ここから本文です

相場爺の戯言

  • 2,638
  • 7
  • 2017/02/22 10:54
  • rss
  • 1

    *****

    見ているものの役に立つ板になるといいのぉ〜

    ほな  さいなら

  • <<
  • 2635 2614
  • >>
  • 2635(最新)

    遠藤四郎 2月10日 08:50

    >>2634

    株仙人さん、おはようございます。HDDよりSSDのほうが高速処理できますよね。僕も3日前にツクモのサポートにメールして、デイトレードのパソコンのおすすめを質問したところ。地方ではWifiはつながることはつながるんですが、すぐに容量制限がかかってしまって不便なんですよ。で、非スマホでノートパソコンからネットにつなぐにはどうしたらいいか?一般的には、マクドナルドやスターバックスのWifiスポットを利用するわけですが、人気が気になって銘柄分析に集中できない。しかも、この季節のコーヒー屋さんは足元が冷えるので30分も座ってられない(笑)そこで、僕の生活の知恵なんですが、地方でWifiが使えるスポットは、ラブホテルとネットカフェ(笑)ラブホテルは綿密にリサーチして、たんにWifi利用だけではもったいないので、サウナと岩盤浴があるところ。半日いても4500円なので、そこで読書して銘柄分析して汗を流して、食事は近所のスーパーの生野菜を持ち込み(笑)。旅行なんか行かなくても、ラブホテルで十分にリフレッシュできますよ。それとネットカフェ。6時間いて1500円ほど。今のネットカフェはファミリーレストランやレンタルオフィス並みに充実している。コピー機あり、日経マネーなどの雑誌も豊富。お茶も飲み放題でフードも充実。最近、大企業の自宅勤務が話題じゃないですか。おそらく、そういう人たちはネットカフェに流れていると思いますよ。僕は自遊空間というネットカフェをよく利用していますが、3326 ランシステムはなかなか面白い銘柄。おそらく、証券マンや機関投資家あたりもネットカフェをよく利用するのかなーと推測(笑)。ネットカフェは若者のたまり場的なイメージですが、今は年配者がけっこういる。若者の1500円はけっこうな出費。ネットカフェもシニア層がターゲットになっているようでシニア料金も設定されています。ラブホテルとネットカフェがおすすめというわけではないのですが(笑)、たまに普段の生活環境から離れて、ノートパソコンを開いて銘柄分析すると、また違ったものが見えてきます。

  • >>2633

    surfaceは10インチのタブレットで薄く電源コードがなしで使用しているので便利ですよ
    HDDでなくSSDでなおいい

    粉飾決算の東芝PCは五年過ぎて古いのですが貧乏なのでW7からW10にアップしてまだ使用しています

    お金持ちになれば薄型でSSDのPCを買いたいところです
    そうすれば本棚のようにPCを立てて並べられる
    必要なら取り出して持ち運べるです

    一時スマホのテザリングやってみましたが子機になるW8.1のsurfaceが重すぎて使い物になりません
    直接wifiに接続すべきです

  • >>2632

    株仙人さん、おはようございます。中長期投資はノートパソコンで十分ですよね。デイトレードやスイングトレードだとPC環境はある程度、必要になりますが。僕は生まれてからこの方、スマホというものを触ったことがない(笑)。今の時代、誰でも情報にアクセスできるのですが、僕は単純にモニターの画面の大きさ、画面の読みやすさで、情報の格差が生まれていると思うんですよね。で、僕は地方に住んでいるのでWifiスポットに乏しく、仕方なくルーターを持ち歩いているのですが、これまた電波が入りにくい(笑)。Wifiも解約しようと思っているのですが、地方在住者としては5Gの世界を待ちわびているところ。PCのモニターの縦置きはピボット機能といいますが、これは非常に便利で快適。縦長の画面をスクロールすることなく、パッと見で読める。文字もかなり読みやすいですよ。僕はなんで世の中の人びとはモニターを縦置きにしないのか不思議なところ(笑)。

  • >>2631

    証券会社の口座を複数持っているのは時価総額が1億を越えたら口座を分割したからです
    口座が使えなくなった時のリスク分散のためです
    ステルス作戦ではありません
    最近は口座数が増えて面倒になったのでやめています
    確かに野村証券の口座を持っていますがこれは会社の持ち株会からの腐れ縁です

