宙の覇権方法とステルス兵器対策のための多重探知です。

  • 中国各地でKFC不買運動…韓国・日本の商品に拡散する兆しも

    中国で米国系ファーストフードチェーンのKFC不買運動が広がっている。17日に地方都市のKFCチェーン店で始まったこの運動は韓国、米国、日本の商品全般に対する不買運動に拡散する兆しを見せている。南シナ海領有権に関する常設仲裁裁判所の判決で敗訴した後中国人の間に愛国主義が高まってだ。

    KFCチェーン店を狙った不買運動はこの日午前河北省唐山市楽亭県で始まった。数十人の市民がKFCの店舗入口を封鎖し垂れ幕を持ってスローガンを叫んだ。中国国旗を振り国家を歌ったりもした。垂れ幕には「米国・日本・韓国・フィリピンを排斥しよう。わが中華民族を愛そう」と書かれていた。

    インターネットを通じてこのニュースが拡散しデモは中国全域に広まっている。ウェイボーなど中国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)によると18日には湖南省長沙、浙江省杭州、江蘇省楊州、山東省臨沂など少なくとも11都市のKFCの前で不買運動デモが開かれた。

  • >>18

    中国は、お得意の二国間協議を通じて外交的に当該仲裁裁定を無効化しようと企てているが、
    この様な時こそ、日本が中心となってフィリピンを孤立化させないように米国やアセアン諸国に働きかけねばならない。
    しかしながら、やはり、その足かせとなっているのが日本国憲法である。
    いかに外交的にフィリピンを支援しようとも、日本国憲法下では日本は武力の上での後ろ盾とはなりえない。
    情緒的な方々は、これをもって日本は紛争に巻き込まれないと思うようだが、
    日本は、既に、この紛争に巻き込まれている。
    ここで、日本が武力の上での後ろ盾となり得るという情況(外観)を作るだけで事前に抑止できる紛争の方が多いと思う。
    南シナ海は、ヘタレ大手メディアの報道以上に緊迫しており、
    場合によっては、日本の防衛法制に大きな影響を与える事象が発生することも可能性としては有るのではないか。

  • 南シナ海問題 フィリピンは中国との協議拒否 王毅外相が持ちかけも「仲裁裁定無視が前提だった」

     【シンガポール=吉村英輝】フィリピンのヤサイ外相は19日、南シナ海問題に関する2国間協議を中国の王毅外相から持ちかけられたが、「仲裁裁判所の裁定を無視する」ことが前提条件だったため拒否したと明らかにした。地元テレビのインタビューに答えた。

     ヤサイ氏は、先週に行われたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議へ出席するため訪れたモンゴルで、王毅氏と対談。「フィリピンの憲法や国益、国際法のルールにそぐわない」と、裁定を無視した二国間協議の提案を拒否したとした。

     王毅氏からは「仲裁裁定に言及しそれに沿った議論をするなら、(両国は)敵対することになるだろう」と圧力を受けたという。

     仲裁裁は12日、中国が南シナ海での主権の根拠とする独自の境界線「九段線」を「根拠なし」とし、フィリピン側の主張を全面的に認める裁定を下した。

  • >>15

    >中国共産党の一部強硬派が、仲裁裁判所判決や国際協調を無視して、自国で
    世界支配をするという妄想を抱くのも、この大きさを考えればよく、わかると
    思いますがね。

    列強各国が明治時代に領土の確定を一生懸命やってた頃、中国は中華思想に凝り固まった清国が支配してたから出遅れたよね。
    しかも、その後に革命とか軍閥政治とかの混乱時代があって、やっと国らしい国ができた1950年頃には、もう、世界のすべての国境線が列強たちの都合のいいように確定していたし。
    だから、中国としては、「自分たちの国ができる数十年前も前に、勝手に列強が線引き下したことなんか無効だ」と言いたいんだろうけど。
    その気持ちは、かつて「大東亜共栄圏」を主張した日本に重なるところがあるんで(レーベンスラウムを主張したドイツとかともね)、気持ちとしては分からないところもないんだけど、それをやると、明らかに新たな世界紛争の火種をまき散らすことになるんでさ。
    「出遅れたこと」は自分たちに責任があるんだから、中国には我慢してもらうしかないと思うんだけど。

