ここから本文です

雑 備忘

  • 262
  • 2
  • 2017/01/11 20:02
  • rss
  • <<
  • 262 241
  • >>
  • >>261

    メディカルネット

    ミルテル 広島大学 マイクロRNA

    島津製作所、医療分野の新研究拠点 本社工場に
    2017/01/11 12:51
    島津製作所が11日、本社三条工場(京都市)に医療分野の新たな研究開発拠点「ヘルスケアR&Dセンター(仮称)」を設けると発表した。がんの早期診断など先端医療分野を新事業として育成する方針。2018年1月に着工し、19年1月に完成する予定だ。延べ床面積は1万9300平方メートルで、投資額は93億円。
     同社は患者から採取した血液などを分析することで、がんが大きくなる前に早期発見できる「分子診断」と呼ぶ事業を育成している。早期診断の関連機器の売上高を19年度に16年度比8割増の110億円にする方針のようだ

    島津製作所ホームページで広島大学 マイクロRNAで調べてみた
    未病!

  • メディカルネット
    ミルテル 広島大学 マイクロRNA
    島津製作所、医療分野の新研究拠点 本社工場に
    2017/01/11 12:51
    島津製作所が11日、本社三条工場(京都市)に医療分野の新たな研究開発拠点「ヘルスケアR&Dセンター(仮称)」を設けると発表した。がんの早期診断など先端医療分野を新事業として育成する方針。2018年1月に着工し、19年1月に完成する予定だ。延べ床面積は1万9300平方メートルで、投資額は93億円。
     同社は患者から採取した血液などを分析することで、がんが大きくなる前に早期発見できる「分子診断」と呼ぶ事業を育成している。早期診断の関連機器の売上高を19年度に16年度比8割増の110億円にする方針のようだ

  • 3645
    上期経常は73%増益で上振れ着地・通期計画超過した。
    17年5月期上期(6-11月)の連結経常利益は前年同期比73.3%増の1億3000万円に拡大、従来予想の7700万円を上回って着地し、矯正歯科サイトの広告出稿が伸びた主力のポータル運営事業が収益を牽引する。人件費や広告宣伝費の削減に加え、赤字だった保証事業子会社の連結除外による採算改善なども増益に貢献した。通期計画の1億1000万円を既に18.2%上回っており、業績上振れが期待される。
    ポータルサイト運営事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は368,193千円(前年同四半期比14.6%増)、セグメント利益は234,417千円(前年同四半期比13.1%増)となりました。

    SEM事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は193,993千円(前年同四半期比9.4%増)、セグメント利益は16,164千円(前年同四半期9.9%減)となりました。

    医療BtoB事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は66,114千円(前年同四半期比8.5%増)、セグメント損失は5,006千円(前年同四半期は、セグメント損失1,628千円)となりました。

    メディアプラットフォーム事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は8,916千円(前年同四半期比393.1%増)、セグメント損失は14,813千円(前年同四半期は、セグメント損失21,123千円)となりました。

    販売代理事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は44,105千円(前年同四半期比41.6%減)、セグメント損失は169千円(前年同四半期は、セグメント利益369千円)となりました。

    事業者向けホームページ制作・メンテナンス事業
    当第2四半期連結累計期間の売上高は60,567千円(前年同四半期比51.7%増)、セグメント利益は12,302千円(前年同四半期は、セグメント損失4,908千円)となりました。

    今後の株価は独自性を発揮するとおもわれる。
    材料が明確化されてない!