    野村の営業員と会話してもおいしい話は1つもありません
    いい銘柄をこちらが逆に教えているような関係

    営業部員にラップ口座を勧められることはありません

    戦闘装備は東芝のノートPCとタブレットのSURFACEのみ
    スマホを買ったが画面が小さすぎて使い物にならないです
    やっぱりWINDOWSですね

  • >>2630

    株仙人さん、おはようございます。お役立ち情報、ありがとうございます。資産規模によって証券会社の選択、資産運用、投資ツールも異なってくるわけですが、僕の場合は、松井証券と楽天証券の2社のみ。自宅と事務所の両方のPCに縦置きのモニターを4台つないで、松井証券のネットストックを表示させています。移動のときはWifi別持ちのノートパソコンで、携帯は今だガラケー(笑)。株仙人さんが証券会社を7社にしているのは税金対策のステレス作戦といったところですか。僕からしたら、野村証券あたりに口座を持っていれば、おいしい情報がもらえるのかなーと(笑)。ラップ口座なんかは利用されないんですか?

  • >>2629

    h
    ttp://hikaku.minkabu.jp/hikakusec/index.html
    38万人の個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!

    興味深い記事です
    某は現在7社の10口座を持って時価総額の分散を図っていますが
    普段使う口座は1-2口座で分析用です
    会社数多いとPC操作がややこしいです

  • >>2628

    関ヶ原の戦いでは西軍石田三成は格言道理の兵力配置でかつ兵力も優勢だった
    さらに、本隊のバカ息子の徳川秀忠が上田で手間取って遅刻した
    福島では上杉の軍が背後から家康を狙っていた

    闘いは理屈ではありません
    実践です
    無駄な戦いを避けて必ず勝てる戦だけをやることが勝てる秘訣です

  • >>2627

    株仙人さん、おはようございます。シスメックス、強烈なチャートですね。
    心技体で闘う、そういうことですね。一言でバッサリ切ってきますね(笑)。
    今後ともよろしくです。

  • >>2626

    株価形成の波をうまくとらえることです
    短期の波と長期の波です
    強い信念が必要です
    格言を読みりかいできるだけではありません
    つまり江戸時代の道場で稽古では不十分です
    戦場で闘うことです

  • >>2625

    シスメックス ずいぶん前から目をつけていますが
    その理由は明らか・・・・
    買えないで今に至っています

    20年前に思い切って買っておれば・・・・

  • >>2622

    おはようございます。脳がフレッシュな朝に書き込み(笑)。昔、グローベルス時代の掲示板で、証券会社のセールスに勧められるままに、36円付近で買った主婦がいて、そのとき300円近くまで上がったことを思い出しました。プロスペクトの100円台の値動きは、株式数の割には仕手株並みに軽い印象がある。ところで、長年、低位株をいじっているとおなじみの人とよく遭遇しますよね。文体がおもしろい人は株もうまい印象がある(笑)。天性のポジティブ思考なんでしょうかね。2桁台の昭和ゴムのときは、応援歌つくって書き込んでいた人もいましたよ(笑)。最近の上げ相場を見て、今はどうしているのかなーと思い出すこともあったりで。僕が掲示板で苦手なのは、関西弁の書き込みですね。芸がないというか(笑)。林田和夫の「株式投資心得帖」の解説、ありがとうございます。遠藤四郎の参考文献の中に林田和夫の名前があり、投資手法は異なるものの、基本的な哲学は共通するものがあります。なにより、林田和夫の本は読みものとしておもしろい。魂を込めて書いているところがいい。パンローリングなどの投資の本は、理論的ではあるけど、魂に言葉が刻み込まれないんですね。100の理論よりも1つの格言とうことで、案外、それが人生を助けてくれたりしますからね。で、投資の本は1980~90年代がおもしろい。まだ出版業界に勢いがあったので、書き手が思うことを自由に書いている。今だったら、編集者が書き手の魂を削り取ってしまうので、証券会社のレポートのような本みたいになりがち。しかも、1980~90年代の古本はアマゾンで格安。250円ぐらいで、こんなすごいことを知ってしまっていいのかと思うほど宝の山。多分、20~40代の個人投資家で株でうまくいっていない人は、書店に並んでいる今どきの本を買って読んでいるからだと分析するわけです(笑)。

  • プロスペクトを検証。
    空売り
    1.クレディスイス  385万
    2.BNP       191万
    3.MS       158万
    4.GS       155万
    5.JANE      78万 合計 967万 コピペ

    3528の貸し株2477万株(隠れ空売りと称した)は機関への貸し株だったということか?12月16日1404万株がなんと1月27日に2477万株に
    この数量を貸せるのはPJFしかいないのでは?