  • 中国軍高官「軍事力を強化」表明 南シナ海判決に不満

    中国軍の孫建国・中央軍事委連合参謀部副参謀長(海軍上将)は16日、南シナ海における中国の領有権を否定した常設仲裁裁判所判決を受け、軍事力を強化する方針を表明した。判決後、軍高官による公の場での発言は初めて。

  • >>14

    歴史的には、その通りかもしれないが、中国共産党の幹部会議で「世界支配を

    目指すべき」と文書で確認しているのは、事実のようです。

    習近平はその確認どおりに、動かなければ、主席の地位から下ろされる可能性が

    ります。世界制覇は、中国共産党が、中華人民共和国を立ち上げた、1949年

    から、100年後の2049年がタイムリミットとされています。

    現在の中国の人口は約14億人、ASEAN全体でも、6億人 EU全体でも5億人

    米国は3億人、日本は1億2千万人です。巨大な人口と広大な領土。

    中国共産党の一部強硬派が、仲裁裁判所判決や国際協調を無視して、自国で

    世界支配をするという妄想を抱くのも、この大きさを考えればよく、わかると

    思いますがね。

  • >>12

    >[中国の覇権主義が限定的なもので、あればいいがね]
    米国が衰退して、その後、中国がこの地球を支配しようと計画している事実は
    たくさんあると思いますね。

    確かに、今の中国にはそういう困った点があるんだけど、でも、そういう種類の現代中国の覇権主義は、君が書いたような史記の時代のような昔の中国の伝統ではないんだよ。

    昔の中国は人口が2億人くらいしかいなかったんで、揚子江以南には温帯の密林が広がっていて虎が住んでいたような、未開地だったんだよ。
    20世紀初頭になっても、中国の人口は3億人くらいだったんだから、南部の開拓なんかが本格的に始まったのは、大体、明の時代以降だよ。
    そして、伝統的に昔の中国人たちは、南部の密林や北部の不毛地帯なんかは放っておいて、主に揚子江と黄河に囲まれた狭い土地「中原の地」だけに興味があったんだけど。
    それが、彼ら中国人が伝統的に考えた「(文明人が住む)世界」だよ。

    鎌倉時代や江戸時代の日本が、人口2,3千万人以下で、北の未開地「蝦夷」や「樺太」なんかに誰も住もうと思わなかったのと同じなんだよ。(その後ろ側の大陸沿岸部には、聞いたこともないようなわけのわからない民族が住んでたんだし。中国の場合は、ベトナム人とかタイ人(中国から見て「南蛮人」)が)

    昔の中国の世界観を現代に当てはめると、正しく事実を見ることができなくなると思うんだけど。(っていうか、現代の中国共産党の嘘「昔の中国は大きな地域を支配していた」に騙されることになるんでさ)

  • 乞食の「コソ泥」が「野盗」になりさらにより規模が大きくなり「山賊、海賊」になった。まさに共産中国の実態だ。国力が付いてきた事を元に、現代の世界において、国際ルールを無視した公海の乗っ取りを画策・慣行し、半狂乱で2000年前から俺の領土だと騒ぎ立てて恥じない。つい最近まで内乱、騒乱の国がどうして2000年も前から南シナ海を自国領として管理で来たのか。国際ルールを無視するような国は決して大国たりえない。所詮、歴史上、かつて共産中国という国が一時存在し、南シナ海で勝手な事をやったが、最期は内乱の後、崩壊して無くなったという末路をたどるのだろう。現代にふさわしい大国としての信義、モラルの持てない国が何を主張しても世界は認めないということだ。それが今回「九段線の根拠の嘘」が法的にも証明されたということだ。お笑いだ。戦前からのいい加減さはむしろ今の共産中国方がひどい。こんな出鱈目な行動を平気でとる国、日本と戦前に戦争になったのは当たり前。フィリピンが実力ある国ならとっくに南シナ海で戦争が始まっているだろう。バカガキが体格だけ大きく成長したようなもの。知識、教養、マナーは子供のまま。例えるならこんな状態、それが今の共産中国だ。まさに、世界の笑い者、鼻つまみ者だ。自ら法治国でない事を証明して信用を失っているようなもの。

  • >>9

    [中国の覇権主義が限定的なもので、あればいいがね]