  • 4571
    薬物送達技術を用いた創薬を目指すベンチャー企業のナノキャリアは、自社で開発中の抗がん剤「エピルビシンミセル」について、軟部肉腫を対象とした中期臨床試験を米国で開始すると発表した。
     エピルビシンミセルは、既存の抗がん剤エピルビシンに特殊な高分子を追加して球状に集まるようにした製剤。エピルビシンが高分子の内側に包まれる形になるので、正常な組織では働かず、副作用が出にくいと期待される。がん細胞に取り込まれるとエピルビシンが放出される仕組み。
     日本で固形がんを対象に初期の臨床試験を行った結果、嘔吐(おうと)や骨髄毒性などの副作用が低減する傾向が認められた。
     今回の試験対象とする軟部肉腫は、脂肪や筋肉などの軟部組織にできるがん。希少がんの一種として知られている。米国での新規患者数は年間1万2千人程度とされる。
     なお、エピルビシンミセルは2011年に興和と共同開発契約を締結していたが、昨年10月に契約解除された。今回の臨床試験はナノキャリア単独で行う。
     ナノキャリアのパイプラインについては、昨年7月、日本化薬に導出していた「パクリタキセルミセル」の乳がんを対象とした後期臨床試験が失敗に終わったほか、12月には「シスプラチンミセル」の放射線療法との併用による前期臨床試験も自社判断で中止するなど、期待外れの結果が続いている らしい。

  • 京都大学再生医学研究所 共同記者発表

    平成27 年8 月21 日
    再生医療に向けた新たなヒトES/iPS 細胞用の高機能凍結保存液
    「ReproCryo DMSO free」販売開始のお知らせ

    高機能凍結保存液 「ReproCryo DMSO free」多くは、ここに。

  • >>252

    <マザーズ>Jストリーム9%安 信用規制に警戒売り
    2016/11/24 速報 イブ
    10月19日に「総務省がテレビ番組をインターネットで同時配信する『ネット同時配信』を19年にも全面解禁する方針を固めた」と伝わったのがきっかけ。同社はテレビ局が放送直後に番組をネットに流す「見逃し配信」などについて商談を始めているといい、思惑買いを集めている。

  • >>252

    2016/10/19
    朝方から買いを集め、後場に入り気配値を制限値幅の上限(ストップ高)となる前日比80円(26.7%)高の380円まで切り上げた。19日付の朝日新聞朝刊が「総務省は、テレビ番組をインターネットで同時に配信する『ネット同時配信』を2019年にも全面解禁する方針を固めた」と伝えた。動画配信事業を手掛けるJストリームに思惑買いが集まった。
     Jストリームはテレビ局が放送直後に番組をネットに流す「見逃し配信」などについて商談を始めている。岡三証券の大場敬史日本株式戦略グループ長は「短期の思惑買いが集まっているが前日まで売買が薄い銘柄だった」と指摘、明日以降の下落局面でJストリーム株を売却できない状況が出てくる可能性があると話していた。

  • 2017年の世界の「十大リスク」
    首位は「独立した米国」で、トランプ次期米大統領のもと、米国が世界の諸問題の解決などでリーダーシップをとらなくなる可能性を指摘した。ブレマー氏は大統領選以前から米国の指導力低下でリーダー不在となる世界を「Gゼロ」と名付け、危険性を指摘してきた。

    2位には秋に共産党執行部の人事が控える中国、
    秋の党大会を経て習近平政権が2期目に入る。最高指導部が大幅に入れ替わる予定で、「(1978年の)改革開放以降で最も複雑なイベントになるだろう」と予想。習氏の指導力に改めて注目が集まる中で、「習氏は中国の利益に対する外からの挑戦に対し敏感になり、これまで以上に外交問題について強硬に対応するだろう」

    3位にはメルケル独首相が力を失った欧州を挙げた。
    これまでドイツのメルケル首相が欧州の安定を率いてきたが「欧州は強いメルケルをもう必要としなくなっている」

  • 11月14日から2016年12月31日の間、JストリームのCDN(Content Delivery Network)サービス「J-Stream CDNext」上で、動画配信プロトコル「MPEG-DASH」におけるハイブリッドキャストを使った動画配信実験を実施するそうです

    今回の実験では、複数の符号化方式、様々なビットレートで2K/4K動画を配信し、イベントメッセージ信号による受信機制御や、デジタル著作権管理技術DRM(Digital Rights Management)を施した実際の商用サービス環境に近い実験環境において、市販受信機での再生を検証します。放送と通信の連携サービスであるハイブリッドキャストは、IP経由で動画配信するためにも重要な放送技術として位置付けられており、Jストリームは、今回の実験で得られた結果や課題を、ハイブリッドキャストに関連する新しいサービスの事業展開に役立

    キッカケは

    「総務省は、テレビ番組をインターネットで同時に配信する『ネット同時配信』を2019年にも全面解禁する方針を固めた」と伝えた。動画配信事業を手掛けるJストリームに思惑買いが集まった。
     Jストリームはテレビ局が放送直後に番組をネットに流す「見逃し配信」などについて商談を始めている。

  • 信用取引強化の中で上昇する株は相当強いですね!