    PJFの買収であげた89円に本日3日に88円まであり、上がるのは嬉しいが
    やはり腑に落ちない。。。
    何年も減らない1500万株近い信用買い残も摩訶不思議。。
    しかも、サヤ取りするいつものドイツ銀行がなぜか空売り組みに入ってない。
    そして、何の材料の発表もないのにPTSで163000株も出来高ができている。

    momiji=soubashiがでることはヾ(*´∀`*)ノことだ。。モミジ氏は
    過去上がる株を当ててきた。武富士の倒産も当てたし、
    アンリツのLTEで500円を1000円にした。。
    カネミツも上がり、タカタは倒産を予想している。
    彼の信者は非常に多く資金力もある。
    最近はあまり聞かなくなったが、ミハエルショダンだったかまだいるのか?
    yahooの掲示板で記憶があるのは、昔でいえば、takoかな。。
    そしてmomiji とミハエル そして、最近では五大陸かな。。
    この辺を追っかけて、損切りラインをきちんと決めるなり、掲示板に投稿しなくなったら即売りと決めておくと、彼らの銘柄は中には大きく動くものがあるので、
    値幅は取れるとおもう。。あくまで彼らの投稿から盗んでいるので、外れる時もあり、情報に頼るのはいかがなもんかと吾輩は思うが、それで儲けているものがいることは確かだ。情報は裏切られるということをわかって追っかけるならいいとおもう。

    おっと話は変わったが、なぜここに来て900万株も空売りが入ったかだ。。
    貸株は2477万株とおそらくこの数字に近い形で高い値段で空売りが入っていると判断するのが妥当だろう。
    2月13日の決算に照準を絞っているのではないか?
    赤字ではないが”これで3円配当だせるの?”という黒字でしかなく、
    シナリオができているのでは?
    それともmomijiがいうように160円以上にあげるためには、空売りの踏み上げの買い戻しが必要だからPJFは貸株した???
    しかし、機関は資金力が豊富なので、100万株で100円上がっても1億程度で
    空売りを買い戻すとは思えない。2年前も150円まで行って、最近で36円まで下がているのだ。。。
    そして何の材料もでてないのにPTSで163000株もできた?????
    PTSでクロスでもふったか?それともサイン???
    妄想はキリがないが腑に落ちない。。。。
    ま~こうしてこの株で儲けてきたのだから、
    今は65万株と信用の1円抜きで大儲け。。。
    どのような展開になるかとくと見届けよう。、。。、。

    ほな  さいなら

  • 今日は、遠藤殿の 株式投資心得帖とまとめてみました。

    1、逆は真なり。何やっても勝てないものに
    あなたがいままでやった反対のことをすればいいと。。。
    つまり、買いたいと思うときは空売りをし、売りたいと思うときに買う。。
    吾輩もよくいろんなとこで述べたが、不思議と逆にやっても思うように勝てないのである。
    これは、打開策の一つとしてはいいが、逆に迷いを生み、混乱するだけである。
    むしろ、皆が買っているときに売り、皆が売っている時に買うが正解である。

    2、資金の分散
    資金集中がリスクが大きいのはわかるが、これも吾輩は最初はそれがベストと思っていたが、
    資産を大きく増やすには集中をしないと増えないが現実である。。
    本の中は国策銘柄をあげ、二兎をおえども道をわすれずと林田氏はのべている。

    3、千金の子は仕手戦に乗ぜず。と
    仕手株を扱っている集団の利欲をあげ、買い占めでの悪行をのべ、手出し無用をのべている。
    確かに、仕手株は素人が手をだすと痛い目にあるという。
    しかし、そこにやはり強欲の投資家が存在しているからそうなるのであり、自分の決まられた
    ルールに従っていれば大怪我にならないが吾輩の結論である。

    4、銘柄選択にまよったら”国策にまがりなし”。そのとおり。
    国策銘柄は必ずあがるからである。

    5、コーヒーブレイクこそ次への踏切台であるとして大切にしたいものである。
    これは休むも相場と少し違うが同じことだと吾輩は思っている。
    大事なことは、投資中毒にならないことだ。人間は、ギャンブルで一度勝つとその勝ちが
    脳に残り、勝ったときの感覚がいいものなのか、やめられなくなる習性が人間にはあるようだ。
    そのために、資金が尽きるまでやらないとすまないようで気がついたら資産はなくなって退場になるのだ。資産が減れば減った分を取り返そうと投資する金額を大きくしたり、すくない資金で
    大きくかけられる信用取り引きに手をだし、退場に。。。
    負けた時ほど、休み自分を冷静にみれる余裕がなければ、投資をしてはいけない。