    米国が衰退して、その後、中国がこの地球を支配しようと計画している事実は

    たくさんあると思いますね。アジアと欧州を直接結ぶ「一帯一路」構想。

    「21世紀海上のシルクロード」「太平洋を米国と折半して統治する構想」

    「南シナ海全体の支配」「尖閣列島の支配」などなど。

    中国の特徴はなにかをやろうとするときに、「時間をたっぷりかけてやること

    」ですね。また、外交的な手腕は、日本の比ではないですね。「嘘をつく」

    「相手を油断させて、スキを見せたときに、一気に攻撃を仕掛ける」

    これらは、「正直・誠実を大切にする」の日本の「武士道」と全く違っていて

    中国の兵法で認められていることですね。

    詳しくは「CHINA 2049」マイケル ピルズベリー著をお勧めします。

  • >>8

    >[ 中国の史記という歴史書には、この地球は一国の王が支配すべきと書いてあり ]
    中国共産党の強行派には、これをいまだ、信じている連中がいる。

    秦王政の時代じゃあるまいし。
    他の意味での覇権をねらってるんだろ?

    大体、中国人が言ってた「世界」っていうのは、揚子江と黄河に挟まれた中原の地だけで、その他は蛮族が住む価値のない土地だったじゃん。
    ましてや、大陸の土地どころか海洋に出ようなんて、そんな歴史や中華思想なんかほぼ無いはずだけど。

  • >>4

    [ 中国の史記という歴史書には、この地球は一国の王が支配すべきと書いてあり ]

    中国共産党の強行派には、これをいまだ、信じている連中がいる。

    そして、衰退する、米国の次は、中国がこの世界を支配すべきと

    真剣に考えているらしい。習近平の周辺にも、この強硬派がいて、彼も

    この誤った歴史観を推進しょうとしていることは、間違いないね。

  • 南シナ海問題 中国「裁定棚上げを」 比に交渉要求、日米を批判

    【北京=西見由章】中国側の「完全敗訴」となった南シナ海をめぐる仲裁裁判所の裁定を受けて、中国の劉振民外務次官は13日会見し、フィリピンに向けて「裁定を紙くずと認識して棚上げし、交渉のテーブルにつくことを希望する」と呼びかけた。対話姿勢を見せているフィリピンのドゥテルテ新政権との2国間交渉に持ち込んで国際世論を分断し、裁定の履行圧力をかわす狙いがありそうだ。

    特に中国が“裁定の黒幕”として非難しているのが日米だ。

    ※危険すぎる裸の王様状態

  • 日本も尖閣諸島・竹島も仲裁裁判所でハッキリすればいいのに
    ハッキリしないから韓国・中国につけ込まれる

  • 南シナ海問題は習近平政権のレガシーづくりの一環
    毛沢東は建国の英雄、鄧小平は経済基盤、江沢民と胡錦濤はGDP第二位への躍進
    習近平はなにを残すのか、国内の腐敗勢力の一掃は国民には人気があるが、あくまで権力闘争の一環
    後生に習近平の名を残すにはどうしたらいいか、それには経済力と軍事力を駆使した大中国への野心だ
    胡錦濤政権までは鄧小平の遺訓に基づき、米国と協調し、遠慮がちに政策を進めてきたが、自国の経済力
    軍事力の向上を背景にG2を目指す方向に舵を切り始めてきた。オバマ政権との間で太平洋の覇権を2分割
    する提案までしてきた。オバマ政権は中東問題に比重をかけ、アジア問題は軽んじてきた、さらに補佐官が
    太平洋の覇権問題に理解を示すような言動があったため、中国は一気に南シナ海の制圧に乗り出した。
    経済力と軍事力を背景にオバマの忠告等一切無視する態度に出てきた。
    習近平は領土、領海を増やした、大中国への躍進の基礎を創った主席として中国の歴史に刻まれる
    ことを意図したものと思われる。
    危険なことは、人民解放軍の跳ね返りが何をするかわからないことだ、へたに高級な軍事的おもちゃ
    をもたせると使用したくなるものだ
    南シナ海は習近平のメンツと国内政治を巻き込んでおり、なにが起こるか予断を許さない。

  • <<
  • 26 5
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア