ここから本文です
通常版に切り替える
  • 増収・増益を計画。今期も純利益9億円を100%株主に還元。

    バスIT化プロジェクト リリースは当初予定よりややずれ込んでいるが稼動段階に入っている。

  • 今の株価なら今後26万株程度の自社株買い。
    2000円でも22万5千株。

  • また400円まで売ってくるのかな?

  • あんたら写真家グループw

  • こうなるわな。
    問題はこのあとだ。

  • 主力株全般が厳しく、テーマ性のある中・小型株に物色が向かいやすい相場つきにある。これを踏まえ、小売りのトレンド「オムニチャネル」に恩恵を受ける点からコンビニ決済代行大手のウェルネット<2428.T>が狙い目となりそうだ。

     同社は消費者がEコマース(電子商取引)サイトを利用した際に、コンビニエンスストアで手軽かつ安全に支払いができる仕組みを提供している。その主力マルチペイメントサービスは国内主要コンビニに軒並み導入され、対応するEコマースサイトもアマゾンや楽天市場、Yahooショッピングなど主要サイトを網羅。国内Eコマース市場が拡大するなか、コンビニ自体の数も増えてきていることが収益増に直結している。

     注目は、流通小売大手がEコマースにも力を注ぐなか、商品の申し込みや受け取り・支払いが量販店やコンビニなどの業態(チャネル)を問わずできる仕組み「オムニチャネル」の構築でしのぎを削っている点だ。その一環で各社は改めてEコマースの重要拠点としてコンビニ網の拡大を進めている。この流れはウェルネットにとって追い風。

     15年6月期は中期経営計画の2年目でサービスの機能拡充や新サービス創出など事業基盤強化への投資時期に当たるが、Eコマース市場の拡大を受けた売上増で吸収することで単体営業利益は15億5000万円(前期比5.2%増)を予想。投資成果が表れてくる16年6月期での20億円を目標としている。「オムニチャネル」によるコンビニ出店増の寄与度はあらかじめ予想に織り込んでおらず、増額修正の期待も持てそうだ。

     株価は中期経営計画発表を手掛かりに13年8月から本格的に上昇。今年1月に2150円の高値を付けたあとは調整をこなしてきたが、足元は1700円どころでもみあいが縮小しつつある。中期の業績成長への期待も改めて台頭してくるとみられ、上放れが見込めそうだ。(矢野 伸)

     保有期間:2カ月
     目標株価:2200円
     損切りライン1450円

     ◎注目株関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

    [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    提供:モーニングスター社 (2014-10-10 10:00)

  • 私は損切りは絶対しないで、長期投資で応援であります!
    (((o(*゚▽゚*)o)))

    > 主力株全般が厳しく、テーマ性のある中・小型株に物色が向かいやすい相場つきにある。これを踏まえ、小売りのトレンド「オムニチャネル」に恩恵を受ける点からコンビニ決済代行大手のウェルネット<2428.T>が狙い目となりそうだ。
    >
    >  同社は消費者がEコマース(電子商取引)サイトを利用した際に、コンビニエンスストアで手軽かつ安全に支払いができる仕組みを提供している。その主力マルチペイメントサービスは国内主要コンビニに軒並み導入され、対応するEコマースサイトもアマゾンや楽天市場、Yahooショッピングなど主要サイトを網羅。国内Eコマース市場が拡大するなか、コンビニ自体の数も増えてきていることが収益増に直結している。
    >
    >  注目は、流通小売大手がEコマースにも力を注ぐなか、商品の申し込みや受け取り・支払いが量販店やコンビニなどの業態(チャネル)を問わずできる仕組み「オムニチャネル」の構築でしのぎを削っている点だ。その一環で各社は改めてEコマースの重要拠点としてコンビニ網の拡大を進めている。この流れはウェルネットにとって追い風。
    >
    >  15年6月期は中期経営計画の2年目でサービスの機能拡充や新サービス創出など事業基盤強化への投資時期に当たるが、Eコマース市場の拡大を受けた売上増で吸収することで単体営業利益は15億5000万円(前期比5.2%増)を予想。投資成果が表れてくる16年6月期での20億円を目標としている。「オムニチャネル」によるコンビニ出店増の寄与度はあらかじめ予想に織り込んでおらず、増額修正の期待も持てそうだ。
    >
    >  株価は中期経営計画発表を手掛かりに13年8月から本格的に上昇。今年1月に2150円の高値を付けたあとは調整をこなしてきたが、足元は1700円どころでもみあいが縮小しつつある。中期の業績成長への期待も改めて台頭してくるとみられ、上放れが見込めそうだ。(矢野 伸)
    >
    >  保有期間:2カ月
    >  目標株価:2200円
    >  損切りライン1450円
    >
    >  ◎注目株関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。
    >
    > [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    > 提供:モーニングスター社 (2014-10-10 10:00)