    6、勝負事の途中では”勘定したら負ける”を知れ
    残念ながら吾輩は投資をするのに勘定をしている。
    これは、平常心は成功の母にたとえているように、常に冷静であることが大事であることをのべている。負けていれば、損を取り返そうと大きくかけたり、冷静さをなくすからである。

    7、株式投資のやりすぎも、食べ過ぎと同じで控えなければいけない。
    これは、5での投資の中毒を糖尿病で説明している。
    株式糖尿病の対策
    1、資金は多少に関わらず、三分割以上に(食事を三食平均的に摂ること)
    2、そのうち2銘柄は嫌いでも低位株にする(野菜もバランスよく食べる)
    3、値がさ株の遊びは1銘柄にする。(酒はほどほどに控える)
    4、期間は1ヶ月などといわず、半年は我慢する。(ゴルフ等の運動は倍にする)
    5、そうすれば、少なくとも大損は防げる。(眼底出血は防げる)

    8、株式の値動きは、一定のリズムで回っているだけとおもうこと。
    悲観のなかに生まれ、懐疑の中で育ち、楽観とともに成熟し、幸福のうちに終わる(ウォール街の格言) を円舞曲 悲、懐、楽、幸の繰り返しであると説明している。

    9、買い気配、売り気配で動揺する”癖”を治せ。
    株は、動いて上がっているものに手をだし買い、暴落して下がっているものを売るという
    ことを例えたもの。
    10、株式投資は低位株中心でおこなうべし。。
    低位株は倒産というリスクもあるが大化けして株成金への道でもあると。。。

    11、株式投資は他人と相談をしてやれるほど甘くない。
    勝負事の極意は、人に教えを受けるものではないし、教えられるものでもない。まして仲間と相談して修得できるほど甘いものではない。それは、自らが会得するものであると。

    12、株式投資は長・分・低の法則
    長は長期投資、分は分散投資、底は低位株投資

    今日はここまで、、、一部吾輩の勝手な講釈が入っているが気にしないでいただきたい。

    ほな  さいなら

  • 米大統領、司法省トップを解任=入国禁止令で反旗―国務省は集団抗議へ
    時事通信 1/31(火) 6:36配信

    トランプ米大統領は30日、司法省トップのイエーツ司法長官代行(写真)を解任。イエーツ氏は同日、難民やイスラム圏7カ国の出身者らの一時入国禁止を命じた大統領令を支持しないよう同省に命じたと伝えられていた
     【ワシントン、ニューヨーク時事】トランプ米大統領は30日、司法省トップのイエーツ司法長官代行を解任した。

    【ひげの一品 外交解読】未知との遭遇=「トランプ・ワールド」を読むカギ

     イエーツ氏は同日、難民やイスラム圏7カ国の出身者らの一時入国禁止を命じた大統領令を支持しないよう同省に命じたと伝えられていた。

     国務省でも100人以上の国務省職員が入国禁止令に集団で抗議する計画が判明。
    西部ワシントン州は30日、大統領らを相手取り「違憲」として提訴に踏み切った。トランプ氏に対抗する動きは、政府内や地方州に拡大する異例の展開に発展している。

     イエーツ氏は、司法省の顧問弁護士に送った書簡の中で、大統領令は「合法とは確信が持てない」と批判。「私が司法長官代行である限り、擁護が適当と確信するまで、司法省は大統領令を擁護する答弁を行わない」と表明した。

     オバマ前政権下で任命され、近く新長官の就任を受けて退任するイエーツ氏の書簡は象徴的な意味合いが強いが、政権内の深刻な分断を浮き彫りにした。トランプ氏は書簡の報道を受け、イエーツ氏を即日解任し、後任を指名するという強硬措置に出た。ホワイトハウスは声明で「イエーツ氏は合法的な大統領令を執行することを拒むことにより、司法省を裏切った」と批判した。

     CNNテレビによると、トランプ氏は移民税関捜査局トップのラグズデール長官代行も解任した。理由は明らかにしていない。

     一方、抗議を計画する国務省職員は、同省が設置した外交政策への意見表明制度を利用し、抗議内容を記したメモに署名を集めて提出するとみられる。ニューヨーク・タイムズ紙は「メモがまとめられたスピードと署名者の人数(の多さ)は、国務省がトランプ氏の禁止令への抵抗の中心になったことを示している」と指摘した。

     入国禁止令をめぐり全米州で初めて提訴したワシントン州のファーガソン司法長官は30日、憲法に定められた法の下の平等や、信仰の自由などを侵害していると批判した上で「大統領でさえも、法を超越しない」と強調した。