    七千円の過去の経験から 飛躍の酉 銘柄になりそうだ。

  • 2016年12月15日
    株式会社Jストリーム
    株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)は、企業が行う教育・研修において効果の高い学習を実現するための動画eラーニングASP「J-Stream ミテシル」の提供を開始したことをお知らせいたします。
    本サービスは、ビムーブ株式会社(平成28年4月1日にJストリームが吸収合併)の動画eラーニングASP「マナボゥ」の機能を強化し、「J-Stream ミテシル」として新たにご提供するものです。Jストリームは、動画eラーニング分野におけるサービスラインナップの充実を通じて、今後更なる需要増加が見込まれる企業の教育・研修分野における幅広いニーズに対応いたします。
    .
    .
    .

  • 新商号(英文表記)
    株式会社メディカルネット
    (英文:Medical Net, Inc.)

    変更予定日
    平成28 年12 月1日

  • >>244

    ReproCELL USA Inc.

    味の素、基礎研究用iPS/ES細胞用培地「StemFit」Basic02を米国で研究機関向けに販売開始
    2016/09/14 日経プレスリリース

    h
    ttp://t21.nikkei.co.jp/g3/p02/LATCD013.do

    再生医療研究は、その臨床応用や実用化に向けて最も研究が盛んで大きな進展のみられる研究領域の一つです。再生医療に関連する装置類や消耗品類、サービス類等の周辺産業の将来市場規模は、


    2012年時点で全世界で2,400億円、その約半分を米国が占めています。



    2050年には15兆円にまで成長すると見込まれています(2013年、経済産業省調べ)。

  • リプロセル、iPS細胞向け研究試薬の製造・販売などを行う米社を完全子会社化
    2016/10/28 15:50 日経速報ニュース

    IR
    h
    ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?
    cat=tdnet&sid=1410523

    プレスリリース
    h
    ttp://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=427144&lindID=4

  • 「"老化"を止めたい女性たち~広がる卵子凍結の衝撃~」
    卵子凍結の実態や出産例などがあります。

    京大とリプロセル、毒性のないES/iPS細胞用の凍結保存液を開発
    京都大学・再生医科学研究所とリプロセルが、毒性のないヒトES/iPS細胞用の細胞凍結保存液を開発したと発表した。同保存液はリプロセルが商品化。
    開発した細胞凍結保存液は、DMSOの機能を代替しながらも毒性を示さないため、再生医療分野だけでなく、幹細胞を用いた研究分野における新たな凍結保存法。

  • 厚生労働省が所管する医薬基盤・健康・栄養研究所の霊長類医科学研究センター
    京都大学iPS細胞研究所と共同で、機能不全にさせた臓器と同じ臓器のヒトiPS細胞をサルに移植し、効果を確かめる実験を行っているそうです。

  • 初診は対面で受診することを前提として、スマホ越しで保険適用の医療を受けられるサービスも登場してきた。かつて遠隔医療は一部ケースを除き原則禁止とされてきたが、15年8月に厚生労働省が遠隔医療を事実上解禁するという通達を出したからだ。
     ポケットドクターも16年4月から「かかりつけ医診療」を始めた。患者が希望し、医師が問題ないと判断できれば、スマホで再診が受けられる。
     今後は大型の医療機関でも遠隔医療が広がる可能性もある。東京女子医科大学はIT(情報技術)ベンチャーのポート(東京・新宿)と高血圧患者の遠隔医療について検証を開始した。

  • <<
  • 262 241
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順