    13
    20
  • もう少し下げようか

    下がったら買いますよ〜
    上がったら見てます(´・Д・)」

  • Badいっぱいついてるわ

    一回下げた方が、力強い上げになると思ったから言っただけなのに(´・Д・)」
    NYダウが下げてる時も三日間で100円ぐらいしか下げなかったからね、もう少し下押ししたら上げも強いと思うのに(。-_-。)

    別に下げてる時、買ったからイイもん(*`へ´*)

  • 強く上がりもしないね。
    でもジワジワで結構。末永く応援します

  • 死んどる…

  • 上値おさえているようだな w
    結局1700前後でしか売らないわけね。

  • 騰がらないけど、PERからすると高いからか。
    う~ん、期待しすぎた。

  • この業種でPER17、高すぎなんでしょうか?
    配当も良いので持続で良いんではないかと思いますが・・・

  • それだけ書いておきます。

  • 買う気も起こらず売る気も無し。
    配当も良し、自社株買いも楽しみ、持続で放置ーーー

  • (抜粋)
    セブン&アイ、コンビニで即日受け取り ネット通販拡大
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HKW_Y4A021C1MM8000/

    セブン&アイ・ホールディングスは、グループのスーパーや百貨店などで扱う商品を消費者がインターネットで購入し、コンビニエンスストアで当日に受け取れるようにする。月内に稼働させる物流拠点を活用し、まず2015年中に首都圏の7千店で可能にする。ネット通販企業は価格や品ぞろえを競ってきたが、日本最多の店舗網を活用するセブン&アイが本格参入することで、早く便利な受け取りの仕組みづくりが競争の軸になりそうだ。
    (中略)
    小売業はネット消費による売り上げの浸食が懸念されている。ただ共働きや単身者が増える中、仕事帰りなどにコンビニで商品を受け取る需要は高まっている。セブン&アイは生活インフラにもなっているコンビニの店舗網を生かして利便性を打ち出せば、ネット専業に対抗できるとみてオムニチャネル戦略に本格的に取り組む。今後、大手小売業のネット戦略が一段と加速しそうだ。
    (抜粋終わり)
    もちろん、ウェルネットはしっかりとセブンイレブンと取引しています。市場成長に期待です。http://www.well-net.jp/multi/payment_method/

    ~~~~~~~~~~
    また1兆円を超えるバスIT化プロジェクトも、早く正式リリースしてほしいですね。稼働段階に入ってずいぶん経つので。
    (抜粋)
    都市間高速バスの市場規模は1~1.5兆円程度と同社では考えている。
    http://www.bridge-salon.jp/report_bridge/archives/2014/10/141007_2428.html

  • 10%にする決定日って今日までじゃあないの?
    先送りしたの?

  • の一日でしたね~
    安定感抜群ですが(笑)
    高速バスチケット発券サービスは年末までに本格稼働してほしいですね。
    その後の自社株買いとの相乗効果も期待できますし・・・
    早く調整が終わるとよいですね~

  • 蚊帳の外、という表現以外にない。
    仮に日経平均が暴落するときは一番に売られるだろう…

    東証2部、知名度なしだから、まあこんなものか

Chocotle
blog
不動産
ファイナンスストア
本文はここまでです このページの先頭へ