     司法長官は、訴訟と併せ、大統領令執行の暫定的な差し止めを求める申し立てを行ったほか、同州シアトルの連邦地裁に対し、2週間以内に審理を開くよう要求することも明らかにした。ワシントン州に本社を置くインターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムも提訴を支持した。

     オバマ前大統領も報道担当者を通じて「信仰や宗教を理由に個人を差別する考えに根本的に同意しない」と批判する異例の声明を発表した。

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    ● トランプ氏の就任とその後の混乱は、私の予測通りです。2046年前後に資本主義が
      崩壊するUSAは今後は混乱が段々と酷くなり、左右の対立は暴力へと続きます。
      
    ● 私の歴史波動説によれば、資本主義の次は武人の時代、戦国時代を意味します。
      これはインドの哲学者・サーカー氏の社会循環論から得ています。

    ● らせんを描きながらも、歴史は循環しているのです。富裕者の時代の後は、武人の時代
      と言えます。日本に当てはめれば、1333年に鎌倉幕府が崩壊した後は、実質的な
      中央政権は存在せず、各地に有力諸侯が陣取る戦国時代と同じです。

    ● 近年では、1910年・清王朝の崩壊による、中国の戦国時代があります。最終的に
      39年後に毛沢東による独裁支配が確立し、現在は共産党一党独裁へと続いています。
      朝鮮半島やインドネシア半島なども武人の時代と思われます。

    ● 従って、実力のある軍事独裁諸侯が、2046年以降各地に誕生する、というのが私の予測です。
      勿論相前後して、資本主義が大崩壊して、大混乱と内戦が起こるのです。

    ● これは、現在進行形の独裁タイプの大統領の誕生と、それへの抵抗と混乱と暴力と
      分裂が起こることを意味し、実際その方向に向かっています。
      右派も左派も暴力的となるのです。

    ● 分裂のステップというのは、ホップ(第1章)がブッシュJ大統領ということです。
      それへの調整がオバマ氏であったが、基本的に歴史の流れを変えるものではないのです。

    ● ということは、エリオット波動的には、トランプ氏の次は民主党の番(調整第4波)と
      いうことになります。予測では多分ハリウッドの綺麗な女優で弁が立つ
      人、又は似たようなカリスマ性のある美しい又は母性的な人でしょう。

    ● 独裁的で強引なトランプ氏に勝てるのは、彼のハンサム度を超える、美しく且強い女優でないと
      務まらないでしょう。4~8年の民主党の政権奪取の後には、もちろん次は
      さらに右翼度・独裁度が増した大統領(序章第3章)ということになります。

    ● そして、2046年の資本主義大崩壊に向けて、最後の大混乱が起こるのです。
      いわゆるトランプ大統領は、エリオット波動的には第3波ですから、
      まだまだ、資本主義崩壊の序の口の混乱(第2幕)と言えます。

    ● 独裁と混乱と暴力と抵抗と戦いと崩壊が今後の、キーワードと言えます。
      正にスターウォーズの戦いです。映画は未来を先取りしているのです.

  • なんだこの青は?
    こんなに見ているものがいるのか?
    以前は、ペンペン草も生えない掲示板だったのに。。。。

    コメントありがとうございます。
    我輩は方法はここで述べることはできません。
    なぜなら相手のよいところ、好きなことを一番知っているのは貴殿だからです。
    当たり前とおもっていることを感謝できるようになるだけでも進歩だと思います。
    突然、変に態度が急変すればなんかやましいことがあるのかと逆効果になりますので、気をつけてください。
    些細なことからやっていけばいいのです。少しずつ。。。
    その姿勢はきっと周りを変えます。
    そして、おてんとさまも微笑むときがきます。
    最初はいろんな壁にぶち当たるでしょう。。自分のしていることは正しいと
    信念をもって少しずつすればいいのです。
    やるやらないは貴殿次第です。。

    ほな  さいなら

  • >>2617

    生活環境の違いは日々実感します
    おっしゃる通りだと思いますがなかなか実践できません

  • 今日はご先祖様に感謝について

    我輩は20歳前はご先祖様とか墓参りとかたいしたことではないと思っていました。
    以前も書きましたが、生活費を入れない父親をずっと恨んでいました。
    しかし、そうさせた原因が母にもあることを年をとるごとに感じていたのです。
    夫婦とは所詮他人なのです。どれだけ相手を思いやっても所詮自分が一番かわいいのであり、生活してきた環境がお互いちがうわけで、お互い妥協の日々なのです。
    でも、どうしても許せない領域に踏み込まれると喧嘩になるのです。
    後から考えると本当に些細なことで喧嘩をしているのですが、そのときはお互い
    理性を失い、感情的になっているのでどうしようもありません。
    そして、人間が考える動物であるということが余計な詮索をしてしまい、関係を悪化させるのです。
    そんなことの連続が愛だの思いやりだのをすべて打ち消してしまい、最悪の結末は、離婚だの殺人だのと発展するんでしょうね。。
    結婚するまではお互い将来の希望や幸せを願っていたはずなのに。。。。

    我輩は結婚してますが、夫婦が長続きするにはお互いの妥協と努力と思っていたのです。
    しかし、それは言い訳でしかなかったのであり、本質を見失っていた自分がいることを悟ったのです。
    今の妻と出会って30年近くなりますが、自分が病気のときに看病してくれたり、
    お互い共働きをしてましたが、お弁当をつくってくれたり、週末家事をしてくれていることが当たり前と思っていました。
    おそらく皆様もそう思っているでしょう。
    しかし、失って初めてその偉大さをしったりしますよね。
    そこが一番大事なことなんです。
    当たり前と思うことでそうならないと不平をいうという悪循環が夫婦には起きるのです。
    そうではなく、自分のためにしてくれていることすべてに感謝を持つことが
    夫婦を円満にすることなのです。
    感謝は言葉や行動で示すべきなのです。女性とは現実主義なので、
    たとえ相手がそう思っていても言葉や行動に表れなければ、そう思わないのです。

    話はそれてしまいましたが、父親とは顔を合わせば喧嘩ばかりで、いい思い出
    はありません。しかし、なぜか他界してから平成13年12月から毎月墓参りにいくようになったのです。別に誰かにそうしなさいといわれたわけではなく、
    生きているときにもっと話すべきだったという後悔からなのか、自分を生んでくれたことの感謝を言えなかったのでそれを態度で示す方法が毎月必ず墓参りする
    という結論に達したのだと思います。
    それ以来、不思議なことが起きたのです。
    仕事で凡ミスがなくなったのです。仕事は準備段取りが大事であることは
    当たり前なのですが、製造メーカーであり、人間がすることなのでミスはつきものなのですが、我輩の案件だけなぜかトラブルが起きる前に予感や現場からの連絡があり、墓参りをし始めた13年12月から26年10月に会社をやめるまでの13年近く、仕事での事故が0だったのです。
    平和な日本に生まれたことへの感謝、自分が存在するのは親なくして存在しないという感謝、毎日朝、目を覚ます感謝、健康であることへの感謝、確かに自分の努力も必要ですが、見えざる力を認めざるを得ないように変わり、それはご先祖様の
    力であることをこの毎月の墓参りで感じたのです。
    仕事でミスをすることは、進歩や成長するには不可欠であり、神はそうして
    人間に試練を与え、そのトラブルを乗り越え、成長していくのだと思います。
    別に墓参りしてくださいと述べているのではなく、今の小さな幸せに心から感謝
    できる人間であってほしいのです。
    当たり前のことを当たり前と思わず、自分に関わったものたちの日々の些細な
    助けへの感謝を忘れないでほしいのです。
    自分が存在しているのはご先祖様があってのこと。それを態度で示す方法が
    単に毎月の墓参りになっただけです。
    この話を信じる信じないは人それぞれです。
    すべての物、ことに感謝をもつと人生が変わるのです。
    今日はここまで

    ほな  さいなら

  • >>2614

    VTの質問で底でつかんで業績で長期保有できたという株長者さんの答えがあったのですが、僕は長期保有目的の銘柄選択の経験があまりなかったので、そういう質問になってしまいました。僕の投資法はいわば「ドーパミン投資法」というべきもの(笑)。投資家が我を忘れて買いに走るような短期上昇が期待できる銘柄。つまり、材料株と仕手株の底買いということです。投資家のドーパミンが持続できるのはせいぜい1ヶ月、脳のお薬が切れる(笑)のがその期間で、エリオット波動の理論と似ていますね。銘柄でいえば、2015年の宮入バルブとか、2016年の櫻島埠頭といったところ。ご先祖様と株については、林田和夫「今こそ、店頭株で儲けろ!」の中に脳幹投資法というものがあり、その一説には「念力は遠い祖先からの潜在意識を引き出し、未来図を予想することができる」とあります。僕は遠藤四郎と並んで、林田和夫の「株式投資心得帖」という本を座右の書にしています。以上ですが、この文章は僕なりのコラムなので、掲示板の二大巨頭への質問ではないです(笑)。質問するときはまた「教えてください」とお願いしますので、今後ともよろしくです。

  • >>2614

    こんにちは。株長者さんも株仙人さんもその境地の大人なので、そこに口を挟む余地はあまりないのですが、僕の思うことを書いておきますね。僕がいう脳とは、厳密な脳科学というのではなく、文化的、習慣的な意味での脳ということで、ドーパミンやセロトニンもコミュニケーションのための大雑把な単語ということでご了承くださいね。そこで、株長者さんがご先祖様に感謝するという行為、これは僕もなるほどと思うことがあります。というのも、人は蛇を見たときギャーッと怖がりますよね。冷静に考えると、おかしなことで、鰻とかドジョウではなんともないのに蛇は怖がる。つまり、人類の長い歴史の中で、脳に蛇は危険という恐怖遺伝子が書き込まれているわけです。これは科学的に証明されているのですが、でなければ、人類は蛇に噛まれてとっくに滅んでいたわけですし。こういった、自分の人生の中では学習してこなかった脳の記憶、つまり情報が今の自分を生存させている。だからこそ、宗教的なことは除いても、ご先祖様には感謝しないといけないということになる。ここでは詳しく書けないのですが、ある脳の鍛錬をすると、ご先祖様が交わってきた女性の記憶も脳に浮かぶことがあるんですよ(笑)。お前、頭がおかしいのか!と言わないでね(笑)。でも、理屈の上ではあってもおかしくなくて、女性の好みというのはご先祖様の記憶なのかもしれない。そうにやって、遺伝子をつなぐ脳の記憶があって、今の自分がこの世に存在していると思うのです。これを踏まえて株の話に持ってゆくと、たとえば、日経平均が1000円暴落した日、ネット上ではこの世の終わりのような雰囲気ですよね。しかし、一歩外へ出て街を見渡すと、昨日も今日も変わらない日常が広がっている。株式投資は蛇に噛まれて死ぬという物理的空間のことではなく情報空間でのこと。つまり、人は情報空間の中でも死の恐怖を感じるということです。

  • 今日は
    ドーパミンについて。。

    嬉しい瞬間や楽しい瞬間で分泌される物質ですね。
    •誰かに褒められたとき
    •目標を達成したとき
    •何かに熱中しているとき

    1、誰かに褒められたとき
    これは、子供のときでも親や先生から褒められるとうれしいですよね。
    また、社会人なら上司から褒められればやる気がでます。上司になっているものには、部下を叱るばかりでなく、褒めることで能力を最大限にだす努力をしてもらいたいです。
    褒めるとは、褒める対象をよく観察し、些細なことでもいいので褒めてあげることで
    相手は嬉しく、元気がで、ドーパミンが多く分泌されます。

    2、目標を達成したとき
    人間は生きていくうえで必ず目標を立てるのである。
    それは今の自分より上へを指すために必要なことであり、ある意味、自分の限界を
    知ることと、その限界を越えるために必要なことが目標なのです。
    目標を持たずに生きているということは、単に人工呼吸器をつけた植物人間といっしょなのです。
    その目標とは、困難な領域なので達成したときの感動が大きいのです。
    その達成感によりドーパミンが多く分泌されます。

    3、何かに熱中しているとき。
    熱中するということは、そのことが好きであるということであり、
    興味があるということであり、もっと知りたいという願望があるのである。
    そして、熱中するということはあることい集中しているともいえますね。

    成功者とボンクラの差は、前回述べた潜在能力を引き出せるかどうかということであり、ドーパミンをより多く人生で分泌できるかどうかという差に他ならないのである。
    体内をドーパミンで満たすための6つの秘訣

    1、笑う

    ドーパミンとは楽しい時や嬉しい時に分泌される脳内物質です。だから、意識的に笑うことで、脳に楽しい信号を送ることが有効となります。これは、作り笑いでも問題ありません。

    笑う門には福来る
    といいますよね。
    笑顔で損することはありますか?ま~相手の取り方で”俺のこと馬鹿にしてんのか”
    なんていう人間もいないではないですが、それはほんの一握りの者たちだけですよね。
    笑うことでドーパミン以外にもセロトニンの分泌も促すことができます。セロトニンとは精神を安定させるホルモンのことで、イライラを鎮める働きがあります。
    友達と談笑したり、お笑いのDVDを観たり、日頃から笑う習慣をつけておくと良いでしょう。

    2、チョコレートを食べる

    チョコレートに含まれるカカオには、ドーパミンの分泌を促す働きがあります。他にも、カルシウムや鉄分、マグネシウムなども含まれているので、非常に健康に良い食材です。なので、毎日チョコレートを食べておけば、ドーパミン不足にはなりにくいですね。

    また、カカオ・ポリフェノールによる抗酸化作用もありますから、アンチエイジングや病気の予防にも効果があると言われています。

    ただし、糖分や資質の多いチョコレートだと効果が薄いので、カカオが70%以上含まれているダークチョコレートを食べることをおススメします。1日に2~3片を食べることで、十分な効果を得ることが出来るでしょう。

    3、小さな目標を達成する

    目標を達成した時にもドーパミンは分泌されます。なので、小さな目標をいくつも作って、それを毎日達成するようにしましょう。カレンダーなどに毎日の目標を書いておき、達成できたら丸を付けるわけです。

    大切なことは、目標の達成を視覚化することですね。目標の大小は関係ありませんから、小さな目標を毎日達成してください。たとえば、「毎日7時に起きる」とか「寝る前に腕立て伏せを20回する」などでも構いません。

    達成を続けて丸が積み重なっていけば、自分の中に自信を持つことが出来ます。そして、ドーパミンが分泌されることでモチベーションも高くなるので、好循環が生まれるようになるでしょう。

    4、自分へのご褒美を与える

    先ほどの目標達成の時に、自分へのご褒美を作っても良いかもしれません。些細なものでも構わないので、ご褒美があることでドーパミンの分泌が促進されます。目標を達成したら「好きなケーキを食べる」とか「欲しかったシャツを買う」など、ご褒美を用意しておきましょう。

    楽しみが増えるほど、やる気も高くなりますよね。安いお菓子などでも構わないので、大金を掛ける必要はありません。

    5、適量のお酒を飲む

    お酒を飲むと、陽気な気分になりますよね。これは、アルコールによってドーパミンが分泌されているからです。飲み過ぎると健康を害してしまいますが、コップ1杯程度であればドーパミンの分泌にかなりの効果があります。

    さらに、アルコールには、精神を安定させるGABAの働きを抑える効果もあります。なので、気分がハイになりやすいわけですね。なので、勉強を始める前に、少しお酒を飲んでも良いかもしれません。

    お酒が弱い人は避けた方が良いですが、どうしてもやる気が出ないならお酒を1杯だけ飲んでみましょう。

    6、よく寝る

    ドーパミンは、睡眠中にたくさん作られます。なので、十分な睡眠をとることで、体内のドーパミンの量を増やすことができます。しかし、睡眠不足が続いてしまうと、体内のドーパミンはどんどん減ってしまうわけです。

    夜更かしをして睡眠が少ない人は、十分に気を付けるようにしてください。モチベーションが上がらない原因の多くは、睡眠不足にあると言われています。日頃から十分な睡眠をとっておくことが大切なので、生活習慣には気を付けるようにしてください。

    上記を習慣にすることが大事です。
    寝る時間は残念ながら仕事の関係で増やせないというものがいるとおもいますが、
    笑う習慣、チョコを2片、お酒1杯、そして常に小さな目標を毎日たて、それを達成したら褒美を自分の与えることを習慣にするときっと運も上向くでしょう。

    運とは待ってくるものでなく自分からつかむものであることはずべての成功者がのべていることです。成功者は失敗を恐れない。成功者は思い立ったら実行する行動力があるのです。やってダメなら仕方ない。やらないで後悔するのが一番よくないのです。

    何を言いたいか?
    仕事で失敗して落ち込んだり、人間関係で悩んだり、人間は考える動物であることは確かだが、いったい落ち込んで何の意味があるのか?悩んでなんか解決したのか?
    すべて時間が解決してくれるものであり、悩んだ時間、落ち込んだ時間がいかに無駄だったかをあとで知ることになる。
    悩むこと落ち込む時間があるなら、そのことを忘れる努力に費やし、同じ間違いをしない努力をし自分の限られた時間を有効に使うべきなのである。

    人間は限られた時間しか生きれない。昨日の今はもう二度と帰ってこないのです。
    年なんて気がついたらあっという間にとってしまうのです。

    そして最後に人間の能力=脳は本当にすごいんです。
    ひとつのことに集中すると考えられない力がでるんです。
    皆様はそのような力をたぶん経験したことないでしょう。
    奇跡もそのひとつです。
    神が人間をつくったかは知りませんが、皆様は生きていて3%程度しか脳をつかっていないのです。

    このような目に見えない力を自分の日々の習慣で引き出すことはできるのです。
    人生は自分の努力で変えられるのです。あきらめないでください。

    楽をして生きようなんて考えないでください。楽の先に成功なぞありません。

    今日はここまで

    ほな  さいなら

  • <<
  • 2635 2614
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順